カテゴリー
未分類

NL822: サバイバルの基本

The ZetaTalk Newsletter
2022年7月3日 日曜日 ★822号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★生存のための基礎知識

差し迫った飢饉とほんの数年先の“終末の時”の最終章とともに、地球の人々は、★自給自足の差し迫った必要性にますます直面させられます。
これは、何を意味するのでしょうか?
自分自身と家族を養うために、★第一歩は菜園を設置することです。 頼みの綱は、自然が提供する物を食べて、糧食を探すことです。 電気網が機能低下しているときに灯りを点けるために、★風車か★水車か★ソーラーパネル(太陽光発電)か★自転車発電装置でさえも必要になるでしょう。 洪水地帯の建物の場合、共同体の屋形船集団が答えです。
これらすべての事が可能です。

田舎地域での飢饉は、★家畜のための牧草地を人々のための食糧を栽培する菜園へと転化することによって対処するかもしれません。
完全な栄養は、★リシン豊富な菜食から確保することができます。 郊外の家庭は、彼等の芝生を、そして都市では、玄関の張り出しでのコンテナ菜園に転換することができます。
種子の保存は、主要な事です。
トウモロコシインゲン豆メロンからの種子は、比較的簡単―単に種子を熟させて乾燥するだけ―であり、キャベツまたは人参ような2年生植物は、★根菜類貯蔵庫や冬越しを必要とします。 ジャガイモから挿し木またはクローニングは、他の繁殖技術です。

学習曲線があるので、ゆえに人は、ミシガン州のジャンとリンダがおこなったように、単に始めなければなりません。
彼等は直面した最初の問題は、★鶏達と家鴨達が苗を食べないようにすることでした。
次に、陽光のためにつる植物を巻きつかせる格子と★頻繁な雨によって苗が水没しないようにするための第一段階の鉢植え。
ゼータトーク・フォロワーズのフォーラムを始めたこの大望のある夫婦は、多量の植物を育てることを計画しています。 種子は、そのような需要があるかもしれないほど、★これがそのような菜園を始めることが可能である最後の年であるかもしれません。
★ゆえにあなた方自身の種子を栽培しなさい!

★植物のリスト: ジャガイモ、玉ねぎ、キュウリ、ズッキーニ、南瓜、メロン、スイカ。
★多数のペッパー(ピーマン): ホット・セラーノ、バナナ、緑と赤、カイエン、およびハラペニョ。
★多年生アスパラガス、イチゴ。
★様々な種類のトマト。
私達が通常使用するすべての種類のハーブ(香草): シラント、バジル、ディル、セージ、西洋わさび辛子。
★野生の黒キイチゴ、サツマイモ、多数のヒマワリを繁殖すること。
多量のトマトとペッパーがあり、私達が食べない物は、★冬の使用のために缶詰めにして保存され、残りの物は、隣人達や鶏や家鴨達と共有されるでしょう。 私達の隣人達は、トウモロコシを栽培しており、私達はそれらを交換するでしょう。 ★私達が定期的に買う物は、植えられており、ニンジンやセロリーもです。

ポールシフト・ニングのカレンが言うように、「思い切って!」
土壌は、しばしば固く圧し固められており、準備されなければなりません。 それは網を通すことができ、マルチ(敷き藁)と堆肥を加えました。 ★尿には硝酸塩があり、肥料です。
あなた方の菜園は、どれほど大きいのでしょうか?
朝の雑用サイトは、★1エーカーの農場で良いでしょうと言っています。

小規模農場の満足感を与える、健康的な生活様式は、★わずか1エーカーの土地であなた方の物になることが可能です。
成功の鍵は、大きさではありません。
あなた方の1エーカーの農場は繁茂するでしょう。 ★私達は2エーカーに住んでおり、果樹園、大きな菜園、液果の小高地(小区画)、ぶどうの蔓木、ハーブ(香草)菜園、および家畜があります。 私達は、まだ私達の土地のすべてを利用する状態に近づいてさえいません。

“グローイング・パワー”は一例です。 “グローイング・パワー”は、★1993年にミルウォーキーで誕生し、事業は、多くの都市で手本となって、販売と消費のために新鮮な果物や野菜を栽培しています。
鶏の飼育や都市または郊外で山羊さえ飼育することは、可能であり、人は、それらに野菜の切れ端や雑草を施肥するか、昆虫のために鶏達を放し飼いにすることができます。 山羊達は、何でも食べて、素晴らしい山羊乳を提供するでしょう。
これらすべての活動は、学習曲線があるので遅れないように! ★今、始めなさい!



デトロイトのグローイング・パワーは、米国での★都会のパーマカルチャー(生態系農場)の最も有名な例の1つであり、デトロイトの中心部で2エーカー以下で毎年87,000パウンド(魚、はちみつ、卵およびミルクを含む)を生産します!

戸外の区域の欠乏または住むのに不適切な気候によって挫折させられた場合、水耕栽培を考慮してください。
私、ナンシーは、★1つ(水耕栽培菜園)が自宅の地下にあり、あなた方に断言することができ、それは栽培されて★開花することができていました! 全可視聴波域の光が最善だけれども、★窓からか温室のガラスを通しての充分な陽光で、電機は必要としません。
重力水耕栽培は、人がバケツ1杯の水を1日1回くみ上げることを必要とします。 ★木灰は、どのような酸性の酸の蓄積も相殺することができます。
あなた方は、営利的な水耕栽培栄養剤を使用する必要があるか、★あなた自身で作る蠕虫養殖床があるでしょう。

トラブルタイムスの非営利的冒険的試みの一部として、私達は、★蠕虫水水耕栽培栄養物解決法がどれほど効果的であり得るのかを学ぶために実験をおこないました。 オーストラリアのヴァイタル・アースは、販売のためにこの液体肥料を生産しており、私達に助言しました。 葉と葉で競い合って、★蠕虫水は、営利的水耕栽培栄養剤と同じくらい有効でした。 ★魚のタンク(養魚槽)で生産された栄養物は、匹敵できませんでした。

ミミズ養殖槽は、組み立てて維持するのに簡単で、堆肥は肥沃な土壌添加材になります。 さらにミミズは、それらの欠くことのできない油(エッセンシャルオイル)として★オメガ3とともに82%が蛋白質です。 確保するのに最良のミミズは、赤ミミズです。 まだインターネットを通して買うことができ、袋詰めて輸送されます。 遅れないように!
ミミズ養殖槽に肥料をやるための堆肥は、★台所の(食材の)切れ端か芝刈りからでさえも得ることができます。 ★動物の肉または脂肪は、使用されるべきではありません。 ★ミミズが繁殖するのを停止する信号を送るので、余分な卵の土壌を取り除くことを覚えておいてください。 卵の土壌そのものはまた、優良な堆肥でもあります。


菜園や家禽や家畜の代替物は、自然が提供する物を集める事です。
鹿のような野生生物は、おそらく空腹な狩猟者達によってほぼ絶滅状態まで狩られるという事ですが、★リジン豊富な野菜や魚を食べることによって、完全食を獲得することができます。
★浮草は、蛋白質が36%の大豆を比較して45%が蛋白質です。
蛋白質のために、明白な解決策は、★昆虫と蠕虫を食べることです。 自然の中の昆虫と雑草があなた方が必要とするすべてを提供するので、ビタミンの瓶が空になるか、あなた方の歯が壊血病で失われることについて心配する必要はありません。


自給自足は、送電網無しの状態を含みます。
あなた自身で電気を生産する選択肢は、★ソーラーパネルの列か風車か水車か自転車発電機を含みます。 風車は、アフリカのこの14歳の少年が表示しているように、廃棄物から作ることができます。 そして自転車発電機も同様に、捨てられた自転車から作ることができます。 水車は、川か小川か、雨から電気を作るために縦樋にも設置することができます。
人が必要とするすべては、どの車も芝刈り機のような多くの器械にも見つけることができる★交流発電機です。


洪水の平地に住んでいて、高地に再定住できない場合、あなた方は、★屋形船共同体を形成するか、潮汐の上方で★高床式家屋に住むことを予想すべきです。
魚釣りは、難なく利用できるでしょう、そして屋形船共同体とともに、海水面が上昇すると、あなた方は潮流とともに移動することができるだけです。 ボート上でのトマトの苗木のようなコンテナ菜園は、魚と海藻と浮草の食事を増やすでしょう。
★あなた方の飲料水を蒸留し、 廃棄物が宝物となりえることを覚えておき、小さな物は、基本的に必要不可欠な物であると証明できます。