カテゴリー
未分類

Q&A: トランプ復帰の噂

“用意しなさい!” ★トランプは、まだ大統領であり、2022年秋に復帰するという爆弾手掛かりを落としました!! バイデン、ハリスと友人達がすぐにジトモに向かうように見えます! 2022年7月6日。
https://beforeitsnews.com/alternative/2022/07/get-ready-trump-dropped-bombshell-clue-that-hes-still-president-and-will-be-reinstated-in-fall-2022-looks-like-biden-harris-and-friends-heading-to-gitmo-soon-3776039.html

[別の質問者から]
http://www.zetatalk.com/newsletr/issue739x.htm

2020年選挙詐欺の後に多くの訴訟が招集され、多く(の訴訟)がSCOTUS(米国最高裁判所)に達しましたが、★公式に法廷で争われていません。
一般の人々には知られていない秘密の決定とともに、秘密の討論があったのでしょうか?
軍事政権は内戦を欲していませんが、Qの帰還とルー対ウェイドの裁決が示すように、軍事政権は、今、★2020年選挙盗難を話すのに充分に強いと感じます。 法廷で証拠は、★『2000頭のラバ達』が詳述した事とクラーケンの証拠が実証した事を含むでしょう。 SCOTUSの水準に上がったが、★原告適格の欠如のために却下された多数の訴訟からの証拠もまた、SCOTUSに利用可能でした。

トランプ大統領が戻ってくる、そして軍事政権がバイデンを最高司令官であると考えていないという多くの噂は、★内情通の漏洩によります。
正しいと証明されたルー対ウェイドの内情通の漏洩の場合と同様に、この噂は、同様に★確固とした事実を基にされています。 軍事政権は、問題が★民事訴訟―浮動州によるバイデンの再計算と承認取り消し―で対処されるよう欲しました。
これは、詐欺が犯されたが、公務員達や州議会議員達におこなわれる脅迫のためにどの州のためにも完了されていないことを示すように充分におこなわれています。 ★しかし立証された詐欺と盗難は、否定できず、浮動州全域にわたって首尾一貫しています。

今、如何なのでしょうか?
★ニューマドリッドの最終章が起こる時に、戒厳令が公式に招集されて、トランプ大統領が常に大統領であるという事実が思いがけなく言及されるだろうと、私達は予測しています。
しかし潜在的に★ニューマドリッド最終章の前に起こるための別の選択肢があるのでしょうか?
シドニー・パウエルは、クラーケンの証拠をSCOTUSに持っていきたかったのですが、★トランプ大統領は彼女を抑制しました。 彼が関わらない限り、原告適格の欠如は、棄却の口実になったでしょう。
トランプ大統領が参加して、軍事政権が保持する★絶対的なクラーケンの証拠で武装して、彼女が進行したら、どうなったのでしょうか?
★SCOTUSは、問題が緊急であるときに即座に行動することができます。