カテゴリー
未分類

Q&A: 出生率の減少

★米国の出生率が急落している5つ理由。 2022年6月6日。
https://fee.org/articles/5-reasons-america-s-birthrate-is-plummeting/
イーロン・ムスクは、最近、人口の急落が文明の最大の脅威であるとツイートしました。

[別の質問者から]
★出生率の割合は下がり続けており経済を激しく襲うだろう。 2016年11月25日。
https://www.visualcapitalist.com/fertility-rates-dropping-economy/
★世界中の出生率は、実質的には1960年代半ばに下がり始めました。 各国がこれについてのそれぞれの自国の原因がある一方で、先進国と開発途上国において下降傾向が類似していることは興味深いです。

[さらに別の質問者から]https://www.zetatalk.com/index/zeta531.htm
★出エジプトに関するコルブリン:
暗い日々が“破壊者”の前回の訪問とともに始まり、上空の奇妙な予兆によって予告されました。 すべての人間達は沈黙し、蒼白な顔で歩き回りました。 恐怖が大地を歩き、女性は恐怖で不妊となり、★彼女達は受胎できず、★妊娠している女性達は流産しました。 静寂の日々は、トランペット音と金切り声の騒音が、天空で聞こえ、人々が牧夫のいない怯えた獣達のようになりました。

[さらに別の質問者から]
http://www.zetatalk.com/newsletr/issue008.htm

世界的な出生率は、いくつかの理由のために、★1960年代に急落し始めました。 当時、危険は、これが減少されるようにという多くの側面からの要求とともに、★人口過剰と見られました。
中国は、★1979年に“一人っ子政策”を制定し、避妊薬が益々入手可能になり手頃な価格になりました。 多くの国々で、親達が高齢者のいる大家族であるときに両親の世話をするのに充分な子孫がいるという伝統が大きな家族を強制しましたが、健康管理の効用とともに、姿勢が変わりました。
女性達は、労働力に組み込まれ始めて、★赤ちゃん達を生むためだけに辞職するのを嫌がりました。 日本のような多くの国々は、★母親達となるために女性達に代金を払おうとしてあまり成功していません。

急落する出生率―★ニビルからの磁気の爆風によって引き起こされた月経周期の混乱―に関する付加的な理由もあります。 これは、ニビルの“通過”の間に『エジプトのコルブリン』により伝えられました。 ニビルによって引き起こされた“地球の変化”に潜在意識で気付くので、多くの人々が恐怖と心配、一般的な不安を感じますが、★権力体制全てを否定します。 迫りくる飢饉の脅威は、潜在的な親達に欲をなくさせています。
ムスクの熱意にもかかわらず、誰もが億万長者の親であるわけではありません。 そして来るべきポールシフトは、おそらく。★非常に幼い者達と非常に老齢の者達を殺すでしょう。 しかし★愛と希望と喜びに溢れた転生で満ちた新時代が始まるでしょう。