カテゴリー
未分類

Q&A: FBIによるマールアラーゴ強制捜査

これは、SCOTUSによるトランプの復職をかわすための、ある種のディープステートの成功する可能性がほとんど無い土壇場の努力なのですか?
[別の質問者から]
ゼータ達は、★FBIのマールアラーゴ強制捜査についてコメントしてくれますか?
「彼等は、私の金庫にも侵入した!」―トランプ

[さらに別の質問者から]
トランプ大統領はFBIがマールアラーゴを強制捜査していると発表する。 2022年8月8日。
https://thepostmillennial.com/breaking-president-trump-announces-fbi-has-raided-mar-a-lago?utm_campaign=64487
45代大統領ドナルド・トランプは、★月曜日にFBIが彼のフロリダの自宅を強制捜査しているという声明を公表しました。
土曜日にダラスで、そして金曜日にウィスコンシン州キノーシャでのCPACで話したトランプは、彼の自宅が「現在、FBI捜査官達の大集団によって包囲されて、強制捜査されて、占拠されている」と言いました。 その後、元大郎洋の住居から15箱分の資料が運び出されたことが報告されました。 ニューヨークタイムズ紙により、捜査が、トランプ氏がマールアラーゴに彼とともに持ってきていた、それらの内容に詳しい人物によると、機密文書の多くのページを含んだ資料に焦点を当てているように見えた」と報道されました。

[さらに別の質問者から]
トランプは★フロリダの自宅がFBIにより‘強制捜査された’と言う。 2022年8月8日。
https://insiderpaper.com/trump-says-mar-a-lago-home-raided-by-fbi/
2020年選挙敗北の結果として少なくとも15箱の政府文書をフロリダに持ってきていたトランプは、別の探査の対象です。
★現在40パーセントを下回るジョー・バイデン大統領の支持率と11月の中間選挙で民主党が議会の支配権を失うという予報とともに、トランプは、2024年にホワイトハウスまでずっと進む共和党の波に乗ることができると、見た所では強気です。

[さらに別の質問者から]
★「もしもFBIの強制捜査がドナルド・トランプを止めないなら―彼等の次の手段は暗殺になるだろう」。 2022年8月8日。
https://www.thegatewaypundit.com/2022/08/bernie-kerik-fbi-raid-will-not-stop-donald-trump-next-step-will-assassination-video/
「検察官の職権乱用であり、司法制度の武器化であり、特に最近の世論調査に基づいて、2024年に私が大統領に立候補することを絶望的な程欲しておらず、同様に来るべき中間選挙で共和党員達と保守派達を止めるために何でもをおこなうだろう★急進左派民主党による攻撃である。 そのような襲撃は、破綻した第三世界諸国においておこなう事ができるだけである。 悲しい事に、アメリカは、今、それらの諸国の1つとなっており、以前には見たことがないレベルで腐敗している。 彼等は、私の金庫にも侵入した!
これと、工作員達が民主党全国委員会に進入したウォーターゲートの間に相違は、何か?
ここでは、逆に、民主党員達は、第45代米国大統領の自宅に侵入した」と、彼は付け加えました。

違法なバイデン政権は、★2020年選挙がトランプ大統領の勝利であったことをSCOTUSが確証したという起ころうとしている発表を恐れています。
軍事政権の要請で、SCOTUSは、★暴動と内戦に軍事政権が対処するために配置に就くまで、これらの発見物を明らかにするのを差し控えています。 ルー対ウェイドの裁定の場合と同様に、SCOTUSは、どの訴訟事件を選択し、何時、結果を発表するのかについて★裁量権を持っています。
★多くの政治的任命の破棄の可能性と権力の喪失に直面して、バイデン政権は、トランプ大統領の復職を不可能にしようと試みています。

★FBIは、多くのディープステート参加者達によって寄生されていることで知られています。
★コミーとストゥルツォクとペイジは、反トランプであり、トランプ大統領に対してFBIの権力を利用することを決定しました。 スティール文書は、別の例です。
正当な2020年の勝者としてトランプ大統領の復職を頓挫することを希望して、FBI内部のディープステートは、非合法活動の証拠を突き止めようと試みています。 最有力候補は、ホワイトハウスから削除された機密資料です。
しかし現職の大統領は機密資料を携行することができ、そしてトランプ大統領が2020年の公式の勝者であったならば、★これは合法です。

トランプ大統領の権力の座への激動の復帰は、現在、★さらに別の章を含みます。 復帰は、★違法なバイデン大統領によりおこなわれた政治的任命と大統領令に疑問を呼び込むでしょう。 これは、★起ころうとしているニューマドリッド調整のために戒厳令が公式に発表されるまで復帰が遅らされた理由の1つです。 それから軍事政権が米国の支配権を大統領に戻すことを決定するまで、トランプ大統領への転換の政治的含蓄は、★現場の背後で衝突を起こしている戦争である可能性があります。