カテゴリー
未分類

Q&A: CMEの増大

8月17日の巨大なCMEは、ニビルによって増強されたのですか?
4時の位置での所在場所は、ニビルにとり正確であり、そして報告は、★このCMEがニビルが存在する場所である黄道の下方の南から地球の方へやってきたという事です。 まだ太陽活動極大期ではなく、2025年まで予想されていないので、★このCMEは過剰であるように思えます。

[別の質問者から]
警報: ★地磁気 5のK‐索引、限界(閾値)に端しました: 2022年8月17日 18:54UTC、共観福音書的期間: 18:00~21:00UTC、活動中の警告: はい、NOAAの測定尺度: G1‐小規模
https://soho.nascom.nasa.gov/data/realtime/c2/1024/latest.html
AR3078周辺の噴火フレア活動は水曜日も続きます。 ★M2.0の太陽フレアは、13:45UTC(8月17日)に観察されました。 これは、これまで太陽‐地球線のほぼ南に向けられる明るいコロナ大量放出の原因であるように見えます。 一度完全なコロナグラフの画像が入手可能になると、さらなる更新が提供されるでしょう。

[さらに別の質問者から]
太陽は、今、NASAが予測されたよりもいっそう活発です。 ★記録が始まって以来、最強の周期である可能性がありえました。 2022年8月2日。
https://www.forbes.com/sites/jamiecartereurope/2022/08/02/the-sun-is-now-more-active-than-nasa-predicted-it-could-be-in-its-strongest-cycle-since-records-began/?sh=b50f705cd59c
太陽活動極大期は、太陽周期25の中途で起こると予想されているので、★2024年11月と2026年3月の間―そしておそらく2025年7月。

[さらに別の質問者から]
http://poleshift.ning.com/profiles/blogs/please-place-your-soho-amp

[さらに別の質問者から]
https://www.swpc.noaa.gov/products/geospace-magnetosphere-movies

[さらに別の質問者から]
https://ccmc.gsfc.nasa.gov/cgi-bin/SWMFpred.cgi?run=SWMF-RCM

[さらに別の質問者から]
★NOAAは8月17日から19日に有効な磁気嵐注意報を発行しました。 2022年8月17日。
https://justinweather.com/2022/08/17/noaa-issued-a-geomagnetic-storm-watch-in-effect-august-17-to-19/
太陽フレアは、先週末にかけて噴出し、それは、いっそう強い側で、すでに地球に達しているように見えます。
G3嵐についてのNOAAの予報は、★潜在的に人工衛星と通信に強い影響を与えるのに充分です。 あなた方の電話の発信音またはTVの信号は、今後2日間、消えるか低下する場合、これが理由であり得ました。
地磁気の反応は、8月14日以来太陽を去っている複数のコロナ大量放出(CME)の地球へのまたは地球の近くへの到着のために、★8月18日のG3(強力な)状態におそらく段階的に拡大します。


ニビルは、8月16日にニビルの尾からの破片の群れとともに、8月12日に太陽に対して4時の位置にSOHOによって画面に映されたので、ニビルとその優勢な衛星達を取り囲む赤い塵の大混乱が★8月17日にSOHOのカメラによって捉えられたことは、驚くべき事ではありませんでした。
これは、数時間後に即座に訂正されました。
SOHOは、ニビルのどのような証拠も切り貼り作業によって置き換えられるように修正しますが、これらの作業は、低迷し、★真実は、ときおり伝わります。

はい、CMEがありましたが、SOHO画像と太陽からの放射の他の記録に見える物は、★組み合わさった影響です。
太陽からの放射が地球に達する前に、それらは、今、★金星の公転軌道近くに位置するニビル複合体を通過していっています。 地球の方へ向かってきたどの太陽活動の影響も、★ニビルの帯電した赤い塵の雲を通過するときにおそらく強化されて、したがってこの事柄が示すように、いっそう極端になります。
★太陽活動極大期は、2025年7月まで予想されていません。