カテゴリー
未分類

Q&A: 干ばつと洪水

★フランスのパリは90分間で8月の平均降雨量の80%に達した。 2022年8月17日。
https://watchers.news/2022/08/17/paris-hit-by-80-of-average-august-rainfall-in-90-minutes-france/
荒々しい雷嵐が★2022年8月1日にフランスの一部に豪雨と強風をもたらし、旱魃に襲われた国に一時的な安堵もたらしました。

[別の質問者から]
★フランスのロワール川は旱魃がその支流を枯渇させるにつれて新たな最低水準記録を設定する。 2022年8月17日。
https://www.reuters.com/world/europe/frances-river-loire-sets-new-lows-drought-dries-up-its-tributaries-2022-08-17/
先例のない低水位が川の生態系の危険にさらします。 砂州は数マイルにわたって延び、平底ボートが立ち往生しました。 ★4か所の原子力発電所は冷却のために水流に依存しています。

[さらに別の質問者から]
★激しい雷雨、テニスボールの大きさの雹がフランス全域にわたって大打撃をもたらす。 2022年6月6日。
https://watchers.news/2022/06/06/severe-thunderstorms-tennis-ball-sized-hail-wreak-havoc-across-france/
酷い雷雨が豪雨とテニスボールの大きさの雹を★2022年6月3日と4日にフランスにもたらして、フランスの大部分にわたるブドウ園に大打撃をもたらし、数千軒を電気無しの状態のままにし、1人が死亡し15人が負傷―彼等のうち2人が重症―しました。
★道路と街路は、首都パリの地域や、イヴリーヌ、セーヌ・マリティーム、ユーレとユール・エ・ロワールを含む国の南北に氾濫しました。

[さらに別の質問者から]
★豪雨がラスベガスを連打して名高い街路を川へ変えた。 2022年8月12日。
https://www.accuweather.com/en/severe-weather/monsoon-rainfall-wrecks-havoc-on-las-vegas-strip/1231065
ラスベガスは、今、土砂降りの嵐が市の周囲に大打撃をもたらした後に★10年内でもっとも雨の多いモンスーンの季節の只中にいます。

[さらに別の質問者から]
★コロラド川とミード湖に関する最新の報告。 2022年8月16日。
https://www.cnn.com/us/live-news/lake-mead-colorado-river-report/h_d9bba2c27b13b539c4d43d7bd7938e83
米国土地開拓局は、★コロラド川の地理区2の水不足を宣言しています。 ★南西部数州は、連続して2年目の新たな義務的断水をおこなう必要があります。


1995年のゼータトーク・サーガの始まりに、★ニビルが接近するにつれて旱魃と洪水が交互に人類を苦しめるだろうと、私達は予測しました。 これらの天候の変動は、予想不可能であり、明確な理由もなく転換するだろうと、私達は予測しました。
フランスは、あまりにもひどい旱魃を被っているので、★ロワール川がほぼ完全に干上がっており、にもかかわらずパリは、★8月17日に洪水に見舞われました。
フーバーダム上流のミード湖は、あまりにも低水位なので、ラスベガスの沿岸に沿って遺体の骨が浮かび上がっており、にもかかわらず★8月12日に洪水が街路とラスベガスのカジノに氾濫しました。
★ゼータトークのもう1つの予測が真実になります。