カテゴリー
未分類

Q&A: メキシコ/ココスの地震

★マグニチュード7.6の地震がメキシコの西海岸を襲います。
南東部分が引っ張り下ろされるにつれて、本土部分は、南西に滑っているのですか?
それは、差し迫ったニューマドリッドの破裂における要因なのですか?

[別の質問者から]
★予備的なマグニチュード7.6地震がメキシコの西海岸を襲う; 津波警報発せられた。 2022年9月19日。
https://www.cbsnews.com/sacramento/news/preliminary-7-6-magnitude-earthquake-hits-west-coast-of-mexico-tsunami-alert-issued/
米国地質調査所によると、予備的なマグニチュード7.6地震は、★メキシコの比較的人口のまばらな大西洋岸中西部のアカプルコの北西約300マイルのラ・プラシタ・デ・モレロス近くに中心をおかれました。
★震央から300マイル以上離れているメキシコ市と同じくらい離れている人々は、軽い揺れを報告しました。

[さらに別の質問者から]
★メキシコのミカオカンの沿岸近くで7.6。
http://ds.iris.edu/ds/nodes/dmc/tools/event/11599611
日付/時間 ★2022‐09‐19 18‐05‐06UTC

[さらに別の質問者から]
http://poleshift.ning.com/profiles/blogs/earthquakes-worldwide

[さらに別の質問者から]
★M6.9―台湾―2022‐09‐18 06:44:17 UTC
https://www.emsc-csem.org/Earthquake/earthquake.php?id=1170004

[さらに別の質問者から]
★M6.5―台湾―2022‐09‐17 13:41:19 UTC
https://www.emsc-csem.org/Earthquake/earthquake.php?id=1169740

[さらに別の質問者から]
http://

trendsmap.com/twitter/tweet/1571930405615411204

 

★過去数か月以上発生している“酷いぐらつき”は、プレート移動に影響があります。
★太平洋が圧縮して、大西洋が横揺れして開く“筋書のあるドラマ”は、加速していっています。 これは、★台湾での大地震の多発がメキシコ国境でのココスプレートに沿って大地震を生じることから見ることができます。
北米の本土部分は、落下していっており、★ニューマドリッド断層線の源に緊張を配置しています。 これは、★テフアンテペク地峡での過度の深部地震に見ることができます。

★地震のドミノ効果は、東西へ移動するような状態です。
これは、ゼータトーク内で充分に立証されています。 したがって★北米の西海岸が本土部分が下と西に転移するのを可能にすることによって台湾の群発地震に反応したという事実は、驚くべき事ではありません。
次に予想されることが可能な事は、生じた空所へとアフリカプレートがその末端部を落下する一方で、★南大西洋で広がり離れていく大西洋での反応です。 大地震は、★トルコの“岩の掛け鉤”がポキンと折れるときに予想することができます。