カテゴリー
未分類

807:

The ZetaTalk Newsletter
2022年3月20日 日曜日 ★807号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★ニビルの憶測

1983年当時に戻って、何がニビルについて知られていたのでしょうか?
米政府が彼等の赤外線望遠鏡でそれを目撃する前に、それは神話でした。 ★ニビルが私達の太陽系に再出現するまでの時間を記すことであったとゼータ達が説明する不可解なギリシャの時計アンティキセラ機械装置がありました。 ★ギリシャ人達や古代シュメール人達の両者ともが、ニビルが外宇宙からやって来て、逆行軌道を採用したことを気が付きました。
このすべての情報は、古代シュメール人達とギリシャ人達によく知られていたアヌンナキからおそらく学ばれました。

★科学者達は世界最古の‘コンピューター’の謎を解く。
2021年3月12日

https://youtu.be/Q124C7W0WYA
機械装置は、世界最初のアナログコンピューターと同様に★天文計算機として解説されています。
それは、青銅でできており、数十の歯車を含みます。 後ろの蓋は、★装置が組み立てられた当時知られていた5個の惑星の運動を示す宇宙の表示の解説を特徴づけます。
★古代ギリシャのアンティキセラ機械装置における宇宙のモデル(模型)。
2021年3月12日

https://www.nature.com/articles/s41598-021-84310-w
古代ギリシャの天文計算機アンティキセラ機械装置は、1901年の発見以来研、究者達に挑戦しています。
★今、82個の不断片に分割されており、30個の腐食した青銅の歯車を含む、原型の3分の1しか残っていません。
この複雑な3Dパズルを解くことは、★天才の創造物―バビロニアの天文学の周期、プラトン学会と数学およびギリシャ天文学理論からの数学を組み合わせた―を明らかにします。

ゼータトーク コメント 3/31/2021:
この古代ギリシャの計算機の謎は、それがどのように働いたかではなく、★何故それが生命維持に不可欠と考えられたのかです。
★ギリシャ人達は、世界が平らであると考えず、地球の太陽を公転している方法について混乱させられていませんでした。 ★このコンピューターが正確であったので、惑星達の動きは、特定の日付について確かめることができました。
★計算から1つの惑星が失われており、それはニビルです。
★“通過”毎の間に、地球と金星は、公転軌道をかき乱されています。 これは、ユダヤ人の出エジプトの間の最近の“通過”が充分に注目されたように、★古代ギリシャ人達に知られていました。

★ニビルの次の“通過”を早期に警告することを欲して、古代ギリシャ人達は、金星と地球のかき乱された公転軌道を警告した計算機を考案しました。
地球からの眺めは、予測されたものと適合しませんでした。 ★アヌンナキは、ニビルの微光を油溜りへの反射として提供した大ピラミッドの中の類似した早期警報装置がありました。
ニビルには★平均して3657年の周期がありますが、これは変化する可能性があると私達は述べています。 したがって★ニビルが太陽系内惑星系内に進入していたことを警告する早期警報システムは極めて重大と考えられました。

★ニビル惑星Xと私達の太陽系への衝突の可能性
2015年9月6日

http://www.globalresearch.ca/the-niburu-planet-x-system
1世紀以上の間、科学者達は、私達の太陽系に属しているさらにいっそう重要な惑星達と準惑星達は、見つけられるのを待って宇宙空間のそこに存在し、説明されるべき既存の異常があると討議してきました。
ニビルは、楕円形の軌道に沿って移動して、★凡そ3600年毎に私達の太陽系に進入して、私達の太陽系の惑星達の公転軌道を1つまた1つと横断しているけれども、私達の太陽の周りを公転していません。
★1990年に、研究者で作家のザカリア・シッチン氏は、赤い惑星Xのハリントンの最近の発見を討議するために、米国海軍観測所ロバート・S・ハリントンの監督天文学者に取材しました。

ゼータトーク コメント 8/15/1995:
★人類は、過去のポールシフトに関してある種の集団記憶喪失を披露します。
シッチンは、パータンを構成する彼の難問が★定期的な大変動、12番惑星として古代人達が数えた★旅する惑星、この巡回する★12番惑星を行き来しているギリシャ神達の外見を有した巨大で背が高く逞しい人類型、そして避けようがなく、逃げられない結論―これが★再び地球に起こるだろう―を指摘した時に、似たような反応に遭遇しました。

それから2012年に到着すると概算された★長期換算カレンダー(暦)の古代マヤの記録がありました。 この概算には、放射性炭素年代測定の問題を含むいくつかの問題がありました。
ゼータ達にとり、到着についての日付は、ニビルが実際に太陽系内惑星系内に進入して、当時、数個の国際チームによって内惑星系行きを追跡されていた★2003年でした。

ゼータトーク 予測 12/15/1995:
マヤ暦は、間違っているというよりも★誤解されています。
暦は、(複数の)暦から導き出され、★12番惑星からの人類型の訪問者達によって置き去りにされた複数の暦と手法から導き出されています。 運用中の多くの暦があり、そしてありました。 時折のうるう年のある365日の西暦は、そのような手法の1つに過ぎません。 1つの暦の手法によって構成された時の日付は、別の暦に解釈された時を常に★正確に調整しません。
とは言え、マヤ暦を解釈することの主要な困難は、正確な始点を決定することです。 事象の間の日数、月数、年数を計算するのに正確であるかもしれませんが、★始点が正確に知られていない限り、終点は疑わしいです。 したがって来る1000年紀とのこのむしろ明白な一致にもかかわらず、★マヤ暦が終わる時期について様々な解釈があります。
私達は、12番惑星の期間のための正確な日付を、★壊滅的な最初の通過のために2003年の年を与えています。 ★他のすべての日付は不正確です。

それから★1983年に権力体制は、ニビルが本物であり、やって来ているという彼等の最初の確認を得ました。
★NASAとJPL(ジェット推進研究所)は、オリオン座の方向を見るために赤外線探査機を打ち上げ、そしてそこにそれはありました! この驚くべき発見は、★1983年12月31日のワシントン・ポスト紙の第一面に出現しましたが、それから隠蔽工作が冷たく濡れた覆いのように落下しました。
すべてが否定されました。
権力体制は、オリオン座の方向からの重力の牽引を探しており、発見された物について多くの混乱がありました。
★ネメシスは太陽の点火されない二連星であり、ニビルは移動する惑星達の内の1個です。

★不可解な天体が発見された
1983年12月31日

http://www.zetatalk.com/theword/tword26c.htm
おそらく巨星木星と同じくらいの大きさで、おそらくあまりにも地球に近いので、この太陽系の一部であるだろう天体は、米国の赤外線天文人工衛星に搭載された軌道を周回する(電波)望遠鏡によって★オリオン座の方向に見つけられます。
ゆえに不可解なのは、それが惑星か、巨大彗星か、恒星になるほど充分に熱くならなかった、近くの“原始星”であるのか、あまりにも若いのでその最初の恒星達をまだ形成する過程である遠い銀河系であるのか、あまりにも厚く塵に被われているのでその星々によって投じられた光の内何も貫通されなかった銀河系なのかどうかを天文学者達が知らない物体です。
謎の天体は、昨年1月から(電波)望遠鏡で天空の最も冷たい天体を見るのを可能にした極低温のヘリウムが尽きた11月まで北方の空を精査された際に、赤外線衛星によって2度見られました。 2度目の観測は、最初の観測の6か月後におこなわれて、★謎の天体が当時のオリオン座の西端近くの空のその地点から移動していなかったことを示唆しました。

ゆえに1983年当時に戻って、権力体制は、何を考えていたのでしょうか?
彼等は、憶測していました。 当時のロシア人達によって、米国政府によって、第二次大戦の間のナチスドイツによって、マヤ人達とシュメール人達とギリシャ人達によって、そして神話の中で、知られていた事を★ロシア人達が立証しました
彼等は、正しかったのでしょうか?
彼等は、2012年~2014年というマヤの日付を好みました。 彼等は、ニビルが地球の質量の50倍の質量だと憶測しましたが、★ゼータ達によると、それは23倍の質量です。 彼等は、ニビルが想定する逆行軌道を、人類と同様に人類のインフラを襲うだろうEMPを、正確に引用しています。 彼等は、北極がカナダへと漂うと想定しましたが、代わりに★シベリアへ行っています。 彼等は、地殻変動が起こるだろうことを理解し損なって、代わりに起こりうる小惑星の衝突に洪水を割り当てました。
★それからゼータトークが到来し、それらを訂正しました。

★ソビエト連邦からの機密扱いの1983年の報告
2021年10月

https://www.reddit.com/r/conspiracy/comments/qbsxye/classified_1983
報告は、ソ連の国家安全保障委員会共産党員ユウ・V・アンドロポフによって指示され、調査は、ソ連KGBの研究所によって遂行されます。
報告は、第二次世界大戦後に捕虜になったドイツ人達によって発見された研究と70年代~80年代に米国から収集された情報によって、★21世紀初頭に私達の惑星の来るべき破壊に焦点を当てています。
★3600年毎に太陽系内惑星系内を貫通する“鉄の惑星”のために人間の歴史の至る所で起こっている最近の大変動。
ソ連の報告は、21世紀初頭に到来してくる“鉄の惑星”に続いて起こる大変動に焦点を当てています。

★ロシアを罠に嵌める

NATOは、半狂乱になって、彼等の★代理として米国をロシアとの戦争に巻き込もうとしています。
ヨーロッパのNATO諸国は、★国境を越えたすぐのところにあるロシアの油田とガス田を渇望していますが、★米国の関与無しにこの戦争に勝つことができません。 NATOの規則は、別のNATOの国が攻撃下にある場合、NATOの国が関与しなければならないと述べますが、ウクライナはNATOの国ではありません。
したがってバイデンは、記録のために述べました―★米国の関与はありません

ヨーロッパのエリート達が★3月にウクライナをとおしてロシアへの襲撃を計画していた事と、’ロシアを非難しようとする一方で★過去にキエフからの戦闘機でMH17便を撃墜した事の証拠の範囲を超えて、★ロシアを罠に嵌める試みにおける陰謀団の巧妙な操作を示す最近の無人機の事故があります。

★おそらくウクライナから飛んできた軍の無人機がクロアチアに墜落する
2022年3月11日

https://www.aljazeera.com/news/2022/3/11/military-drone-likely
外見上、ウクライナの戦争地帯からずっと飛んできたように見える無人機は、クロアチア政府当局によると、クロアチアの首都ザグレブ郊外に墜落して、大きな音の爆発の引き金を引きましたが、★負傷者を生じませんでした。 “操縦士のいない軍用機”は、★時速700キロメートルの速度で1,300メートル(4,300フィート)の高度で隣国のハンガリーからクロアチア空域に進入しました。
★ロシア製軍用無人機がクロアチアの首都に墜落する
2022年3月11日

https://www.euractiv.com/section/defence-and-security/news/military-drone
金曜日に地元のメディアは、装置がウクライナによって使用された★ソビエト時代のTu-141偵察無人機であったのかもしれないと、軍事航空専門家達を引用しました。
とは言え、ウクライナ国防相顧問マルキヤン・ルブキフスキーは、ザグレブに落下した航空機がウクライナの物ではないと、EURACTIVのメディアのパートナーのジュターンジのリストに語りました。 加えて、クロアチアの空域にハンガリーから進入したと信じられています。
「この瞬間に、正確にロシア軍かウクライナ軍によって所有されていたのかどうか、私は知りません」
無人機は、ハンガリーからクロアチア空域へ侵入しました。 それ以前に、無人機は、ルーマニアからハンガリーに進入しました。 これらすべての国々は、NATOのメンバーです。
★ウクライナの戦争からのミサイル状無人機Tu‐
2022年3月10日

https://www.thedrive.com/the-war-zone/44697/ukrainian-tu-141
クロアチアの首都にぶつかった不可解な航空機は、★ウクライナだけが操作するソビエト時代のジェット推進無人機であるように見えます。

特別作戦の核心?
新情報関連文書は、★予定されたキエフ攻撃と大量虐殺からロシアがドンバスを守ったことを示します
2022年3月9日

https://strangesounds.org/2022/03/root-of-special-operation
ロシア国防省は、★3月にドンバスでの攻撃作戦についてのキエフ当局による準備を確認する公的文書を作成しています。
「特別軍事作戦の進行中に、ウクライナ親衛隊の機密の命令文書は、ロシア軍の所有になりました。 これらの文書は、3月22日に予定されたドンバスでの攻撃作戦についての、キエフの政権による隠密の準備を確認します。」
代表者は、国防省がドンバスでの攻撃を準備するために計画を詳細に描写する、2022年1月22日の日付のある、★ウクライナ国家親衛隊の司令官上級ミコラ・バランの命令を所有していたと特定しました。

ゼータトーク コメント 3/31/2021:
これは、★ロシアを罠に嵌めようとして失敗した試みでした。
NATOは、ヨーロッパのエリート達にロシアの油田とガス田の征服を与える、★ロシアとの戦争に米国を誘惑したくてたまりません。 ★米国が抵抗しているので、NATOは、ロシアの侵略の証拠となることを希望したものを設定しました。
彼等が確保できた唯一のロシアの無人機―ずいぶん前にウクライナに売られた物―を使って、彼等は、★この無人機をNATOの国に向かって打ち上げるよう設定しました。 ★計画は、無人機を素早く上下させて、無傷に路地に着陸させることでした。

★計画は、躓き、無人機は、遠く離れた隣り合ったNATO諸国に突入しました。
最終的に、無人機は、誤った方向へ行って、燃料が尽きるまで移動しました。 距離があまりにも遠く、確実にロシアから移動しなかったので、ウクライナから移動することができませんでした。
攻撃がロシアからではなくNATOから来たという証拠として、ロシアは、ロシアに侵攻する計画を示す、★ダンバスで確保された一組の文書を提示しました。 したがってロシアの“侵攻”は、★ロシア領内へのこの侵攻を阻止することでした。

ゼータ達が説明するように、★2014年のクーデターの間にウクライナが悪魔主義者の陰謀団に敗北して以来、多くの事が変化しています。

ゼータトーク コメント 3/31/2021:
米国は、NATO加盟国ですが、★NATO加盟国が攻撃されない限り争いに参加する必要がありません。 ウクライナは、NATO加盟国ではなく、ヨーロッパ連合の加盟国でさえありません。
2014年に陰謀団のためにウクライナを確保したウクライナのクーデター以来、多くの事が世界と米国で起こっています。
2015年末までに、オバマは、ニビルの存在を発表するのを怠り、★ダンフォード将軍は戒厳令を制定しました。 ダンフォード将軍は、★それから連邦準備制度からユダヤの銀行家達を蹴り出しました。

それから★トランプ大統領が2016年に選出されてヒラリーを後援した悪魔主義者の陰謀団の多大な衝撃となり、★モロクを崇拝する悪魔主義者達の掃討が始まりました。
2018年3月のトランプ大統領の大統領令によって、★“軍の裁きの場”は始まりました。 ヒラリーとマケインは、足首型監視装置を付けて現れました。
これは、★一般の人々が扱うにはあまりにも不安を掻き立てると見做されたので、静かな戦争でした。 ★悪魔主義者達は、南極大陸の邪悪な“尖がり頭”の異星人達によって一致協力されて、米国の政治組織に潜入していました。

戦闘は、分極化して強力になっており、★悪魔主義者達は生存のために戦います。
2020年選挙詐欺が非常に露骨なので、軍事政権とトランプ大統領は、バイデンとハリスの代役達を使って、★囮作戦を開始しました。 これは、★まだ実施中です。
その間に、ニューマドリッド破裂は、ヨーロッパの方へ突進する大規模な津波を生じる時点であり、★ヨーロッパのエリート達は、ロシアの油田とガス田への大掛かりな侵攻を計画しました。
ロシアは、★2014年のクーデターを逆転させるために介入しました。 米国の軍事政権は、その間に、★NATOが扇動するロシアとの戦争の興味がありません。

★DCのコンボイ

ワクチン義務付けに抵抗しているトラック運転手達のコンボイは、★」3月6日―彼等の予定された目標―にDCに到達しました
彼等は、環状道路を旋回しましたが、DCに直接入りませんでした。 メディアは、米国での封鎖と義務付けがカナダほど厳格ではなく、現在義務付けているのが主として州であると述べて、辛うじて注意を払うだけです。
伝えられるところによると、コンボイは、バイデンとではなく、★議会のメンバー達と会っています。 バイデンが発行した連邦命令は、現行では★裁判所命令によって保留されています。

★トラック運転手のコンボイはCovid‐19対策に抗議するためにワシントンDCの環状道路を周回します
2022年3月7日

https://www.cnn.com/2022/03/06/us/trucker-convoy-protest
車両のコンボイは、Covid‐19(ワクチン)義務付けと規制の終了を要求するために、日曜日の朝にワシントンDCの環状道路を周回しました。
抗議は、多くの世界的流行病関連の義務付けと規制―ワシントンの議員達によるよりも州と地元政府によって課された―は、★既に国土の大部分で撤廃され始めているときに押し寄せます。
★トラックのコンボイは抗議で首都の環状道路を運転する
2022年3月6日

https://www.nbcwashington.com/news/local/truck-convoy-set
トラックのコンボイのメンバー達は、日曜日にワシントンDC郊外を通って移動し、Covid‐19の義務付けの抗議において、車と牽引トラックの長蛇の列が環状道路の外側環状線を迂回したので、★交通妨害がほとんど報告されませんでした。
★バイデン政権は連邦従業員達のためのワクチン接種義務付けを守るように主張する
2022年3月8日

https://www.politico.com/news/2022/03/08/biden-administration
バイデン政権は、今年初めに下級裁判所の裁判官によって保留された、★連邦職員達に対するCovid‐19ワクチン接種義務付けを復活するために、火曜日に巡回裁判所の陪審員団に急き立てました。
大統領は、★9月に350万人以上の連邦職員達がワクチン接種するように要求されるだろうと発表しました。 他の義務付けと違って、連邦職員達は、資格のある医学的または宗教的免除を受けない限り、ワクチン接種の代わりに定期的に検査される選択肢を与えられませんでした。

★ニューマドリッドの漸次的変化

この過去1週間に、ニューマドリッド破裂が進行していることを示す北米プレートの毎日の変化を見ています。
3月5日に、アーカンサス州アイダ山の黒いヘリプロットから向かい側のミシシッピ州ヴィックスバーグでの黒いヘリプロットとともに、★ミシシッピ川が引っ張り離されているのを見ました。
3月8日までに、セントローレンス水路から北米のメキシコの先端まで、★北米が緊張下にあるのを見ることができました。
3月9日までに、何故シベリアのティクシがヘリプロットに関してそれほど頻繁に黒いのかが明らかでしたが、これは、モンタナ州へと移動しました。★ティクシは、プレートの境界上にあり、したがって引っ張れてますが、モンタナ州は、その地点の真南にあります。

3月10日に、ココスプレートでの下向きの圧力は、ココスをナスカプレートと太平洋プレートとココスプレートの3重の接合点へと押し込んでいました。 ★間もなく下向きの■蓄積圧力(累積圧力)は、そこで破裂するほど充分にニューマドリッドの町の西側の硬い岩を引っ張るでしょう。 それは、★ニューマドリッド断層線の破裂を始める大きな急激な揺れです。
3月11日までに、それは、本土が南へと同様に西へ転移している証拠になり、したがって★西の山々での多数の地震となりました。


ゼータトーク コメント 3/31/2022:
(北米)本土部分の南西への落下は、★南へ向かう部分の移動と西へ向かう部分の移動の両方を含みます。
粉砕している本土の岩は、どちらかの方向への移動するかもしれません。 オクラホマ州とテキサス州で地震が観測される間に、これが進行している柔らかな地面は、★南西への着実な漂流を可能にします。
★シベリアのティスキに接触する北米プレートの先端でヘリオプロッツが絶えず黒くなり、それがモンタナ州へと転移するときに、これは★南への落下を表示します。
しかしニューマドリッドで引っ張り離される本土部分と南東部分にとり、★本土部分の重要な西への移動もまたあるに違いありません。 これは、明らかに進行中です。