カテゴリー
未分類

Q&A: 断層線の配置

★米国のどの部分が、起ころうとしているニューマドリッドの破裂の間に大部分の損害を被るのでしょうか?

余震であり、★真のニューマドリッド断層線の調整ではないと私達が説明した1811~1812年のニューマドリッド地震は、チャールストンの教会の鐘を鳴らして、★ミシシッピ川をしばらくの間逆流させたことに注目に値しました。
比較的無傷であったために、北米プレートの本土部分について語られている話はほとんどありません。 これは、本土部分の接着部分とアフリカとカリブ海プレートの接着部分の間の綱引き合戦で、★南東部分が前後にグイと引っ張られているためです。

現行の報告は、同じ状況を反映します。
水道本管とガス本管の破裂、倒壊する建物、道路の破裂―これらは、★すべてが南東部分で起こっています。
1811~1812年が余震であったなら、★米国は、差し迫った2022年の破裂の間に何を期待できるのでしょうか?
ニューマドリッド断層線の到達範囲を超えて、★南東部分に数本の断層線―東海岸断層線、ラマポ、およびアパラチアン山脈を北上するもう1つの断層線―があります。 これらは、★セントローレンス水路の河口のニューイングランド諸州で加わります。

主要な地震は、オハイオ川との合流点を越えても、ミシシッピ川に沿って予想でき、★シカゴの部分を市の下の運河へと落下します。
★メンフィスとセントルイスは、倒壊した家屋や建物、使用不可能な橋で壊滅的な打撃を受けるでしょう。
ミシシッピ川を渡る全ての橋が、★主としてミシシッピ川の西の沈下している土地のために壊れると、私達は予想しています。 地震の損害の範囲を超えて、★火を消すための水が失われている都市での火事の危険があります。 ★電気網は、確実に機能低下し、水道本管は壊れます。

ニューマドリッドに沿った諸都市も壊滅されると私達は述べました―★クリーヴランド、トレド、およびバッファローは粉砕されるでしょう。
1811~1812年の余震の間に無傷であったために、不意に荒廃されるのは、★東海岸断層線に沿った都市です。 これらは、人口稠密な諸都市であり、地震から安全であるという想定において独りよがりです。 ★ボストンとニューヨークからDCまで、インフラは、修繕不可能―修理の範囲を超えて壊れる―です。
★列車と公共交通機関が機能しないときに、そこの市民達に、FEMAは、何と言うのでしょうか?