カテゴリー
未分類

Q&A: “衛星の渦巻き旋回”の反映

6‐8‐22 、カナダのべレンズ川。
他の多くのいっそう小さな物に伴われる★赤い三角形の太陽現象の謎。
私は、今ときどき、他のビデオで、これと★多くのいっそう小さな三角形を見ていますが?

[別の質問者から]https://www.facebook.com/groups/351696368562307/posts/1662093324189265/
[さらに別の質問者から]
レンズフレアとは、何ですか? 2022年1月22日。
https://www.scienceabc.com/innovation/what-is-lens-flare.html
フレアは、非常に明るい光源によって引き起こされ、太陽を撮影するときに典型的に発生しますが、それらはまた、重い背景光がスタジオで使用される時にも見られます。 それらは、2つの異なったやり方で、画像全域にわたる黄白色の霞、多角形や円のような目に見える幾何学的人工物として明示します。 ★フレアの形は、口径の形によります。 ★レンズが6枚羽根の開口部があるならば、フレアは、六角形のパターンとして現れるかもしれません。

[さらに別の質問者から]
http://www.zetatalk6.com/newsletr/issue642.htm


赤い三角形のレンズフレアが過去2年間に写真に出現する状態を、何が引き起こしたのでしょうか?
レンズフレアは、カメラの効果であり、通常、円の列または垂直の線または暈輪を結果として生じます。 経験豊富な写真撮影者は、フレアを避ける方法を知っていますが、それらは、経験の浅い写真撮影者達をまごつかせます。
NASAは、2007年に、★土星の表面に六角形を披露したカッシーニの写真を公開しました。 これは、★レンズフレアではなく、私達が説明したように、★粒子混雑回避の結果でした。 現象は、太陽のフレアが六角形または十字型になるような状態を生じします。

★アルベルトは、2017年に様々な“衛星の渦巻き旋回”の精密な写真を提供しました。
6個の衛星達の内2個は、三角形型に分類されました。 三角形の反映を示すべレンズ川の写真と他の写真は、レンズフレアではなく、太陽と地球の間に存在する“衛星の渦巻き旋回”の形を象徴します。 もちろんこの形は、扇型に広がって、★“衛星の渦巻き旋回”の物理的な形よりも大きく見えます。 光の近くに存在する物体は、陰が投げ掛ける場所よりも(影が投げ掛けられる点で)大きく見える出でしょう。
ニビル複合体がいっそう近くに引き寄せられるにつれて★空にはいっそう新たな兆候が人類のもたらされるでしょう。