カテゴリー
未分類

827: 大陸漂流

The ZetaTalk Newsletter
2022年8月7日 日曜日 ★827号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★大陸移動

レベル10の内のレベル8の段階の間、★数個の大陸がそれらの現行の位置から互いに漂い出るだろうと、ゼータ達は予測しました。
漂流は、2010年に始まると予測されたレベル10の内のレベル7のプレート移動の一部ではなく、さらに★別の現象でした。 レベル10の内のレベル8の段階のための予測がおこなわれた2011年に、ゼータ達は、詳細を与えるのを拒否しました。 それに応じて、ゼータトークのウェブサイトの新地理地図は、★大陸移動を含みません。
しかしゼータ達は、それらの詳細を提供しています。

ゼータトーク 予測 4/9/2011:
大陸の正確な位置は、それらの(大陸の)★ポールシフト後の配置と完璧に一致していませんが、とは言え、これらの変化を詳述することは、これらのシナリオを私達が討議する用意ができているとき以前に、★レベル10の内のレベル8のシナリオを扱うことになります。

7月12日と再び7月15日に、巨大地震が、ナスカプレートの橋のイースター島を連打しました。 レベル10の内のレベル7のプレート移動の“南米の回転”の部分は、ゼータ達によると、ニュージーランドでのインド‐オーストラリア・プレートの隆起と同様に100%完了しましたが、にもかかわらず、★この地域もまた高頻度地震地域のままです。
この新たなレベル10の内のレベル8の現象が発生しているのですか?
ゼータ達は、今、★レベル10の内のレベル8の漂流に含まれる大陸とそれらの漂流の方向を詳述しています。


ゼータトーク 詳細 7/15/2022:
“毎日の地球のぐらつき”によって引き起こされる★激烈なプレート移動の間に、太平洋が圧縮されるのを強制される一方で、大西洋は、引っ張り離されるようになります。
南極プレートがそこで上昇するように押されるので、南米と南アフリカ両方の先端の間で、★南大西洋でどのようにして新大陸が上昇するのかを、私達は詳細に述べています。 ★どのようにして“アフリカの回転”がアゾレス諸島で大西洋を引き裂き開いて、ニューマドリッド破裂を促進するのかについても、私達は詳述しています。
★大西洋に沿った破裂は、アイスランドからサンドウィッチ諸島まで南下しており、進行しています。

弱体化した大西洋断層は、断層のどちら側の大陸ももはや一緒に保持することができず、これは、★他のプレートと不充分に接着するそれらのプレートが漂うための好機を可能にします。
★南米がさらに西へ漂うのを妨げるものは何もなく、アフリカがさらに東へ漂うのを妨げるものもありません。 それらは、それらの回転を継続し、★停止しません。
★レベル10の内のレベル7のプレート移動がその後明らかにされるレベル10の内のレベル8の一部として、詳しく述べられた2011年に、私達は、この事を仄めかしています。 ★その時は、今です。 ★南米は、西で南下していっており、したがってナスカプレートへの圧力なのです。

その間に、★レベル10の内のレベル7のプレート移動は継続します。
然るべき所に回転することができる南米とアフリカと違って、★北米とユーラシアは、それらのプレートの境界が北極地方を通って走る先端でともに固定されます。 ★差し迫ったニューマドリッド断層線の破裂は、この固定のために結果として生じるでしょう。
その間に、北米は、着実に太平洋へと落下している本土部分とともに、極端な緊張下にあります。 ★北米は、現時点で、北極地方か太平洋の境界に沿って所在するヘリプロッツだけが黒くなって、世界の緊張の中心です。

最近、この弱まることのない圧力は、★火山の危険地帯がカムチャッカ近くの水中に出現したときに、ニュースになりました。 ★上空を通過したパイロット達によって見られて撮影され、そしてISSから見られて、これは、不可解であるように見えました。
しかしゼータ達は、ニューマドリッドの破裂が起こるまで、★北米大陸のすべての部分がこの圧力にさらされるだろうと指摘します。 ★極東から、カムチャッカを過ぎて日本の方へ弧を描いて南下する北米プレートの部分は、本土部分の残りの部分とともに引っ張り下げられていっています。

北大西洋の神秘: ★奇妙な赤い鮮やかな光が39,000フィート(11.7キロメートル)で商業航空便から観察されました―周囲の土地がありません。
2022年7月17日

https://strangesounds.org/2022/07/north-pacific-mystery
★ゆえに、これは、北大西洋上空で、昨日の朝早く、39,000フィート(11.7キロメートル)で商業航空便から突き止められました。 ★北緯50度/東経167度近くで; 近くに陸塊はありません。

ゼータトーク 説明 7/17/2022:
2014年に赤い光は、夜間にインドネシアの近くで見られ、イカ釣り漁船からであると決定されました。 赤い光は、イカの誘引物質でした。
今、2022年に類似した赤い光が、★日本と太平洋プレート境界の方へ南下して拡張する北米の陸地の掛け鉤の間の境界に沿ってカムチャッカの近くに見られます。 これらの2022年の光は、★パイロット達とISSによって記録されました。
カムチャッカには、アリューシャン列島の場合と同様に、このプレート境界の圧力のために多数の火山があり、そしてこの火山の噴出は、★陸上でと同様に水中でも起こります。

ニューマドリッド最終章に先立つ北米の本土部分の絶え間ない圧力は、ヘリプロッツに多く現れています。 ある日、★一貫して黒くなる場所が3か所―ティクシと、北極圏の境界のビリビーノと、本土が落下していっているビッグサー―だけあります。
日本の方へと南下して延長している岩の掛け鉤がポキッと折れないが、★プレート境界に沿った上昇する泡立つマグマが示すように、そこでの圧力が極端であると、私達は述べています。

★北米大陸の内部は、ニューマドリッド断層線の破裂を待っている間においても、緊張下にあります。
したがってフーバーダムで変圧器が燃え上がったときに、これが差し迫ったニューマドリッドの破裂に関連されると想定されました。
はい、ゼータ達は、★ニューマドリッド破裂の後とこの破裂に対するサンアンドレアス断層に沿った反射反応の前にフーバーダムが止まるだろうと、ゼータ達は予測しましたが、フーバーダムでの7月19日の火事は、この予測のためではありませんでした。 それは、★ミード湖の低水位のためでした。

フーバーダムでの爆発: ★黒煙がネバダ州の陸標を飲み込む際に巨大な火の玉がタービン小屋から立ち昇ります。
2022年7月19日

https://www.dailymail.co.uk/news/article-11029187/Massive-explosion
グールド氏は、★フーバーダムのA5変圧器が午前10時頃に燃えだし、炎は、局が現場を維持する消防団によって約30分以内に消されたと言いました。
ダムからのビデオは、怯えた観光客達が安全な場所へ殺到した際に、★高さ726フィートのダムのふもとの、コロラド川のアリゾナ州側のタービン小屋から炎と煙が上がっているのを示しました。

ゼータトーク 分析 7/19/2022:
フーバーダムが1935年に設計されて建設されたときに、技師達は、★2022年の現行の旱魃を予期していませんでした。 コロラド川は、安定した力強い流れなので、水位への唯一の懸念は、★ミード湖の水がダムを越えないようにすることができていることでした。 今、ニビルの存在によって引き起こされる“毎日の地球のぐらつき”下で、★南西部は酷い旱魃を体験しています。 ★ミード湖の水は消えていっています。
★フーバーダムのタービンを動かすために吸い上げられている水の質にとり、何を意味するのでしょうか?

★フーバーダムのタービンを動かすために吸い上げられている水の質にとり、何を意味するのでしょうか?

ダムの取り入れ口は、底に沈殿するかもしれない泥やごみを除去するために、通常水源の上部に位置付けられます。
時が過ぎて、コロラド川の減速する流れは、この★泥やごみが取り入れ口側の底の方へ厚くなって蓄積するのを可能にしました。
タービンからのさらなる力を必要としたタービンが濃厚な水に対処するようにタービンが強いられるまで、★ミード湖の低下する水位は、この過程を加速しました。 したがってタービンは、★南西の熱波の只中で加熱しました。

この事故は、ニューマドリッド調整後に私達は起こるのを予測した★フーバーダムの余水路の完全な故障ではありません。
北米大陸が耐えている“弓のしなり”の圧力の間に、ニューマドリッド調整の以前でさえも、★余水路が潜在的に圧縮されて閉鎖するかもしれないと、2012年に私達は予測しました。 余水路の故障の明白な結果は、★ミード湖の水がラスベガスへと溢れさせられることでしょうが、今年2022年の変圧器の火災は、どの★余水路の圧縮の結果でもありません。
どのさらなる火災も防ぐために、変圧器は、スウィッチを切られるか、★余水路の水の流れが停止される必要があります。

ニューマドリッドの最終章が接近するにつれて、★北米プレートとアフリカプレートの両方が米国の南東部分を異なった方向に引っ張っていきます。 これは、ゼータトーク・フォロワーズのフォーラムが指摘するように、★ニューマドリッド断層線に沿って終わりなき災害を引き起こしています。
大規模な陥没穴がブロンクスの街路に開いたときに、ゼータ達は、★4本の断層線が接触して引き攣るためにそこに到着すると、説明しました。 これらの陥没穴は、実の所、★2011年のゼータトークの予測でした。

ビデオ: ★バンがブロンクスで陥没穴に落下する。
2022年7月18日

https://pix11.com/news/local-news/bronx/van-falls-into-sinkhole
バンは、月曜日の夜に、ラドクリフ通りの大規模な陥没穴へろ落下しました。
最初に、★街路の一部がバンの後方の車輪の1つの下で砕け、それからバン全体が穴へと落下しました。 近くに駐車していた車は、穴へ落下する危険があったように見えました。 負傷者は記録されませんでした。

ゼータトーク 分析 7/18/2022:
ニューヨーク市は、2本の東海岸断層線―ラマポ断層線と東海岸断層線―★合流地点の上に存在します。
★北米大陸の南東部分が 前後に引っ張られる―最初にアフリカプレートに接着されたままであるように東へ、そしてそれから北米大陸の本土部分とともに残るように西へ―際に、★これらの断層線は砕けます。 岩の層は、転移して切り離され、それに応じて上方の地面が移動します。
東海岸断層とラマポ断層の関連が充分でない場合、★アパラチア山脈に沿って上昇しているニューマドリッド断層線とブリヴァード断層線もまた前後に引っ張られます。 これは、★ニューマドリッドの最終章が接近すると加速するでしょう。

ゼータトーク 予測 2011:
荒々しい“ぐらつき”の間に、地面が最初に一方方向へ、それから別の方向へ引っ張られるために、★陥没穴とクレバスが伸張地帯に出現します。 これは、★この運動によって確立されるどの孔にも柔かい土壌が落下し、それゆえに陥没穴なのです。

ゼータトークの予測は、ここ数日間、1つ以上の活動領域で真実であると証明されていっています。
ハワイ上空でのUFOの恣意飛行が討議下であった1年前に、ゼータ達は、彼等の解釈―★“ぐらつき”の波がハワイを襲って、居住者達は警告されていた―を提供しました。
★ゼータ達が再び正しいという以外、私達は言うことができません!


★ハワイの巨大な波が‘歴史的な’うねりの中で家屋―そして結婚式―に衝突する
2022年7月19日

https://www.nbcnews.com/news/us-news/huge-hawaii-waves
大きな波―幾つかは20フィート以上の高さ―は、土曜日の夜に頂点に達した強力な南のうねり、特に含まれる高潮と気候変動に関連付けられる上昇する海水面の組み合わせによって生じたと、米国気象局が言いました。 ★ホノルルの米国気象局の担当気象学者クリス・ブレンチリーは、いくつかの要因が合わさってそのような巨大な波を生じたと言いました。
「12フィートか15フィート以上の波は、それらが極端に大きく実際に稀になります、」と彼は言いました。 「数十年で最大でした。」

ゼータトーク 解釈 6/30/2021:
このUFO恣意飛行は、★間もなく起こると予想される“酷いぐらつき”の波浪の間にハワイを襲う津波を表現します。
以前のハワイのための“安全な所在位置”の警告に詳しく述べられたように、ハワイ諸島は、波が、“諸島を超える”のではなく、★“諸島の周りを進む”と予想することができます。 にもかかわらず、それは恐ろしい体験になるでしょう。 “酷いぐらつき”は、“最後の数週間”のために詳しく述べられていますが、エピソードは、★その時以前にも起こるかもしれません。
宇宙協議会は、★地球の人々がニビルの接近を認識する必要があると感じて、問題を設定されている★隠蔽工作を通り越す計画を適切に考案しています。
★陰謀団が支配するメディアは、ニビルを認めるのを拒絶するので、それ以外の事を言う全員が嘲笑されます。