カテゴリー
未分類

NL831: 干ばつの洪水

The ZetaTalk Newsletter
2022年9月4日 日曜日 ★831号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★干ばつと洪水

ゼータトーク・サーガの始まりに、ゼータ達は、ニビルが“通過”のために接近する際に出現して悪化すると彼等が知っていた”毎日の地球のぐらつき”のために、★交互に起こる旱魃と洪水が発生するだろうと予測しました。
このニビルの接近の徴候は、これら2件の事件が示すように、★8月のひと月の間にヨーロッパと米国南西部を苦しめて、2022年に報復とともに発生しています。
★フランスのロワール川が小さな流れにまで干上がり、フーバーダム上流のミード湖は、事実上空になります。 しかしこれらの地域両方ともで、★今、滝のような雨が降っています。

★フランスのパリは90分間で8月の平均降雨量の80%に達した。
2022年8月17日

https://watchers.news/2022/08/17/paris-hit-by-80-of-average
荒々しい雷嵐が★2022年8月1日にフランスの一部に豪雨と強風をもたらし、旱魃に襲われた国に一時的な安堵もたらしました。
★フランスのロワール川は旱魃がその支流を枯渇させるにつれて新たな最低水準記録を設定する。
2022年8月17日

https://www.reuters.com/world/europe/frances-river-loire
先例のない低水位が川の生態系の危険にさらします。 砂州は数マイルにわたって延び、平底ボートが立ち往生しました。 ★4か所の原子力発電所は冷却のために水流に依存しています。
★激しい雷雨、テニスボールの大きさの雹がフランス全域にわたって大打撃をもたらす。
2022年6月6日

https://watchers.news/2022/06/06/severe-thunderstorms
酷い雷雨が豪雨とテニスボールの大きさの雹を★2022年6月3日と4日にフランスにもたらして、フランスの大部分にわたるブドウ園に大打撃をもたらし、数千軒を電気無しの状態のままにし、1人が死亡し15人が負傷―彼等のうち2人が重症―しました。
★道路と街路は、首都パリの地域や、イヴリーヌ、セーヌ・マリティーム、ユーレとユール・エ・ロワールを含む国の南北に氾濫しました。

★豪雨がラスベガスを連打して名高い街路を川へ変えた。
2022年8月12日

https://www.accuweather.com/en/severe-weather/monsoon-rainfall
ラスベガスは、今、土砂降りの嵐が市の周囲に大打撃をもたらした後に★10年内でもっとも雨の多いモンスーンの季節の只中にいます。
★コロラド川とミード湖に関する最新の報告。
2022年8月16日

https://www.cnn.com/us/live-news/lake-mead-colorado-river-report/
米国土地開拓局は、★コロラド川の地理区2の水不足を宣言しています。 ★南西部数州は、連続して2年目の新たな義務的断水をおこなう必要があります。

ゼータトーク 確証 8/31/2022:
 1995年のゼータトーク・サーガの始まりに、★ニビルが接近するにつれて旱魃と洪水が交互に人類を苦しめるだろうと、私達は予測しました。 これらの天候の変動は、予想不可能であり、明確な理由もなく転換するだろうと、私達は予測しました。
フランスは、あまりにもひどい旱魃を被っているので、★ロワール川がほぼ完全に干上がっており、にもかかわらずパリは、★8月17日に洪水に見舞われました。
フーバーダム上流のミード湖は、あまりにも低水位なので、ラスベガスの沿岸に沿って遺体の骨が浮かび上がっており、にもかかわらず★8月12日に洪水が街路とラスベガスのカジノに氾濫しました。
★ゼータトークのもう1つの予測が真実になります。

ゼータトーク 予測 7/15/1995:
 巨大な彗星の接近を予告する気象の変化は、★最初に通常の範囲内でしょう。 気象学者達が本で類似したパターンを見つけることができるか、または年配者が昔の物語で私達を楽しませるために見つけられることができる限り、誰も過度に恐怖に陥れられないでしょう。
詰まる所、天候は絶え間ない会話の源泉ですが、これらの討議の効力は、人間によって依存される食物連鎖への影響が慣れ親しんだ境界の範囲外へと移動するときに変化するでしょう。
警鐘が鳴るのはこの時点です。
温室効果からの“地球温暖化”を基にした変化を説明するすべての試みは、★天候が予想可能であることを拒絶するので、思わぬ障害に行き当たるでしょう。 ★人類の記憶においてずっと砂漠であった世界の地域は、絶え間なく繰り返す雨で沼になるでしょう。 ★定期的な穏やかな降雨に慣れた温帯性の気候は手に負えない旱魃を経験するでしょう。
それからこれは、何の明白な理由もなく、交互に起こるでしょう。

実際に、“ぐらつく”天候は、極端になっています。 予測されたレベル10の内のレベル7のプレート移動の完了と★続いて起こるオーストラリアの屈曲のようなプレート移動は、地球を襲い続けます。
ゼータ達は、コーラル海のサンディ島が消えた2012年にオーストラリアの屈曲を予測しました。
屈曲は、今、★2022年8月18日に始まっている繰り返して脈打つブイ56003によって公表されたように、その予測された段階の範囲内で移動しています。

ゼータトーク 説明 12/1/2012:
 インド‐オーストラリアプレートが、オーストラリア東部とニュージーランドが横たわるその東端で上昇するので、★一時的なうねりが地殻の弱い箇所で起こるだろうと、私達は説明しています。
プレートの東端が重いので、最初の反応は、★コーラル海で屈曲することであり、それは、突然にマグマ層の上方に突出していくためです。 これは、そこでも★屈曲し始めるオーストラリアの屈曲地点に緊張を配置します。
第2の反応は、★オーストラリアとインドの間のインド洋の撓曲地点がインドを保持するプレート部分がその南端をを落下して、スリランカを落とすのを可能にすることです。 これは、インド‐オーストラリア・プレートの東端が真っ直ぐにするのを可能にするので、★コーラル海地域での一時的な屈曲は消失します。


ゼータトーク 確証 8/18/2022:
 インド‐オーストラリア・プレートを持ち上げる重量がときおり実際に★中央部での屈曲する必要があると、私達は、サンディ島がコーラル海で消えた2012年に説明しました
★コーラル海の下の空所が持ち上がってマグマで満たされるようにコーラル海が持ち上がる点で、オーストラリアの屈曲過程が第1段階であると、私達は描写しました。
これは今、数年間進行中です。

 第1段階は、コーラル海での隆起が緩和できるように、オーストラリアの東側を落下して、アデレード北部の湖地域でオーストラリアを通ってずっと★2/3の屈曲に伴われます。
インド‐オーストラリアプレートが、ヒマラヤ山脈の下に突っ込まれ続けて、★オーストラリアを含むプレートの東半分全体は重荷になります。 これは、h沿いオーストラリアとスリランカの間の別の屈曲地点である第2段階を強制します。
脈動するブイ56003は、第1段階と第2段階の反復がしばらくの間継続するけれども、★私達が第2段階の始まりにいるという信号を発しています。

しかし最新のSO2(二酸化硫黄)の地図から見ることができるように、★プレート移動によって最も緊張を加えられているのは、中国と、米国のニューマドリッド地域です。 これらの地域は、両方ともが、★大陸が引っ張り離されていっている伸張地帯です。