カテゴリー
未分類

800: カザフスタンの革命

The ZetaTalk Newsletter
2022年1月30日 日曜日 ★800号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★カザフスタンの革命

エリート達対一般人は、充分に実証されています。
★何故、世界の全資産の99%を1%が保持するのでしょうか?
公正な心であることによってではありません。
何故、★IMFまたは世界銀行のような西側銀行が借金奴隷制を押し付けるので、その結果が個々の人々は、借金があって、彼等の仕事を止めることも、★安全な場所へ移動することもできないのでしょうか?
貧しい国々は、借金するように奨励されて、そして★誰が利子を収集して、株式と不動産譲渡証書を保持するのでしょうか?
★1%です。

★エリート達は、軍が彼等を守ることを期待しますが、彼等は驚かされるでしょう。
カザフスタンでは、大統領宮でさえも燃やされました。 その後、カザフ大統領は、★彼の燃料価格の増加に抵抗している市民達をテロリスト達と呼んで、撃ち殺すべきだと命令を発しました。

★カザフ大統領は‘警告なしに’抗議者達に対して致命的武力の使用の権限を授与する。
2022年1月7日

https://www.rt.com/russia/545367-kazakhstan-authorizes-lethal-force/
★カザフ大統領カシム‐ジョマルト・トカイェフは、新年以来国を蔽いつくしている不穏状態を鎮めるために、法執行機関職員達が致命的な武力を使用する許可を与えたと発表しました。
「警告なしに撃ち殺すように法執行機関と軍に命令を与えている」と、トカイェフは発表しました。
★‘国粋主義者達が大投資ています’: カザフスタンでの抗議行動がどれほど暴力的になったのか&何故ロシアは沈黙を保つことができないと感じるのか。
2022年1月5日

https://www.rt.com/russia/545219-kazakhstan-protests
カザフスタンの現行の暴力的な不穏状態の背後に何があるのですか、そして何故、ロシアにとりこの巨大な元ソビエト共和国の政治的安定性がそれ程高い重要性があるのですか?
カザフスタンでの出来事は、1時間毎の基準で変化している状況で、危険極まる速度で進展しています。 当初、急上昇するエネルギー価格に対する抗議がいっそう深刻な何かに変わらないように見えました。
とは言えその時以来、国は、★ロシア主導の軍事ブロックである集団安全保障条約機構(CSTO)からの支援を要請しており、その兵士達は、武装した略奪者達との荒々しい街頭戦闘に従事しています。
とは言え不穏状態は、大抵、自然発生的で、制御されていないように見えます。 ★群衆を組織する指導者達はおらず、抗議運動を陣頭指揮するどの政治的パーティーも無いように見えます。
★政府が‘対テロリスト’作戦を始めた後にカザフ市での銃撃戦。
2022年1月5日

https://www.rt.com/russia/545255-gun-battles-kazakhstan-almaty/
激しい銃撃の報告とビデオは、★カザフスタン最大の都市アルマトゥイの通りから発生しています。 当局が“対テロリスト”作戦を開始し、都市の混沌を、外国の訓練を受けたグループの所為にした後に生じました。

エリート達は、軍の統制が彼等の防護を確実にすると想定しますが、過去の革命は、一般人がもはや受け入れなくなったときに発生しています。 たびたび軍は、一般人の側につきました。



★何が、カザフスタンの一般人が街路に出るように刺激したのでしょうか?
★暖房と調理と車のガソリンのための天然ガスが国家によって以前に助成金を支給されていた点で、カザフ大統領は、企業が利益を最大化できるように、恣意的に価格上限を撤廃する決定をしました。 彼は、★価格が2倍になるのを可能にしました。 これは★冬の最中にです。 ゼータ達は説明します。

★ビデオは暴力的な燃料価格の抗議行動が国を搔き乱す際にカザフスタンの群衆が軍が後退するように強制するのを見せます。
2022年1月5日

https://www.businessinsider.com/video-kazakhstan-protests
カザフスタンの抗議者達は、今週、人目を引く場面で、元ソビエト国家を混乱させる暴力的抗議から軍が撤退するように強制しました。
★政府が液化石油ガス(LPG)の価格上限を撤廃した後に、日曜日に、燃料を生産している西部のマンギスタウ省で抗議行動が始まりました。 国内で最も人気のある燃料の1つLPGの価格は、上限が撤廃されるや否や2倍になりました。
★カザフスタン: デモ参加者達はますます激動する不穏状態で優位を獲得します。
2022年1月5日

https://eurasianet.org/kazakhstan-demonstrators-gain-upper-hand
#カザフスタンの反政府抗議行動は、★抗議者達が国内最大の都市アルマトゥイで機動隊と国民兵と衝突した1月5日に新たな頂点に達しました。
抗議者達と警察の間での暴力的な対峙は、国全域にわたって他の数都市で繰り返されています。
暴動が1日中段階的に拡大した際に、当局は、インターネットのプラグを抜いて、国を効果的に外世界から切断しています。 電話回線の接続もまた臨時に接続されました。 ほとんどすべての地方TV局は、放送を停止しました。
★アクトべの警察は、人々の側に居て、人々に対して彼等(警察)の手を上げないと言いました。
★カザフの大統領はロシア主導の街区に軍の支援を要請します。
2022年1月5日

https://www.rt.com/russia/545250-kazakhstan-protests-csto-military-help/
カザフの大統領は、“テロリスト達”が全国全域にわたる戦略的施設にあふれていると主張して、暴力的な不穏状態が国家を掌握し続けて、★ロシア主導の集団安全保障条約機構(CSTO)に支援を求めています。

ゼータトーク 観察 1/31/2022:
ニビルの“通過”が接近するにつれて、暴動を鎮圧して一般の人々を労働収容所へ向けるか、食糧を育てて収穫するために、戒厳令がついに宣言されるでしょうと、私達は述べています。 ★世界の人口の半分以上が都市へと詰め込まれているので、権力体制は選択の余地がないでしょう。 選択は、★大量飢餓と食人風習を可能にするか一般民衆を服従へと強制するのを可能にすることです。
★ダンフォードと彼の海兵隊達が指揮権を採り上げた2015年秋以来、米国内では戒厳令が施行されており、軍の“裁きの場”は、2019年1月以来米国で進行しています。

本格的な戒厳令には多くの段階があります。
第1段階は、選出された政府による軍への委託であるか、軍が権力を強奪することができます。 大抵これは、一般の人々に情報が知らされて、非常に一般的な動きですが、★一般の人々に警報を発しないように非常に慎重である可能性があります。
米国は、差し迫ったニビルの“通過”のために戒厳令下にあり、★ニビルに対する隠蔽工作があるので軍が一般の人々に通知したくありません。 いくつかの戒厳令の状況は、異議を唱えられた選挙があった2006年と2013年のタイでのように一時的です。

戒厳令は計画されますが、国内の暴動を鎮圧して秩序を強制するために必要とされるまで制定されそうもありません。 軍が支配している間の決定は、しばしば実情であるように、設立された政府が支援されるべきと軍が決定しない限り★軍によっておこなわれます。
★私達は、私達が予測している差し迫ったニューマドリッドの破裂の間に、米国の軍事政権が米国での本格的な戒厳令を発表するだろうと予想して、トランプが大統領であり、依然として大統領であり、2020年選挙詐欺を解明すると述べています。 <

カザフスタンで起こっている事は、★一般の人々の不穏状態の突然の噴出の1例です。
★冬の只中で、ガスの価格は、価格の上限を上げるために政府の決定によって高くなっていっていました。 ★主張は、政府がもはや価格統制に助成金を支給できなかったということでした。 カザフスタンの権力体制の選択は、助成金を継続することか、企業を接収して、非営利企業経営として生産と配給を運営することでした。
彼等は、★企業を運営している裕福なエリート達に加担することを選択しました。 ★誤った動きです。

現時点で、カザフスタン軍は、地域からのさらなる助力を求める一方で、インターネットを閉鎖し、電話業務を閉鎖し、メディアを閉鎖しています。 ★結果は助成金付きの暖房ガスへの回帰があるだろうと、私達は予測します。

そして確かに、★企業を価格釣り上げから遠ざけるための価格統制は即座に開始されました。

★カザフスタンは公共事業の料金の増加について一時的な支払い猶予期間を導入する
2022年1月7日

https://sputniknews.com/20220106/kazakhstan-to-introduce-temporary
「給水、下水処理、暖房、ガス、および電気を含む規制された公共事業の増加する料金についての一時的な180日の支払い猶予期間が、間もなく導入されます」と、政府はウェブサイトで言いました。
「牛肉、羊肉、ジャガイモ、およびニンジンを含む社会的に重要な食品の価格を安定させるために、家畜の輸出禁止は、6か月間導入されており、そしてジャガイモと人参の輸出は3か月間の禁止です。」