カテゴリー
未分類

800: 銀行業の終焉

The ZetaTalk Newsletter
2022年1月30日 日曜日 ★800号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★銀行業の終焉

ポールシフトの結果として、そして多くの場合、★(ポールシフトの)充分前に人類が物々交換システムへと回帰するだろうと、ゼータ達は予測しています。
★人類は、この様式に簡単にこっそり戻ります。
中国で最近、過酷な封鎖の間に起こった事をちょっと見てください。 ゼータ達によると、恒大(エバーグランデ)株式の株主達が最近体験したように他の何かが手形の裏付け―1日限りの―であるので、★品物の交換は、物々交換システムに伴う信用でおこなうことができるだけです。

中国: ★封鎖下の西安の居住者達は(品)不足の最中に品物を取引します。
2022年1月4日

https://www.bbc.com/news/world-asia-china
中国の西安市で隔離されている人々は、食糧不足に関する継続する不安の最中に、★必需品を物々交換しています。 ソーシャル(ネットワーク)の投稿は、★地元の人々が食糧のために煙草と機械装置を交換しているのを示してます。
★12月23日以来、約1,300万人が自宅に閉じ込められています。 ソーシャルメディアのサイトであるウェイボーのビデオと写真は、人々がキャベツのために煙草を、リンゴのために皿洗い洗剤を、そして野菜の小さな山のために衛生用品を交換しているのを見せました。

ゼータトーク 物々交換システム 12/15/2001:
 ★シフトのはるか前に、物々交換システムが現行の紙幣システムに置き換わっていくだろうと、私達は予測します。
すべての国々でドルの価値は、下落していき、そのような状態でのどのような取引においても、一方または両方の当事者達は、代用品ではなく実物が与えられるか受け取られる場合にだけ、公正な取引をおこなっていると感じるでしょう。
私達が過去におこなったように、おそらく突然に警告なしに価値が下落するだろう株式や宝石や紙幣から救済するために、私達は一般人に助言します。 金持ちが秘蔵する物よりも価値のある物、★蝋燭やマッチ、教科書やギターを蓄えるのが良いでしょう。

★「私達のお金を返して!」 恒大(エバーグランデ)の投資家達は中国の開発者の事務所で抗議します。
2022年1月4日

https://www.reuters.com/markets/rates-bonds/evergrande
かつて中国の売れ筋商品開発者だが今3000億ドル以上の負債で混乱している恒大(エバーグランデ)は、以前に製品が完成した月末までに、量については具体的に憶測することなく、10%を返済することに同意していました。

ゼータトーク 空約束 9/17/2004:
 銀行業システムまたはどの紙幣システムも自信、手形が確固とした何か、すべての金銭システムや銀行の手形である物である★手形の裏付け以上の何かで返済されるという自信で成り立っています。
黄金は保証と考慮されました。 債務者経済を支援するために紙幣を使用する造幣局が黄金の供給範囲を超えて運営したときに、金銭システムは、金本位制を中止ました。
金銭がしっかりとした保証から抑制されなくなったときに、憶測が這い進み、結果として暴騰した株式、担保なしのローン、両手にしっかりとした物をもって、カードをかきまぜた後にほとんど残さずに倒壊する砂上の楼閣であるネズミ講を生じます。 大抵の人々は、破産の深い山の頂上に立って、★回収不可能な価値のない手形を保持したままになります。

ゼータトーク 否定ゲーム 12/15/1999:
 競争で運営されなくなることも無力になることもない、非常に多額の資金のあるおそらく半ダースの国際銀行があります。
彼等は、民衆が無関心で、良好な時間を過ごしている安心感を感じるために、周りを見回して数人が言っている事―★緊急事態貯蔵庫が空で、作物が失敗して、株式市場が過度に膨張する―に気づかないことを望んでいます。 彼等は、経済の安定性の大部分が自信を基にしているので、民衆が鈍感で、無気力で、金銭を消費することを望みます。

貨幣の価値は、貨幣を発行する国の国力に依存しています。洪水と旱魃とバッタの大発生を考慮すると、力強い経済は、うまくいかなくなる可能性があります。
単純にビットコインに頼ることがより良いのでしょうか?
ビットコインが秘密のサーバーに存在して、★中央銀行またはどの国の出所も無いので、つかの間でもあります。 ★サーバーが死ぬと、それらに存在するどのビットコインも墓場へ道連れにします。
これは、すべての熱狂が犠牲者を引き付けるだけである詐欺ゲームであるかもしれないのでしょうか?
ポージー型利殖詐欺方式の計略なのでしょうか?

★“もしもの法廷不換紙幣がだめになる場合”: 億万長者達が終に暗号通貨へ殺到していく
2022年1月2日

https://www.zerohedge.com/markets/just-case-fiat-money
★暗号通貨が、衰えていく通貨システムへの論理的な代替手段であると数百万人の人々が実感する際にビットコインは急激に急騰すると、私達は最初に予測しました。
法廷不換通貨は、中央銀行でさえもCBCCを開始するための彼等の執拗な圧力で認めるので、地獄に落ちていきます。 暗号通貨が並外れた報酬を獲得する―反対もまた真実であるとしても―ことができるのは可能です。

ゼータトーク ビトコイン 1/31/2018:
 新暗号通貨の大部分は、★いずれ一般の人々から盗むように確立されています。
概要は、新通貨がどれほど使いやすいかについて有名人または陽気な報道によって奨励されて、通貨が使用できるようにし、それからバーン、★電子通貨を保持する誰でもがそれが無価値であり、回収することできないと気付くことです。

ゼータトーク ビトコイン・ゲーム 4/30/2020:
 ★デジタルドルは、銀行が実のところ破産しているという事実を隠すように設計されています。
★破産の証拠が隠されることが可能である中央銀行の機関へこの活動を押し進めて、クレジットカードの使用を置き換えるように計画されています。
デジタルドルは、本来一時的です。 これは、★合法にされた資金洗浄です。
代案は、銀行に、いっそう強力な銀行に吸収されて、破産へと打ちのめされるのを可能にし、★やがてどのような事情にしろ中央銀行に吸収されることです。 ★銀行システムにとり、これらは、真に“終末の時”です。

中央銀行が現金を無制限に造幣することができるか、または少なくともこれを流動資産として帳簿に記載することができるのに、何故、どの中央銀行も金銭を使い果たすのでしょうか?
★問題は、より多くのドルが流通するときに、それぞれのドルの価値が下がるインフレ(通貨膨張)です。 手形の裏付けは、結局、度胸ゲームです。
米国では、銀行は、連邦準備制度から得たどのドルも貸し付けるのを可能にされるので、銀行は実際に浮足立っていきます。 銀行で取り付けがある場合、需要を満たすほど充分な物理的な現金がないかもしれません。 ★したがって現金不用社会または銀行利用への制限は、弱い銀行を守るために課されるかもしれません。

ゼータトーク 時間制限 8/25/2007:
 ★銀行が率直に言ってドアを閉めた場合、パニックが本格的に始まります。
大量引き出しが注目される点で、銀行は、延期された支払いのような様々な“ブレーキ”の仕組みを使っており、その間ずっとコンピューターまたはシステムの問題の主張をおこなっています。 様々な他の技術は、★どの技術が一般の人々の間で最も協調性に適合するのかを見るために一般の人々に検査されます。
★銀行の制限された営業時間や制限された引き出しが到達される時点は、多くの紆余曲折のある長い道程です。

この過程は、どのようにして進行するのですか?
物々交換システムへと向かう傾向よりも他に、★弱小銀行が強大な銀行に吸収される傾向があるでしょう。 差し押さえと個人の銀行倒産が増加すると、銀行産業は、★請求書又は給与を支払うことができない状態に気づくでしょう。
人は、買手がいない場合、農場や自宅を売ることができません。 そして裕福な人々が農場や家屋を買う場合、一般人は、所有権の尊重がありません。
★資産は、おそらく彼等の元所有者達の手に残るか、または無断居住者達によって押収されるでしょう。

ゼータトーク 過程 11/30/2019:  どのようにして銀行は倒産するのでしょうか、静かにそれとも逼迫した破産で? ★政治家達や裕福な者達は、ニビルの来るべき通過を生き延びるシステムを好むでしょう、そしてそれゆえに★銀行が体験している苦境を隠すためにできる限りの事をおこなうでしょう。 ★彼等は、一般人が、遅れて、できれば“最後の数週間”の間にニビルについて学ぶのを希望し、ゆえに彼等(一般人)は、彼等の住宅ローンを支払うのを止める時間がなく、そうでなければ差し押さえが増加するでしょう。 ★これは、彼等がその後不動産を競売にかけることができるけれども、一時的に銀行の負担になると予想されます。

 ★ポールシフトに進むにつれて、作物の不作、地震によるインフラへの損害、保険会社の倒産、個人の収入とGDPの喪失とともに結果として生じる失職から世界的経済崩壊のために、銀行業の倒産を、私達は長い間予測しています。 脆弱な国々が破産を宣言するよう強制されるだろうけれども、★政府はまず第一に、より多くの金銭を印刷するか生産することによって対応するでしょう。 弱い銀行は、より大きく、より強力な銀行によって収されるために就業されるでしょうが、この過程は実際に終点があります。

 ★ポールシフトが接近するにつれて、世界が物々交換システムへと進むだろうと私達は予測しています。 ★差し押さえが増加すると、銀行は、これらの不動産を監視する資料がないことに気がつき、それらの元所有者達によってか第三者によって取り返されるでしょう。 ★株式と債権は、冗談と考えられている株式市場とともに、それらの価値を失うでしょう。 ★マイナス金利のような詐術は、すでに冗談と考えられています。 何故それらに金銭が掛かるときに、誰かが債券を買うのでしょうか? ★元またはドル、またはユーロのような通貨は、とはいえ街頭や店舗で交換の仲介物として使用されるために継続するでしょう。