カテゴリー
未分類

2022年1月31日 Q&A:

エリート達は、★中国からの新たな、さらに重要なウイルスを放出しているのですか?
★両目、両耳および鼻から出血するのは、いっそう私にはエボラのように聞こえます。
単なる噂ですか、それとも現実ですか?

[別の質問者から]
https://rumble.com/vrv3jd-xi-hiding-new-emerging-variant-xian-variant.html

[さらに別の質問者から]
★中国の西安で出血熱の大発生? 2021年12月29日。
https://gnews.org/1800663/
最近、多くのネチズン(ネット民)達は、西安の長安行政区画での出血熱の症例を多数報告しています。
攻撃を受けやすいWeChatのグループ・チャットによると、多数のクロシマホリネズミ達は、今年、長安行政区画のイチゴ小屋で逆説的に見つけられ、そして摂取後に重度の出血熱を引き起こした病原体で汚染されていました。
★西安は、常に出血熱の発生率が高い地域です。

[さらに別の質問者から]
中国: ★西安居住者達の真夜中の隔離に対する懸念。 2022年1月3日。
https://www.bbc.com/news/world-asia-china-59855689
後に隔離施設へと連れていかれた、中国の西安市の数人の居住者達の真夜中の立ち退きは、ソーシャル・メディアで懸念を引き起こしています。
西安は、中国の現行のCovid発生の中心地であり、当局は、徹底的な措置を講じています。 ★1,300万人全居住者達は、彼等の自宅に監禁され、食糧又は必需品を買うために出ることができません。
当局は、旧正月と来月の北京での冬季オリンピックの前に発生を除去することを希望しています。

[さらに別の質問者から]
★主要な中国の都市がCovidの発生を制御するために封鎖します。 2021年12月22日。
https://www.cnbc.com/2021/12/23/major-chinese-city-locks-down-to-control-covid-outbreak.html
中国中央部の1300万人の人々の西安氏は、当局が★2週間以内に140件以上の症例の再発を急いで制御した際に封鎖状態に入りました。 都市は、★未発見の出血熱―げっ歯類によって伝染させる致死性の高い病気―の多数の症例にも対処しています。 その間に、中国南東部でのいっそう広範囲の発生は、今週、治まり始めました。

[さらに別の質問者から]
★中国の省はげっ歯類によって引き起こされる数々の出血熱の症例を報告します。 2021年12月19日。
https://www.deccanherald.com/international/daily-omicron-cases-in-the-uk-triple-to-more-than-10000-death-toll-jumps-to-seven-1062510.html
中国の陝西省の北西部の西安は、高死亡率の自然な流行病の病気である出血熱の数々の症例を記録しています。
流行性出血熱としても知られる腎症候群のある出血熱は、★げっ歯類が主要な感染源であるハンタウイルスによって引き起こされると、専門家達は言いました。
それは、★鼠の咬創によって、鼠がうようよしている食糧又は水を飲食することによって、または感染したネズミの血、小便又は大便との接触によって伝染される可能性があります。

出血熱は、中国内奥の流行病であり、★発生はよく起こります。
今年、異ならせているのは、★長引くCovid-19との重複です。
ワクチン接種(の効果)が数か月で消え去るので、★免疫者である人々は再び影響を感染し易くなる可能性があります。 そして発生するか、または一般民衆を絶え間なく封鎖し続けるように遺伝子操作されている、★多数のCovid変異体が存在します。
★中国が崩壊の間際にあり、頑丈な経済に戻るのを望むために、中国でのこれらの現行の発生は、遺伝子操作されておらず、計画的でもありません。

現時点で、メディアの至る所にあります。
あなたはゼータ達に尋ねることができますか?
★このクーデターの背後に何があるのですか?
ソロスの手またはゼータ達によって以前に発表された、レベル10の内のレベル8のための単なる社会的変化。

[さらに別の質問者から]
https://www.zetatalk.com/newsletr/issue358.htm

[別の質問者から]
★政府が‘対テロリスト’作戦を始めた後にカザフ市での銃撃戦。 2022年1月5日。
https://www.rt.com/russia/545255-gun-battles-kazakhstan-almaty/
激しい銃撃の報告とビデオは、★カザフスタン最大の都市アルマトゥイの通りから発生しています。 当局が“対テロリスト”作戦を開始し、都市の混沌を、外国の訓練を受けたグループの所為にした後に生じました。

[さらに別の質問者から]
★カザフの大統領はロシア主導の街区に軍の支援を要請します。 2022年1月5日。
https://www.rt.com/russia/545250-kazakhstan-protests-csto-military-help/
カザフの大統領は、“テロリスト達”が全国全域にわたる戦略的施設にあふれていると主張して、暴力的な不穏状態が国家を掌握し続けて、★ロシア主導の集団安全保障条約機構(CSTO)に支援を求めています。

[さらに別の質問者から]
★‘国粋主義者達が大投資ています’: カザフスタンでの抗議行動がどれほど暴力的になったのか&何故ロシアは沈黙を保つことができないと感じるのか。 2022年1月5日。
https://www.rt.com/russia/545219-kazakhstan-protests-nationalists-security/
カザフスタンの現行の暴力的な不穏状態の背後に何があるのですか、そして何故、ロシアにとりこの巨大な元ソビエト共和国の政治的安定性がそれ程高い重要性があるのですか?
カザフスタンでの出来事は、1時間毎の基準で変化している状況で、危険極まる速度で進展しています。 当初、急上昇するエネルギー価格に対する抗議がいっそう深刻な何かに変わらないように見えました。
とは言えその時以来、国は、★ロシア主導の軍事ブロックである集団安全保障条約機構(CSTO)からの支援を要請しており、その兵士達は、武装した略奪者達との荒々しい街頭戦闘に従事しています。
とは言え不穏状態は、大抵、自然発生的で、制御されていないように見えます。 ★群衆を組織する指導者達はおらず、抗議運動を陣頭指揮するどの政治的パーティーも無いように見えます。

[さらに別の質問者から]
★ビデオは暴力的な燃料価格の抗議行動が国を搔き乱す際にカザフスタンの群衆が軍が後退するように強制するのを見せます。 2022年1月5日。
https://www.businessinsider.com/video-kazakhstan-protests-force-armored-military-tanks-retreat-2022-1
カザフスタンの抗議者達は、今週、人目を引く場面で、元ソビエト国家を混乱させる暴力的抗議から軍が撤退するように強制しました。
★政府が液化石油ガス(LPG)の価格上限を撤廃した後に、日曜日に、燃料を生産している西部のマンギスタウ省で抗議行動が始まりました。 国内で最も人気のある燃料の1つLPGの価格は、上限が撤廃されるや否や2倍になりました。

[さらに別の質問者から]
★カザフスタン: デモ参加者達はますます激動する不穏状態で優位を獲得します。 2022年1月5日。
https://eurasianet.org/kazakhstan-demonstrators-gain-upper-hand-in-increasingly-turbulent-unrest
#カザフスタンの反政府抗議行動は、★抗議者達が国内最大の都市アルマトゥイで機動隊と国民兵と衝突した1月5日に新たな頂点に達しました。
抗議者達と警察の間での暴力的な対峙は、国全域にわたって他の数都市で繰り返されています。
暴動が1日中段階的に拡大した際に、当局は、インターネットのプラグを抜いて、国を効果的に外世界から切断しています。 電話回線の接続もまた臨時に接続されました。 ほとんどすべての地方TV局は、放送を停止しました。
★アクトべの警察は、人々の側に居て、人々に対して彼等(警察)の手を上げないと言いました。

ニビルの“通過”が接近するにつれて、暴動を鎮圧して一般の人々を労働収容所へ向けるか、食糧を育てて収穫するために、戒厳令がついに宣言されるでしょうと、私達は述べています。 ★世界の人口の半分以上が都市へと詰め込まれているので、権力体制は選択の余地がないでしょう。 選択は、★大量飢餓と食人風習を可能にするか一般民衆を服従へと強制するのを可能にすることです。
★ダンフォードと彼の海兵隊達が指揮権を採り上げた2015年の秋以来、米国内では戒厳令が施行されており、軍の“裁きの場”は、2019年1月以来米国で進行しています。

本格的な戒厳令には多くの段階があります。
第1段階は、選出された政府による軍への委託であるか、軍が権力を強奪することができます。 大抵これは、一般の人々に情報が知らされて、非常に一般的な動きですが、★一般の人々に警報を発しないように非常に慎重である可能性があります。
米国は、差し迫ったニビルの“通過”のために戒厳令下にあり、★ニビルに対する隠蔽工作があるので軍が一般の人々に通知したくありません。 いくつかの戒厳令の状況は、異議を唱えられた選挙があった2006年と2013年のタイでのように一時的です。

戒厳令は計画されますが、国内の暴動を鎮圧して秩序を強制するために必要とされるまで制定されそうもありません。 軍が支配している間の決定は、しばしば実情であるように、設立された政府が支援されるべきと軍が決定しない限り★軍によっておこなわれます。
★私達は、私達が予測している差し迫ったニューマドリッドの破裂の間に、米国の軍事政権が米国での本格的な戒厳令を発表するだろうと予想して、トランプが大統領であり、依然として大統領であり、2020年選挙詐欺を解明すると述べています。

カザフスタンで起こっている事は、★一般の人々の不穏状態の突然の噴出の1例です。
★冬の只中で、ガスの価格は、価格の上限を上げるために政府の決定によって高くなっていっていました。 ★主張は、政府がもはや価格統制に助成金を支給できなかったということでした。 カザフスタンの権力体制の選択は、助成金を継続することか、企業を接収して、非営利企業経営として生産と配給を運営することでした。
彼等は、★企業を運営している裕福なエリート達に加担することを選択しました。 ★誤った動きです。

現時点で、カザフスタン軍は、地域からのさらなる助力を求める一方で、インターネットを閉鎖し、電話業務を閉鎖し、メディアを閉鎖しています。 ★結果は助成金付きの暖房ガスへの回帰があるだろうと、私達は予測します。

★ブロンクスでの大規模な火事は、全19階すべてに影響を及ぼしました、EMP?
[別の質問者から]
★30年で最悪のNYC火災は欠陥のある室内暖房機によって引き起こされました。 2022年1月9日。
https://www.dailymail.co.uk/news/article-10384341/People-seen-jumping-windows-Bronx-apartment-building-fire.html
★ブロンクスの181番街路333番地の19階建てのビルの2階と3階で、午前11時ちょっと前に、警報5の火災(あまりにも大きいか強烈なので食い止めるのに多数の消防隊を必要とする火災)が発生しました。
FDNY(ニューヨーク州消防局)は、‘非常に重大な’火災と煙が建物の高さ全体を拡大して、★室内暖房機が火災を生じたことを確認しました。 警報が常になっており、居住者達はそれらを無視したと、数人の居住者達は言いました。

★数本の断層線が交差するときに、岩の原動力とは、何でしょうか?
岩の下層のすべての部分は、1方向か、または別の方向へ移動する圧力下にあります。
確実であることは、岩が圧力下にあるということであり、★電子のキーキー音が存在します。 これは、★電気が容易に流れることができるように岩の中の空洞がぺしゃんこにされている場所であり、★EMPのアーク(電弧)放電が起きる可能性があります。
これが1月9日にブロンクスに存在したという手掛かりは、何でしょうか?
東海岸断層線に沿ったサウスカロライナ州であったように、ニューマドリッド断層線に沿ったセントローレンス水路は、定期的な地震を免れられませんでした。 そしてニューヨーク市沿岸沖合のブイは、その日に★海底の下方の隆起を示しました。

★電磁気パルスは、大抵自然発生的な火災の原因ですが、火事の実地監察ではほぼ全く言及されません。
定期旅客機の墜落から市全域の停電ペット達が逃げ出す原因となることまで、★EMPは、増加しています。 EMP嵐は、最も軽微な引き金―電気のスイッチか煙草のライターからの火花または暖房機の繊条(フィラメント)からのアーク(電弧)―によって引き起こされる可能性があります。
★一度嵐が始まると、地域のすべての電子機器は、まるでそれらの能力の範囲を超えて入力状態であるかのように、機能しています。 電球が爆発し、電線は溶けてショートする原因を引き起こし、★その領域の可燃性の物が爆発して炎を発します。

★スヴァルバード地域で多数の地震がありました。
これは、そこで移動している海底からなのですか、それとも何らかの機械的原因からなのですか?
その上、これは、大西洋プレートとユーラシアプレートとの相関関係なのですか?

[別の質問者から]
★ノルウェイの海底インターネットケーブルが損傷しました。
https://strangesounds.org/2022/01/undersea-internet-cable-damaged-in-norway.html
世界の最北端の光ファイバーの海中ケーブルである物の運営者のスペース・ノルウェイは、グリーンランド海の海底が300メートルから2,700メートルまで下降する海域でロングイヤーバイエンから130キロメートルから230キロメートルの間のどこかに妨害が所在しているのを見つけました。 障害は、1月7日金曜日の朝に起こりました。
★スヴァルバード海底ケーブルシステムは、ロングイヤーバイエンをノルウェイ北部のハルスターの北のアンドーヤに接続する双子の海底光ファイバー通信ケーブルです。

[さらに別の質問者から]
★ノルウェイと北極衛星局に接続する海底ケーブルは不可解なことに損傷しました。 2022年1月11日。
https://www.dailymail.co.uk/news/article-10390555/Undersea-cable-connecting-Norway-Arctic-satellite-station-mysteriously-damaged.html
ノルウェイ本土と北極海のスヴァルバード群島の間の肝要なインターネット接続と通信リンクを提供する海底光ファイバーケーブルは、不可解にも活動休止状態にされました。
2本の光ファイバーケーブルの内の1本に起こった障害は、今、本土とスヴァルバードの間の接続が1本だけで、バックアップが無いことを意味するので、悲惨な結果になる可能性があります。

複数のプレートの内の1つが破裂が起こるまで解放されない極端な緊張(ストレス)下にあるときに、何がプレート境界に起こるのでしょうか?
もちろん私達は、起ころうとしているニューマドリッド調整によって★米国本土部分から南東部分が引き裂かれる北米プレートについて話しています?
★北米プレートは、長い境界を、日本北部から極東を横断して、カナダ・シベリア境界に沿って、終にこの長い境界がアフリカプレートで終わる北大西洋の通って南下するまでずっとユーラシアプレートと共有します。

これらすべての境界の連結は、★起ころうとしているニューマドリッド調整に影響を受け、この近況が継続する一方で、捻じ曲がり、重複し、偏走し、ときおり弾けて戻るでしょう。
★ノルウェイとグリーンランドの間の境界は、まさにスヴァルバード群島にそって進みます。 これは、★絶対に海底ケーブルが配置されるべき場所ではありませんが、ノルウェイは、ケーブル敷設について設置したときに起ころうとしているニビルの通過について考えていませんでした。
セントローレンス水路が引っ張り開かれて、北米プレートが痙攣している間に、★体面を保つためにロシアが避難されるでしょう。

★軍は、ニューマドリッド調整直後(または多分その間)に両カロライナ州の巨大な地域全域にわたって特殊部隊演習を指揮します。
[別の質問者から]
ノースカロライナ州の2ダース以上の郡全域にわたる軍の通過部隊の演習は、公式に“型破りな戦時演習”と呼ばれています。 目立って★NMの破裂と一致しています。

[さらに別の質問者から]
ここに、セントローレンス水路が引き裂け開く際に調整するだろうとゼータ達が予測した★ブラックヒルズ地域に関心を持った軍の監視飛行機のスクリーンショットがあります。 これは、彼等が高高度気球を使用している同じ地域です。
ゼータ達は、国内のこの部分(オマハ、リンカーンおよびミズーリ川に沿って)の人々が予想できるだろうことを言ってくれるでしょうか?

[さらに別の質問者から]
州兵は、★20州以上で活性化されていました。 これは、何機の軍の飛行機が飛行中で、地面の移動の徴候の監視をおこなっているのかを、私達に示す、評価の高い★モンキーワークスによって確認されています。

[さらに別の質問者から]
https://twitter.com/leighagurl36/status/1480703212017573888?s=20

[さらに別の質問者から]
https://beforeitsnews.com/prophecy/2022/01/new-monkey-werx-national-guard-being-activated-december-1-12-22-2527094.html

[さらに別の質問者から]
https://www.thedrive.com/the-war-zone/43854/special-forces-will-simulate-an-insurgency-on-u-s-soil-in-upcoming-unconventional-warfare-exercise
米国陸軍の毎年の型にはまらない交戦演習ロビン・セージは、今月★ノースカロライナ州とサウスカロライナ州の田舎全域にわたって開始するように設定されて、“パインランド”という虚構の国のために戦う模擬ゲリラ戦に対するように特殊部隊の志願者達を配置しています。 今年のロビン・セージは、★1月22日から2月4日まで開催され、ノースカロライナ州の25郡とサウスカロライナ州の3郡全域にわたります。

[さらに別の質問者から]
★ノースカロライナ州農村部全域にわたって戦われる現実的なゲリラ戦演習と、陸軍は警告します。 2022年1月10日。
https://www.newsobserver.com/news/state/north-carolina/article257123832.html
★ロビン・セージと呼ばれて、演習は、特殊部隊資格コース訓練の最終試験として軍務に就きます。

★米国の軍事政権は、ニューマドリッド破裂が進行中である徴候を見守っているのでしょうか?
彼等は、数年間これを綿密に見守っており、私達の使者ナンシーが証明できるように、私達自身★利他的ゼータ達と頻繁に協議しています、
2021年5月8日に彼等がコロニアル・パイプラインを閉鎖した速度は、ニューマドリッドの解開が本格的に始まるときに、★彼等がどれほど素早く反応すると期待されることが可能であるかを示します。
3日後にI‐40号線のメンフィスへの橋がポキンと折れました。
ナンシーが最近指摘しているように、メキシコ湾の海底は、★メキシコの先端からニューオーリンズまで横切るニューマドリッド断層線での圧力から隆起し、★私達の助言でそこに海底地震計を配置した軍事政権に長い間知られている事実です。

大ニューマドリッド解開が2021年に始まって2022年で終わる3週間に起こるだろうと、私達は最近警告しました。 私達は、正確な日付を与えるのを許されていませんが、明らかに時期は近づいています。
★軍事政権は、何を期待しているのでしょうか?
ニューマドリッドの破裂についての私達の詳述された描写は、ゼータトーク本文内―ミシシッピ川の全長に沿った橋がポキンと折れる、★結果としてダコタ州でのいくつかの“襞(ひだ)”とともに広がっていくセントローレンス水路、五大湖での波浪、ニューオーリンズからメンフィスへ、クリーブランドまでの諸都市がそれらのインフラが崩壊している状態に気づく、および強大なシカゴ市が下方の運河へと落下しさえする―に長い間存在しています。

★東海岸断層線は、ニューマドリッドと同時に引き裂けるので、東海岸に沿った人口過密諸都市は軍事政権にとって心配の種です。
CIAやFBIや国防総省のようなカギとなる政府機関は、★既に彼等の職員と公文書をデンバー地域へ移動していました。
★ワシントンDCは、ゴーストタウンです。
東海岸に対して押し寄せると予想される50フィート(15メートル)の津波は、★マイアミからニューヨークとボストンの沿岸諸都市に影響を及ぼします。 したがって、★潜在的なニューマドリッド破裂の隠蔽として実施している軍の演習は、避難を助力して、暴動を鎮圧するために配置されています。

私の質問は、助力を極端に必要としている子供達として出現する存在達についてです。
黒い眼の子供達として知られています。
彼等は、電話を使うために入れてもらう必要があって、時代遅れの服を着てドアをノックします。 人々が彼等に「いいえ」と言うと、彼等は狼狽させられます。 彼等は、気分が悪くなるか不安発作を起こし始めます。 ウェブではこれについて多くの話があります。

[別の質問者から]
https://youtu.be/A2QMAsOBMig

[さらに別の質問者から]
https://en.wikipedia.org/wiki/Black-eyed_children
この伝説は、テキサス州の報道記者ブライアン・ベセルによって書かれた、2件の真偽の疑わしい“黒い眼の子供達”との遭遇に関連する★1996年の投稿に端を発しました。 べセルは、1996年にテキサス州アビレーンで2人のそのような子供達と遭遇したことを描写し、2人目の人物がオレゴン州ポートランドで類似した無関係の遭遇があったと主張します。
2012年に、ブライアン・ベセルは、現実的TVシリーズ『アメリカのモンスターズ・アンド・ミステリーズ』についての彼の物語を話しました。 2012年に、ホラー映画『ブラックアイド・キッズ(黒い眼の子供達)』が製作されて、その監督は、気味の悪い子供達が“都市伝説”であるとコメントしています。
科学執筆家シャロン・A・ヒルは、黒い眼の子供達の遭遇のどのような証拠書類も見つけることができず、物語が“友人の友人”の幽霊話として受け継がれていると結論付けました。

まさに黒服の男達についての正当な話があるように、★黒い眼の子供達についても正当な話があります。
ビッグフットと米国原住民の先鋒の類人猿が転入者達であったように、彼等(黒衣の男達)は、★地球に移住された人類型の種族です。 黒衣の男達は、移住されたときに技術的に進化しており、★明るい陽光に耐えることができないので地下の洞窟を占めました。 ★どの人間達もおそらく彼等の洞窟への入り口を発見しそうなら、彼等を怖がらせるような様式で彼等を訪問して懲らしめます。

真夜中にドアをノックする黒い眼の子供達についての物語には★単純な説明があります。
★子供達は好奇心があり、人間の表面世界の上方に存在する物を見るために彼等の両親の裏をかいて出る稀な時に迷子になります。 これらの例で、彼等は、彼等の両親達に信号を発する方法がありますが、怖がるか冷淡な場合、近くの家に一時的な避難所を探すかもしれません。
★彼等は、異なった人類種族として認められるのを避けるために彼等の目を逸らします。 彼等の皮膚は、★陽光無しに地下で生きているので青白いです。

すべての航空交通を約15分間停止した米国西部でのFAAの★1月10日の地上停止について、調停者/ゼータ達がコメントしてくれるのかどうかと思っています。
[別の質問者から]
謎のFAAの地上停止は★北朝鮮のミサイル試験についての憶測へと導きます。 2022年1月11日。
https://www.avweb.com/aviation-news/mystery-faa-ground-stop-leads-to-speculation-on-n-korean-missile-test/
関連についての憶測を活気づけて、北朝鮮のミサイル発射は、PST(太平洋沿岸標準時)午後2:27のFAAの活動のほんの数分前に、★海岸から充分に内陸の発射場で午前7:27におこなわれました。
ミサイルは、★日本海に落下する前に700キロメートルを移動し、NORADと同様に日本の防衛省によって追跡されました。 1週間以内で2度目に試験されたミサイルは、極超音速の大陸間弾道ミサイル(ICBM)として描写されていますが、それについて何らかの疑惑があります。
ドライブは、アジアのニュース情報源ヨンハップ(Yonhap)によってマッハ10(極超音機の閾値の2倍)の速度に達していたとして報道されたミサイルが、おそらく★極超音速速度を獲得できた加速滑空飛翔体か操作可能再突入機(MaRV)であったと憶測する情報源を引用しました。
NORADの代弁者は、北朝鮮の発射について、または他のどのような理由によってもNORADが警報を発しなかったと、公式声明で言いました。

[さらに別の質問者から]
https://twitter.com/faanews/status/1480956796395261958

[さらに別の質問者から]
★北朝鮮のミサイル発射後にすべての西海岸の航空交通を停止するFAAの命令を謎が取り巻きます。 2022年1月11日。
https://www.thedrive.com/the-war-zone/43832/mystery-surrounds-faa-order-to-halt-all-west-coast-air-traffic-after-north-korea-fired-missile
★2022年1月10日月曜日の午後、PST(太平洋沿岸標準時)午後2:30頃に、米国連邦航空局は、少なくとも米国西部で、すべての飛行機に地上停止命令を発しました。
空港への離発着のすべての移動への一時的停止は、解除されて通常業務に戻る前に★航空機操縦士達が着陸するように命令され、凡そ7分から20分の間続くことを含みました。 これまでの所、この行動について何の説明もありません。

[さらに別の質問者から]
★FAAは北朝鮮のミサイル発射の頃に米国西部沿岸の飛行を短期間停止しました。 2022年1月11日。
https://www.reuters.com/world/us/us-faa-briefly-halted-some-west-coast-flight-departures-monday-2022-01-11/
米国当局は、“インド太平洋地域での出来事の当初の報告のために”、(北朝鮮の)ミサイル発射に直接関連付けることなしに、FAAが15分以内の間西海岸の作戦を停止したとロイターに話しました。

有り余るほどの警戒において、FAAは、★米国西海岸とハワイ全域で空中に居た飛行機を着陸させました。
彼等は、★北朝鮮の極超音速ミサイルの試験が米国を標的としており、数分以内に到着することができると指摘するいくつかの遅い情報を受け取りました。 米国は、警報を発し、★北朝鮮からきているそのようなミサイルのどれも撃ち落とす準備をします。 そのような例において、空中の商業交通が邪魔になり、犠牲者になるかもしれませんでした。
★北朝鮮の試験が地域の問題であると証明されたときに、FAAの命令は解除されました。

★17個のブイが警戒態勢!
[別の質問者から]
★メキシコのベラクルズとオアハカでの過去24時間以内で目立った活動。 太平洋で津波のブイが事件発生モードです。 海底火山がトンガで噴火してそれの原因になったようです。

[さらに別の質問者から]
今、★25個が活動中―ブイ32413―リマの北西―ペルーのリマの西北西1000NM。

[さらに別の質問者から]
★海底火山の噴火が大規模な衝撃波の引き金となり、南太平洋の島を津波が襲います。 2022年1月15日。
https://www.zerohedge.com/weather/undersea-volcano-eruption-triggers-massive-shockwave-tsunami-strikes-south-pacific-island
★海底火山の噴火が南太平洋のトンガの沿岸沖合40マイルで起こりました。


きつく張っていく“弓のしなり”状態の数年後に、★北米プレートはまっすぐになりたいのです。
この活動は、★北米プレートの南西部分が身動きしたくないので、終にニューマドリッド調整を引き起こすものです。 したがって、弓状のしなりが緩和するのを可能にするように★本土部分が南西へ滑る際に、★ニューマドリッド断層線に沿って北上するメキシコの先端からの陸地が南西に引っ張られてニューマドリッド破裂を引き起こします。
★南西に滑るこの継続的な圧力は、太平洋プレートに圧力を配置します。

大西洋が広がっている一方で、太平洋は、間断なく圧縮されていっています―★パンゲアの調整のすべての部分。
アリューシャン列島から南下してメキシコの先端まで太平洋へと押している北米プレートからの圧力とともに、太平洋が、あちらこちらで、通常、続発でで圧縮する点で、★1月14日の調整は範囲が広範囲でした。 ★アリューシャン列島から日本と崩れるマリアナプレートとフィリピンプレートを過ぎて南下して、インド‐オーストラリア・プレートの上昇している端まで―ブイは警報を発しました。
トンガが噴火したことは驚くべきことではありません。

今、本土部分は、その弓状のしなりをまっすぐにするための余裕があります。
この活動は、★北米大陸の本土部分が太平洋へと押し始めるとともに1月15日に起こりました。 ★ニューマドリッド断層線に沿って避けることにまだ抵抗している北米の南東部分は、本土部分とともに南西へと滑ろうと試みて、それとともにカリブ海プレートと南米プレートを引っ張ります。
これは、最強の物が優勢になる自然におけるよく知られている戦闘です。 ★しかし大規模な本土部分の滑落は、ニューマドリッド断層線が弱められているので功を奏します。

アンジェロ: この★巨大な影は、悪い兆候なのですか?
マリオ: この効果が2日間続いており、★PXの尾の部分は次第に異なっていく色に見え、何故そうなるのか理由がわからないけれど、私は投稿します。
ジェームス: ★2022年1月16日、アイダホ州南東部―ニビルのさらに多くのパイの形。

まさに過去1年間、紫の空がほぼ一般的になっているように、★陽光を妨げている上空の“紫の石油集合体”もまた、ほぼ一般的な事柄になるでしょう。
地球から見える空が青く見えますが、ニビルの尾の中の赤い酸化鉄が暗赤色なので、紫は、一般的な色です。 色彩図で2色を混ぜると紫色になります。
いっそう大きな質問は、★何故今この石油集合体が陽光を妨げてアルベルトの写真に影を生じているのか、です。 この影は、★パイの一切れのように見えるニビル複合体の目に見える部分を見つけたジェームスによって確認されています。

この大きな影は、今、★石油集合体が地球の地表から撮影されたカメラの写真に干渉するほど地球に充分近いので人目を引きます。 それは、★密集して陽光を妨げています。
これは、空を業するのに慣れている地球の人々によって、どのように受け取られているのでしょうか?
できる限り長くニビルの存在に対する隠蔽工作を維持すると決断した権力体制のエリート達によって説明されていない、★多くの驚くべき局面が起こっています。 彼等の返答は、まるで“紫の塊”を見つけた人々が間違っているか、談笑しているかのように、「空の“紫の塊”って何?」と尋ねることでしょう。
★これは、間もなく、世界中のすべての人々にとり明白になるのでしょうか?
★おそらく。

★USGSは、1週間内で2度、地震を報告するのを止めています。 前回は、太平洋の北部で起動し、その後、太平洋の海底であるトンガの所為にされた広大な太平洋のブイの問題にほんの1日かそのくらい先立つだけでした。
★何故、彼等は、地震報告をオフラインにし続けるのでしょうか?
★ラズベリー・シェイクやヴォルケーノ・ディスカバリーのような他のサイトは、問題なく報告し続けています。

USGSは、ほぼ20年間、隠蔽工作状態です。
最初に彼等は、★地震のマグニチュードを減少するだけで、世界の他の部分に彼等の指図に従うように命令しました。 彼等は、定期的に、無人の地域か、海の水面下で起こる地震を外します。 これは、他の地震を報告するサイトが報告するさらに多くの地震が非常に多くある理由です。 しかしUSGSは負けずに頑張り、★定期的に地震のマグニチュードを減少しています。
現在、彼等が実際の報告する地震は、★概算で4マグニチュード分まで減少されています。

何故、彼等は、「データベースに何の新しい事件も無い」と述べて、★彼等の地震報告サイトをオフラインにしているのでしょうか?
この状況はまた、1月4日に太平洋のブイが警戒態勢に入る1日前に起こりました。
USGSは、太平洋が圧縮していることに気がついていたのでしょうか?
彼等は★異常なほど敏感に知覚しており、★一般の人々に警報するだろう大規模な群発地震が起こるえる前に、★彼等の公的ウェブサイトをオフラインにするように設定しています。 これはニビルの隠蔽工作の一部ですが、ニビルが現実であり、“通過”を定められていることに、一般の人々が気付くようになった後に、★うまくいけばこれが変化するでしょう。


★北米の本土部分が南西へ滑り始めるのを、何が引き起こすのでしょうか?
そして★何故、メキシコの先端は、ニューマドリッドの解開の始まりに関連付けられるのでしょうか?
レベル10の内のレベル7の傾斜が残り3%がまだ進行していないフィリピンプレートが、今、活発化しているように見えます。
★メキシコの先端から太平洋をまっすぐに横断した場所であるという事実は、重要ですか?

私達ゼータ達は、★ニューマドリッドの解開の過程について、多くの詳細を与えています。
そこでの地震が始まりを合図するので、★メキシコの先端が綿密に観察されていると、私達は述べています。
★北米大陸の本土部分が南西へ滑り、一方で大陸の南東部分が北東の方へ上昇するように見えると、私達は述べています。
★メキシコの方へ引っ張られているアリューシャン列島とともに、北米大陸が“弓のしなり”の緊張下にあると、私達は述べています。
そして★ニューマドリッドの解開がメキシコ湾から生じて、それからミシシッピ川を北上し、そしてセントローレンス水路の下の断層線に沿って生じると、私達は述べています。

このすべてにおいて、解開を始める引き金となる事件が何であるのかについて、私達は詳細に述べていません。
★2021年末前に始まり2022年に完了する3週間の期間の間に解開が起こることになっていると私達が述べて以来、秘密にする理由はありません。
私達は危機に瀕しています。
明白に、メキシコの大部分が本土部分に含まれて、★メキシコがココスプレートによって太平洋への滑落から妨げられてメキシコの先端が地震が頻発し、一方で★本土のこの部分が繰り返しココスプレートに対してぶつけられる場合、これは要因です。

カリブ海プレートが★“南米の回転”によって西方へと押しやられていますが、カリブ海プレートは、南米プレートに巻き込まれて、★北米プレートの南東部分によってしがみつかれます。
★単一体としてこれらすべては太平洋へと移動するのを拒絶します。
しかし圧縮していく太平洋によって形成された空所は、★北米の本土部分を西方へと引っ張っていっています。 この空所は、★1月14~15日の大太平洋圧縮の間のほんの数日前に増加されました。
ココスプレート真西の太平洋の空所は、今、★フィリピンプレートが数日間掛けてその傾きを完了する時にも増加しています。

ニューマドリッドの解開のための引き金となる事件は、したがって★ココスプレートの西への移動でしょう。 ココスプレートとナスカプレートは、中米ですでに粉砕されて行っており、さらに粉砕されるでしょう。
★一度メキシコの先端が自由になってもはや南西への滑動から妨げられなくなると、本土部分全体が参加することが可能です。
まっすぐになりたい“弓状のしなり”からの圧力には★放出口があります。
“弓状のしなり”の解放は、最初に、★ニューマドリッド断層線のメキシコの端で起こるでしょう。 ★ペメックスガス田を通って北上し、メキシコ湾を通り、ミシシッピ川とセントローレンス水路の下を北上し、この順序で進みます。
ニューマドリッド断層線に沿った★対角線上の引き裂けです。

★ココスプレートは、北米プレートの本土部分が南西へ滑るのを可能にするために砕けるのですか?
今日1月20日に、ココスとメキシコの先端に沿って強力な地震があります。

[別の質問者から]
https://www.volcanodiscovery.com/earthquakes/mexico/archive/2022-01-20-2022-01-20.html

[さらに別の質問者から]
https://agupubs.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1029/2010TC002814

[さらに別の質問者から]
https://americastectonics.weebly.com/cocos-and-rivera-plates.html

[さらに別の質問者から]
★テワンテペク海嶺
https://en.wikipedia.org/wiki/Tehuantepec_Ridge
テワンテペク海嶺は、★太平洋のメキシコの西海岸沖合に所在する直線状に並んだ海底海嶺です。
それは、古い断裂帯の残骸です。
それは、地殻構造上のココスプレートの内側に横たわり、海嶺の南東に横たわるいっそう低くいっそう古いグアテマラ海盆を、その北西に横たわるいっそう高く、いっそう若い海底から分離しています。

★カリブ海プレートと北米プレートとココスプレートが接触する地点は、過去に破裂が起こっている弱い箇所です。
それは、★ニューマドリッド断層線の始まりに沿ったメキシコ湾の既知の弱い箇所であるペメックスのガス田の真下です。
メキシコの先端は、★過去の破裂の結果として、この3重の接合点において断層線によって満たされています。 この3重の接合点の北米プレートとココスプレートの間の境界は、最近、地震まみれであり、1月20日にヴォルケーノ・ディスカバリーのウェブサイトが★1ダース以上のマグニチュード3以上の地震を示しています。

★北米プレートの本土部分が南西へ滑るのを可能にするために、メキシコが南西へ滑らなければならないので、ココスプレートは道を開けなければなりません。
ココスプレートの地図に指摘されたように、テワンテペク海嶺は、★ココスプレートの部分を分離している古い破裂地帯と考えられています。
テワンテペク海嶺は、3重の接合点から発生して、再び破裂することになったなら、★北米プレートが南西へ滑るように進路を開けるでしょう。
これは、実際に★ニューマドリッド断裂のオデュッセイの間のこの日に実施されていた過程です。

Covid-19についての物語を、彼等がゆっくりと変えていることに、私は気が付き始めています。
何が起こっているのですか?

[別の質問者から]
私もこれに気が付いており、最近多くの物事が現れてきています。 さらにEU医療機関は、★既に承認された定期的追加抗原刺激から手を引いている、等です。
もしかしたら“自殺の週末”についてのQの声明がDS(ディープステート)自殺ではなく、★一般民衆が真実を実感する/学ぶときの一般民衆の間での自殺について言及していたと誰かが言った1つのコメント(今、見つけることができません)にも注目しましたが?
ゆえに私の推測は、今、★間近であるニューマドリッド後に正規の戒厳令へとほとんどの国々が転換するだろうとゼータ達が言った事に対する、まさに前兆であるので、ゆえに彼等がCovid‐19物語の財政的支援をゆっくりと低下していくだろうということです。

[さらに別の質問者から]
★英国はすべてのCovidパスポート、マスク命令、労働規制を終了します。 2022年1月20日。
https://www.zerohedge.com/markets/england-ends-all-covid-passports-mask-mandates-work-restrictions
★Covid‐19パス(接種済み証)、マスク命令、および自宅就業要求を含む規制は、英国では取り払われるだろうと、英国首相ボリス・ジョンソンは発表しました。
即座に有効で、英国政府は、もはや自宅から仕事をすることを人々に求めていません。
ナイトクラブや大きな催し物のためのCovidパスは、1月26日に期限が切れるときに★更新されないでしょう。 ★室内でのマスク着用は、英国の何処でももはや義務的ではありません。 ★授業中や共有地域で中等教育学校の生徒達のマスク着用要求は、教育省の全国指針からも削除されるでしょう。

[さらに別の質問者から]
★不正確に述べられたCovid‐19と共存症についてのCDC局長のコメント。 2022年1月11日。
https://apnews.com/article/fact-checking-997037269628
★Covid‐19に対するワクチン接種されて病気で死亡した人々の内の78%が他の4つの危険因子を有したという研究の発見を引用していました。

[さらに別の質問者から]
★(英国の)NHS(国民保健医療制度)の医師達は間もなく引っ込められるので患者にワクチン接種をしないように伝えます―ワクチンのデータが一般の人々から隠されていると警告します。 2022年1月19日。
https://www.thegatewaypundit.com/2022/01/watch-nhs-doctor-tells-patient-not-take-covid-vaccine-will-pulled-soon-warns-vaccine-data-hidden-public/
伝えられるところによると、英国チチェスターの遠隔医療の予約についてであった記録では、女性は、慌てておこなったワクチンの危険性を示す一般の人々から隠されている情報のために、おそらくすぐに世界的に停止され、それゆえに彼女と、そして彼女が知っている他の誰もがこれ以上接種するべきではない―★自分達自身の安全のために―と、医師達によって知らされています。

[さらに別の質問者から]
★MIT科学者は子Covid注射による子供達への重症の脳損傷について警告します。 2022年1月18日。
https://www.wnd.com/2022/01/mit-scientist-warns-major-brain-damage-kids-covid-shots/
★スパイク蛋白質のプリオン状作用で、パーキンソン病、CKD、ALSおよびアルツハイマーを含む、いくつかの重度の神経変性疾患が驚くほどの増加を私達はおそらく見るでしょう、そしてこれらの病気は、今後数年間で、さらにいっそうの若年層の民衆の間での増加する罹患率とともに、現れるでしょう。

[さらに別の質問者から]
★インディアナ州はCovid‐19の治療薬としてイベルメクチンを承認することを考慮しています。 2022年1月20日。
https://philippinenewsdaily.com/indiana-is-considering-approving-ivermectin-as-a-treatment-for-covid-19-despite-fda-warnings/”
★法律は、インディアナ州の医師または高等熟練正看護師がイベルメクチンの継続的注文を書くのを可能にします―そしてコロナウイルスを治療するために薬物の使用を思いとどまらせるのを薬剤師達に禁止します。

[さらに別の質問者から]
★フランスは2月にコロナウイルスの規制への予定表を設定します。 2022年1月21日。
https://enews11.com/france-sets-timeline-to-lift-covid-restrictions-in-february/
フランスでの世界的流行病の指標が改善の試験的徴候と4月に迫っている大統領選挙を示すので、フランス政府は、★今後数週間の国のCovid-19の規制の撤廃のための実施計画を設定します。

[さらに別の質問者から]
★緊急事態が終了する: タオイサーチは、ほとんどのCovid‐19措置の不意の削除を確認します。 2022年1月21日。
https://www.irishtimes.com/news/politics/emergency-is-over-taoiseach-confirms-snap-removal-of-most-covid-19-measures-1.4782770
ほぼ2年間の規制の後に、社会清潔の経済生活は、★通常への回帰を始めます。

[さらに別の質問者から]
米国でのデルタ(変異株の)波の間、★自然免疫がワクチンよりもいっそう効力がありました: 研究。 2022年1月19日。
https://www.france24.com/en/live-news/20220119-natural-immunity-more-potent-than-vaccines-during-us-delta-wave-study
デルタ変異体によって駆り立てられたコロナウイルスの米国の最後の急増の間に、★ワクチン未接種であったがCovidを生き延びた人々は、ワクチン接種して以前に感染されていない人々よりもいっそう適切に守られました。

[さらに別の質問者から]
twitter.com/TracyBethHoeg/status/148382051374707916
★ノルウェイ当局は、5歳~11歳の子供達が、ワクチン接種する代わりに自然に感染されているのなら、将来のコロナウイルスの変異体に対していっそう適切に守られることが可能であると信じます。
「ワクチン接種は、★最も脆弱な人々に向けられた選択肢になるでしょう」と、デンマークの主要な新聞は言っています。

2021年が終わりに近づくにつれて、ヨーロッパと英連邦諸国と米国内の権力体制の姿勢は、あらゆる好機において★最大のワクチン接種と封鎖を強制することでした。
★権力体制のエリート達は、一般の人々がニビルと長期間設置されていたニビルへの隠蔽工作に気づくようになったときの暴動と反乱と要求を恐れて、移住またはどのような種類の旅行でさえも統制することを求めました。
英国では、★起ころうとしているニューマドリッドの破裂によって引き起こされる“ヨーロッパの津波”の間に多くの市民達が溺れるだろうという事実は、高齢の英国民衆からの要求を減少したいインペリアルカレッジによって特別賞与と考えられました。

今や英国が最大規模のワクチン接種命令と封鎖とパスポートの要求を取り除く傾向を先導している点で、何が突然変化したのでしょうか?
★ファイザーワクチンの有害な副作用が突然に認められるということしょうか?
★若者達の間での心臓発作が、ファイザーワクチンによって引き起こされたということでしょうか?
★ワクチン内のスパイク蛋白質が着実に免疫システムを疲労させ、一時的なAIDSのタイプを生じているということでしょうか?
★Covid‐19のスパイク蛋白質の長くとどまる断片が、事実上エリート達による封鎖のための口実として使用されている変異体を生じたということでしょうか?
★ファイザーのワクチンが臨月の赤ちゃんさえも堕胎するように胎盤を縮小するということでしょうか?

2020年の選挙詐欺をとおしてヨーロッパと米国を担当しているエリート達は、確実に★一般人を気に掛けていません。
ゆえに何故、★ヨーロッパの国々が次から次へと突然彼等の命令と緩和して、集団免疫の概念と仲良しになっているのですか?
ヨーロッパの善玉同盟の手を確実に見ることができますが、★ニビルが現実であり、“通過”のために存在するのを聞いた時の一般の人々の反応への怖れのために封鎖が機能されたのならば、“ヨーロッパの津波”が起こるなら問題になるでしょう。
★ニューマドリッド破裂が2022年早期の数週間に起こるだろうという私達の予測は、正鵠を射ているように見えます。

封鎖は、暴動鎮圧として機能しますが、広範囲の洪水が海岸線に沿って発生することになった場合、避難のための混乱を生じて、事実上★緊急事態業務に無理を強いるでしょう。 多くの場合、★病院と救急サービスはワクチン要求のために職員を失っています。
津波が発生したときにこれが然るべく配置されていた場合、全く考えられないことが起こるかもしれません―★エリート達の自宅でエリート達を護衛する警察と軍の能力に衝撃を与えるかもしれません。
★米国ではニューマドリッド破裂が緊急事態業務を疲弊させるので、この解説が結果として生じるでしょう。

ゼータ達は、★2~3週間が12月末に始まり1月に重複していると言いました。 私達は、彼等の予報を通り過ぎており、再び延期されるのですか?
★20日目以後、あらゆることが再び静かになったようです。
彼等は、この時点でもはや秘密を保持する理由が無いと言っており、何かコメントは?
CoW(宇宙協議会)は、混沌と死を最小限にするために例えば、真夜中に起こるのを防ぐことを意味する、地震/津波のタイミングについて干渉するつもりなのですか?
嵐が通過するのを待っているのですか?




ナンシーさんがそれらを中継したときに、私達の実際の言葉は何だったのでしょうか?
★“ニューマドリッドの“解開”が2021年末に向かって始まって2022年へと重複する3週間の期間に起こるだろうと、私達は今、詳細に述べています。”
始まりは、2021年末に向かって起こり、2022年へと重複するということでした。
ニューマドリッド断層線での始点での解開は、★ココスプレート上のテワンテペク海嶺での破裂がペメックスのガス田の真下のメキシコの先端での薄い地殻での破裂とつながる浜辺で始まったので、それは起こりました。

心は聞きたいことを聞き、★ナンシーを含めて全員がこの3週間の期間の間に解開全体が起こるだろうと聞きました。

ニューマドリッドは、今、解開していっており、衰えることも休止することもありません。 2010年の当初の予測の間の私達の言葉は、“結果として★ほぼ即座に起こる大西洋の引き裂けとともに大きな急激な揺れがあるでしょう”ということでした。 大きな急激な揺れは、まだ起こっていませんが、★ココスプレートでの接合点とそれからペメックス・ガス田を通ってメキシコ湾への解開は、始まっています。
★この3週間の(ニューマドリッド解開の)始まりの間の過程は、何だったのでしょうか?
太平洋は、★1月14日に圧縮されました。 メキシコの先端とテワンテペク海嶺の接合点で深層地震が起こり、ココスプレートの粉砕状態は、カリフォルニア州沿岸に沿った★リヴェラ小プレートの海床での隆起状態を含みました。

それから“解開”は、この過程への隠蔽工作がラズベリー・シェイクの地震計の一時的な閉鎖を強制し、その後進行中の過程を隠蔽するために調整された、ペメックス・ガス田に到着しました。
私達が繰り返し述べているように、★“解開”は、“メキシコ湾から北上し”、ミシシッピ川をそして東海岸断層線に沿って北へ移動し、そしてセントローレンス水路で終了します”。 メキシコ湾の海水の下の“解開”は、★軍事政権が断層に沿って海中に地震計を施設しているけれども、一般人には見えません。
★ニューオーリンズは、今、危険な状態です。

★これらのブイ(の線が)平らになっていっています!

★波が数日間の期間で次第に小さくなっていき、本質的に平らになっていくようにブイの波の高さが減少するときに、それは何を意味するのでしょうか?
ブイの下方の隆起している海床は、高波を構築するか維持する海水の減少ととも、★海水のいっそう小さな水量でブイが作用しているので、これを生じるのでしょう。 リヴェラ小プレートにとり、これは、★太平洋プレートを隆起して西へと重複する小プレートによって引き起こされます。
これは、★北米の本土部分が南西へと滑るのを可能にしています。

ブイがニューマドリッド断層線の上に位置するメキシコ湾では、いっそう小さなドラマが起こっています。
★(米国)本土部分は、メキシコの先端で南西へ滑るのを妨げられているので、ゆえに軋るような音を出す動きとともに、硬い南東部分に対して押しています。 断層線のどちら側の岩も互いに滑って通り過ぎるか、押し離されるか、★塊が溜まっていく状態を生じる破片へと砕けます。
★この溜まっていく塊がブイの下の海底を隆起させています。

★空白は、何ですか?
それらは、★ココスの粉砕地点で占拠していっています。

[別の質問者から]
★ココス粉砕地点の東(南東部分が残るのでしょう)。
https://dataview.raspberryshake.org/#/AM/R05E8/00/EHZ

[さらに別の質問者から]
★ココス粉砕地点の西(本土部分が滑ります)。
https://dataview.raspberryshake.org/#/AM/R8C64/00/EHZ

[さらに別の質問者から]
★メンフィス、R428E。
https://dataview.raspberryshake.org/#/AM/R428E/00/EHZ

[さらに別の質問者から]
★ニューマドリッド、 RCFAD。
https://dataview.raspberryshake.org/#/AM/RCFAD/00/EHZ

[さらに別の質問者から]
★ニューオーリンズ、R38D9。
https://dataview.raspberryshake.org/#/AM/R38D9/00/EHZ

包括的でありながら理解しやすい情報を表示するために、地震計は、★雑然として矛盾するデータを排除しなければなりません。
極端な急騰は、表示を黒く変えることが可能です。 ほぼ常にある程度存在する背景の喧騒は、重要ではない可能性がありますが、にもかかわらず関連性のある地震のデータを汚染することが可能です。 したがって★背景の喧騒は、たびたび、識別され、それからそれを除去するために隠されます。
USGSは、表示が操作するのに困難になる場合、彼等の地震計をオフラインにしますが、★ラズベリー・シェイクのウェブサイトに寄与する数百の地震計局は、異なった接近手段を採ります。

★地震計が解釈するか片付ける能力の範囲外で表示が問題になるときに、★空白の区分が挿入されます。
急騰が、★1時間に可能にされる表示の限界の範囲外であまりにも極端で領域が高過ぎるので、この状況は、結果として生じる可能性があります。
または★プログラムへの多様な入力が矛盾しているか、またはアルゴリズムの領域の範囲外にあるので、それは結果として起こるかもしれません。 それは、★予想された入力よりもあまりにも高いかあまりにも低いために入力が失われているのなら、同様に結果として生じる可能性があります。

しかしラズベリー・シェイクス地震計がメキシコの先端でのこの地点の東と西の両側で、★ココスプレートの粉砕地点での極端な空白状態を示しているという事実は重要です。
これらの空白状態は、★突然揺れている地震のためではありません。
北米の本土部分の南西への滑りは、概して静かであり、★岩から岩への指の把握は着実にポキンと折れていっています。
しかし★南西への滑りが加速して落下するのを妨げているココスプレートが維持することができない重さで落下することを強制されて最高潮に到達するときに、ニューマドリッド断層の破裂は、★活動への急激な揺れを体験するでしょう。

 

★ココスプレートが移動中?
[別の質問者から]
★非常に強力なマグニチュード6.1の地震―北太平洋マナマ 2022年1月28日金曜日 午前6:14(GMT-5)
https://www.volcanodiscovery.com/earthquakes/6621265/2022-01-28/11h14/magnitude6-Panama.html

★ココスプレートが(米国)本土部分の南西への滑りの途上に存在し、何かが譲らなければなりません。
いくつかの可能性があります。
ココスプレートは、★テワンテペク海嶺に沿って粉砕する可能性があります。
★メキシコの先端で北米の本土部分と南東部分を分離する三重の接合点で接触するこの粉砕地点は、ニューマドリッド断層線が始まる場所です。
ココスプレートは、西方へも転移することができますが、これは、太平洋に対して主要な圧迫を要求するでしょう。 またはココスプレートは、★ナスカプレートと重複するか粉砕するように南方へと転移するかもしれません。

この1月18日の地震の震央近くの多数の小プレートから見ることができるように、★ニューマドリッド調整の間にココスプレートとナスカプレートに移動する余地を与える圧力は、以前に起こっています。
コロンビアの北アンデス小プレートと小さなパナマプレートの両方ともが、これらの★圧力点を示します。 明らかにパナマの方に達するナスカプレートの先端は、脆弱で、★おそらくナスカプレートから破れそうです。
しかしこれは、本土部分に、南西へと滑る必要がある余地を与えるのでしょうか?

可能性のある結果が操作の組み合わせであると、私達は予測します。
この★小さなリヴェラ小プレートは、ポキンと折れる可能性があり、独立して位置を変えるのを可能にします。 パナマに達するナスカプレートの部分は、同様に独立した小プレートになるように折れる可能性があります。 ココスプレートは、現時点で、メキシコ沿岸に乗り上げていっていますが、同様に傾いて、本土部分に、太平洋の方へ転移するようにさらに広い余地を与える可能性があります。
しかしおそらく、★ココスプレートがテワンテペク海嶺の接合点で粉砕し、その結果ココスプレートの北部部分が西方へ転移するでしょう。 地質が移動中です。