カテゴリー
未分類

801:

The ZetaTalk Newsletter
2022年2月6日 日曜日 ★801号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
黒い眼の子供達

真夜中にドアを叩いて電話を使わせてくれと求める子供達についての伝説は、ゼータ達によると、★“黒衣の男達”に関連します。
好奇心の強い子供達は、彼等の両親が地下の洞窟の中の彼等の家を出るときに、★両親を追いかけて迷子になります。 黒い眼の子供達は、青白く、疑いなく“黒衣の男達”によってゴミ箱から集められた時代遅れを衣類を着ており、明白に地表では“黒衣の男達”が電話で互いに連絡しているので、電話を使わせてくれよう求めます。
★地下で生活しているこの人類型の種族は、“黒衣の男達”と混同されてはなりません。

★“黒衣の男達”
https://en.wikipedia.org/wiki/Men_in_black
庶民の文化とUFO陰謀論で、“黒衣の男達”(MIB)は、未確認飛行物体(UFO)の目撃者達に、彼等が見た物について静かにしているように、嫌がらせをしたり、脅迫したり、ときおり暗殺さえする準政府機関の代理人であると主張する★黒服を身につけた男性達と思われます。
用語はまた、伝えられる所によると、秘密を保護するか他の奇妙な活動をおこなうことを課した政府の様々な支局と同様に、★未知の組織のために働いている謎の男性達を描写するためにも頻繁に使用されます。

ゼータトーク 黒衣の男達1995:
“黒衣の男達”は、彼等の訪問が人間達の★意識に残るので、多くの報道を受けています。 これらの実体は、★人間達と同じ次元密度に存在し、隔離されていないので、これらの訪問をおこなうのを許されています。
彼等は、何処から来るのでしょうか?
彼等は、まったく地球外生命体ではありませんが、★地下のトンネルと洞窟に住んでいます。 彼等の町は孤立して存在します。 “黒衣の男達”が使う電気エネルギーは、化学的に発生されており、★地球への彼等の移民以前に彼等の故郷の惑星で学んだ手法です。
地表に住むことのできない“黒衣の男達”は、技術的に進化した状態で最初に地球に到着したときに、彼等自身地下に設立しました。 彼等は、★本質的に暴力的ではありませんが、人間達によって発見されるのを愚かにも恐れています。

黒い眼の子供達
https://en.wikipedia.org/wiki/Black-eyed_children
この伝説は、テキサス州の報道記者ブライアン・ベセルによって書かれた、2件の真偽の疑わしい“黒い眼の子供達”との遭遇に関連する★1996年の投稿に端を発しました。 べセルは、1996年にテキサス州アビレーンで2人のそのような子供達と遭遇したことを描写し、2人目の人物がオレゴン州ポートランドで類似した無関係の遭遇があったと主張します。
2012年に、ブライアン・ベセルは、現実的TVシリーズ『アメリカのモンスターズ・アンド・ミステリーズ』についての彼の物語を話しました。 2012年に、ホラー映画『ブラックアイド・キッズ(黒い眼の子供達)』が製作されて、その監督は、気味の悪い子供達が“都市伝説”であるとコメントしています。
科学執筆家シャロン・A・ヒルは、黒い眼の子供達の遭遇のどのような証拠書類も見つけることができず、物語が“友人の友人”の幽霊話として受け継がれていると結論付けました。

ゼータトーク 黒い眼の子供達 1/31/2022:
まさに黒服の男達についての正当な話があるように、★黒い眼の子供達についても正当な話があります。
ビッグフットと米国原住民の先鋒の類人猿が転入者達であったように、彼等(黒衣の男達)は、★地球に移住された人類型の種族です。 “黒衣の男達”は、移住されたときに技術的に進化しており、★明るい陽光に耐えることができないので地下の洞窟を占めました。 ★どの人間達もおそらく彼等の洞窟への入り口を発見しそうなら、彼等を怖がらせるような様式で彼等を訪問して懲らしめます。

真夜中にドアをノックする黒い眼の子供達についての物語には★単純な説明があります。
★子供達は好奇心があり、人間の表面世界の上方に存在する物を見るために彼等の両親の裏をかいて出る稀な時に迷子になります。 これらの例で、彼等は、彼等の両親達に信号を発する方法がありますが、怖がるか冷淡な場合、近くの家に一時的な避難所を探すかもしれません。
★彼等は、異なった人類種族として認められるのを避けるために彼等の目を逸らします。 彼等の皮膚は、★陽光無しに地下で生きているので青白いです。

★Covid-19の終焉

突然にCovid-19のワクチンについての悪いニュースがニュースに現れてきています。
★ワクチンが危険であるというCDCからの容認と注目すべてき事柄。
ワクチン接種していない人々の間でよりも、★ワクチン接種した人々の間でのいっそう多くの死と障害を示している統計。
突然に、ワクチン接種が誘発した免疫に対して、★集団免疫と自然免疫の利点がニュースになっています。

ノルウェイのツイート
2022年1月19日

https://twitter.com/TracyBethHoeg/status/1483820513747079168
★ノルウェイ当局は、5歳~11歳の子供達が、ワクチン接種する代わりに自然に感染されているのなら、将来のコロナウイルスの変異体に対していっそう適切に守られることが可能であると信じます。
「ワクチン接種は、★最も脆弱な人々に向けられた選択肢になるでしょう」と、デンマークの主要な新聞は言っています。
米国のデルタ波の間に自然免疫がワクチン接種よりもいっそう有効: 研究
2022年1月19日

https://www.france24.com/en/live-news/20220119-natural-immunity
デルタ変異体によって駆り立てられたコロナウイルスの米国の最後の急増の間に、★ワクチン未接種であったがCovidを生き延びた人々は、ワクチン接種して以前に感染されていない人々よりもいっそう適切に守られました。


★不正確に述べられたCovid‐19と共存症についてのCDC局長のコメント。
2022年1月11日

https://apnews.com/article/fact-checking-997037269628
★Covid‐19に対するワクチン接種されて病気で死亡した人々の内の78%が他の4つの危険因子を有したという研究の発見を引用していました。
★MIT科学者は子Covid注射による子供達への重症の脳損傷について警告します。
2022年1月18日

https://www.wnd.com/2022/01/mit-scientist-warns-major-brain-damage
★スパイク蛋白質のプリオン状作用で、パーキンソン病、CKD、ALSおよびアルツハイマーを含む、いくつかの重度の神経変性疾患が驚くほどの増加を私達はおそらく見るでしょう、そしてこれらの病気は、今後数年間で、さらにいっそうの若年層の民衆の間での増加する罹患率とともに、現れるでしょう。

突然に★ワクチン接種証または苛酷な封鎖の必要性が退けられていっています。
終わりなき封鎖への負担を導いたヨーロッパ諸国は、それらの義務付けを充分に早く撤廃できません。 ★英国からフランスとアイルランドまで、義務付けは撤廃されていっています。 ★イベルメクチンは今、米国で信奉されていっています。
★何が起こったのでしょうか?
ゼータ達は説明します。


★英国はすべてのCovidパスポート、マスク命令、労働規制を終了します。
2022年1月20日

https://www.zerohedge.com/markets/england-ends-all-covid-passports
★Covid‐19パス(接種済み証)、マスク命令、および自宅就業要求を含む規制は、英国では取り払われるだろうと、英国首相ボリス・ジョンソンは発表しました。
即座に有効で、英国政府は、もはや自宅から仕事をすることを人々に求めていません。
ナイトクラブや大きな催し物のためのCovidパスは、1月26日に期限が切れるときに★更新されないでしょう。 ★室内でのマスク着用は、英国の何処でももはや義務的ではありません。 ★授業中や共有地域で中等教育学校の生徒達のマスク着用要求は、教育省の全国指針からも削除されるでしょう。
★(英国の)NHS(国民保健医療制度)の医師達は間もなく引っ込められるので患者にワクチン接種をしないように伝えます―ワクチンのデータが一般の人々から隠されていると警告します。
2022年1月19日

https://www.thegatewaypundit.com/2022/01/watch-nhs-doctor
伝えられるところによると、英国チチェスターの遠隔医療の予約についてであった記録では、女性は、慌てておこなったワクチンの危険性を示す一般の人々から隠されている情報のために、おそらくすぐに世界的に停止され、それゆえに彼女と、そして彼女が知っている他の誰もがこれ以上接種するべきではない―★自分達自身の安全のために―と、医師達によって知らされています。

★フランスは2月にコロナウイルスの規制への予定表を設定します。
2022年1月22日

https://enews11.com/france-sets-timeline-to-lift-covid-restrictions-in-february/
フランスでの世界的流行病の指標が改善の試験的徴候と4月に迫っている大統領選挙を示すので、フランス政府は、★今後数週間の国のCovid-19の規制の撤廃のための実施計画を設定します。
★緊急事態が終了する: タオイサーチは、ほとんどのCovid‐19措置の不意の削除を確認します。
2022年1月21日

https://www.irishtimes.com/news/politics/emergency-is-over
ほぼ2年間の規制の後に、社会清潔の経済生活は、★通常への回帰を始めます。
★インディアナ州はCovid‐19の治療薬としてイベルメクチンを承認することを考慮しています。
2022年1月20日

https://philippinenewsdaily.com/indiana-is-considering-approving-ivermectin
★法律は、インディアナ州の医師または高等熟練正看護師がイベルメクチンの継続的注文を書くのを可能にします―そしてコロナウイルスを治療するために薬物の使用を思いとどまらせるのを薬剤師達に禁止します。

ゼータトーク 洞察1/31/2022:
2021年が終わりに近づくにつれて、ヨーロッパと英連邦諸国と米国内の権力体制の姿勢は、あらゆる好機において★最大のワクチン接種と封鎖を強制することでした。
★権力体制のエリート達は、一般の人々がニビルと長期間設置されていたニビルへの隠蔽工作に気づくようになったときの暴動と反乱と要求を恐れて、移住またはどのような種類の旅行でさえも統制することを求めました。
英国では、★起ころうとしているニューマドリッドの破裂によって引き起こされる“ヨーロッパの津波”の間に多くの市民達が溺れるだろうという事実は、高齢の英国民衆からの要求を減少したいインペリアルカレッジによって特別賞与と考えられました。

今や英国が最大規模のワクチン接種命令と封鎖とパスポートの要求を取り除く傾向を先導している点で、何が突然変化したのでしょうか?
★ファイザーワクチンの有害な副作用が突然に認められるということしょうか?
★若者達の間でのa href=”http://www.zetatalk.com/newsletr/issue795.htm”>心臓発作が、ファイザーワクチンによって引き起こされたということでしょうか?
★ワクチン内のスパイク蛋白質が着実に免疫システムを疲労させ、一時的なAIDSのタイプを生じているということでしょうか?
★Covid‐19のスパイク蛋白質の長くとどまる断片が、事実上エリート達による封鎖のための口実として使用されている変異体を生じたということでしょうか?
★ファイザーのワクチンが臨月の赤ちゃんさえも堕胎するように胎盤を縮小するということでしょうか?

2020年の選挙詐欺をとおしてヨーロッパと米国を担当しているエリート達は、確実に★一般人を気に掛けていません。
ゆえに何故、★ヨーロッパの国々が次から次へと突然彼等の命令と緩和して、集団免疫の概念と仲良しになっているのですか?
ヨーロッパの善玉同盟の手を確実に見ることができますが、★ニビルが現実であり、“通過”のために存在するのを聞いた時の一般の人々の反応への怖れのために封鎖が機能されたのならば、“ヨーロッパの津波”が起こるなら問題になるでしょう。
★ニューマドリッド破裂が2022年早期の数週間に起こるだろうという私達の予測は、正鵠を射ているように見えます。

封鎖は、暴動鎮圧として機能しますが、広範囲の洪水が海岸線に沿って発生することになった場合、避難のための混乱を生じて、事実上★緊急事態業務に無理を強いるでしょう。 多くの場合、★病院と救急サービスはワクチン要求のために職員を失っています。
津波が発生したときにこれが然るべく配置されていた場合、全く考えられないことが起こるかもしれません―★エリート達の自宅でエリート達を護衛する警察と軍の能力に衝撃を与えるかもしれません。
★米国ではニューマドリッド破裂が緊急事態業務を疲弊させるので、この解説が結果として生じるでしょう。

★誤った警報

★ワクチンと追加抗原刺激が有害で効果がないことを認めなければならない多くの国々のエリート達によって、Covid-19とその変異体に対する封鎖が失敗していることとともに、権力体制の多くのエリート達は、神経質になっています。
彼等は、★来るべきニューマドリッド調整とヨーロッパに氾濫する津波が起こるときの暴動と、★“アフリカの回転”が中東を引き裂くときの混沌を恐れています。
したがって北米プレートとヨーロッパプレートの間の境界のプレートが引き攣れて、★ノルウェイからスヴァルバード群島までの2つのインターネットケーブルの内の1つが切断されたときに、ノルウェイは、「戦争行為!」と叫びました。

★ノルウェイの海底インターネットケーブルが損傷しました。
https://strangesounds.org/2022/01/undersea-internet-cable-damaged
世界の最北端の光ファイバーの海中ケーブルである物の運営者のスペース・ノルウェイは、グリーンランド海の海底が300メートルから2,700メートルまで下降する海域でロングイヤーバイエンから130キロメートルから230キロメートルの間のどこかに妨害が所在しているのを見つけました。 障害は、1月7日金曜日の朝に起こりました。
★スヴァルバード海底ケーブルシステムは、ロングイヤーバイエンをノルウェイ北部のハルスターの北のアンドーヤに接続する双子の海底光ファイバー通信ケーブルです。
★ノルウェイと北極衛星局に接続する海底ケーブルは不可解なことに損傷しました。
2022年1月11日

https://www.dailymail.co.uk/news/article-10390555/Undersea-cable
ノルウェイ本土と北極海のスヴァルバード群島の間の肝要なインターネット接続と通信リンクを提供する海底光ファイバーケーブルは、不可解にも活動休止状態にされました。
2本の光ファイバーケーブルの内の1本に起こった障害は、今、本土とスヴァルバードの間の接続が1本だけで、バックアップが無いことを意味するので、悲惨な結果になる可能性があります。

ゼータトーク 説明1/31/2022:
複数のプレートの内の1つが破裂が起こるまで解放されない極端な緊張(ストレス)下にあるときに、何がプレート境界に起こるのでしょうか?
もちろん私達は、起ころうとしているニューマドリッド調整によって★米国本土部分から南東部分が引き裂かれる北米プレートについて話しています?
★北米プレートは、長い境界を、日本北部から極東を横断して、カナダ・シベリア境界に沿って、終にこの長い境界がアフリカプレートで終わる北大西洋の通って南下するまでずっとユーラシアプレートと共有します。

これらすべての境界の連結は、★起ころうとしているニューマドリッド調整に影響を受け、この近況が継続する一方で、捻じ曲がり、重複し、偏走し、ときおり弾けて戻るでしょう。
★ノルウェイとグリーンランドの間の境界は、まさにスヴァルバード群島にそって進みます。 これは、★絶対に海底ケーブルが配置されるべき場所ではありませんが、ノルウェイは、ケーブル敷設について設置したときに起ころうとしているニビルの通過について考えていませんでした。
セントローレンス水路が引っ張り開かれて、北米プレートが痙攣している間に、★体面を保つためにロシアが避難されるでしょう。

それから不確定な首脳部の配置のある★北朝鮮が存在します。
金は暗殺されて、2020年4月に彼の妹と交代されたのでしょうか?
これらは噂でしたが、金と彼の北朝鮮の支持者達は、生き残りました。
したがって北朝鮮が1月10日にミサイルを試験したときに、★FAAは神経質になりました。 ミサイルが極超音速であり、したがって米国本土にほぼ即座に到達できたという未確認の報告がありました。
おぉっと、誤った報告、誤った警報です、しかしFAAは、その間に★すべての航空機を着地させました。

謎のFAAの地上停止は★北朝鮮のミサイル試験についての憶測へと導きます。
2022年1月11日

https://www.avweb.com/aviation-news/mystery-faa-ground-stop
関連についての憶測を活気づけて、北朝鮮のミサイル発射は、PST(太平洋沿岸標準時)午後2:27のFAAの活動のほんの数分前に、★海岸から充分に内陸の発射場で午前7:27におこなわれました。
ミサイルは、★日本海に落下する前に700キロメートルを移動し、NORADと同様に日本の防衛省によって追跡されました。 1週間以内で2度目に試験されたミサイルは、極超音速の大陸間弾道ミサイル(ICBM)として描写されていますが、それについて何らかの疑惑があります。
ドライブは、アジアのニュース情報源ヨンハップ(Yonhap)によってマッハ10(極超音機の閾値の2倍)の速度に達していたとして報道されたミサイルが、おそらく★極超音速速度を獲得できた加速滑空飛翔体か操作可能再突入機(MaRV)であったと憶測する情報源を引用しました。
NORADの代弁者は、北朝鮮の発射について、または他のどのような理由によってもNORADが警報を発しなかったと、公式声明で言いました。
★北朝鮮のミサイル発射後にすべての西海岸の航空交通を停止するFAAの命令を謎が取り巻きます。
2022年1月11日

https://www.thedrive.com/the-war-zone/43832/mystery-surrounds-faa-order
★2022年1月10日月曜日の午後、PST(太平洋沿岸標準時)午後2:30頃に、米国連邦航空局は、少なくとも米国西部で、すべての飛行機に地上停止命令を発しました。
空港への離発着のすべての移動への一時的停止は、解除されて通常業務に戻る前に★航空機操縦士達が着陸するように命令され、凡そ7分から20分の間続くことを含みました。 これまでの所、この行動について何の説明もありません。
★FAAは北朝鮮のミサイル発射の頃に米国西部沿岸の飛行を短期間停止しました。
2022年1月11日

https://www.reuters.com/world/us/us-faa-briefly-halted-some-west-coast
米国当局は、“インド太平洋地域での出来事の当初の報告のために”、(北朝鮮の)ミサイル発射に直接関連付けることなしに、FAAが15分以内の間西海岸の作戦を停止したとロイターに話しました。

ゼータトーク 洞察 1/31/2022:
有り余るほどの警戒において、FAAは、★米国西海岸とハワイ全域で空中に居た飛行機を着陸させました。
彼等は、★北朝鮮の極超音速ミサイルの試験が米国を標的としており、数分以内に到着することができると指摘するいくつかの遅い情報を受け取りました。 米国は、警報を発し、★北朝鮮からきているそのようなミサイルのどれも撃ち落とす準備をします。 そのような例において、空中の商業交通が邪魔になり、犠牲者になるかもしれませんでした。
★北朝鮮の試験が地域の問題であると証明されたときに、FAAの命令は解除されました。

その間にカザフスタンの状況は、他の価格統制とともに燃料価格の上限を設定することによって、★支配階級のエリート達と彼等が統治する人々の間の妥協で解決されました。
ゼータ達によると、これは、1%に対する99%についてであり、★民衆が勝利しました。 その間に、外国のテロリスト達によって引き起こされた★クーデターまたは抗議活動の根拠のない噂がありました。

★ロシア軍部隊は政府が統制を回復した後にカザフスタンから去り始めます。
2022年1月13日

https://abcnews.go.com/International/russian-troops-begin-leaving
カザフスタン政府が暴力的な抗議活動を鎮圧するのを助力するために送られたロシア主導の軍隊は、ロシア国防相によると、★(カザフスタン)国を去り始めています。
カザフスタンの大統領が彼の政府が国内最大の都市アルマティでの支配権の喪失に導いた抗議活動の最中に支援を懇願した後に、モスクワが統治した元ソビエト諸国の同盟国によって、先週、★およそ2,300人の部隊がカザフスタンに派遣されました。
★元カザフ大統領が再出現し、エリートの間での軋轢を否定します。
2022年1月18日

https://www.reuters.com/world/asia-pacific/former-kazakh-president
反政府運動へと膨れ上がる前に、81歳のナザルバエフを標的とした一般の人々の怒りとともに、車の燃料価格の急上昇を巡って不穏状態が噴出しました。 ★検察庁は、少なくとも225人の人々が殺害されたと言っています。
カザフ大統領は国防相を交代させ、★議会はナザルバエフを終身の地位から取り除きます。
2021年1月19日

https://www.rferl.org/a/kazakhstan-toqaev-ousting-nazarbaev
カザフスタンの首脳部は、中央アジアの国全域にわたって致命的に抗議活動が一掃された1週間後に、★元大統領ヌルスタン・ナザルバエフから終身の地位を剥奪することによって、政府職員を交代し、★カシム‐ゾマルト・トカエフ大統領の権力を集中するためにさらなる措置を講じています。