カテゴリー
未分類

802: カナダのトラック・コンボイ

The ZetaTalk Newsletter
2022年2月13日 日曜日 ★802号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★カナダのトラック・コンボイ

絶え間ない追加抗原刺激と封鎖へと行き詰って、すべてが★エリート達が求める支配感覚をエリート達に与えるために、世界は、カナダのトラック運転手達のコンボイによって有頂天になりました。 封鎖とワクチンパスポートは、★オーストラリアとカナダという英連邦諸国では特に厳格です。 その間に女王の国英国は、最大のワクチン接種義務付けとパスポートの両方を廃止しています!
彼等は、彼等の行動をまとめることができるのでしょうか?
これは、まだ執筆中の物語です。

最大50,000人の‘フリーダム・コンボイ’の★反ワクチン接種義務化のトランク運転手達が彼の事務所に到着する際に、ジャスティン・トルードーと彼の家族は、カナダ首都オタワから逃げ出します。
2022年1月30日

https://www.dailymail.co.uk/news/article-10456147/Justin-Trudeau-flees
カナダ首相ジャスティン・トルードーと彼の家族は、国のワクチン接種義務付けとCovid封鎖に対して抗議するために最大50,000人のトラック運転手達が集まるので、国の首都オタワの自宅から秘密の場所へ去りました。
数百人のトラック運転手達は、彼等の巨大な牽引車を、★米国国境を横断するために要求されるワクチン接種義務付けに対する抗議として始まった自称‘フリーダム・コンボイ’の一部として、土曜日にカナダ首都オタワへ運転していきました。 トランク運転手達に、Covid-19の規制によるだけでなく、★政府へのいっそう多様な不満で怒った数千人の他の抗議者達が加わりました。
数百台の大型トラックが、それらのエンジンのゴロゴロ音とともに、絶え間ない汽笛を鳴らしたので非常に大きな喧騒がありました。 トランク運転手達の数は10~20,000人の範囲と概算されます。
★ワクチン接種命令に対するトラック運転手達のコンボイはオタワへの途上でオンタリオ州を通過して進みます。
2022年1月27日

https://www.cbc.ca/news/canada/london/trucker-protest-convoy
抗議は、Covid-19関連の措置に反対するグループであるカナダ・ユニティによって組織されていっています。
その組織者達は、ジャスティン・トルードー首相と彼の政府が、カナダ‐米国国境を横断するトラック運転手達に対するワクチン接種命令を止めて、他の公衆衛生防護を廃止して欲しいのです。 .
★オタワで数千人がCovid(ワクチン接種)義務付けに抗議し、多くが譴責されました。
2022年1月30日

https://apnews.com/article/coronavirus-pandemic-health
ワクチン接種義務付け、マスクおよび封鎖に抗議するために、数千人の抗議者達が、土曜日にカナダの首都に集まりました。 抗議は、★元米国大統領ドナルド・トランプと数人のフォックスニュースの有名人からの支援も引き付けています。
「私達は、それらの偉大なカナダ人トラック運転手達に、私達がずっとともにあることを知ってほしい」と、トランプは、テキサス州のコンローでの集会で言いました。 「彼等は、米国の自由を守るために、私達の指導者よりもはるかに多くのことをおこなっています。」

★グローバリスト達は眠れる巨人を目覚めさせます。
2022年1月29日

https://allnewspipeline.com/They_Have_Awoken_The_Sleeping_Giant
主流メディアが報道しないように最善を尽くしていますが、騒動によってカナダと世界を席巻しており、そして独立メディアですでに報道しているのでアメリカ全域に確実に波紋を呼ぶだろうという話は、★カナダの“フリーダムコンボイ”がカナダの首都オタワでの週末全体の抗議であるものに、最近到着していたということです。
明らかに怯えたカナダの指導者ジャスティン・トルードーが‘非主流の少数派’グループと呼んでいるにもかかわらず、★継続的に数とカナダ人市民の参加者達を増加して、アメリカのトラック運転手達は、‘ワクチン接種されて’おり、‘純血’の両方を主張しているトラック運転手達の集会に参加していっています。

ゼータトーク 洞察 2/28/2022:
誰が、カナダで実際にワクチン接種を義務付けているのでしょうか?
2019年におこなわれた写真分析から見ることができるように、★実際のトルードーは、公的資金の盗難と悪用のために逮捕されました。 彼は善玉同盟による逮捕下にあり、★まだ未決訴訟事件表に載っています。
カナダが英連邦諸国のメンバーである点で、英国のエリート達によって統制されており、これが★私利的な命令の起源です。 ★英国は、私達が最近述べたように、予測された“ヨーロッパの津波”が起こることに身構えているように見えるので、突然、彼等の命令を取り下げています。

ゆえにオタワのトルードーの代役について、善玉同盟によって制御されていて、選出された議会と英連邦と格闘している点で―★権力の座にあり、命令を変えることができるのは、誰なのでしょうか?
★代役がこの込み入った政治的混乱の何らかの解決策のための代弁者になるので、代役は、国を逃れず、まだ善玉達の制御下にあります。
反乱の瀬戸際で、カナダの政治家達は、★トラック運転手達の抗議が熱烈な支持を得るのを見たくはないのです。 ★革命は、まさにそのような方法で始まります。

ヨーロッパの先導に従って、カナダと私達が予測するオーストラリアは、ワクチン接種義務付けがもはや要求されません。
彼等は、★義務付けと封鎖とパスポートを強制する人々が古いデータで働いていたと主張し、そしていっそう新しい統計は、★集団免疫が伝染を妨げていることを示します。 変異体は、★伝統的に起源の株よりも弱く、そしてオミクロンは、★酷い鼻風邪よりも悪くないと証明されています。
終わりなきワクチン接種から輪郭を描いているファイザーと人々は、ぶつぶつ言って沈黙します。

実際に、★2019年にトルードーの外見に変化がありました。 彼は、髭を生やし始め、したがって彼の顎を隠しています。
ゼータ達によると、彼の起こりうる逮捕を見守っている人々が標的になっています。 ★彼は、今、代役でした。

ゼータトーク 暴露 3/31/2020:  ★代役の利用は、トルードーにとり良い前兆ではない、トルードーの新たな容貌のような代役の利用は、進行中の裁判所の訴訟を合図するのかもしれません。
彼の犯罪? ★公的基金の盗難、反逆罪の一種です。