カテゴリー
未分類

802:

The ZetaTalk Newsletter
2022年2月13日 日曜日 ★802号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★カナダのトラック・コンボイ

絶え間ない追加抗原刺激と封鎖へと行き詰って、すべてが★エリート達が求める支配感覚をエリート達に与えるために、世界は、カナダのトラック運転手達のコンボイによって有頂天になりました。 封鎖とワクチンパスポートは、★オーストラリアとカナダという英連邦諸国では特に厳格です。 その間に女王の国英国は、最大のワクチン接種義務付けとパスポートの両方を廃止しています!
彼等は、彼等の行動をまとめることができるのでしょうか?
これは、まだ執筆中の物語です。

最大50,000人の‘フリーダム・コンボイ’の★反ワクチン接種義務化のトランク運転手達が彼の事務所に到着する際に、ジャスティン・トルードーと彼の家族は、カナダ首都オタワから逃げ出します。
2022年1月30日

https://www.dailymail.co.uk/news/article-10456147/Justin-Trudeau-flees
カナダ首相ジャスティン・トルードーと彼の家族は、国のワクチン接種義務付けとCovid封鎖に対して抗議するために最大50,000人のトラック運転手達が集まるので、国の首都オタワの自宅から秘密の場所へ去りました。
数百人のトラック運転手達は、彼等の巨大な牽引車を、★米国国境を横断するために要求されるワクチン接種義務付けに対する抗議として始まった自称‘フリーダム・コンボイ’の一部として、土曜日にカナダ首都オタワへ運転していきました。 トランク運転手達に、Covid-19の規制によるだけでなく、★政府へのいっそう多様な不満で怒った数千人の他の抗議者達が加わりました。
数百台の大型トラックが、それらのエンジンのゴロゴロ音とともに、絶え間ない汽笛を鳴らしたので非常に大きな喧騒がありました。 トランク運転手達の数は10~20,000人の範囲と概算されます。
★ワクチン接種命令に対するトラック運転手達のコンボイはオタワへの途上でオンタリオ州を通過して進みます。
2022年1月27日

https://www.cbc.ca/news/canada/london/trucker-protest-convoy
抗議は、Covid-19関連の措置に反対するグループであるカナダ・ユニティによって組織されていっています。
その組織者達は、ジャスティン・トルードー首相と彼の政府が、カナダ‐米国国境を横断するトラック運転手達に対するワクチン接種命令を止めて、他の公衆衛生防護を廃止して欲しいのです。 .
★オタワで数千人がCovid(ワクチン接種)義務付けに抗議し、多くが譴責されました。
2022年1月30日

https://apnews.com/article/coronavirus-pandemic-health
ワクチン接種義務付け、マスクおよび封鎖に抗議するために、数千人の抗議者達が、土曜日にカナダの首都に集まりました。 抗議は、★元米国大統領ドナルド・トランプと数人のフォックスニュースの有名人からの支援も引き付けています。
「私達は、それらの偉大なカナダ人トラック運転手達に、私達がずっとともにあることを知ってほしい」と、トランプは、テキサス州のコンローでの集会で言いました。 「彼等は、米国の自由を守るために、私達の指導者よりもはるかに多くのことをおこなっています。」

★グローバリスト達は眠れる巨人を目覚めさせます。
2022年1月29日

https://allnewspipeline.com/They_Have_Awoken_The_Sleeping_Giant
主流メディアが報道しないように最善を尽くしていますが、騒動によってカナダと世界を席巻しており、そして独立メディアですでに報道しているのでアメリカ全域に確実に波紋を呼ぶだろうという話は、★カナダの“フリーダムコンボイ”がカナダの首都オタワでの週末全体の抗議であるものに、最近到着していたということです。
明らかに怯えたカナダの指導者ジャスティン・トルードーが‘非主流の少数派’グループと呼んでいるにもかかわらず、★継続的に数とカナダ人市民の参加者達を増加して、アメリカのトラック運転手達は、‘ワクチン接種されて’おり、‘純血’の両方を主張しているトラック運転手達の集会に参加していっています。

ゼータトーク 洞察 2/28/2022:
誰が、カナダで実際にワクチン接種を義務付けているのでしょうか?
2019年におこなわれた写真分析から見ることができるように、★実際のトルードーは、公的資金の盗難と悪用のために逮捕されました。 彼は善玉同盟による逮捕下にあり、★まだ未決訴訟事件表に載っています。
カナダが英連邦諸国のメンバーである点で、英国のエリート達によって統制されており、これが★私利的な命令の起源です。 ★英国は、私達が最近述べたように、予測された“ヨーロッパの津波”が起こることに身構えているように見えるので、突然、彼等の命令を取り下げています。

ゆえにオタワのトルードーの代役について、善玉同盟によって制御されていて、選出された議会と英連邦と格闘している点で―★権力の座にあり、命令を変えることができるのは、誰なのでしょうか?
★代役がこの込み入った政治的混乱の何らかの解決策のための代弁者になるので、代役は、国を逃れず、まだ善玉達の制御下にあります。
反乱の瀬戸際で、カナダの政治家達は、★トラック運転手達の抗議が熱烈な支持を得るのを見たくはないのです。 ★革命は、まさにそのような方法で始まります。

ヨーロッパの先導に従って、カナダと私達が予測するオーストラリアは、ワクチン接種義務付けがもはや要求されません。
彼等は、★義務付けと封鎖とパスポートを強制する人々が古いデータで働いていたと主張し、そしていっそう新しい統計は、★集団免疫が伝染を妨げていることを示します。 変異体は、★伝統的に起源の株よりも弱く、そしてオミクロンは、★酷い鼻風邪よりも悪くないと証明されています。
終わりなきワクチン接種から輪郭を描いているファイザーと人々は、ぶつぶつ言って沈黙します。

実際に、★2019年にトルードーの外見に変化がありました。 彼は、髭を生やし始め、したがって彼の顎を隠しています。
ゼータ達によると、彼の起こりうる逮捕を見守っている人々が標的になっています。 ★彼は、今、代役でした。

ゼータトーク 暴露 3/31/2020:  ★代役の利用は、トルードーにとり良い前兆ではない、トルードーの新たな容貌のような代役の利用は、進行中の裁判所の訴訟を合図するのかもしれません。
彼の犯罪? ★公的基金の盗難、反逆罪の一種です。

★手掛かりを読む

ニューマドリッド破裂を予想して、ゼータトーク・チームは、★破裂のタイミングへと続くだろう多くの★手掛かりを辿りました。
それは、共有する価値がある話です。
例えば、★1月9日にブロンクスで東海岸断層線とラマポ断層線とニューマドリッド断層線の接合点からのEMPでした。
ゼータ達によると、これは、単に室内暖房機によるのではなく、★EMP嵐の一例でした。 この手掛かりは、★これらの断層線が静止することが無かったことを指摘しました。

★30年で最悪のNYC火災は欠陥のある室内暖房機によって引き起こされました。
2022年1月9日

https://www.dailymail.co.uk/news/article-10384341/People-seen-jumping
★ブロンクスの181番街路333番地の19階建てのビルの2階と3階で、午前11時ちょっと前に、警報5の火災(あまりにも大きいか強烈なので食い止めるのに多数の消防隊を必要とする火災)が発生しました。
FDNY(ニューヨーク州消防局)は、‘非常に重大な’火災と煙が建物の高さ全体を拡大して、★室内暖房機が火災を生じたことを確認しました。 警報が常になっており、居住者達はそれらを無視したと、数人の居住者達は言いました。

ゼータトーク コメント 1/31/2022:
★数本の断層線が交差するときに、岩の原動力とは、何でしょうか?
岩の下層のすべての部分は、1方向か、または別の方向へ移動する圧力下にあります。
確実であることは、岩が圧力下にあるということであり、★電子のキーキー音が存在します。 これは、★電気が容易に流れることができるように岩の中の空洞がぺしゃんこにされている場所であり、★EMPのアーク(電弧)放電が起きる可能性があります。
これが1月9日にブロンクスに存在したという手掛かりは、何でしょうか?
東海岸断層線に沿ったサウスカロライナ州であったように、ニューマドリッド断層線に沿ったセントローレンス水路は、定期的な地震を免れられませんでした。 そしてニューヨーク市沿岸沖合のブイは、その日に★海底の下方の隆起を示しました。

★電磁気パルスは、大抵自然発生的な火災の原因ですが、火事の実地監察ではほぼ全く言及されません。
大型旅客機の墜落から市全域の停電ペット達が逃げ出す原因となることまで、★EMPは、増加しています。 EMP嵐は、最も軽微な引き金―電気のスイッチか煙草のライターからの火花または暖房機の繊条(フィラメント)からのアーク(電弧)―によって引き起こされる可能性があります。
★一度嵐が始まると、地域のすべての電子機器は、まるでそれらの能力の範囲を超えて入力状態であるかのように、機能しています。 電球が爆発し、電線は溶けてショートする原因を引き起こし、★その領域の可燃性の物が爆発して炎を発します。

地震図表が陸地での活動を示すことができる点で、波の下のどのような線も手掛かりを与えます。
海洋の海床が隆起するか落下して、その結果、波は浅いか深いならば、これは、★プレートまたは小プレートが持ち堪えているのかもしれない物に対する手掛かりです。
例は、★メキシコ湾の海床と1月21日に表示されたリヴェラ小プレートのブイです。 両方のブイは、★平らになっていく波の高度を示しました。


ゼータトーク コメント1/31/2022:
★波が数日間の期間で次第に小さくなっていき、本質的に平らになっていくようにブイの波の高さが減少するときに、それは何を意味するのでしょうか?
ブイの下方の隆起している海床は、高波を構築するか維持する海水の減少ととも、★海水のいっそう小さな水量でブイが作用しているので、これを生じるのでしょう。 リヴェラ小プレートにとり、これは、★太平洋プレートを隆起して西へと重複する小プレートによって引き起こされます。
これは、★北米の本土部分が南西へと滑るのを可能にしています。
ブイがニューマドリッド断層線の上に位置するメキシコ湾では、いっそう小さなドラマが起こっています。
★(米国)本土部分は、メキシコの先端で南西へ滑るのを妨げられているので、ゆえに軋るような音を出す動きとともに、硬い南東部分に対して押しています。 断層線のどちら側の岩も互いに滑って通り過ぎるか、押し離されるか、★塊が溜まっていく状態を生じる破片へと砕けます。
★この溜まっていく塊がブイの下の海底を隆起させています。

北米の巨大な本土部分が南西へと滑るには、★何かが移動しなければなりません。 明らかにメキシコの先端の下方に横たわっている★ココスプレートは、主な遮蔽物です。
ゼータトーク・チームは、★テワンテペク海嶺と呼ばれるココスプレートの粉砕地点があることに注目しました。
これは、★ニューマドリッド断層線がメキシコの先端に現れるテワンテペク地峡の真下に存在します。 この地点は、強く反応し、それから★1月14日に太平洋が圧縮しました。
これは、明確に見守るべき地点であるように見えます!


ゼータトーク コメント1/31/2022:
★ココスプレートでの接合点とそれからペメックス・ガス田を通ってメキシコ湾への解開は、始まっています。
太平洋は、★1月14日に圧縮されました。 メキシコの先端とテワンテペク海嶺の接合点で深層地震が起こり、ココスプレートの粉砕状態は、カリフォルニア州沿岸に沿った★リヴェラ小プレートの海床での隆起状態を含みました。
“解開”は、ペメックス・ガス田に到着しました。
メキシコ湾の海水の下の“解開”は、★軍事政権が断層に沿って海中に地震計を施設しているけれども、一般人には見えません。
★ニューオーリンズは、今、危険な状態です。

ゼータトーク・チームは、地震計のパターンも観察しました。
★地震が地震計で大きな急上昇として現れる場合、空白区域は何を指摘するのでしょうか?
多くの場合、★区域へトラウマが多ければ多い程ますます空白地点が現れます。 これは確実に、テワンテペクの地峡でどちら側にも存在します。
いつものようにゼータ達は説明します。


ゼータトーク コメント 1/31/2022:
包括的でありながら理解しやすい情報を表示するために、地震計は、★雑然として矛盾するデータを排除しなければなりません。
極端な急騰は、表示を黒く変えることが可能です。 ほぼ常にある程度存在する背景の喧騒は、重要ではない可能性がありますが、にもかかわらず関連性のある地震のデータを汚染することが可能です。 したがって★背景の喧騒は、たびたび、識別され、それからそれを除去するために隠されます。
USGSは、表示が操作するのに困難になる場合、彼等の地震計をオフラインにしますが、★ラズベリー・シェイクのウェブサイトに寄与する数百の地震計局は、異なった接近手段を採ります。

★地震計が解釈するか片付ける能力の範囲外で表示が問題になるときに、★空白の区分が挿入されます。
急騰が、★1時間に可能にされる表示の限界の範囲外であまりにも極端で領域が高過ぎるので、この状況は、結果として生じる可能性があります。
または★プログラムへの多様な入力が矛盾しているか、またはアルゴリズムの領域の範囲外にあるので、それは結果として起こるかもしれません。 それは、★予想された入力よりもあまりにも高いかあまりにも低いために入力が失われているのなら、同様に結果として生じる可能性があります。

しかしラズベリー・シェイクス地震計がメキシコの先端でのこの地点の東と西の両側で、★ココスプレートの粉砕地点での極端な空白状態を示しているという事実は重要です。
これらの空白状態は、★突然揺れている地震のためではありません。
北米の本土部分の南西への滑りは、概して静かであり、★岩から岩への指の把握は着実にポキンと折れていっています。
しかし★南西への滑りが加速して落下するのを妨げているココスプレートが維持することができない重さで落下することを強制されて最高潮に到達するときに、ニューマドリッド断層の破裂は、★活動への急激な揺れを体験するでしょう。

ニューマドリッド破裂のタイミングに関する手掛かりを観察することは、★メキシコ湾とミシシッピ川を観察することの範囲にわたります。
観察は、北米プレートの周辺部を含みます。 例えば、★ グリーンランドの地震とセントローレンス水路の予想された拡張の間の起こりうる関連。
★北米の本土部分が対角線上の様式で引っ張られ南西へ滑るならば、この過程は、プレートの表面に何をするのでしょうか?
★シベリアのティクシの北極の接合点は、絶えず続く緊張を示します。

しかし観察するための主要な地点は、★ココスプレートです。 そこでの破裂は、★本土部分が妨げられずに南西へ滑るのを可能にします。
1月28日に ココスの南部境界での強力な地震が起こりました。 ナスカプレートの先端の掛け鉤で起ころうとしている粉砕は、ココスが南へ滑るのを可能にすることができました。
これは、進行中であるかもしれないのですか?
ゼータ達は、選択肢を提示しました。

ゼータトーク コメント 1/31/2022:
★ココスプレートが(米国)本土部分の南西への滑りの途上に存在し、何かが譲らなければなりません。
いくつかの可能性があります。
ココスプレートは、★テワンテペク海嶺に沿って粉砕する可能性があります。
★メキシコの先端で北米の本土部分と南東部分を分離する三重の接合点で接触するこの粉砕地点は、ニューマドリッド断層線が始まる場所です。
ココスプレートは、西方へも転移することができますが、これは、太平洋に対して主要な圧迫を要求するでしょう。 またはココスプレートは、★ナスカプレートと重複するか粉砕するように南方へと転移するかもしれません。

この1月18日の地震の震央近くの多数の小プレートから見ることができるように、★ニューマドリッド調整の間にココスプレートとナスカプレートに移動する余地を与える圧力は、以前に起こっています。
コロンビアの北アンデス小プレートと小さなパナマプレートの両方ともが、これらの★圧力点を示します。 明らかにパナマの方に達するナスカプレートの先端は、脆弱で、★おそらくナスカプレートから破れそうです。
しかしこれは、本土部分に、南西へと滑る必要がある余地を与えるのでしょうか?

可能性のある結果が操作の組み合わせであると、私達は予測します。
この★小さなリヴェラ小プレートは、ポキンと折れる可能性があり、独立して位置を変えるのを可能にします。 パナマに達するナスカプレートの部分は、同様に独立した小プレートになるように折れる可能性があります。 ココスプレートは、現時点で、メキシコ沿岸に乗り上げていっていますが、同様に傾いて、本土部分に、太平洋の方へ転移するようにさらに広い余地を与える可能性があります。
しかしおそらく、★ココスプレートがテワンテペク海嶺の接合点で粉砕し、その結果ココスプレートの北部部分が西方へ転移するでしょう。 地質が移動中です。

そして予想されたように、2日も経たない1月30日に、★ココスプレートがテワンテペク海嶺に沿って粉砕し、リヴェラ小プレートがココスプレートへの付着を破壊しているのかもしれないように思えます。
これは、ココスとナスカとリヴェラに沿った数回の地震が、今、南西へ動くのが自由である★オクラホマ州での数回の強力な急激な揺れを伴った1月31日の1日で急速に進行しました。


ニューマドリッド断層線の破裂の起こりえる日付に関する手掛かりを探す中で、ゼータトーク・チームは、★何故オクラホマ州とテキサス州では南西へと向かう区画で非常に多くの地震を体験したのかをつくづくと考えています。
南西への滑動が、数ヶ月間、ある程度進行中であるということは可能でしょうか?
ゼータ達は、確認して、タイミングの手掛かりを提供しました。 ニューマドリッドは、硬い岩が東と西へ引っ張られて、★破壊点へと地殻が薄くなっていっている破裂点があります。

ゼータトーク コメント 2/28/2022:
私達は、たびたび伸張地帯と★何故それらが沈黙していると考えられているのか話しています。
クレバスが開くか、橋か構造物が引き離されて落下しますが、これらの出来事は、★地震に伴われません。
地震が発生するのは、★岩盤が他の岩盤のための余地を作るよう求められる場所です。 大きなニューマドリッド破裂に先立つすべての前兆となる出来事の間に、★(米国)本土部分の南西への落下は、起こっているように見えません。
または起こっていた?

本土部分は、★カナダから南下してメキシコの先端までの大陸分水嶺に沿って伸張する西の山脈を含みます。
これらが調整するように求められるときに、滑動をとおしてであろうと、潜り込み現象であろうと、岩の粉砕衝突であろうと、★大陸は急激に揺れる地震で不平を言います。
これは、地震の図表で見ることができます。
主として伸張を修正できる柔らかい岩で破壊が発生することを記録が示すけれども、★拡張していくセントローレンス水路は、どちら側でも地震を記録します。

しかしそのような★硬い岩の層が要因ではないオクラホマ州とテキサス州での毎日の群発地震については、どうでしょうか?
北米の本土部分は、静かではあるにもかかわらず、★着実に南西へ滑っています。
これらの群発(地震)が発生するオクラホマ州とテキサス州の地域で地質調査をおこなうとしたら、陸標がさらに離されるかいっそう近くに寄せられるか、または★まっすぐであると推定される場所で湾曲する道路を見つけるでしょう。
★南西へのこの静かな転移は、どの時点でニューマドリッドの破裂に影響を及ぼすのでしょうか?

ニューマドリッドの町の断層線のどちら側の岩も、★ニューマドリッドの下の岩が薄くなって2つの側を繋いで保持する能力を失うような状態で引っ張り離されるときに、それは破裂するでしょう。
したがってオクラホマ州とテキサス州でのこれらの群発地震によって象徴される南西への着実な静かな滑りは、★破裂が来る鍵となります!

終に、手掛かりの捜索は、ゼータトーク・チームを歴史を調べるように導きます。
北米の居住者達は、1811~1812年のニューマドリッド大地震の前に何を知っていたのでしょうか?
彼等にはブイのデータも地震計のデータもなく、当時インターネットもありませんでした。 私達が知っていることは、★破裂が突然であり、恐ろしいものであったということです。
私達は、彼等が予測した★大きな急激な揺れが“少しの警告もなく”生じるだろうと、ゼータ達によって伝えられます。 突然。

★1811年~1812年のニューマドリッド地震。
https://www.britannica.com/event/New-Madrid-earthquakes-of-1811-1812
★地面の揺れは、北は遥かカナダで、南は遥かメキシコ湾沿岸で感じられました。 目撃者の報告は、揺れが遥かマサチューセッツ州ボストンで教会の鐘を鳴らし、オハイオ州シンシナティの煙突を倒したことに特に言及しました。
★1811年~1812年のニューマドリッド地震の連鎖の概要。
https://www.usgs.gov/programs/earthquake-hazards/science/summary-1811
それらは、米国とカナダのロッキー山脈の東では遥かに最大の物でした。 これらの衝撃に関連される強力な揺れの地域は、1964年のアラスカ地震の2倍~3倍の大きさで、1906年のサンフランシスコ地震の10倍の大きさです。
★1811年の大中西部地震。
https://www.smithsonianmag.com/science-nature/the-great-midwest
タットルのチームは、陶器の破片、槍の穂先やトウモロコシの粒を発掘し、多数の砂の暴風が200年以上あったことに気が付きました。
「いくつかの敷地には、2000年以上前の工芸品のある遺物の上に考古学的遺跡がありました」と、タットルは言っています。
「★ニューマドリッド地震が一度だけの異常な出来事であるなんてあり得ません」
★南西部は、紀元前1450年と900年と紀元前2350年頃に―そしておそらくもっと頻繁に―に暴力的な地震に襲われました。

ゼータトーク コメント 2/28/2022:
ニューマドリッドの破裂が★少しの警告もなしに起こる巨大な急激な揺れであると、私達は予測しました。
歴史は、★1811年の最後の調整が似たような到着であったことを示します。 ★警告はありませんでした。 それは★突然でした。
(米国の)本土部分が突然南西へ滑り、メキシコの先端からセントローレンス水路の河口までニューマドリッド断層線を引き裂くのを、何が引き起こすのでしょうか?
この過程は、同様に本土部分が落下するように譲るか裂けなければならない確固とした★ココスプレートによって起こるのを明らかに妨げられています。 この破裂地点は、★テワンテペク地峡が所在する3重の接合点にあります。

この地点の東では、★北米プレートの南東部分は穏やかで、カリブ海プレートによって巻き付かれて引っ掛けられて、東側でアフリカプレートに接着し、そして★西に移動する傾向がありません。
★この3重の接合地点の西では、(米国)本土部分は、地震計が示すように不安定です。
この3重の接合地点の歴史は、繰り返されたトラウマを示します。 テワンテペク地峡は、山脈が引っ張り離されて、両側の土地は、狭い腰部が残るように侵食されています。
★歴史は繰り返し、そして1811年は、破裂が少しの警告もなく、おそらく突然に起こることを示します。