カテゴリー
未分類

805:

The ZetaTalk Newsletter
2022年3月6日 日曜日 ★805号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
死に際の“生涯の想起”

死に際から戻ってきた人々によって、“生涯の想起”として知られる彼等の★生涯がぱっと浮かんだと、長い間報告されてきています。 この事実は、発作のために年取った男性の脳を監視していた医師達により、今、記録されました。
彼は、突然の心臓発作があり、彼の★最後の瞬間がEEG(脳波計)スキャンによって捉えられました。 死んでいった彼の脳の最後の部分は、★長期記憶を生じている部分でした。

死んでいく脳の世界で最初の精査が★最後の瞬間を明らかにする
2022年2月22日

https://www.rt.com/news/550251-first-scan-dying-brain-revealed/
これまでで初めて、科学者達は、★死んでいく人間の脳の活動を記録して、夢を見たり、記憶の想起や瞑想の間に見られるのと同じパターンを示したことを発見しました。
老化神経科学のフロンティア誌に発表された発見は、突然に心臓発作があって亡くなったときに、発作を探知し、患者を治療するために、★脳波記録(EEG)器に接続されていた87歳の患者の滑動の記録を示しました。 ★患者の死の時間頃に計測された脳の活動の900秒は、“生涯の想起”に類似していると描写されました。 臨死体験辺りに起こったものになぞらえられている体験。
フロンティア誌は分析を格付けします: ★人間の神経科学
2017年6月28日

https://blog.frontiersin.org/2017/06/28/quality-impact-journal-analysis
概要で、人間の神経科学のフロンティア達: 心理学で第1に最も引用される雑誌であり、神経科学で4,864件の引用ととともに8番目に引用されています。 心理学の範疇でジャーナル・インパクト・ファクターズの78パーセンタイルで、神経科学で58パーセンタイルに格付けします。
★生涯の再現: 私達が死ぬときに私達の脳に何が起こるのですか?
2022年2月22日

https://blog.frontiersin.org/2022/02/22/what-happens-in-our-brain
数秒の間にあなた方の全生涯を再現することを想像してください。 電の閃光のように、あなた方は、あなた方の肉体の外側に居て、★あなた方が生きてきた忘れられない瞬間を見守っています。
‘生涯の想起’として知られるこの過程は、★臨死体験を体験するのと似たような体験です。 これらの体験の間と死後にあなた方の脳の内側で起こる事は、数世紀間、神経科学者達を戸惑わせる疑問です。
とは言え、老化神経科学のフロンティア誌に公表された新たな研究は、あなた方の脳が、★死への移行の間や後でさえも活動的で協調性のあるままであり、試練全体を入念に組み立てるようにプログラムされているのかもしれません。

ゼータトーク 説明 2/28/2022:
死に際して魂が経験する事―転生の間に彼等が知った魂達によって光のトンネルに迎えられて、誕生の教導霊達によって批評の場へと案内されている―に私達は取り組みます。
★しかし死の瞬間に人間の脳は、何を体験しているのでしょうか?
死の瞬間に人の前で人の生涯がぱっと現れて消えるという共通の報告があり、そして★これは真実です。 人間の脳は、多くの機能を同時に支えますが、★死の間に脳の多くの部分は他の部分が支えられ続ける一方で血液と酸素を欠きます。
知られているように、★短期記憶と長期記憶は脳の別々の機能であるので、短期間の記憶は、★睡眠の間に長期間の記憶へ統合されなければなりません。 ★長期記憶は、脳が死ぬ最後の部分の1つであり、したがって“生涯の想起”が報告されました。

実際に、ゼータ達は、これが、生き続けて、死なない旅であるので、★死の瞬間の魂の旅に焦点を当てました。

ゼータトーク 解説 1996:
人間達は、★臨死体験―長いトンネルとその先の明るい白色光があり、自分達に近い、今、亡くなっている人々が待っているか、待ち受けている―の報告から、★死ぬ時に自分達を待っている面接に気づいています。
死の瞬間が医師達を混乱させているのなら、それは、霊的領域ではそれほど明らかではありません。 霊が肉体を去る時の問題の範囲を超えて、どのようにして実体が過去の生涯を解決し、転生へと進行する際に掲げられた様々な課題の進行の裁きをおこなって、彼等が結果として欲求するかもしれない活動の将来の進路決定するかについての霊的問題―★批評の時―があります。

ゼータトーク 解説 1996:
霊的案内者達が幽体離脱した実体をその肉体に戻すよう強制し、★誕生の使者達が死体または死に掛けている肉体を去る実体達を集めると、私達は言及しています。
★これは、肉体的束縛無しに、どのようにおこなわれるのでしょうか?
霊達が壁を通過して自由に移動することができるのなら、彼等は、★彼等を見守っている実体達から単にひらひら飛んでいくだけではなかったのでしょうか?
★これらの状況で秩序は、私達が意志の力としてもっともよく描写する物で維持されます。

  ★ニューマドリッドの分離

ゼータ達は、ニューマドリッド断層線の破裂がメキシコ湾から北上してきて、★2021年末から2022年初旬までの範囲の3週間の期間内で始まると言っていました。
北米大陸の位置を見ると、★プレートの平らな先端であるために北米が先端で固定されたことが明らかであるので、(北米大陸は)回転できません。 (北米大陸は、)メキシコの先端である低部に固定されて、ココスプレートによって妨げられています。 北米の南西へと滑動する本土部分にとり、ココスプレートは、★粉砕するか譲らなければならないでしょう。
2月18日にブイは、★本土部分と南東部分が独立して移動していることを示しました。 ★何かが譲りました。


ゼータトーク コメント 2/18/2022:
★北米大陸の本土部分と南東部分は、メキシコ湾を通ってメキシコの先端で分離しました。
これは、メキシコ西海岸沖合のブイが、終始、通常の波の高さを示している一方で、★メキシコ湾の隆起している海床とともに南東部分を示すブイの記録に見ることができます。 以前に、それらは★ともに上昇して落下しました。
地溝自体での非常に深い地震と組み合わさって、過去2日間のテワンテペク海嶺からとグアタメラ沿岸に沿って南下する★極端な地震活動は、おそらくココスプレートがポキンと折れるのがこの所在位置であったことを示します。

ココスプレートの内部の力学は、テワンテペク海嶺が少々南東の部分の上を滑っており、そこに★過去に押し下げられていた明確な小プレート候補を生じていることを示します。
★メキシコの先端で始まるニューマドリッド断層線の部分の東と西へのこの分離は、何を意味するのでしょうか?
★北米の“弓状のしなり”が緩まるので、本土部分は、より少ない抵抗で南西へ滑ることができます。 これは、ニューマドリッドで硬い岩を必然的に引っ張り離して、★ニューマドリッド断層線の予想された破裂を引き起こします。

地峡での破裂が起こったということは、★2月19日の地峡の鉄道での列車脱線事故によって示されます。
地峡は、低地にあり、狭く、★パナマ運河に類似した運河のための候補地と考えられています。 これは、北米の南東部分での反応である★フロリダ州中央部でのとどろき音に伴われました。


★午後2:05にフロリダ州中央部で巨大なとどろき音が。
2022年2月19日

https://www.godlikeproductions.com/forum1/message5052294/pg1
★午後2:05にフロリダ州中央部で巨大なとどろき音が。 私は、それが何であったのか分かりませんが、私の家を揺らして窓をガタつかせました。 ★非常に低周波でした。
他に誰かそれを聞きましたか?
近隣のすべての犬達は吠えています。 それは、爆発というよりも衝突のように聞こえました。

★テワンテペクの地峡
https://www.britannica.com/place/Isthmus-of-Tehuantepec
16世紀初頭以来、地峡が好都合な輸送路と見做されているけれども、運河の建設が費用が掛かり過ぎているために、大洋間運河の現場として拒絶されました。 代わりに、★カンペチェ湾のコアツァコアルコスからテワンテペク湾のサリナ・クルズまでの192マイル(310キロメートル)に及ぶ鉄道が1907年に開通しました。

ゼータトーク コメント 2/19/2022:
北米プレートの本土部分と南東部分がテワンテペク地峡で分離しているのならば、それぞれの部分は、それ自体で活動することができます。
これは、分離がテワンテペクの断層線の始点から、そしてそれからペメックス・ガス田を通って、メキシコ湾の深層水をニューオーリンズへと北上するように★いっそう低い部分の真実です。 ★引っ張り離されることに抵抗するニューマドリッドの町で硬い岩の障壁に分離が到着するまで、私達が予測した深刻な破裂は、起こらないでしょう。

その間に、北米大陸のさらに南の部分での生活は変化していくでしょう。
本土部分がゆっくりと落下して、10年以上の間に課されていた“弓状のしなり”の緊張から解放される間に、南東部分は、それ自体が、アフリカプレートとカリブ海プレートと、本土部分への低下していく★付着の間の“綱引き”状態にあることに気づき続きます。 ココスプレートは、本土部分が落下するのを可能にするいくつかの地点で粉砕しますが、★中米のさらに南を粉砕しなければなりません。

その間に、地峡自体は、2つの異なった方向に引っ張られて、トラウマは既に2月19日に列車の脱線によって表示されました。
破裂がニューマドリッドの町に到着する前に本土部分と南東部分の間で起こるダンスは、★実際あるよりもいっそう荒々しいでしょう。 このダンスは、南東部分全体をとおして反響するでしょうが、破裂の進路は、メキシコ湾からミシシッピ川を遡ってくるでしょう。
この進路を監視することは、★進行とタイミングに関して最良の手掛かりを提供するでしょう。

この落下していく本土部分は、単一体としてではなく、★段階的に落下します。
★より低い地点が南西へ滑動するので、本土部分のいっそう高い地点が滑動して落下するための余地を作ります。 これは、二重の列車脱線事故がアリゾナ州フェニックスとテキサス州ダラス―両方ともが★ミシシッピ空湾状地帯に側面を接する―で起こった2月22日に見ることができます。
★本土部分は落下していっています。


★デニソンで列車が脱線した後に負傷者はいません
2022年2月22日

https://www.kxii.com/2022/02/23/no-injuries-after-train-derails-denison/
ダラスのガーランド・ノースイースタン鉄道の作業員達は、デニソンのウエストモートン道路近くで列車脱線事故を清掃するために、まだ働いています。 何が断線を引き起こしたのかまだはっきりせず、★負傷者は報告されていません。
★定期列車がアリゾナ州で断線する; 貨物には流出した溶剤が含まれます
2022年2月21日

https://www.fox10phoenix.com/news/chemical-leak-contained
★脱線事故は、高速道路87号線の東のストーリー道路で起こりました。 脱線の原因は、調査中です。

ゼータトーク コメント 2/22/2022:  ★ココスプレートの境界の複数の圧力地点と、米国の中央部南部の2件の列車脱線事故との間の関連は、何ですか?
テワンテペク地峡で分離している(北米)南東部分と本土部分とともに、それらは、★両方ともが独立して活動することができます。
本土部分は、南西へのその活動を継続し、したがって今、★ラベラ小プレートがココスプレートへの結びつきを粉砕しており、★アルバトロス台地に沿って地震をさらに連打しています。 ココスプレートは、グアテマラ海盆で粉砕し、この亀裂は、今、中米に対して押しているココスプレートとともに、★まだ継続しています。

★分離は、メキシコ湾を通って走り、ミシシッピ川に沿ってニューオーリンズを通過して北上すると予測されます。
★ミシシッピ川に掛かる橋の継続的な亀裂とともに、ミシシッピ川湾状地域に沿って沈下する土地は、予測されています。
フェニックスとダラスでの2件の突然の説明されない列車脱線事故は、★湾状地帯の横です。 ★圧力は、ミシシッピ川の下を走る断層線に沿ってまだ存在しないが、上昇しています。
★洪水のために湾状地域を、そして閉鎖のためにそこの橋を見守ることは、ニューマドリッド断層線の分離の進行の手掛かりとなるでしょう。

すべての目がメキシコ湾とメキシコの先端に注がれている間に、★本土部分の先端部分もまたストレス下にあります。
★北米プレートは、日本から北極圏を通ってアイスランドまで、そこから米大陸とヨーロッパの間のアゾレス諸島までずっと南下して、ユーラシアプレートとの長くまっすぐな境界があります。
これは、★最後のニューマドリッド破裂が起こる時にアゾレス諸島で引っ張り離されるでしょう。
しかしその間に、★“綱引き”は明白です。 シベリアのティスキでのヘリプロットは、この牽引から通常黒いですが、★2月21日にプレート境界を越えたところでグリーンランドに緊張を手渡しました。

ゼータトーク コメント 2/21/2022:
ココスプレートが粉砕されて、ココスプレートによって妨げられることなく、北米大陸の本土部分が南と西へ転移するのを可能にされて以来、★速度は加速しています。
ナンシーがブイをとおして予測した2月19日の粉砕の1日以内に、北米プレートの先端で反応があります。 2月20日に、★グリーンランドへと移動しているシベリアのティスキでの強力なわずかな波形の乱れを示す、もう1つの手掛かりが、ヘリオプロッツ(訳注: USGSの地震データの監視報告研究プログラム)をとおして提示されていっています。
本土が引っ張り下ろされていた間に、数ヶ月間、★ティスキはヘリオプロッツ(の地震計表)が黒くなってましたが、今、牽引がグリーンランドを移動する間に通常のヘリオプロッツがあります。

ニューマドリッドの町での急激な揺れが起こったときに3重プレートのアゾレスの接合点の引き裂けが“ほぼ即座に”起こり、★大ニューマドリッド断層線の破裂が始まったと信号を発するだろうと、私達は終始一貫して予測していました。
南東部分がプレートの境界―カリブ海プレートとアフリカプレートと南米プレート―で南東にしがみつきます。
しかし★(北米)本土部分とヨーロッパ・プレートの間の長い境界については如何でしょうか?
これは、極東から北極圏を通ってグリーンランドまで、そこからカナダとヨーロッパの間を通って南下して(北米)本土部分を囲みます。

★北極圏を通る北米プレートの境界は、表面が平らな北米大陸が回転することができないので硬直した姿勢を保持します。
ニューマドリッドの破裂は、メキシコ湾から発生するかもしれず、そこから断層線に沿って南東部分の外郭を辿って大西洋を横切ってアゾレス諸島の3重接合点へと続きますが、筋書きは、★アゾレス諸島が1役演じるような状態で書かれています。
南東部分とその付着はしっかりと保持していますが、北大西洋は、★中部大西洋断層に沿ってすでに破裂しています。 ★ティスキからグリーンランドへの牽引の転換はその道を準備しています。

実際に、ニューマドリッド調整の間の★アゾレス諸島での断裂は、長い間、ゼータ達によって予測されています。

ゼータトーク 予測 2007:
もちろん大西洋断層北部は、3つのプレートが接触してそれらの内のどの一つの動きも断層を不安定にする★アゾレス諸島でもっとも脆弱です。
アフリカプレートは、東へ回転して落下するために引っ張っており、ヨーロッパの津波が起こる前にそうなります。 これは、アゾレス諸島とその北のユーラシアプレートからの北米プレートの分離をいわゆる★受けやすくします。

ゼータトーク 予測 2010:
その影響でヨーロッパの津波を含むニューマドリッドにとり、結果として起こり、★ほぼ即座に大西洋を引き裂く1つの大きな急激な揺れがあるでしょう。

2月24日にテキサス州キングスビルのヘリプロットが黒く変わって、注意がメキシコ湾に戻りました。 ★引退した地質学者ジャック・M・リード氏は、2006年に公開した答えがありました。
メキシコ湾は、メキシコ湾の波の下の北米の本土部分に小プレートがあります。 地峡で始まったニューマドリッド断層線の断裂が波の下で北へ移動する際に、★この小プレートは、キングスビルでの反応とともに、ぶつかるようになりました。 ★断裂は北向きです。

★テキサス州東部辺りで聞こえた不可解なとどろき音の背後に何があるのでしょうか?
2022年1月5日

https://www.ketk.com/news/local-news/whats-behind-the-mysterious
家屋の揺れと大きな爆発音は、テキサス州東部の数か所の町の人々がこの先週に体験したと言っている事です。
今、テキサス州東部の人々は、誰が、そして何が非難されているのかを知りたいのです。 ★過度の騒音と揺れを引き起こしている物について何も決定的ではありません。
★5.2の地震はメキシコ湾のど真ん中です。
2006年2月10日

http://culturelifesciencenews.blogspot.com/2006/02/52-earthquake-dead
★引退した地質学者ジャック・M・リード氏は、この地点で隠された地質構造プレートの区分がなければならず、そしてそれが地質学的活動だけでなく、★ニューマドリッド地震の引き金となることに責任があると理論づけました。

ゼータトーク コメント 2/24/2022:
★何故、テキサス州キングスビルは、USGSヘリオプロッツで突然に黒くなったのでしょうか?
説明されないとどろき音の報告が最近の1月5日にそこで起こっているけれども、表面上、★断層線またはプレート境界でではありません。
重要であることは、★北米大陸の本土部分と南東部分が分離の進行中であるために、★メキシコ湾のあまり活動的ではない小プレートですが、現在大きな圧力下にあります。
地峡は、分離しており、今、この分離は、★メキシコ湾を通って移動しています。 ★ニューオーリンズが次に分離するでしょう。

★タスマニアの稲妻

南極大陸の氷の一部が抜け落ちる時を除いて、ニュースでは稀な地球温暖化についてのお喋りを生じているけれども、世界中の他のプレートのような南極大陸は、★レベル10の内のレベル7のプレート移動に実際に加わります。
最終的に、ポールシフトの時機に、南極プレートは、★大西洋に飛び出るように押されて、南米と南アフリカの先端の間の海床から新大陸を形成するでしょう。 この圧力は、着実で、ときおり明白になります。
★南米の先端での地震とタスマニアでの稲妻の間に関連がありました。

パラ・カス‐ヴェッター: ★過去24時間以内で35,819回の稲光がオーストラリアに落下する。
2022年2月22日

https://operationdisclosureofficial.com/2022/02/22/para-kas-vetter
★オーストラリアでは過去24時間以内で35,819回以上の落雷があり、その数は増加しています!

ゼータトーク 説明 2/28/2022:
私達は、レベル10の内のレベル7のプレート移動の間に、南極プレートの進路を、南米とアフリカの先端の間に出現している際に★太平洋の圧縮によって押し下げられていると描写してました。
やがてこの過程は、★南大西洋に新大陸を生じます。 この圧力と過程が2月22日に進行中であったのは明白です。
USGSからの地震データは、★スコティア・プレートと磁南が乗るタスマニアの南でもこれが実例であることを示します。

重大なプレート移動は、地震光が立証するように、★プレート内の磁子の移動を含みます。 そして一般的に知られているように、稲光は、★大気圏から地面へと電弧を描く磁子の流れです。
数個の要因―★南極プレートの両側での地震と、タスマニアの真南の地球の磁南での地震の吸い込み―と組み合わさって、★ニビルの帯電した尾が2月22日にオーストラリアでのダンスに加わったことは、驚くべきことではありません。

★M6.0がアルゼンチンを襲う前にM6.3の地震が南極大陸を襲う
2022年2月22日

https://strangesounds.org/2022/02/m6-3-earthquake-hits-antarctica
★過去8時間以内に、2つの強力な地震が世界中の地面をガタつかせました: ★南極大陸のバレニー諸島地域での滅多に無いM6.3の地震が。★ほんの数時間後に、結果としてアルゼンチンのジュジュリー省でのM6.0の振動へと続きました。