カテゴリー
未分類

805: 死に際の生涯の想起

The ZetaTalk Newsletter
2022年3月6日 日曜日 ★805号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
死に際の“生涯の想起”

死に際から戻ってきた人々によって、“生涯の想起”として知られる彼等の★生涯がぱっと浮かんだと、長い間報告されてきています。 この事実は、発作のために年取った男性の脳を監視していた医師達により、今、記録されました。
彼は、突然の心臓発作があり、彼の★最後の瞬間がEEG(脳波計)スキャンによって捉えられました。 死んでいった彼の脳の最後の部分は、★長期記憶を生じている部分でした。

死んでいく脳の世界で最初の精査が★最後の瞬間を明らかにする
2022年2月22日

https://www.rt.com/news/550251-first-scan-dying-brain-revealed/
これまでで初めて、科学者達は、★死んでいく人間の脳の活動を記録して、夢を見たり、記憶の想起や瞑想の間に見られるのと同じパターンを示したことを発見しました。
老化神経科学のフロンティア誌に発表された発見は、突然に心臓発作があって亡くなったときに、発作を探知し、患者を治療するために、★脳波記録(EEG)器に接続されていた87歳の患者の滑動の記録を示しました。 ★患者の死の時間頃に計測された脳の活動の900秒は、“生涯の想起”に類似していると描写されました。 臨死体験辺りに起こったものになぞらえられている体験。
フロンティア誌は分析を格付けします: ★人間の神経科学
2017年6月28日

https://blog.frontiersin.org/2017/06/28/quality-impact-journal-analysis
概要で、人間の神経科学のフロンティア達: 心理学で第1に最も引用される雑誌であり、神経科学で4,864件の引用ととともに8番目に引用されています。 心理学の範疇でジャーナル・インパクト・ファクターズの78パーセンタイルで、神経科学で58パーセンタイルに格付けします。
★生涯の再現: 私達が死ぬときに私達の脳に何が起こるのですか?
2022年2月22日

https://blog.frontiersin.org/2022/02/22/what-happens-in-our-brain
数秒の間にあなた方の全生涯を再現することを想像してください。 電の閃光のように、あなた方は、あなた方の肉体の外側に居て、★あなた方が生きてきた忘れられない瞬間を見守っています。
‘生涯の想起’として知られるこの過程は、★臨死体験を体験するのと似たような体験です。 これらの体験の間と死後にあなた方の脳の内側で起こる事は、数世紀間、神経科学者達を戸惑わせる疑問です。
とは言え、老化神経科学のフロンティア誌に公表された新たな研究は、あなた方の脳が、★死への移行の間や後でさえも活動的で協調性のあるままであり、試練全体を入念に組み立てるようにプログラムされているのかもしれません。

ゼータトーク 説明 2/28/2022:
死に際して魂が経験する事―転生の間に彼等が知った魂達によって光のトンネルに迎えられて、誕生の教導霊達によって批評の場へと案内されている―に私達は取り組みます。
★しかし死の瞬間に人間の脳は、何を体験しているのでしょうか?
死の瞬間に人の前で人の生涯がぱっと現れて消えるという共通の報告があり、そして★これは真実です。 人間の脳は、多くの機能を同時に支えますが、★死の間に脳の多くの部分は他の部分が支えられ続ける一方で血液と酸素を欠きます。
知られているように、★短期記憶と長期記憶は脳の別々の機能であるので、短期間の記憶は、★睡眠の間に長期間の記憶へ統合されなければなりません。 ★長期記憶は、脳が死ぬ最後の部分の1つであり、したがって“生涯の想起”が報告されました。

実際に、ゼータ達は、これが、生き続けて、死なない旅であるので、★死の瞬間の魂の旅に焦点を当てました。

ゼータトーク 解説 1996:
人間達は、★臨死体験―長いトンネルとその先の明るい白色光があり、自分達に近い、今、亡くなっている人々が待っているか、待ち受けている―の報告から、★死ぬ時に自分達を待っている面接に気づいています。
死の瞬間が医師達を混乱させているのなら、それは、霊的領域ではそれほど明らかではありません。 霊が肉体を去る時の問題の範囲を超えて、どのようにして実体が過去の生涯を解決し、転生へと進行する際に掲げられた様々な課題の進行の裁きをおこなって、彼等が結果として欲求するかもしれない活動の将来の進路決定するかについての霊的問題―★批評の時―があります。

ゼータトーク 解説 1996:
霊的案内者達が幽体離脱した実体をその肉体に戻すよう強制し、★誕生の使者達が死体または死に掛けている肉体を去る実体達を集めると、私達は言及しています。
★これは、肉体的束縛無しに、どのようにおこなわれるのでしょうか?
霊達が壁を通過して自由に移動することができるのなら、彼等は、★彼等を見守っている実体達から単にひらひら飛んでいくだけではなかったのでしょうか?
★これらの状況で秩序は、私達が意志の力としてもっともよく描写する物で維持されます。