カテゴリー
未分類

806: “(地球の)闇の双子”の巨大さ

The ZetaTalk Newsletter
2022年3月13日 日曜日 ★806号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★“闇の双子”の巨大さ

夕暮れの空に最初に目撃された2004年以来、地球の“闇の双子”について、私達は報告しています。
それは、この黒い岩の大きな塊によって反射された色であるとゼータ達が説明する、★青と黄色の球体として見えました。 まさに★太陽の背後から回ってやってきて、地球へ陽光を反射し戻していたところであった当時、夜空に割と見えました。
その時以来、★地球と共有する公転軌道で地球に追いついて、定期的に西に見られて、いっそう大きくなってぼんやりと現れてきています。


★ニューヨーク州ニューヨーク市
それが金星がこれまで出現したよりも少なくとも3倍大きかったのを知っています。 おそらくもっと。
それが建物の灯りだと思っていたので、★明白に通常の星よりも大きかったのでした。 そして色もです! ★その黄色は、燃え立つような黄色でした! ★それから2分後に―青です!
ニューヨーク市のために並べた地図は、金星が当時見えなかったのを知っています。 それが金星ではなかったのを私は知っていますが、それだけです。
何故?
えぇと、1つは、火星と他の天体が金星のすぐ隣にあり、私が見た物体は、それ自体がそこにぶら下がっているような状態でした。 私は、ニューヨーク市(西側)で西の方へ歩いていました。 ニューヨーク市は、真の方向性に関しては歪んでいます。 実際の方向(太陽が沈む場所を使うことによって)に従って進むと、私は北西に歩いていました。
★ミシガン州デトロイト
私は、デトロイト郊外に住んでいます。 私は、午後11:00頃に空にそれを見ました。 それは、★とても巨大で、飛行機がやって来ているのかもしれないと思いました。
★オーストラリアのシドニー
私は、それを、毎日かすかに北西の西に見ます。 太陽が沈む際に極端に明るく、それからシリウスの輝度まで等級を減少し、★実際に黄色から青へと色を変化し、それからおよそ午後9時くらいまでに地平線の下方へと消えます。
★オランダ
オランダでそれは、今、かなりの間見えました。
最初に、それはまさに金星だと思いましたが、★数週間にわたって輝度を増大したという感じがします。 また色が白からさらに黄色に変わっていると、私は信じます。
昨夜、01:00頃に外に出ており、それはまだ見えており、★金星がそれほど遅くまで見えると信じません。 西北西にこれを、そして西南西にオリオン座からの2個の最も明るい星々を見ることができるだけだったように軽い靄がありました。
★カリフォルニア州サンフランシスコ
最初の夜に、私の(現地)時間で9:30から10:30頃からそれを見ました。
地図を見ると、それ、またはどの他の見える星々の近くにも火星が見えず、それだけだったように見えました。
11:00にふたたび出かけて、消えたばかりで、夜は、快晴であり、私がそれを見たそれ以前の時間に、それは、消えるほど地平線上の充分低い位置ではありませんでした。 私が調べた次の夜に、★私が以前に気づいたどの星などよりもさらに大きく、いっそう明るかったです。
★インディアナ州
私はインディアナ州中央部に居り、犬を散歩に連れ出し、西方の空に★巨大な黄色の惑星/星を見ました。 私が最初にそれを見つけてから10分以上の間、巨大な黄色で、空の低い位置に留まりませんでした。
★アリゾナ州フェニックス
私は、今、1週間以上、ここアリゾナ州フェニックスでそれを見ています。 それは非常に明白です。 私の(現地)時間で午後10:00頃に西方の空の真西です。 地平線上で、非常に明るく、★黄色味を帯びて、いっそう大きいです。

ゼータトーク 説明 4/19/2004:
黒い色について、それを暗く、見えないようにする物は如何でしょうか?
★光をほぼ完全に吸収して、少しも反射しません。 そして水も無く、大気圏も無く、植生の色素もない死の星として、これを変える物は、★“闇の双子”には何もありません。
何故、“(地球の)闇の双子”は、★色と大きさが小さな青い星へと前後に変化する大きな黄色の惑星として、短期間、地平線上に現れるのでしょうか?
これらは、“双子”によって最も吸収されない色であり、したがってもっとも反射されます。

2017年までに、その実際の大きさよりも大きな“モンスター・ペルソナ”として見え始めました。
“モンスター”は、光線が地球の重力に捕らえられて、★光線を放射する物体よりも大きい外郭を示すように屈折して戻る場所に出現します。 これらのモンスターは、この問題についてポールシフトニングのブログによると、★北極圏での画像にたびたび捉えられます。 ★2022年までに“闇の双子”がいっそう近くのぼんやりと現れてくるので、モンスターは、いっそう大きいです。
それは、肉眼で見えるのでしょうか?
ウクライナ/ロシアの国境からの報告によると、それは★実際に肉眼で見えます。


こんにちは、ナンシー!
私は、今、軍事事件が起こっているウクライナ東部出身です。
私は、★2022年3月3日23:00頃にクラマトルスクで撮影されたビデオを、あなたに送ります。
これは、異なった家から人々によって見られましたが、適切な説明はありません。 私は、カメラのどちら側を指しているのか答えることができませんが、真ん丸が撮影されなかったので、おそらく二重ではなく、この光る物体の無秩序な動きであり、そして一度それは、沈みさえし、おそらく地面に横たわりさえしました。 それから彼は立ち上がり、鋭く横に飛んで、それから消えました。 もう一人の目撃者は、ニシンの骨型の物体の出て行く光の信号を指しました。

ゼータトーク コメント 3/04/2022:
“闇の双子”は、最初に画像に捉えられて、2004年に晩の空に見えて以来、予想されたように、いっそう見えるようになっています。 最も重要なことは、大きさの増加であり、★いっそう近くへ引っ張られていることを示しています。
権力体制は、まさにニビルを無視するように、ぼうっと見えるこの巨人を無視し続けるでしょう。
これら2枚の新しい2022年の捕撮画像は、特徴のある★“闇の双子”のモンスター・ペルソナを見せます。
★ウクライナにとり、“闇の双子”が西で地平線の背後に消えていく際に画像は、歪められ、部分的に幕の背後に隠れます。