カテゴリー
未分類

806: ウクライナの紛争

The ZetaTalk Newsletter
2022年3月13日 日曜日 ★806号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★ウクライナ紛争

ロシアは、2月24日に攻撃を侵攻して、★ウクライナの自由の闘士達への軍事援助を提供しています。
これらの活動に置かれる独特の解釈は、西側メディアに耳を傾けるか、事実を調査しているかどうかによって変化します。
ロシアによると、彼等は、★西側の陰謀団がウクライナを占拠した2014年におこなわれたクーデターを正常な状態に戻すのを助けています。 ウクライナは、★ロシア人達によって居住されたロシア国家であり、ベン・フルフォードによると、これは★合法的警察活動です。
多大な損害がウクライナで生じており、★ロシアは常に不当に非難されます。

★善玉同盟は人類が解放されている際に攻撃を開始します。
2022年3月3日

https://beforeitsnews.com/prophecy/2022/03/new-benjamin-fulford
2014年に国連事務総長バン・キ‐ムーンは、12/25/1991以来、★ウクライナがその国境を登録していないと言いました。
★国連がウクライナの国境を主権国家として登録しておらず、ロシアがUSSR(ソ連)の合法的な後継者であり(これは、旧ソ連と外国の国々との間の資産論争に関して国際裁判所の決定によって確認されています)、★ウクライナ、ベラルーシおよびのヴォロシアが所在する土地は、ロシアに属します。
換言すれば、いわゆるウクライナ侵攻は、★ロシアの国境内でおこなわれている警察活動です。

★ロシアはキエフ外部の空港を占領したと言っています。
2022年2月25日

https://www.rt.com/russia/550616-russia-captures-kiev-airfield/
★ロシア軍は、自国軍隊がウクライナの首都キエフ近くのホストメル離着陸場を“首尾よく”占領したと宣言しました。
ロシアは、動きがウクライナ軍に対して2つのドンバス共和国の人々を保護するための動きが必要であったと説得して、ウクライナに対する攻撃を開始しました。 ロシア国防相は、200機以上のヘリコプターを使って、その軍隊が同じ日に離着陸場を押収したと言いました。
★パニックになったウクライナ人達とロシア人達はATMに殺到する
2022年2月25日

https://www.rt.com/business/550600-panicked-ukrainians
ウクライナ人の市民達は、ロシアとの軍事紛争が激化するにつれて、自分達の金銭を引き出そうとする試みで、国のATMに多数が押し寄せました。 ロシア人達もまた、銀行で列を作っています。
★国の首都キエフと他の主要都市で撮影された画像は、中央銀行であるNBUが1日当たり100,000ウクライナ・フリヴニャ(約3,353ドル)の一時的現金引き出し制限を制定した後に、ATMで長い列を形成していることを見せました。
★ロシア軍はウクライナを攻撃する: どのようにして私達はそこに辿りついたのか
2022年2月24日

https://www.rt.com/russia/550493-ukraine-donbass
ロシアは、ドネツクとルガンスクの2つの離脱共和国の独立を承認した後に、ウクライナの軍事的攻撃目標を攻撃し始めました。
★モスクワは、キエフの攻勢からドンバスの人々を守っていると主張しています。 段階的拡大は、何年にもわたる不首尾に終わった交渉、破られた停戦合意、そしてキエフの政府を転覆した2014年のクーデターに繋がるロシアと西側の間の膠着状態に続きます。
★DPR(ドネツク人民共和国)とLPR(ルガンスク人民共和国)の指導者達は、クレムリンに、2つの共和国を独立国家として承認するように懇願しました。
★ロシア国防相は、短い声明の中で、自国軍の所在位置を詳細に述べることなく、ウクライナ軍の標的に対して“精密攻撃”を実施していると言いました。
キエフは、戒厳令を宣言し、その民間定期航空便の空域を閉鎖しています。
モスクワは、その軍事作戦を開始する鍵となる理由として、以前に★NATOの東方拡大とウクライナの潜在的な加盟資格を引用しました。

ゼータトーク コメント 2/24/2022:
 西側は、証拠が示している事柄にも拘わらず、伝統的に★彼等(西側)自身の野心と犯罪のためにロシアを非難しています。
★2014年のMH17便の撃墜事件(明らかにキエフからのジェット戦闘機によっておこなわれた)から2018年の英国でのスクリパルの中毒事件(明らかに英国によっておこなわれた)まで、西側は、事実を無視することを選択しています。
★ウクライナとクリミアの国民投票は、ウクライナ東部の人々が自分達自身をロシア人であると考えていることを示します。 したがってロシアは、★それゆえに西側が支配しようとしたクリミアの(ロシアによる)支配権取得を正当化され、そして★ロシアは、ドネツクとルガリンスクの人々を、彼等の要請を順守して、助力することを正当化されます。

  ★何故、これらの措置が今取られているのでしょうか?
私達が繰り返し説明しているように、ロシアは、ニューマドリッド破裂がヨーロッパへの津波を引き起こした後に、★ロシア領内への侵攻を予想しています。
ヨーロッパ連合は、★自国の人々に住居を提供して避難所を与える準備をしていません。 実の所、ヨーロッパのエリート達がCovidの封鎖をとおして、★自国の市民達の大部分を単に溺れさせるのを確実にするための措置をとっています。
ヨーロッパのエリート達は、★NATOが米国からの援助を得るようにウクライナを巡ってロシアとの戦争を始めようとしており、そして★それによって国境を越えてすぐのロシア国内の石油とガスの豊かな土地へ押しいることができます。
★英国軍とNATO軍からウクライナ侵攻を予想して、ロシアは、積極的な措置をとっています。

ウクライナの損害は、資金洗浄を含みますが、ベン・フルフォードによると、さらに多くの事がありました。
★ウクライナが古代ハザール帝国がその始まりをおこなった場所に所在するので、小児の生け贄と拷問の慣行は、ハザール人暴徒の支配下のこの国を、非常に怪しいものにします。
★★プーチンは、それを一掃していっています。

★そこで米国が運営した生物研究所で害があったのでしょうか?
ゼータ達によると、これらの研究所は、★可能性のある病原体に曝された血液サンプルの内容を報告していただけです。

★米国大使館はウェブサイトから彼等のウクライナ生物兵器研究所の文書すべてを削除したところでした
2022年2月27日

https://strangesounds.org/2022/02/us-embassy-just-removed
これらの研究所は、ファウチのエコヘルス・アライアンスによって共同運営されており、現在、ロシアの軍事作戦全体が非公式にこれらの研究所を保護および/または破壊して、証拠を収集するという噂があります。
米国は、★ウクライナに8か所生物兵器(軍事)研究所があります。 それらは、中国またはロシアによってではなく、米国によってのみ運営されています。
★何故、あなた方は、これらの内のどれも、ジョー、カマラ、ポサキまたは政権内の誰かによって言及されていないと思いますか?
それらの内のすべてがウクライナによって雇われた子供達がいます。 うーん。
★ウクライナの国防総省生物学研究所は地元の兵士達に生物学的実験を実施していたことを暴露されました
2022年2月28日

https://newspunch.com/pentagon-biolab-in-ukraine-exposed
漏洩された内部文書は、国防総省がウクライナで極秘の生物学研究所を運営しており、ウクライナの兵士達に生物学的実験を実施していることを証明することを明るみに出して、死傷者達に対して合法的補償を満たします。
国防総省は、★暗号名GG-21と暗号名を付けられた最長3年までの可能性のある延長とともに5年計画を開始しています: “ジョージア州の軍職員の間での節足動物媒介および人獣共通伝染病感染”。
プロジェクトの解説によると、血液サンプルは、ゴリに所在するジョージア軍事病院での軍の登録身体検査のときに1,000人の補充兵から獲得されます。 サンプルは、14個の病原体に対する抗体のために検査されます。 血液検査の結果は、研究の参加者達に提供されません。 そのような処置は、死を引き起こす可能性はありません。

ゼータトーク コメント 3/02/2022
 ロシアに友好的な大統領ポロシェンコが★西側の操り人形―ゼレンスキー―によって置き換えられたウクライナでの2014年のクーデターには、多くの動機がありました。
ロシアは、資金洗浄または悪魔主義の慣習に関して知られていませんが、ヨーロッパと米国の陰謀団は、これらの慣習が制限ない状態を欲するので、★MH17便の撃墜事件の間にロシアを完敗させるために手配されました。 ロシアは、その領土のためにクリミアを確保しましたが、★ロシアへのウクライナ難民達を受け入れる範囲を超えて、2014年のクーデターに対して動くことも、ロシアに対してNATOを雇う試みに応じませんでした。

 何が変化したのでしょうか?
ニューマドリッド破裂は、今か今かと予想されており、★これが起こる時にヨーロッパは弱体化されるでしょう。
★ヨーロッパは、起こっていることについて自国民達に知らせておらず、難民キャンプも手配していません。 したがってぎょっとした市民達は、あらゆる方向へ逃げ、混沌の間に、★ロシア領土内への国境に殺到しようと試みるでしょう。
ヨーロッパが、長い間、ロシアの油田とガス田を渇望している点で、ロシアもまた彼等の土地への侵攻の試みを予想して、★ウクライナに緩衝地帯を生じるために事前に動いています。

  何故、米国は突然に彼等の生物研究所の証拠をウクライナから取り除いているのでしょうか?
これらの研究所は、地元の兵士達も市民達も感染させていませんが、★病原体への曝露の証拠を与える免疫反応のために彼等の血液を調べていました。 ★このタイプの生物研究所の文書は、ロシアに友好的な手よりもむしろ、米国に友好的な手に保持されるのを米国が好む同盟国やソーシャルネットワークを明らかにすることができます。
これらの噂にはそれ以上の事は何もありません。
★ウクライナ独立のためのロシア支援の結果は、陰謀団の悪影響が少なくなり、地域の安定性が高まるでしょう。