カテゴリー
未分類

Q&A: Tu‐141無人機

2022年3月10日に、クロアチアで非常に奇妙な事が起こりました。
ソビエト時代の軍の無人機がクロアチアの首都ザグレブ市に墜落しました。 伝えられるところでは、無人機は、★ウクライナからおよそ100キロメートルの距離から来てルーマニアの部分とハンガリーの領土全体上空を飛行して、誰もそれに気づきも、反応もしませんでした。 無人機は、むしろ大きく★6トン以上です。
ゼータ達は、この事件について明らかにしてくれますか?
それは、ある種の偽旗作戦か、警告か、または単なる事故だったのですか?
★無人機が人口密集地域に落下して、誰も殺されておらず、負傷してさえいないことも奇妙です。
多分、私達の異星人の友人達が介入したのですか?

[別の質問者から]
★おそらくウクライナから飛んできた軍の無人機がクロアチアに墜落する。 2022年3月11日。
https://www.aljazeera.com/news/2022/3/11/military-drone-likely-flying-from-ukraine-crashes-in-croatia
外見上、ウクライナの戦争地帯からずっと飛んできたように見える無人機は、クロアチア政府当局によると、クロアチアの首都ザグレブ郊外に墜落して、大きな音の爆発の引き金を引きましたが、★負傷者を生じませんでした。 “操縦士のいない軍用機”は、★時速700キロメートルの速度で1,300メートル(4,300フィート)の高度で隣国のハンガリーからクロアチア空域に進入しました。

[さらに別の質問者から]
★ロシア製軍用無人機がクロアチアの首都に墜落する。 2022年3月11日。
https://www.euractiv.com/section/defence-and-security/news/military-drone-crashes-in-croatian-capital/
金曜日に地元のメディアは、装置がウクライナによって使用された★ソビエト時代のTu-141偵察無人機であったのかもしれないと、軍事航空専門家達を引用しました。
とは言え、ウクライナ国防相顧問マルキヤン・ルブキフスキーは、ザグレブに落下した航空機がウクライナの物ではないと、EURACTIVのメディアのパートナーのジュターンジのリストに語りました。 加えて、クロアチアの空域にハンガリーから進入したと信じられています。
「この瞬間に、正確にロシア軍かウクライナ軍によって所有されていたのかどうか、私は知りません」
無人機は、ハンガリーからクロアチア空域へ侵入しました。 それ以前に、無人機は、ルーマニアからハンガリーに進入しました。 これらすべての国々は、NATOのメンバーです。

[さらに別の質問者から]
★ウクライナの戦争からのミサイル状無人機Tu‐141“ストリッツ”はクロアチアに墜落したように見えます。 2022年3月10日。
https://www.thedrive.com/the-war-zone/44697/ukrainian-tu-141-strizh-missile-like-drone-appears-to-have-crashed-in-croatia
クロアチアの首都にぶつかった不可解な航空機は、★ウクライナだけが操作するソビエト時代のジェット推進無人機であるように見えます。

[さらに別の質問者から]
特別作戦の核心?
新情報関連文書は、★予定されたキエフ攻撃と大量虐殺からロシアがドンバスを守ったことを示します。 2022年3月9日。
https://strangesounds.org/2022/03/root-of-special-operation-new-intel-documents-show-that-russia-protected-donbass-from-a-planned-kiev-attack-and-genocide.html
ロシア国防省は、★3月にドンバスでの攻撃作戦についてのキエフ当局による準備を確認する公的文書を作成しています。
「特別軍事作戦の進行中に、ウクライナ親衛隊の機密の命令文書は、ロシア軍の所有になりました。 これらの文書は、3月22日に予定されたドンバスでの攻撃作戦についての、キエフの政権による隠密の準備を確認します。」
代表者は、国防省がドンバスでの攻撃を準備するために計画を詳細に描写する、2022年1月22日の日付のある、★ウクライナ国家親衛隊の司令官上級ミコラ・バランの命令を所有していたと特定しました。


これは、★ロシアを罠に嵌めようとして失敗した試みでした。
NATOは、ヨーロッパのエリート達にロシアの油田とガス田の征服を与える、★ロシアとの戦争に米国を誘惑したくてたまりません。 ★米国が抵抗しているので、NATOは、ロシアの侵略の証拠となることを希望したものを設定しました。
彼等が確保できた唯一のロシアの無人機―ずいぶん前にウクライナに売られた物―を使って、彼等は、★この無人機をNATOの国に向かって打ち上げるよう設定しました。 ★計画は、無人機を素早く上下させて、無傷に路地に着陸させることでした。

★計画は、躓き、無人機は、遠く離れた隣り合ったNATO諸国に突入しました。
最終的に、無人機は、誤った方向へ行って、燃料が尽きるまで移動しました。 距離があまりにも遠く、確実にロシアから移動しなかったので、ウクライナから移動することができませんでした。
攻撃がロシアからではなくNATOから来たという証拠として、ロシアは、ロシアに侵攻する計画を示す、★ダンバスで確保された一組の文書を提示しました。 したがってロシアの“侵攻”は、★ロシア領内へのこの侵攻を阻止することでした。