カテゴリー
未分類

Q&A: 米最高裁判所裁判官トーマスの毒殺

これは、真実ですか?
[別の質問者から]
編集者への手紙。 2022年3月22日。
https://benjaminfulford.net/2022/03/22/letters-to-the-editor-8/
最高裁判所裁判官クラレンス・トーマスは、CIA情報源によると、既にあの世へ旅立っています。 彼は、★KM(マルタの鷹)悪魔主義陰謀団によって連れ出されました。 彼等は、今、隠蔽物語を提供しようとしています。
どれほど長く彼等がそれについて沈黙しているのかを見ましょう。

[さらに別の質問者から]
★SCJ(最高裁判所裁判官)クラレンス・トーマスは毒殺されました! 2022年3月26日。
https://realrawnews.com/2022/03/scj-clarence-thomas-poisoned/
★最高裁判所裁判官クラレンス・トーマスが、医師達によってウイルス感染と診断された後にワシントンDCのシブリー病院に入院したという話は、大部分間違っていると、私達の国の終身在職の保守的な裁判官が★致死量に近いタリウムの投与量を接種したと主張する高位の“善玉”軍情報源は言いました。
可溶性タリウム塩(その多くがほとんど無味です)は、毒性が高く、それらは歴史的に殺鼠剤や殺虫剤に使用されました。
★善玉の医師達の介護下で、SCJトーマスは、タリウムを消化管をとおして洗い流す薬物療法であるプルシャン・ブルーの治療を受けました。 彼は回復することができました。

[さらに別の質問者から]
★最高裁判所裁判官クラレンス・トーマスは入院しました。 2022年3月20日。
https://www.theepochtimes.com/supreme-court-justice-clarence-thomas-hospitalized_4350249.html
広報担当者は、★感染がCovid関連ではないと言っています。

[さらに別の質問者から]
★最高裁判所は裁判官クラレンス・トーマスの入院について沈黙しています。 2022年3月24日。
https://www.cnbc.com/2022/03/24/supreme-court-silent-on-justice-clarence-thomas-hospitalization.html
最高裁判所は、73歳の裁判官クラレンス・トーマスの健康についての情報を尋ねられたときに応答しませんでした。 トーマスが、インフルエンザのような症状を体験した後、金曜日に入院していたワシントンDC のシブリー記念病院でまだ★回復しているのかどうか不明でした。

裁判官トーマスは、殺鼠剤に使用される成分であるほ★致命的なタリウムで実際に毒殺されました。 彼の妻が彼等の夕食後に症状を示さなかったので、★レストランで誰かが彼に毒をこっそりと盛ったようです。
これらのタイプの暗殺の試みは、通常受け渡しをとおしておこなわれており、★彼に料理を給仕したか調理した人物が気づかなかったことを意味します。
彼の味覚は知られており、彼の予想されるメニューの選択も予想され。 ★毒物が加味された成分は既に配達されて待たれていました。

裁判官トーマスは、現時点で、★多くの有罪の悪魔主義者達とディープステート陰謀団のメンバー達が逃走中であり、暴露されて、もちろん処刑されるのを恐れているために標的にされました。 それは、最高裁判所で扱われる裁判の訴訟事件が彼等に対して結審されることよりも、聴講される訴訟事件の選択が有罪の当事者達を除外することです。
有罪判決は、最高裁判所の公聴会か決裁を欲せず、そしてトーマスは、★真実と真の正義の側に重きを置くでしょう。
★この毒殺についての真実は、明らかにされるのでしょうか?
ありそうもないですが、★退職が切迫しているのがいっそうありそうです。