カテゴリー
未分類

809: 中国MU5735便

The ZetaTalk Newsletter
2022年4月3日 日曜日 ★809号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★中国MU5735便

3月21日に中国東方航空定期航空便MU5735便は、突然に★事実上の自由落下状態で地面へと突進しました。
これは、ビデオに捉えられて、火災または爆弾の印が無いのを示しました。 煙も無く、両翼は引き裂かれておらず、天候は快晴でした。 問題についてのパイロットの討議によると、それは失速ではなく、制御された降下ではなく、おそらくパイロットによる★故意の操縦でした。
ゼータ達は、大惨事が、★断層に満ちた地域の水上で起こった事を指摘しており、そしてこれは★EMPを引き付けるための秘訣です。

★ボーイング737旅客ジェット機が搭乗していた132人の人々とともに墜落する
2022年3月21日

https://www.cnbc.com/2022/03/21/china-plane-crash-china-eastern
定期航空便MU5735便は、フライトレーダー24に関する情報によると、現地時間午後1:11に昆明を発ち、2時間以内に国内の南東部の広州に到着する予定でした。 飛行追跡ウェブサイトは、ボーイング737‐800航空機は、★現地時間午後2:20以後その後2分間で29,100フィートから急落したことを示します。
★中国の航空便が132人の搭乗者達とともに国内南部に墜落する
2022年3月21日

https://apnews.com/article/china-media-accidents
中国東方航空の5735便は、飛行追跡ウェブサイトのFlightRadar24.comからのデータによると、★午後2:20直後突然に航空機が455ノットの巡航高度速度で急降下したときに、30,000フィート辺りで飛行していました。 何がうまくいかなかったのか航空機が★1分半以内に墜落したことを、データは示唆します。 航空機は、広西省東部の人口300万人の梧州の少々南西でデータの送信を停止しました。

★中国東方航空737‐800型機が中国南方の広西省に墜落する
2022年3月21日

https://www.airliners.net/forum/viewtopic.php?f=3&t=1471347
この事故の原因についてあまりにも早くて推測できない一方で、失速は、むしろ違っているように見えます。 FR24のデータに基づいて、速度は、★降下速度としてまったく一定のままです。 失速は、対気速度の低下を必要とし、降下の開始へと続いて、速度と降下率の重要な変化へと続きました。
緊急降下を実施することは、分速30,000フィートで降下できなかったでしょう。 緊急降下は、★約10度の降下角度でだけです。
落下のタイミングを見ると、落下は、★私には自由落下のように見えます。 何であろうと、どのような制御もされているように見えません。 横方向の距離は、自由落下の仮説に矛盾が無いようにも見えます。
私は、憶測することを憎悪しますが、★両翼を引き裂かれた飛行機でさえも機首からまっすぐに地面に向かって落下しません、それは転落しているでしょう。
そのような輪郭を考えることができる唯一方法は、★航空機が故意にそのような状態に置かれているということです。
90度の直角の急降下へ押しいられる唯一の方法は、制御の背後にいた誰でもによる★絶対的に故意の行動です。

ゼータトーク 確証 3/31/2022:
中国のMU5735便が、★ほんの1分間でおこなわれた事実上の自由落下状態で突然に機首から地面に降下する状態を、何が引き起こしたのでしょう。
問題を議論している熟練のパイロット達は、★パイロットによる意図的な操縦または壊滅的な機械的故障のみがこれを説明できることに同意します。 ★認識できる爆発もなく、パイロットからのどのような連絡もありませんでした。
★自動操縦によって制御された緊急降下には、この飛行パターンはありません。 ★両翼は、引き裂かれているように見えません。

最近ワクチン接種したパイロット達が単に心臓発作で突然死したばかりであった数例があります。 しかし中国は、★突然の心臓発作を引き起こすファイザーワクチンを使用していません。
特に、MU5735便は、★筍江川の深い水域とダム上空を通過しました。 ★水域上空を飛行することがEMPの可能性を増加すると、私達は長い間警告しています。 これは、AF447便とMH370便の要因でした。
中国南東部のこの地域は、断層線で満たされており、そして中国は、伸張されていっています。 ★EMPは、したがってMU5735便が飛行機の誤ったソフトウェアの支持を与える状態を引き起こしました。
★半狂乱のパイロットがこの突進を訂正するために充分な時間はありませんでした。

実際にこの恐ろしい墜落は、謎が決して解決されない★AF447便とMH370便に加わります。
フランス航空447便は、中央に返送された自動コンピューター報告によると、★2009年6月1日にAF447便がすべての電子システムの制御を1つまた1つと体系的に失ったときに、リオからパリへと移動していました。
これは、天候の問題または爆弾とも一致しておらず、★EMPに一致します。 また以前のように、中部大西洋の断層線上でと水上で―★EMPの誘引物質の組み合わせです。

ゼータトーク 説明 6/3/2009:
“ウインドシア”が予期せずに起こる可能性があるけれども、何も報告されていなかったので、航空便は、ハリケーンの中へ飛び込みませんでした。
高高度での飛行機の“ウインドシア”は、おそらく地面にも水中にも飛び込みそうもなく、★“ウインドシア”は翼もエンジンも引き裂いていません、 定期旅客機は、落雷を予想して★落雷に対して防御されており、そのような状態で数十年間、落雷によってだけ捕えられた災害はありません。
それでは、★大西洋上空のフランス航空の定期旅客機の失墜を、何が引き起こしたのでしょうか?

一連の出来事は明らかです。
パイロットは、★大気の擾乱を発表しました。
それから15分後、飛行機のコンピューターからの自動メッセージは、数個の電機システムが機能停止したと発表しました。
その後、何のメッセージも受信されないので、パイロット達は、あまりにも忙しすぎたか、送信できないかどちらかでした。 それに直面して、★電機システムの大規模な故障が飛行機が落下する状態を引き起こし、最後の数分間、彼等のありそうな所在位置に関するパイロットからの送信を妨げました。
★何がそのような故障を引き起こしたのでしょうか?

2014年にMH370便は、★マレー半島と沈下しているスンダプレート地域のベトナムの先端の間の海域のどこかでレーダーから消えました。 救難信号はなく、飛行機は、飛行を追跡するレーダーから消えました。
飛行機は、見つかっていません。
★EMPがキャビンを減圧していたので、意識を失ったパイロット達がもはや制御していませんでした。 ★自動操縦装置が引き継いで、最近のルートを辿り、MH370便をインド洋へ送っていきました。

ゼータトーク 説明 3/9/2014:
★大型の安定した航空機MH370が、突然消えるのを、何が引き起こしたのでしょうか?
汚点のない安全記録のある信頼できる飛行機を充分に経験をつんだ機長と、快晴の天候にもかかわらず飛行機は、レーダーから消えました。 大気圏に進入する流星雨、または火球についての人工衛星からの報告では、何の痕跡もありません。
機械的な故障は、救難信号のための十分な時間を提供したでしょう。 乗客達の間での携帯電話は、おそらく使用されていませんでした。 ゆえに、何かが飛行機の★電気システムに干渉しました。 海底の残骸が発見される時に、機上の爆弾についてのどのような理論も、残骸が、違った風に証明するので、退けられるでしょう。
★それゆえに何が、災難を引き起こしたのでしょうか?

2003年に惑星Xが太陽系内惑星系内に到着して以来、水力発電ダム、または航空機に影響を与える電磁波パルスいくつかの実例があります。
それぞれの事件において、私達は、原因を詳しく述べたが、人類は、隣に着いた磁気のモンスター惑星Xによって、自分達の技術が影響を与えられていないかのように苦労してとりくんでおり、★一般の人々へは、警告されてもいません。
★フランス航空447便は、強く磁化された大西洋断層上空を通過した時に、電気機器の機能停止があり、★  サヤノ‐シャシェンスカヤダムの電圧の上がった変圧器は、20年間の安全記録の後に、★爆発へ暴走しました。
そのような状態は、現在ますます攻撃的な方法で地球の方へ、その磁北を振り動かして回転させている強い磁気を持つ巨星からの電磁波のパルスの影響です。