カテゴリー
未分類

809

The ZetaTalk Newsletter
2022年4月3日 日曜日 ★809号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★中国MU5735便

3月21日に中国東方航空定期航空便MU5735便は、突然に★事実上の自由落下状態で地面へと突進しました。
これは、ビデオに捉えられて、火災または爆弾の印が無いのを示しました。 煙も無く、両翼は引き裂かれておらず、天候は快晴でした。 問題についてのパイロットの討議によると、それは失速ではなく、制御された降下ではなく、おそらくパイロットによる★故意の操縦でした。
ゼータ達は、大惨事が、★断層に満ちた地域の水上で起こった事を指摘しており、そしてこれは★EMPを引き付けるための秘訣です。

★ボーイング737旅客ジェット機が搭乗していた132人の人々とともに墜落する
2022年3月21日

https://www.cnbc.com/2022/03/21/china-plane-crash-china-eastern
定期航空便MU5735便は、フライトレーダー24に関する情報によると、現地時間午後1:11に昆明を発ち、2時間以内に国内の南東部の広州に到着する予定でした。 飛行追跡ウェブサイトは、ボーイング737‐800航空機は、★現地時間午後2:20以後その後2分間で29,100フィートから急落したことを示します。
★中国の航空便が132人の搭乗者達とともに国内南部に墜落する
2022年3月21日

https://apnews.com/article/china-media-accidents
中国東方航空の5735便は、飛行追跡ウェブサイトのFlightRadar24.comからのデータによると、★午後2:20直後突然に航空機が455ノットの巡航高度速度で急降下したときに、30,000フィート辺りで飛行していました。 何がうまくいかなかったのか航空機が★1分半以内に墜落したことを、データは示唆します。 航空機は、広西省東部の人口300万人の梧州の少々南西でデータの送信を停止しました。

★中国東方航空737‐800型機が中国南方の広西省に墜落する
2022年3月21日

https://www.airliners.net/forum/viewtopic.php?f=3&t=1471347
この事故の原因についてあまりにも早くて推測できない一方で、失速は、むしろ違っているように見えます。 FR24のデータに基づいて、速度は、★降下速度としてまったく一定のままです。 失速は、対気速度の低下を必要とし、降下の開始へと続いて、速度と降下率の重要な変化へと続きました。
緊急降下を実施することは、分速30,000フィートで降下できなかったでしょう。 緊急降下は、★約10度の降下角度でだけです。
落下のタイミングを見ると、落下は、★私には自由落下のように見えます。 何であろうと、どのような制御もされているように見えません。 横方向の距離は、自由落下の仮説に矛盾が無いようにも見えます。
私は、憶測することを憎悪しますが、★両翼を引き裂かれた飛行機でさえも機首からまっすぐに地面に向かって落下しません、それは転落しているでしょう。
そのような輪郭を考えることができる唯一方法は、★航空機が故意にそのような状態に置かれているということです。
90度の直角の急降下へ押しいられる唯一の方法は、制御の背後にいた誰でもによる★絶対的に故意の行動です。

ゼータトーク 確証 3/31/2022:
中国のMU5735便が、★ほんの1分間でおこなわれた事実上の自由落下状態で突然に機首から地面に降下する状態を、何が引き起こしたのでしょう。
問題を議論している熟練のパイロット達は、★パイロットによる意図的な操縦または壊滅的な機械的故障のみがこれを説明できることに同意します。 ★認識できる爆発もなく、パイロットからのどのような連絡もありませんでした。
★自動操縦によって制御された緊急降下には、この飛行パターンはありません。 ★両翼は、引き裂かれているように見えません。

最近ワクチン接種したパイロット達が単に心臓発作で突然死したばかりであった数例があります。 しかし中国は、★突然の心臓発作を引き起こすファイザーワクチンを使用していません。
特に、MU5735便は、★筍江川の深い水域とダム上空を通過しました。 ★水域上空を飛行することがEMPの可能性を増加すると、私達は長い間警告しています。 これは、AF447便とMH370便の要因でした。
中国南東部のこの地域は、断層線で満たされており、そして中国は、伸張されていっています。 ★EMPは、したがってMU5735便が飛行機の誤ったソフトウェアの支持を与える状態を引き起こしました。
★半狂乱のパイロットがこの突進を訂正するために充分な時間はありませんでした。

実際にこの恐ろしい墜落は、謎が決して解決されない★AF447便とMH370便に加わります。
フランス航空447便は、中央に返送された自動コンピューター報告によると、★2009年6月1日にAF447便がすべての電子システムの制御を1つまた1つと体系的に失ったときに、リオからパリへと移動していました。
これは、天候の問題または爆弾とも一致しておらず、★EMPに一致します。 また以前のように、中部大西洋の断層線上でと水上で―★EMPの誘引物質の組み合わせです。

ゼータトーク 説明 6/3/2009:
“ウインドシア”が予期せずに起こる可能性があるけれども、何も報告されていなかったので、航空便は、ハリケーンの中へ飛び込みませんでした。
高高度での飛行機の“ウインドシア”は、おそらく地面にも水中にも飛び込みそうもなく、★“ウインドシア”は翼もエンジンも引き裂いていません、 定期旅客機は、落雷を予想して★落雷に対して防御されており、そのような状態で数十年間、落雷によってだけ捕えられた災害はありません。
それでは、★大西洋上空のフランス航空の定期旅客機の失墜を、何が引き起こしたのでしょうか?

一連の出来事は明らかです。
パイロットは、★大気の擾乱を発表しました。
それから15分後、飛行機のコンピューターからの自動メッセージは、数個の電機システムが機能停止したと発表しました。
その後、何のメッセージも受信されないので、パイロット達は、あまりにも忙しすぎたか、送信できないかどちらかでした。 それに直面して、★電機システムの大規模な故障が飛行機が落下する状態を引き起こし、最後の数分間、彼等のありそうな所在位置に関するパイロットからの送信を妨げました。
★何がそのような故障を引き起こしたのでしょうか?

2014年にMH370便は、★マレー半島と沈下しているスンダプレート地域のベトナムの先端の間の海域のどこかでレーダーから消えました。 救難信号はなく、飛行機は、飛行を追跡するレーダーから消えました。
飛行機は、見つかっていません。
★EMPがキャビンを減圧していたので、意識を失ったパイロット達がもはや制御していませんでした。 ★自動操縦装置が引き継いで、最近のルートを辿り、MH370便をインド洋へ送っていきました。

ゼータトーク 説明 3/9/2014:
★大型の安定した航空機MH370が、突然消えるのを、何が引き起こしたのでしょうか?
汚点のない安全記録のある信頼できる飛行機を充分に経験をつんだ機長と、快晴の天候にもかかわらず飛行機は、レーダーから消えました。 大気圏に進入する流星雨、または火球についての人工衛星からの報告では、何の痕跡もありません。
機械的な故障は、救難信号のための十分な時間を提供したでしょう。 乗客達の間での携帯電話は、おそらく使用されていませんでした。 ゆえに、何かが飛行機の★電気システムに干渉しました。 海底の残骸が発見される時に、機上の爆弾についてのどのような理論も、残骸が、違った風に証明するので、退けられるでしょう。
★それゆえに何が、災難を引き起こしたのでしょうか?

2003年に惑星Xが太陽系内惑星系内に到着して以来、水力発電ダム、または航空機に影響を与える電磁波パルスいくつかの実例があります。
それぞれの事件において、私達は、原因を詳しく述べたが、人類は、隣に着いた磁気のモンスター惑星Xによって、自分達の技術が影響を与えられていないかのように苦労してとりくんでおり、★一般の人々へは、警告されてもいません。
★フランス航空447便は、強く磁化された大西洋断層上空を通過した時に、電気機器の機能停止があり、★  サヤノ‐シャシェンスカヤダムの電圧の上がった変圧器は、20年間の安全記録の後に、★爆発へ暴走しました。
そのような状態は、現在ますます攻撃的な方法で地球の方へ、その磁北を振り動かして回転させている強い磁気を持つ巨星からの電磁波のパルスの影響です。

★ニューマドリッドの漸次的変化

この過去1週間、★北米の分離した部分が異なった方向に引っ張られていった徴候がありました。
それは、ニューマドリッド断層線の大破裂の引き金となるだろう、★ニューマドリッドの小さな町のどちらかの側の硬い岩でのこの対角線状の牽引であるでしょう。
この硬い岩は、西にオザークが、東にテネシー州とケンタッキー州のアパラチアン山脈があります。 ★3月16日に、まさにオザークで地震がありました。

それからほんの数日後の3月17~18日に、★アーカンサス州を通るミシシッピ川に沿った湾状地帯が沈下しているという徴候がありました。
ホワイト川がミシシッピ川へと注ぎ込む場所である2つの郡―★アーカンサス郡とモンロー郡―は、雨による洪水のための警報下にあり、にもかかわらず周囲の郡は、言及されませんでした。 これは、ヨハネスボロの近くのネッスル工場での広範囲の火災の場合と同様に、★沈下している土地の手掛かりです。
★ニューマドリッド断層線に沿った他のどこかでの爆発と火災もまた、明白でした。

★ネッスル生産工場は火災で広範囲の損害を被る
2022年3月17日

https://www.jonesborosun.com/news/nestl-plant-sustains-extensive-damage
ネッスルでの火災は、その★新生産ラインに広範囲の損害を生じました。 8台の消防車が消火のために召集されました。 当初、3台のエンジントラックと2台のはしご車が現場に呼ばれました。 私達は、★火災の原因を調べています。
洪水警告
https://water.weather.gov/ahps2/ahps_warnings
アリゾナ州リトルロックの洪水警告声明国立気象局、2022年3月19日…洪水警告は、★アーカンサス州の以下の川のために継続します…クラレンドンのホワイト川がアーカンサス州とモンロー郡に影響を及ぼします。

★バーバトン鉄鋼工場での‘途方もなく大きな’火災が研究所を破壊し、負傷者は報告されていませんでした
2022年3月18日

https://www.beaconjournal.com/story/news/2022/03/18/industrial-fire
消防士達は、バーバトン鉄鋼工場で午後12:30頃に重要な鋳造工場火災に対応しました。
消防士達は、★ノース・ヴァン・ビューレン通りとタスカラワス川の間のイーストヒューストン通り240番地に到着したときに屋根から噴き出した大量の煙と炎があったと言いました。
★建設中のブラウンズバーグの倉庫が金曜日午後に火災を発生する
2022年3月18日

https://www.wthr.com/article/news/local/live-brownsburg-warehouse
ブラウンズバーグで建設中の倉庫が火災を発生しました。 ★緊急事態作業員達は、午後12:41にロナルド・レーガン公園道路(パークウェイ)とコネクター道路に召集されました。 火災は、主に建設資材に含まれました。
当局は、これまでは、この火災が意図的に発生するか、またはプレインフィールドのウォルマートの倉庫への繋がる証拠もないと、言いました。

ゼータトーク 確証 3/18/2022:
ニューマドリッド調整の間に、★ミシシッピ川の下流のすぐ西の土地が実に劇的に沈下するだろうと、私達は予測しています。
この過程は、早期に始まり、★アーカンサス州の湾状地帯で進行中です。 アーカンサス州での洪水警告は、おそらく雨のためですが、警告された郡だけは、ミシシッピ川に合流する場所の隣のホワイト川ででした。
★ジョーンズボロの突然の荒廃がまさに起こるこれらの郡でだけ、何故雨が降るのでしょうか?

同様に、ウォバッシュ地震地帯を通り抜け、オハイオ州の五大湖の下方を通過するニューマドリッド断層線に沿った破裂。
ニューマドリッド調整の間に、ニューマドリッド断層線が良く知られていなかった場合、人は、破損した備品によって引き起こされた、★突然の過度の工場の爆発と火災からほぼ地図を描くことができました。
断層線は、確実に柔かい岩を伸張して、引っ張り離されていっており、進んで引っ張り離されていく土壌を失います。 しかし抵抗し、引き金となる事象であるのは、★ニューマドリッドの町のどちらかの側の硬い岩です。

3月20日までに、★北米プレートに境界を接する場所が神経質な崩壊を有していたことは、明白でした。
シベリアのティスキ(北極を通る境界が接する場所)からノルウェイ(プレート境界のすぐ東に位置する)へ、メーン州とマサチューセッツ州(セントローレンス水路の出口が所在するニューマドリッド断層線に沿って位置する)へ、西海岸(北米が太平洋へと押される場所)まで。
全世界の内で、これらは、★その日に小刻みに震えていたヘリプロットがある場所でした。

ゼータトーク 確証 3/20/2022:
北米プレートとユーラシアプレートの間の境界に接触するシベリアのティスキのように、ノルウェイは、境界上にあり、★北米大陸がおこなっている絶え間ない牽引を反映します。
★南西の滑動は、北米プレートの先端までずっと達します。
セントローレンス湾で出現するセントローレンス水路の先端は、この地域がユーラシアプレートに東で繋がっているけれども、★本土が南西へ滑動する間に西へ引っ張られているので小刻みに揺れます。

★西海岸がサンアンドレアス(断層)で太平洋とココスで境界を接する場所で、小刻みな揺れが同様に発展することができます。
この日の小刻みの揺れがあった唯一の場所は、北米プレートへの接続がある場所です!
それらの場所は、北米プレートで変動があるので、★小刻みな揺れがあります。

北米が有する多数の付着を考えると、★ニューマドリッド大調整が最終的に起こる時に反応は何でしょうか?
ニューマドリッド調整の間に南東部分がその方向に跳躍する点で、アフリカプレートが少々回転すると、私達は予測します。
★ユーラシアプレートは、それゆえにアゾレス諸島で引き裂け開いている大西洋とともに、その幅全体をいっそう容易に伸張することができることに気が付くでしょう。 ★南東部分は、カリブ海で安定して、ニューマドリッド破裂とアフリカの回転の進行は、それが耐えていた“綱引き合戦”を開放しています。

それから3月21日に、★アゾレス諸島は、中心となって、驚異的な群発地震を発生しました。
これは、★ニューマドリッドの町での大きな急激な揺れが起こる時に即座に引き裂け開くと、ゼータ達が予測した主要な引き裂け地点です。 ★この引き裂けは、海水がヨーロッパの方へ突進して撥ね返るのを可能にする空所を形成します。

★アゾレス諸島のサンジョルジュ島の火山下での強烈な群発地震
2022年3月21日

https://watchers.news/2022/03/21/intense-earthquake-swarm
アゾレス諸島の地震火山情報監視センターによると、★群発地震は3月19日に始まりました。
3つの地震がその後2分間にわたって記録されました。 その後2分間に3回、2.8から2.9の範囲のマグニチュードの地震が記録されました。 その後、★24時間で700回以上の地震が地域で記録されました。

ゼータトーク 確証 3/21/2022:  ニューマドリッドの町での大きな急激な揺れの後のニューマドリッド破裂の過程が、★ポキンと折れるか東への跳躍による南東部分での反応(今、本土部分への付着から解放される)であると、私達は描写しています。
南東部分の境界がアゾレス諸島での3重の接合点で終わるので、★この東への跳躍は、アゾレス諸島での大西洋の主要な引き裂けを刺激します。 アフリカプレートは、★アフリカプレートと南東部分の間の境界を引き裂き開く程度まで同時に回転するでしょう。
アゾレス諸島は、どれほど容易く引き裂け開くのでしょうか?

アゾレス諸島の3重の接合点は、★3つの巨大なプレート―ユーラシアプレート、アフリカプレート、北米プレート―が接触する地点です。 それらの内のどれか一つが移動する場合、他のプレートも影響を受けます。 ★急激な揺れを吸収する小さな小プレートはありません。
★本土部分と南東部分は、地峡とメキシコ湾の深海の下方で1か月以上分離されています。
分離は、ニューオーリンズに到着しており、最近、湾状部分に沿って沈下している陸地によって見ることができるように、★ミシシッピ川の下流に沿って北上して既に陸地を引っ張り離していっています。

3月21日のこの日に、ヴォルケーノ・ディスカバリーは、★過去48時間以上のアゾレス諸島での数十の地震を示しました。 これらは、小さな地震であるかもしれませんが、それらは、★打撃を吸収するための容易さを指摘します。
メキシコの先端は、★南東部分が耐えている“綱引き合戦”を示します。 メキシコの先端に付着されている場所で、深部地震があり、重要です。
★南東部分は、まだ本土部分に付着されており、本土部分が南西へ滑るので、南東部分を下方へも引っ張っています。 これらの内のすべては、★差し迫っているニューマドリッド破裂の要因です。

★アゾレス諸島は、北米プレートでの緊張を示している唯一の3重の接合点ではありません。
アフリカプレートが南米プレートと最南東の地点で南米プレートの南東部分の角で合う、★もう1つの場所があります。 北米プレートは、平らな先端があるので回転できません。 本土部分は、南西の方へ引っ張り下ろされていっています。
この3重の接合点に引っ掛けられて、南東部分は移動することができません。 南東部分は、本土部分とともに進むことも、ニューマドリッド断層線に沿って破裂することもできます。 ★¥3月22日の大きく深い地震は、この窮地を示します。

ゼータトーク 確証 3/23/2022:
★アフリカプレートと、南米プレートと、北米プレートの南東部分を象徴する“象の後ろ足”が加わる3重の接合点があります。
アゾレス諸島の3重の接合点の場合と同様に、そのような接合点は、★接触しているプレートのどれか1つでの移動にも敏感です。
はい、アフリカは、東部を回転したいのですが、3月22日に起こった大きく深い地震は、★“アフリカの回転”によって牽引されることによって引き起こされませんでした。 これが実情であったのなら、そのような地震は常に起こっていたでしょう。

私達が説明しているように、その地震は、完了している“南米の回転”によって引き起こされたのでもありません。 これもまた、大西洋での3月22日の地震の原因であったのなら、そのような地震を定期的に引き起こしていたでしょう。
同様にカリブ海プレートも、南米プレートにしっかりと固定されているので、南米プレートによって想定されるどの位置にも簡単に進みます。
ベネズエラのヘリプロットは、ベネズエラがグイと動かされたのでその地域での活動が、★他の原因を排除しておそらく(北米の)南東部分によって引き起こされたことを示します。

南東部分は、本土部分とともに移動することができないが、★“象の後ろ足”が引っ掛けられている南東部分の角で固定されるので北米プレートの本土部分から引き剥がされなければならないと、私達は説明しています。
★北米プレートの一般的な動きが南西の方への滑動することであるので、その状態から持ち上げることができません。 カリブ海プレートが明らかにその方向でのどのような動きも妨げるので、★西の方へ移動することができません。
★したがって北米プレートの対角線状の破裂は、起こらなければなりません。

★レベル10の内のレベル7の状態

ヒマラヤ山脈は、深部地震を体験しており、インド‐オーストラリア・プレートの東端は、常に大規模地震で被われており、にもかかわらずレベル10の内のレベル7の筋書きは、インドネシアの沈下に影響を及ぼしているこのプレートが最初の段階であることを要求し、ゼータ達は、今、それが完了していることを宣言します。
ゼータ達は、最近、2021年11月に進行のパーセンテージを与えて、★インドネシアが100%完了し、★“南米の回転”が99%完了していると見做しました。
にもかかわらず、それらは地震で被われ続けています。 ★ゼータ達は、2020年後半に、プレート移動が他の起ころうとしている移動を引き留めていない限り、完了していると考えることができると説明しました。

ゼータトーク 分析11/30/2021:  2020年12月に提供した私達の完了のパーセンテージで概略を述べたように、レベル10の内のレベル7のプレート移動の初期は、本質的に完了しています。
★インド‐オーストラリア・プレートの傾斜は100%、フィリピン・プレートの傾斜は97%、そしてカリブ海プレートの転移を伴う“南米の回転”は今99%に位置します。
★日本の大地震と北米大陸で弛緩していく“弓状のしなり”の間の相乗効果は、両方ともが進行しています。 ★日本の調整(73%)は、ニューマドリッド調整が進行する(68%)のを可能にします。
★ユーラシア・プレートの伸張は、“アフリカの回転”とアフリカ・プレートでの中部大西洋の解放と歩調を合わせて完了します(51%)。

ゼータトーク 分析 12/31/2020:
★インド‐オーストラリア・プレートの東端が上昇している一方でインドは沈下し続けているけれども、この段階は、もはや他のプレートの移動を抑制しておらず、ゆえに完了しています。

★日本が最近耐えた大規模な群発地震を考えると、日本とニューマドリッドの両方にとり、今、レベル10の内のレベル7の状態は何でしょうか?

ゼータトーク 分析 3/31/2022:
フィリピンプレートの傾斜は、日本大地震と歩調を合わせて完了して、★北米の滑動している本土部分を受け入れるように太平洋が圧縮するのを可能にしています。
南米の回転もまた、北米大陸の身震いしている南東部分の結果である、そこでの活動とともに完了していると考えることができます。 それらは、今、★フィリピンの傾斜にとり100%、★日本にとり100%、★“南米の回転”にとり100%の状態です。
★活動は今、中東と大ユーラシアプレートに移動します。

“アフリカの回転”の進行は、ニューマドリッド破裂が終了するときに失せて、★東へグイと引かれてトルコを保持している“岩の掛け釘”をポキンと折ります。
★ニューマドリッドは83%の状態であり、★“アフリカの回転”は61%の状態です。 “ユーラシアの伸張”は、★ヨーロッパからシナ海と極東までの広大な地域に影響を及ぼし、ゆっくりと移動するでしょう。 ★現行で59%です。
その間に完了と考慮されるそれらのプレート移動は、★ヒマラヤ山脈とアンデス山脈で明白であるように、群発地震を体験すると予想することができます。