カテゴリー
未分類

810: ニューマドリッドの漸次的変化

★ニューマドリッドの漸次的変化

進行は、先週、私達が最後に報告して以来進んでいます。
★本土部分は、メキシコとココスプレートとリヴェラ小プレートに重々しく落下していっています。 ニューマドリッドの町のどちら側の硬い岩も、★断裂作用の徴候を示します。
3月22日の★テネシー州中央部のジュリエット山での列車の脱線事故は、この断裂作用を示しました。 ニューマドリッドの東の硬い岩では、しっかりと、列車は、■静かに立っている一方で(停止している間に)、まさに落下して脱線しました。

★ジュリエット山で調査中の列車脱線事故
2022年3月22日

https://www.newschannel5.com/news/train-derailment
会社は、★乗務員達が岩を満載した鉄道車両を荷下ろしし始めたときに、脱線事故が引き起こされたと信じます。 列車は、既に線路で停止されていました。

★テネシー州ウェイヴァリーの近くでも3月24日~24日に地震がありました。

3月24日に、■今回、市内で列車が停止したばかりのニューオーリンズで、明白な理由もなく、ニュースに別の列車事故が載りました。 列車は、前後に揺さぶられていると描写されました。
ニューオーリンズは、本土部分と南東部分の間での分離がメキシコ湾から北上して、ミシシッピ川を解開北上する★滑動の通路のど真ん中です。

★停車中の列車のためにサンクロード通りの通行が行き詰まる
2022年3月24日

https://www.wdsu.com/article/traffic-on-st-claude-avenue
一地点で、★通行はサンクロードの橋の全域にわたって渋滞していました。 目撃者達は、★列車がバーガンディーとホーマー・プレッシー・ウェイの交差点で前後に揺さぶられているのを見たかもしれません。

北米大陸での活動の■間ずっと、ニューマドリッドの小さな町は、充分に眠ることができません。
3月25日の概要が示すように、★小さい地震が毎日継続します。

ニューマドリッド断層線は、★セントローレンス水路の河口で終わり、この地域もまた平穏ではありません。
★メーン州とマサチューセッツ州のヘリプロッツは、絶え間なく小刻みに揺れる状態です。 これは、明白に歴史的に不安定な地域であり、★起ころうとしていることの徴候です。


★地震の危険
http://nesec.org/earthquakes-hazards/
米国北東部の地域と近くのカナダは、常に地震■の田園(地方)です。
地域の米国原住民には、地震についての多くの伝説があり、彼等は彼等の言語で★地震のための言葉(‘ナウナウメモオーケ’)がありました。
ピルグリム達は、★マサチューセッツ州プリモスでの最初の上陸のほんの18年後の1638年に彼等にとり初めての際立った地震を感じました。

その間に、どのようにして、何故、形成されたのかというニューマドリッド断層線の歴史への注意深い調査は、何故、★オザークからアパラチアン山脈までの硬い岩の陸橋を見守るべきなのかを説明します。
この地質学的歴史課題は、ゼータ達によって提供されます。

ゼータトーク 明快さ 3/31/2022:
オハイオ川がミシシッピ川に注ぎ込む地点の真上に★硬い岩の橋があります。
★左の支流は、ミシシッピ川を辿り、ニューマドリッド破裂が終わるときにシカゴに副次的な打撃を与えるために北上します。 ★右の支流は、イリノイ州南部とインディアナ州―ウォバッシュ地震地帯―へと進みます。
ニューマドリッド断層線は、★右の支流をとり、セントローレンス水路の下を走ります。
硬い岩のこの橋は、★オハイオ川の合流地点の上方で見つけられます。 それは、★過去にニューマドリッド断層線を迂回して形成しています。

私達が繰り返し説明しているように、北米大陸は、平らな先端があり、回転することができません。 それゆえに然るべく凍結されて、圧縮していく太平洋と拡張していく大西洋は、北米大陸の大部分が然るべき位置に残る一方で、★まず弓状の形へと曲がってメキシコの先端を西へ引っ張るように強制します。
これがもはや持ち堪えられなくなるときに、北米の本土部分は、★弓が緩和できるように南西へ滑ります。 ★これは、今、進行中の事です。
セントローレンス水路での自然な弱い箇所が進路を生じて、間近に迫っている時をニューマドリッド断層線が形成します。

セントローレンス水路は、過去に引き裂け開いており、したがってそのような引き裂けによって★土地に皺が寄っている両ダコタ州のブラックヒルズまでずっと走ります。 容易にセントローレンス水路に達するための自然なルートは、★地殻が薄く弱いミシシッピ川を北上することです。 ★メキシコ湾の深い海水は、ニューマドリッド断層線の形成の間に利用されたもう1つの弱い地点でした。
オハイオ川とミシシッピ川の接合点でオハイオ川にそったルートをとることは、★ミシシッピ川に沿って継続するよりもセントローレンス水路へのいっそう直接なルートでした。

★オハイオ川とミシシッピ川のこの接合点の上方の硬い岩の陸橋は、ニューマドリッド断層線の以前の破裂の残存物です。
それが破裂したそれぞれの時期に、この硬い岩は、★西でオザーク山脈を形成して東でアパラチアン山脈に沿って巡るように、★どちら側にも押されました。 差し迫っていて進行中のニューマドリッド断層線の2022年の破裂は、したがって★ウォバッシュ地震地帯を通って北上して接合点からオハイオ川を辿るでしょう。
最後の破裂を促進するだろう急激な揺れのために見守られるべきなのは、★この地点です。