カテゴリー
未分類

Q&A: セントローレンス水路の衝撃

★オンタリオ州エリー湖沿岸で増大する陥没穴。
私達が住んでいる場所の近くで沈下している土地があり、それは、かなり大きくなっていき、★ほぼ1000フィートの長さであり、私は、たびたびそこを訪問しており、★毎年それは大きくなっています。
ゼータ達は、これがどれほど大きくなるのか、そしてどの方向に延びるのかについて、何らかの考えを私達に伝えてくれますか?
これが断層線の一部であるのかどうか、私はどのような情報も見つけることができませんでした。 その進路の人々にとり貴重な情報があるでしょう。
ここにグーグルアースの座標があります: 北緯42度37.40 正系0度44.07




★広い湾になるようにポールシフトの間に、そしてニューマドリッド調整の間にはより小規模で、セントローレンス水路は引き裂け開くでしょう
このセントローレンス水路の拡張の進路は、★セントローレンス水路が過去に形成されるのを可能にした岩層に沿って走るでしょう。 この岩層の境界は、オンタリオ湖からヒューロン湖までを繋ぐまで、セントローレンス川に沿って内陸を進むのを見ることができます。 ★ミシガン州のように、この進路の下方に位置するトロントは免れます。 ★ウィスコンシン州は、火山性大陸中央断層によって分割されるセントローレンス水路から保護されます。

したがってニューマドリッド調整の間に起こるセントローレンス水路のトラウマは、★ダルースを越えて内陸を進行します。 地震図とヘリプロットの図式から見ることができる事は、★セントローレンス水路の進路の内部と進路上方のカナダの硬い岩の苦境です。
この牽引にも拘わらず、カナダは、★セントローレンス水路の下方の土地で米国を粉砕するニューマドリッド調整によって影響を受けないでしょう。
ダルースから西方へ引き裂けるセントローレンス水路は、ダコタ州ブラックヒルズをしわくちゃにするでしょうが、セントローレンス水路に沿った固定状態が破られるけれども、★デトロイトとトロントは影響を受けないでしょう。