カテゴリー
未分類

816:肝炎スパイク

The ZetaTalk Newsletter
2022年5月22日 日曜日 ★816号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★肝炎スパイク

ファイザーのワクチン接種に関連した★幼い子供達の肝炎の突然の急増は、ますます多くの追加抗原刺激をおこなうための推進なのでしょうか?
主張は、子供達の半数が★春の胃腸炎―アデノウイルス、41型ウイルス―を患っているように見えるということです。 ニュース記事は、母親への何らかのワクチンのデータを伴う肝炎の症例の頻発か、または母乳育児であるかもしれないこれらの幼い子供達のパーセンテージに関連付けるのを避けています。 ★このデータを指摘した記事は、即座に削除され、サーバーエラー503に置き換えられました。
ゼータ達は、また以前のように説明します。

(完全にワクチン接種された母親達により)母乳育児された、肝臓の損傷(障害)のあるワクチン未接種の子供の達の突然の急増。
https://www.godlikeproductions.com/forum1/message5121355/pg1
子供達は、ワクチン未接種ですが、母乳育児をしている母親達(患者達の100%)は、少なくとも2回のワクチン接種をおこなっています。
肝炎の発生率は、11~16歳の年齢のグループを襲っており、そのグループの患者達の大多数が少なくとも1回のワクチン接種を受けています。
患者達の大多数は、★1か月~4ヶ月の年齢のグループにおいてであり、そして★その年齢の範囲の患者達の100%が完全にワクチン接種された母親達により積極的な母乳育児を受けています(または過去12か月以内に母乳を授乳されています)。
★インドネシアで3人の子供達が不可解な肝臓病で死亡する。
2022年5月5日

https://insiderpaper.com/mystery-liver-disease-kills-three
インドネシアの3人の子供達が不可解な肝臓病で死亡したと、インドネシア保健相は言い、米国からアジアまで医師達を困惑させている★致命的な病気の世界的な死者数が少なくとも4人に昇っていました。
この劇症急性肝炎は、★20カ国のほぼ230人の子供達で識別されていると、世界保健機構は言っており、病気の未知の起源への懸念を増大しています。
WHOによると、患者達の大多数は、ヨーロッパ、特に★以前に健康な子供達であった幼い子供達の間での患者達の予想外の著しい増加があったときに英国に出現しています。
★子供達に肝炎の発生: 知るべき事。
2022年5月3日

https://www.webmd.com/hepatitis/news/20220503/hepatitis
子供達の急性肝炎の世界的な発生は、16カ国で総計でほぼ200人の患者数になります。 ★世界的な患者達の内17人は、肝移植を必要としています。
肝炎は、肝臓の炎症であり、感染、自己免疫疾患、または投薬によって引き起こされる可能性があります。 興味深い事に、発熱は、これらの患者達の共通の症状として描写されませんでした。
通常のウイルス(性肝炎)―A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎、およびE型肝炎―の原因の内には何も、現行の発生では子供達への感染を見つけられていません。 代わりに、医師達は、★世界の症例の半数についてアデノウイルスの1つの型である41型を見つけています。

子供達の肝炎(肝臓の炎症)の患者達の増加を調査中。
2022年4月6日

https://www.gov.uk/government/news/increase-in-hepatitis
感染性肝炎(A型肝炎からE型肝炎まで)を引き起こす通常のウイルスは、検出されていません。
患者達は、大部分が★5歳以下の年齢の子供達です。
調査結果は、★子供達に突然始まる肝炎の増加がアデノウイルスの感染に繋がるかもしれないことを示唆し続けます。 アデノウイルスからの症状のこのパターンを見るのは通常ではないので、私達は、別の感染―コロナウイルス(Covid‐19)を含む―または環境的原因のような、他の可能性のある一因となる要因を調査しています。
私達はまた、Covid‐19の世界的流行病の間に露出を減少することによって増加した感受性が役割を演じている可能性があったのかどうかも調査しています。
★あなた方が母乳育児をしている場合Covid‐19ワクチンについて怪しんでいますか?
2021年10月26日

https://www.health.harvard.edu/blog/wondering-about-covid-19
母乳育児をしている間に人がワクチン接種するときに、彼等の免疫系は、Covid‐19に対して抵抗する抗体を発現します。
これらの抗体は、★母乳をとおして赤ちゃんへ伝えられます。
母乳育児をするワクチン接種した母親達の新生児達は、これらのCovid‐19に対する抗体から恩恵を被ることができます。
★母乳育児と肝炎。
https://www.rchsd.org/programs-services/neonatology/parent
不運なことに、母乳育児は、母親から乳児達へ様々な肝炎の形体の可能性のある伝達様式として、結果として影響を与えています。
急性ウイルス肝炎は、米国では肝臓の病気のありがちな症例であり、結果として重大な疾患とときおり死を引き起こします。 懸念されるウイルスの範囲は、著しく拡大しており、A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎、D型肝炎、E型肝炎、および現在G型肝炎も同様に、正当なアルファベットが他グループになっています。
幸運なことに、★母乳育児をとおして肝炎のほとんどの形体の伝達は稀です。

ゼータトーク 分析 5/31/2022:
幼い子供達の間での突然の肝炎の増加の原因が“不可解”であるという理由は、明白な理由が、また以前のように、★Covid‐19のワクチンであるためです。
★ファイザーのmRNAワクチンは、健康な若い人々の突然の心臓発作、葬儀屋達によって見られた組織の広範囲に及ぶ凝固、縮んでいく胎盤による健康な臨月の妊婦達でさえも流産の引き金となること、抑圧されて疲弊した免疫系により引き起こされるAIDSギラン‐バレー(症候群)のような自己免疫疾患に結果として影響を与えます。
しかしこの情報は、★主流メディアに現れていません。

幼い子供達の肝炎について知られている事は、★患者数の増加が春の頭部の風邪と歩調を合わせているように見えます。
患者達の約半分は、アデノウイルスが存在していることを示します。 これは、ほんの半分の原因です。 ★授乳とワクチン接種した母親達との関連は、データが即座にウェブから消されるので不明です。 ★肝炎の症例の1つは、ファイザーのワクチンが誘発するのを知られている自己免疫反応です。
授乳している母親は、★授乳をとおしてスパイク蛋白質を伝達できるのでしょうか?
これは、★抗体や肝炎ウイルスでさえも原因であると証明されています。

★母乳を授乳されている幼い子供達の100%についての隠されたデータが正しいと考慮しなさい。 彼等は、スパイク蛋白質の伝達子を受け取りました。
肝炎を発症しているどの年齢の子供達も★スパイク蛋白質の発散に曝されていると考慮しなさい。 ギラン‐バレー症候群のような多くの自己免疫反応は、肉体が通常のインフルエンザまたは風邪と闘うときに発生し、そして★ファイザーのワクチンの結果として起こることを示されています。
したがって★春の頭部の風邪の季節の間の最近の肝炎の増加は、2倍の強打であり、二重の原因です。

主流メディアでも、Covid-19ワクチンが殺人者であるという報告が増えています。
これは、始まりから知られていましたが、この情報は、★ワクチンが一般民衆を弱らせて多く(の人々)を殺すよう推し進めた悪魔主義者達によってまだ圧縮されています。 Covid-19封鎖は、スウェーデンでの結果が示したように、★政治的支配のために利用されました。 スパイク蛋白質は、血栓注射として知られ、若い者達に心臓発作を引き起こすワクチンとともに注がれて、他の者達へ伝わりました。
しかし★悪魔主義者達に対する秘密戦争は、少しずつ勝利されていっています。

★SARS‐CoV‐2 mRNAワクチン接種による固有の免疫抑制: グアニン4重鎖、エクソソーム、およびマイクロRNA
2022年4月15日

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9012513/
この論文で、★ワクチン接種が人間の健康に種々の有害な因果関係をもたらす、★I型インターフェロン情報伝達における深刻な障害を引き起こすという証拠を、私達は提示します。 ワクチンのナノ粒子を取り込んでいる免疫細胞は、離れた場所の受容細胞に伝達応答を誘導する重大なマイクロRNAとともに★スパイク蛋白質を含む多数のエクソソームを循環へ放出します。
私達はまた、★タンパク質合成の調節制御と癌監視における潜在的な深刻な障害を特定します。 これらの障害は、潜在的に、神経変性疾患、心筋炎、免疫性血小板減少症、ベル麻痺、肝疾患、適応免疫障害、DNA損傷応答障害および腫瘍形成との因果関係があります。
私達は、★私達の仮説を支えるVAERSのデータベースからの証拠を示します。
★ヨーロッパ全域にわたってCovid‐19ワクチン接種により44,000人が死亡し、420万人が障害を負いました。
2022年4月30日

https://dailyexpose.uk/2022/04/30/44k-dead-covid-vaccination
疑わしい薬物反応報告についてのヨーロッパの(押収経済領域諸国と非欧州経済領域諸国)データベースは、欧州薬品機関(EMA)によって検証されたEudraVigilance(ユードラヴィジランス)であり、彼等は今、★5回の実験的なCovid‐19の注射の後に43,898件の死亡数と4190493件の障害を報告しています。
私達は、これを公表することを始めて以来、ヨーロッパの他の国々もまた、数を計算して、合計を確認しています。