カテゴリー
未分類

816:セントローレンス水路

The ZetaTalk Newsletter
2022年5月22日 日曜日 ★816号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★セントローレンス水路

ゼータ達は、ニューマドリッド調整の間と最終的にポールシフトそのものの間に、★セントローレンス水路と境を接する土地に起こるだろう事について多くの情報を提供しました。 セントローレンス水路は、★ダルースを越えて土地を引き裂き開いて、2022年初期に進行中の過程は、★これらの土地が2月と3月と4月に着実に小刻みな振動の中で示します。



ゼータトーク 予測 2010:
セントローレンス水路は、引き裂け開きます。
これは、事実上、ポールシフトそのものの間に起こるいっそう大きな内陸の湾へと引き裂け離れる事よりも、むしろ★セントローレンス水路に沿った弱い地点での様々な調整です。
ナイアガラ滝は残るでしょうが、★内陸の岩のいくらかは壊れるでしょう。
ミネソタ州ダルースの引き裂けの末端は、結果として生じるサウスダコタ州での襞と間でのすべての部分の地面の小規模の転移とともに、さらにいっそう★内陸を引き裂きます。

ゼータトーク 予測 2010:
ニューマドリッド断層線がオハイオ州の五大湖の真下のセントローレンス水路に沿って北上するので、★クリーブランドやトレドのような諸都市は、それらの下の岩が突き出るか落下して垂直な調整をおこなう際に、それらの諸都市のインフラが所々で大幅に粉砕されることに気づくでしょう。
事実上、断層線上に存在する★バッファローは同様にこのやり方で粉砕され、そのような状態で高速道路は役に立たなくなりますが、★ナイアガラ滝のセントローレンス水路は残るでしょう。

セントローレンス水路が広がる間に、ナイアガラ滝からダルースへの経路は、何でしょうか?
これは、★五大湖を通って進む現行の水路ルートを辿るのでしょうか?
ゼータ達によると、★この境界がセントローレンス水路が元々何処で引き裂けるのかを決定した方法であったので、ルートは岩の層の境界に沿って走ります。 ★中部大陸断層は、ウィスコンシン州を守り、ミシガン州が岩の境界の下方に存在します。 トロントの下方の大きくなっていく陥没穴は、★この土地が結果として生じる新セントローレンス水路の南で終わることを示します。

★オンタリオ州エリー湖沿岸で増大する陥没穴。
私達が住んでいる場所の近くで沈下している土地があり、それは、かなり大きくなっていき、★ほぼ1000フィートの長さであり、私は、たびたびそこを訪問しており、★毎年それは大きくなっています。
ゼータ達は、これがどれほど大きくなるのか、そしてどの方向に延びるのかについて、何らかの考えを私達に伝えてくれますか?
これが断層線の一部であるのかどうか、私はどのような情報も見つけることができませんでした。 その進路の人々にとり貴重な情報があるでしょう。
ここにグーグルアースの座標があります:
北緯42度37.40 西経0度44.07

ゼータトーク 予測 2013:
ウィスコンシン州の周りを湾曲してカンサス州へと潜り込む中部大陸断層は、★ニューマドリッド調整の間に地形の変化も体験しないでしょう。 ★ニューマドリッド調整の間のこの古い火山作用による傷跡に沿ったどのような緊張も、セントローレンス水路に沿った東の土地へ転移されるでしょう。

ゼータトーク 予測2010:
異なった構造型の岩の層の間の弱い接合部のためにセントトーレンス水路が形成し始めたことを、根底にある岩の層の地図から見ることができます。
これは、★衣料品の縫い目に類似しています。
衣服の外側から必ずしも見えませんが、弱点であり、縫い目がほどけ始めるときに、最初にまたは★最も簡単に裂けやすいのです。
セントローレンス水路は、境界線の南にあるエリー湖を除いて、本質的にこの境界線に沿って走ります。 したがって、セントローレンス水路がヒューロン湖とオンタリオ湖の間を通り抜ける潜在性があり、★ヒューロン湖東部の地質が示すように既に形成している進路があります。 そのような突破は、★トロントの充分北を走ります。 .

ゼータトーク 予測 5/31/2022:
★広い湾になるようにポールシフトの間に、そしてニューマドリッド調整の間にはより小規模で、セントローレンス水路が引き裂け開くでしょう
このセントローレンス水路の拡張の進路は、★セントローレンス水路が過去に形成されるのを可能にした岩層に沿って走るでしょう。 この岩層の境界は、オンタリオ湖からヒューロン湖までを繋ぐまで、セントローレンス川に沿って内陸を進むのを見ることができます。 ★ミシガン州のように、この進路の下方に位置するトロントは免れます。 ★ウィスコンシン州は、火山性中部大陸断層.によって分割されるセントローレンス水路から保護されます。

したがってニューマドリッド調整の間に起こるセントローレンス水路のトラウマは、★ダルースを越えて内陸を進行します。 地震図とヘリプロットの図式から見ることができる事は、★セントローレンス水路の進路の内部と進路上方のカナダの硬い岩の苦境です。
この牽引にも拘わらず、カナダは、★セントローレンス水路の下方の土地で米国を粉砕するニューマドリッド調整によって影響を受けないでしょう。
ダルースから西方へ引き裂けるセントローレンス水路は、サウスダコタ州ブラックヒルズをしわくちゃにするでしょうが、セントローレンス水路に沿った固定状態が破られるけれども、★デトロイトとトロントは影響を受けないでしょう。