カテゴリー
未分類

Q&A: ニビの石油成分のダンス

ジェームズ・クーンによると、★2022年5月20日アイダホ州南西―動き回っている尾の破片/“衛星の渦巻き旋回”のチューブのあるニビル。
[別の質問者から]
https://www.facebook.com/1788741532/videos/1523919144676717/

[さらに別の質問者から]
https://t.me/ZetaTalk_Followers/14307

[さらに別の質問者から]
ジェームズ・クーンによると―★2022年5月23日、アイダホ州南西。 その伸ばされた翼と尾の漂いのあるニビル。

[さらに別の質問者から]
https://www.facebook.com/1788741532/videos/1612076419177556/

[さらに別の質問者から]
https://t.me/ZetaTalk_Followers/14363

ジェームスとマリオによって撮影された静止画像を見ることに慣れた人々がこれらがビデオの短編に集められたときに見て驚いた物は、★石油成分集合体の中での動きです。
それらは、★文字通りくねくねと動いていました。 これは、動いていない太陽の本体と対照的に存在します。 ニビルは、★太陽に接近したおよそ5時の位置に見えます。 ニビルの北極がその磁子をその極から地球の方へ噴き出していく際に、ニビルの広大な尾は、★地球の方へ伸びます。
見えている石油成分集合体は、金星の公転軌道と地球の公転軌道の間で、したがってニビルよりもいっそう近いです。

これらの石油成分集合体は、“衛星の渦巻き旋回”、“真珠の首飾り”、および重い破片の周りに群がっています。
石油成分の雲は、ニビルの尾全体と同じように★帯電されています。 磁気的に帯電された物体は、★磁子が絶え間なく移動することを欲するので、互いに引き付けられたり、はじかれたりします。 ★私達が述べたように、運動なしではすべてが停滞するので、したがって生命が存在しないので、これは、神の計画の一部です。
互いの方へ移動する磁子の欲望は、磁場の機動力ですが、この運動は、混雑を避けるための、★すべての素粒子の流れにおける生来の欲望も含みます。

ジェームスとマリオによっておこなわれたこれらのビデオの編集に見られる★極端な脈動は、帯電された石油成分のダンスを示します。 これらの雲は、互いの方へ、互いから離れるように自由に両方に動くので、したがって“脈動の外見”なのです。 ★これは、時の経過とともに、大きな集合体が分解したり、新たな集団を形成したりして、変化する写真です。
★地球の大気圏に近づくと、石油成分は如何なるのでしょうか?
★酸素に遭遇すると、石油成分は、劇的な炎へと燃焼するでしょう。 しかし石油成分の大部分は、★“通過”後に宇宙空間へと戻るニビルの後に続くでしょう。