カテゴリー
未分類

817: ニビルの口実

The ZetaTalk Newsletter
2022年5月29日 日曜日 ★817号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★ニビルの口実

過去のNASAと権力体制では、ニビルの証拠を太陽フレアの所為にしており、ますます地球の空を血の色の赤へと変えていく赤い塵のための口実を提供するために、★イオン層に赤い塵を振りかけるためにロケットを送りさえしました。 空に配置された★太陽シミュレーターは、非難されており、全ての“地球温暖化”の計略は、ニビルがもたらすだろう”地球の変化”のための口実であるようにデザインされました。
★今やニビルが明瞭に空に見えるようになっています―空を血の色の赤に変える赤い塵や燃えている石油成分が権力体制をコメントなしのままにする―もっとも新しい口実は何ですか?

★オレンジ色に燃えているブラックホールについては、如何でしょう!
何?
それらは、理由のためにブラックホールと呼ばれます。
それらは、すべての物をその方へと引っ張る★重力の牽引であり、光線は、最も軽く最も容易な捉えた物の一部です。 ブラックホールとして表示されている写真は、1人の観察者が注目したように、奇妙に★アルベルトの写真のように見えます。
それらの口実は、★世界中で見える血の赤の空にとり何でしょうか?
★新しく発見されたブラックホールは、(地球に)やってくるのでしょうか?

★ブラックホール
https://en.wikipedia.org/wiki/Black_hole
ブラックホールは、重力が非常に強いので、それから何物―素粒子または光のような電磁気の放射物でさえも―も逃れることができない時空の領域です。
一般相対性理論は、充分にコンパクトな質量がブラックホールを形成するために★時空を変形することができると予測します。 逃げ場のない境界は、★事象の地平線と呼ばれます。 それを横切る物体の運命と状況に莫大な効果があるけれども、一般相対的理論によると局所的に検出可能な特徴はありません。
多くの方法で、ブラックホールは、光を反射しないので、理想的な★黒い天体のように活動します。

ゼータトークブラックホール 1995
 光が逃れることができないほど非常に暗く、非常に密度が濃いので、進入していくすべての物質は、★無感応状態へと圧縮されています。
ブラックホールは何でしょうか、そして物質は進入して決して出てこないのでしょうか?
ブラックホールは、彼等の落とし穴に捉えるすべてを飲み尽くすのでしょうか、そして何らかの脱出は、あるのでしょうか?
ブラックホールは、貪欲ですが、★ゆっくりと進行します。

★天の川の中心のブラックホールが初めて写真に撮られた。
2022年5月12日

https://www.nbcnews.com/science/space/black-hole-center
赤熱しているガスの明るい輪によって取り巻かれた楕円形型の空所を示す写真は、★ブラックホールを捉えた単に第2の画像です。

ゼータトークコメント 5/31/2022:
 赤い空は、★2003年に太陽系内惑星系内にニビルが到着した後に注目されました。
これらは、★シベリアの白い雪に赤さび色が落下して、★血の色に染まった小鳥達の水浴び用水盤の水が酸化鉄の陽性反応が検出された時でさえも、権力体制に無視されるか大気汚染であると主張されるかどちらかでした。
ニビルとその漂っている尾は、地球にいっそう引っ張られていっており、もちろんこれは、結果として★いっそう強力な血のように赤い空を生じるでしょう。
★一般の人々は、これが“終末の時”の徴候であると知っており、したがって権力体制による絶え間ない否定は、一般の人々を激怒させるだけです。 したがって権力体制は、沈黙状態に陥るだけでしょう。

ニビルが太陽系内惑星系内に到着して以来、★日の出と日の入りに見える“第二の太陽”は、口実の制作者達にとり問題です。 “第二の太陽”は、2014年から2015年のこれらの写真に見えるように、★二重の反射が水に見えるときに、特に問題があります。


しかしデイリーメールは、スターウォーズの口実に重きを置いています。 タトゥーインは、ハリウッドですが、★一般の人々によって見られる“第二の太陽”は、全くの現実です。
はい、これらすべての口実は、馬鹿げていますが、★“最後の数週間”が人類に降りかかって、★数日間地球が自転するのを停止するまで、人類は、おそらく馬鹿げている物を信じるように求められるでしょう。

タトゥーインへの移動: ★奇怪な二重の日の入りはまさにスターウォーズのルーク・スカイウォーカーの家での場面のように見えます。
2017年5月3日

https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-4470138/Star-Wars
‘スターウォーズの日’の直前に、映画ファンは、★ウェールズ上空のこの恐ろしい二重の日の入り―まさに叙事詩のような放映権からの場面のように見える―のスナップ写真を撮りました。 驚くべき視覚の幻想は、『新たな希望』シリーズで最初に撮影された映画からの象徴的な一場面にほとんど同一であるように見えます。

★火の玉と火球は、頻度を増して、私達の空を通過して筋を作っています。
アメリカン・メテオ・ソサエティーは、2005年以来事件を収集して報告しており、これは、★年々劇的な増加を示します。 まさに★2013年のチェリャビンスクの流星は、太陽の方向から来たように、ニビルと尾に運ばれるその破片が見つけられた場所で、今日、火の玉と火球での増加は、この尾に運ばれる破片のためです。
しかしそれは、NASAまたはメディアがあなた方に信じさせるものではありません。

ゼータトーク 予測 2/16/2013:
 明らかに小惑星ではなく、チャリビンスクの隕石は、惑星X、別名ニビルが、その広大な破片のいっぱいある尾を漂わせている、★太陽の方向からやってきました。 この隕石事件は、最初のものではなく、今回の通過の間の★最後のものともならないでしょう。
この隕石は、最近発見され、チャリビンスクの隕石と同じ日の後半に地球と月の間を通過するのを追跡された、2012DA14に関連があるのでしょうか?
疑いなく、★すべてが太陽の方向からやってくるでしょう。

★エンパイア・ステート・ビルディングよりも大きな小惑星が地球を通過するよう日程されました
2022年5月14日

https://www.news.com.au/technology/science/space/asteroid-bigger-than-empire-state-building-set-to-pass-by-earth/news-story/c5c8b06f197de6de081f318fc6377ce6
この大きさの小惑星は、もしも地球に衝突する場合、何らかの深刻な損傷を生じたでしょう。 ★小惑星388945(2008 TZ3)が約350万マイル離れた距離から私達を通過するはずなので、パニックする必要性がありません。
★米国宇宙軍は惑星防衛研究のためにNASAに数十年の火球データを公開します。
2022年4月8日

https://phys.org/news/2022-04-space-decades-bolide-nasa-planetary.html
NASAと米国宇宙軍の間の合意は、科学的社会と惑星防衛社会の利益のために、最近、火の玉事件(火球としても知られる大きな明るい流星)についての米国政府の探知装置によって収集された★数10年のデータの公的な公開に権限を与えました。
★火の玉についてよくある質問
https://www.amsmeteors.org/fireballs/faqf/
火の玉の大きさの数千個の流星が、毎日、地球の大気圏で発生します。
とは言え、これらの内の莫大な大多数は、海洋や無人地域で発生しており、かなりの数が日光に被われます。 夜間に発生する物もまた、それらに気づく人達が比較的に少数であるために、★存在を発見する機会がほとんどありません。 ★2005年以来毎年、アメリカン・メテオ・ソサエティーは、数100件の火の玉の報告を受け取っています。
事象が見つかりました: 2021年に981件;
事象が見つかりました: 2020年に826件;
事象が見つかりました: 2019年に709件;
事象が見つかりました: 2018年に609件;
事象が見つかりました: 2017年に638件;
事象が見つかりました: 2016年に590件;
事象が見つかりました: 2015年に580件;
事象が見つかりました: 2014年に399件;
事象が見つかりました: 2013年に386件;
事象が見つかりました: 2012年に201件;