カテゴリー
未分類

817: ルー対ウェイド

The ZetaTalk Newsletter
2022年5月29日 日曜日 ★817号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★ルー対ウェイド

“ルー対ウェイド”は、ほぼ先祖代々の法律と考えられており、しっかりと確立されているか、または多くの自由主義(リベラル)の米国最高裁判所裁判官達がそのように言っています。
しかし★未知の人物による最近の漏洩は、疑惑を高めています。 アリトは、再検討のために意見草案を書いており、この意見は、★現行の裁判官達が“ルー対ウェイド”を覆すだろうと指摘します。 ホワイトハウスから街路までの喧騒は、雷のように轟きます。
“ルー対ウェイド”は、現在未決訴訟事件表で最近の異議申し立てとともに絶え間なく異議申し立て下にあります。

★最高裁判所が中絶の権利を覆すことに投票していると意見草案は示します。
2022年5月2日

https://www.politico.com/news/2022/05/02/supreme-court-abortion
最高裁判所は、裁判所内部で流布されているサムエル・アリト裁判官により書かれて、POLITICO(ポリティコ)によって獲得された初期の草案の大多数の意見によると、画期的な事件ルー対ウェイドの判決を無効にするために投票しています。
意見草案は、★合衆国憲法の中絶の権利の保護を保証した1973年の気前よく権利を維持した判決―計画された親子関係対ケイシー―の大声の決然とした否認です。 ルーは、始まりから著しく間違っていたと、アリトは書きます。
★バイデンはロー対ウェイドへの最高裁判所の判決の草案について声明を発表し、報道機関への先例のない漏洩に言及しません。
2022年5月3日

https://www.thegatewaypundit.com/2022/05/biden-releases-statement
最高裁判所裁判長ジョン・ロバーツは、★先例のない漏洩についての声明を発表しました。 ロバーツは、伝えられるところによると、その真偽を確認し、調査を要請しました。
★最高裁判所の意見草案は中絶の裁定を破棄するだろう。
2022年5月4日

https://www.wsj.com/livecoverage/roe-v-wade-supreme-court-overturned
2月に書かれた草案は、(妊娠)15週以後のミシシッピ州の中絶禁止に関して、ルー、ドブズ対ジャクソンの女性保健機関に異議を申し立てる訴訟事件での12月の口頭弁論の流れと一致します。 草案は、裁判所の意見と分類されて、★裁判官達の大多数がそれに同意していたとほのめかします。

ゼータトーク コメント 5/31/2022:
 SCOTUS(米国最高裁判所)の訴訟事件19‐1392は、絶えず上訴下にあるロー対ウェイド訴訟事件であり、アリオト裁判官によって書かれた漏洩された草案は、★正当と認められています。
この問題が公的にSOCTUSで討議されて以来、★何が変化しているのでしょうか?
報道機関が存在し、★母親が臨月出産後でも彼女の赤ちゃんを処分するのを可能にする法律でもあります。 望まなかった妊娠を初期の数週間内に終わらせる権利を多くの人々の心に留めている中絶の権利のそのような濫用は、投票する裁判官達の大多数が今、★実際に中絶の制限を復帰させることを欲するように社会的雰囲気を染めています。