カテゴリー
未分類

Q&A: ジェット気流の“ぐらつき”

★英国から南下するジェット気流と湾流は、少々奇妙に見えています。
それは、“ぐらつき”と関係がありますか?
気流は、その通常の進路西から東へに反して、★東から西へ進んでいます。

[別の質問者から]
https://earth.nullschool.net

ジェット気流は、通常、天候の前線―高気圧と低気圧―のためにときおり僅かな波とともに西から東へ進みます。
2003年にニビルが太陽系内惑星系内へ進入して、“毎日のぐらつき”が始まって以来、ジェット気流は、★いっそう極端になっていますが、まだ基本的な西から東への進路を辿っています。
“ブンブン箱”が引き起こした延期から“地球の変化”が取り戻すのを可能にするように、★宇宙協議会がいっそう酷い“ぐらつき”の根拠となっているので、ジェット気流は、★さらにいっそう常軌を逸するようになっています。

ナンシーが国際的なチームとともに“毎日の地球のぐらつき”の結果と立証した2004年以来、 ★“極の一押し”は、太陽が太平洋上の高い位置にあるときに起こっています。
今日、これは、★北極の大気をヨーロッパへ引っ張り下ろしています。
それから地球が回転して太陽がインド上空にあるときに、★地球の北極は東へ回転して通常のジェット気流に反して、この北極の大気を西の方へ転移しています。 最後に、太陽がイタリア上空にあるときに、★地球の北極は、西へ傾いて、大西洋に渦巻きを生じています。