カテゴリー
未分類

Q&A: ニビルの“発表”

正確に10年前に、ゼータトーク・フォロワーズは、★ニビルに関する起こり得る発表について学びました。 発表は、途方もない失敗であると分かりました。 オバマからプロングスへ、ロシアの容認まで、★ニビルを認めるすべての試みは失敗しています。 今、ニビル複合体は、非常に接近しており、“ぐらつき”は、酷くなってきており、可視性は非常に増していっています。
★今現在、発表の状況は、如何ですか?
失敗した試みの10年後、私達は、ニビルに関する容認に身構えていっているのですか、それとも科学界は妨げられて、★容認は“最後の数週間”が2026年か2027年に到着するまでおそらくおこなわれないのですか?





実際に、オバマは、★2015年の秋までにニビルの存在と起ころうとしている“通過”を発表する準備を整えました。
★ダンフォード将軍は、続いて起こるかもしれないどのような暴動にも対処するために“ジェイド・ヘルム演習”を招集しました。 しかし当時私達が述べたように、★オバマは勇気を欠いており、“発表”は停滞しました。 ★オバマが陰謀団に立ち向かうことができなかったために、ダンフォード将軍は、当時、今日まで継続している戒厳令を制定しました。
宇宙協議会は、それから★私達がプロングス―民間の天文学者達によっておこなわれた発表―と呼んだものを促進しました。 これもまた、反対と脅迫に遭遇して、行き詰りました。

ロシアがニビルについて遥かにいっそう開放的である―★世界が“終末の時”にいるとキリル総主教が認めている―点で、ロシアからおこなわれる発表の可能性は、西側メディアがロシアについて強く主張する虚偽によって阻止されています。
ロシアは、自国の極東を、中国は同様に自国の“ゴースト都市”を準備していますが、一般の人々がニビルについて学ぶと、統制手段を失うのを恐れるのは、★ヨーロッパと英連邦諸国の悪魔主義者が支配する権力体制です。
ブリタニアは以前の植民地時代でおこなったように、もはや波を支配していないので、★真実は、西側メディアで禁じられています。

米国軍事政権とヨーロッパの善玉同盟は、★悪魔主義者達を逮捕して処刑していっており、代役達に置き換えていっています。
2020年選挙盗難後、軍事政権は、★中国のCCPの侵略とディープステートがあまりにも悪魔主義に感染されている状態に気づいたので、ニビルを発表することは、もっとも懸念されていません。
今、★軍事政権と善玉達は優勢ですが、その間に、作物の不作を引き起こす天候のために飢餓が気味悪く伸し掛かってきます。 ★ニビルの”通過”までに残されている短い時期に、さらにいっそうの混沌がプレート移動のために発生するでしょう。

★暴動が米国の軍を圧倒するという恐怖は、軍事政権にとり際立っています。 米国での内戦の恐怖は、軍事政権がトランプ大統領を彼等の最高司令官と考慮するけれども、★トランプ大統領を復帰させるのを延期しています。
率直に言って、★中国が無秩序を恐れるので上海での封鎖の試験がおこなわれていると、私達は述べています。
その間に、ニビルは、明瞭で、★測定可能な“ぐらつき”と燃え立つ石油成分のような空の徴候で、毎日ニビルそのものを披露しています。 ニビルが“通過”のために接近しているという公式発表よりもむしろ、一般民衆は、★権力体制が支配した軍によるいっそう緊密な掌握を予測すべきです。