カテゴリー
未分類

NL820: 食糧不足

The ZetaTalk Newsletter
2022年6月19日 日曜日 ★820号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★食糧不足

ゼータ達は、食糧不足が常軌を逸した天候のために発生するだろうと2008年に予測しました
1年前の2021年6月に、天候の極端さのための食糧不足がニュースに載っていました。 ★(食料)不足は、延期した配送と複数の港でのコンテナの混雑の所為にされており、このすべてがCovid‐19の危機の所為にされています。
そして今、★ウクライナでの戦争の所為にされている付加的な食糧不足を加えることができます。
★食糧不足と結果として生じる飢餓に終わりがないように見えるので、一般人は、どのように反応するのでしょうか?
権力体制は、★価格統制と軍の食糧分配割当量または農場や畑での強制労働を利用するかもしれません。
一般人は食糧原料を貯蔵すべきでしょうか?
食事療法を変える?
または★自給自足になる?

★ウクライナでの戦争が世界的な食糧不足を引き起こす。
2022年5月28日

https://www.rferl.org/a/war-ukraine-global-food-shortage/
2021年だけで、★ロシアとウクライナは、大麦、トウモロコシ、菜種、ヒマワリの種、ヒマワリ油の世界的輸出の先導者達としてランク付けされました。
ともに彼等は、★世界の小麦供給のほぼ30パーセントを輸出しました。 ウクライナが★世界の菜種の20パーセントを算出した一方で、ロシアは、★世界の小麦の17パーセントを輸出しました。
★来るべき食糧大災害。
2022年5月19日

https://www.economist.com/leaders/2022/05/19/the-coming-food
★ウクライナの穀類と脂肪種子の輸出はがほぼ停止しており、ロシアの輸出は、脅かされています。
ともに2国は、取引カロリーの12%を供給します。 年初以来53%上昇した小麦価格は、5月16日に、警報を発する★熱波のために輸出を中止するだろうとインドが言った後に、さらに6%跳ね上がりました。
★6か月内に食糧不足―グローバリスト達は何が起こるかを私達に伝えている。
2022年4月29日

https://alt-market.us/food-shortages-in-six-months
とは言え★ロシアもまた世界のアンモニアのおよそ20%と世界の水酸化カリウムの供給を生産するので、ウクライナをはるかに超えた問題であるのは、ロシアへの制裁です。 これらは、★大規模な農業産業で使用される肥料の鍵となる成分です。
★米国農業の専門家達の間での期待は、ロシアの供給が消える空所を中国が満たすことです。
世界のほぼ他の場所でのCovidの死亡率は、0.27%という感染の致死率の中央値を見ます; ★平均で世界の人々の99.7%は、ウイルスによる死という表現で恐れることは何もないことを意味します。
しかし中国では、CCPは、まるで黒死病に対処しているかのように行動しています。
何故?
多くのアメリカ人達やヨーロッパ人達が実感していないが、★進行している経済戦争に中国が既に従事していたかもしれない可能性を、私は示唆するでしょう。 これは、米国とヨーロッパへの輸出の禁止のためのベータ検査であるかもしれません。

ゼータトーク 助言 5/31/2022:
 1995年のゼータトーク・サーガの始まり以来、私達は、★一般民衆が食糧とエネルギー生産において自給自足となることを称揚しています。
私達は、それらが供給する脂肪やたんぱく質やビタミンのために、★一般民衆が昆虫と雑草を食べるのを奨励しています。 ★赤身肉に匹敵するリジン蛋白質を提供することができる植生の組み合わせがあります。
食糧が尽きる時に権力体制がとる措置は、長い間ぼんやりと見えてきています。 食料品の輸出が停止された2009年早期に、私達は予測しました。

 今や時が到来しています。
食糧不足を地球温暖化(長い間ニビルによって引き起こされた”地球の変化”のための口実)、またはCovid‐19の封鎖(Covidがまさにもう1つのインフルエンザであったとき)、またはウクライナでの戦争(油田とガス田のためにロシアに侵攻するNATOとヨーロッパの計画が引き起こされたとき)の所為にしようとすることは、★結果を変えません。
数年以上の私達の助言は、変化していません。
裏庭かポーチのコンテナでの菜園、種子の保存、および堆肥と糞尿で地虫(ミミズ)を育てることを始めること。 ★可能ならば鶏を放し飼いで飼うこと、そして★山羊の群れがあなた方の灌木と草を食べるのを可能にします。

 地球の人口の大多数が諸都市に住むので、権力体制には、自分達自身に食糧を供給するために人口を★強制労働へと脅す以外何の選択肢もないかもしれません。
代替案は、強者が弱者から奪うか、率直に言って共食いの間に弱者を食べる『マッドマックス』の存在です。 戒厳令と強制労働を避けたい人々にとり、★自給自足共同体を確立することは、権力体制によってこれらの措置を妨げるでしょう。
★学習曲線があるように、どのように菜園をするか、昆虫を育てるか、家禽や家畜を維持するのかを学ぶのに遅延無しにすべきです。 ★1袋の種子を持つことでは十分ではありません。

ゼータトーク 予測 10/31/2021:
 大多数は、すでに起こっている食糧不足と燃料不足に、どのように反応するのでしょうか?
これはもちろん、★人々を自宅に留まるよう強制して抵抗しないようにするためのCovid封鎖の主要な理由です。 それはまた、どの国民の怒りも遅らせるための、米国の刺激策小切手のような★政府の給付金のための理由です。
必然的に、耕作して収穫するための労働に強制される労働収容所が存在し、“地球の変化”が都市を引き裂くときにこれらの労働収容所は、田舎の地域に掩蔽壕を建設するために割り当てられるでしょう。
★戒厳令が実施されるので、マッドマックス・ギャングは、許容されないでしょう。


ゼータトーク 予測 2008:
 価格統制は、1つの達成手段ですが、価格統制と共にでさえ、私達が長い間予測している★悪化していく天候の極端さのために継続して増加するでしょう。
米国では、米国政府が余剰食料品の施し物を削減するので、無料食堂が脅かされます。 余剰品目はなく、またはそれらはすぐになくなっています。 ★新規則は、おそらくあらゆる所で制定されそうです。
肥満した人々は、多分数個のビタミン剤と1日1個の茹で卵のような最小限の蛋白質だけを与えられる、規定食を摂ることを奨励されるでしょう。 ★家畜に餌として与えられる穀物は、人間の消費に流用されるでしょう。 ★すべての休耕地は、生産場所に移行されるでしょう。
そしてもちろん、価格統制は、もはや★食料を買う余裕のない人々の間でにパニックを妨げるために制定されました。