カテゴリー
未分類

NL820

The ZetaTalk Newsletter
2022年6月19日 日曜日 ★820号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★ワシントンポストの方針転換

ウクライナ戦争の始まり以来、西側メディアは、これを、ロシアの侵攻と描写して、ロシアが敗北していると述べていました。 事実は重要ではありませんでした。 突然5月27日に、この西側メディアの嘘の鍵となる指導者は、完全な方針転換をおこないました。 ★ウクライナが敗北していっています。
ウクライナは、戦闘に参加するようにNATOを説得できなかったのですか?
米国は、公然と拒絶していました。 ★ウクライナは厳密に言うとロシアの一部であるので、ベン・フルフォードによると、これは、★厳密に言うと警察活動でした。 ウクライナは、★資金洗浄の中枢でモロク崇拝の発生地であり、したがって★悪魔主義者達にとり重要です。
しかし何故、ワシントンポストは彼等の姿勢を方針展開したのでしょうか?

★唖然とさせる転換で、ワシントンポストは、ウクライナの最前線の軍隊の壊滅的な状態、崩壊した道徳を認める。
2022年5月27日

https://www.zerohedge.com/military/wapo-stunning-first-admits
今、4ヶ月目に入ったウクライナでのロシアの戦争とともに、主流メディアの消費者達は、ロシアの広範囲の軍事的損失についての外観上終わりなき見出しと分析を扱っています。
同時に、ウクライナ軍がもてはやされ、戦場の武勇は、これまでの所与えられている最新のウクライナ軍の犠牲者、後退、および装備の損失を詳細に示す、★本質的にゼロである公的情報とともに、実際よりも美化して描かれる傾向があります。
しかしまず初めに、ワシントンポストは、米国が支援して装備したウクライナ軍が事実上どのように整形しているのかについての★驚くほど悲惨で控えめであるかを公表しています。 報道は、今週、★小隊規模のグループが武器、弾薬、食糧および適切な指揮支援の不足のために単純に戦うことができないと宣言する、オンラインで広く流布しているビデオを参照事項として引用します。
西側が段階的拡大のために身構える際に★ウクライナは和平会談の要求を展開する。
2022年5月6日

https://www.washingtonpost.com/national-security/2022/05/06/
★ウクライナ大統領ヴォロディミール・ゼレンスキーは、ロシアとの和平交渉を提起するために彼の条件の輪郭を描いて、キエフがその武器を置くことを考慮する前に、侵略以前の国境の回復、500万人以上の難民の帰還、ヨーロッパ連合の加盟およびロシア軍指導者からの説明責任を要求しました。

★ウクライナは現実に直面してプーチンと話す必要があるとゼレンスキーは言っています。
2022年5月27日

https://www.reuters.com/world/europe/ukraine-needs
ウクライナ大統領ヴォロディミール・ゼレンスキーは、金曜日に、ウクライナがロシアのウラジミール・プーチンと話すのに熱心ではなかったが、おそらくこれが★戦争を終わらせるために必要であるという現実に直面しなければならないと言いました。
★ウクライナはドンバスで敗北していっているのか?
2022年5月28日

https://www.dailymail.co.uk/news/article-10863019/Ukraine
ロシア軍が自軍の容赦ない進軍を継続するので、ウクライナは、★ルガンスク地域での最後の持ち場から退却しなければならないかもしれないことを認めています。 ルガンスクを去っていくウクライナ人兵士達は、戦争でのその象徴的重要性のために、国への痛手であるでしょう。

ゼータトーク コメント 5/31/2022:
西側メディアは、★数10年間悪魔主義者の陰謀団によって支配されており、それゆえに盗まれた2020年(大統領)選挙911のような他の陰謀団の巧妙な策略またはフォートノックスから黄金を盗難する試みは、抑制されています。
★真実は、陰謀論として示されます。
これらの大嘘のどれについてもの真実が今にも明らかにされようとしているのなら、特集記事が公表されますが、★真実はめったに一面記事で公的に認められません。 これがワシントンポストのウクライナのおしゃべりで起こっているという事は、実際のニュースです。 ワシントンポストの方向転換は、突然であり、★真実は彼等の記事の証拠によって支えられました。
★何が起こったのでしょうか?

私達が述べているように、★現場の背後で進行している秘密の戦争があります。
米国軍事政権とヨーロッパの善玉同盟は、悪魔主義者の陰謀団の指導者達を逮捕して、ジトモに連行しており、そして大抵の場合、彼等を代役達に交代させる一方で、これらの指導者達を処刑しています。 ★軍事政権が米国での内戦を恐れているために、これは、メディアには載っていません。 一般の人々は、メディアによって数10年間嘘を吐かれており、それゆえに真実を抵抗するように準備をされています。
西側の主要メディアへのこの把握力は、どのように破られるのでしょうか?

メディアによって広められた大嘘は、議論できることと議論できないことについてのメモを発行する★首席編集者達によって手配されて管理されています。 彼等は、目に見えない未知の助言者達―★ニュー・ワールド・オーダーの大物達―からの彼等の命令を受けます。 メディアが第一修正条項によって保護されているので、単純に遮断することができません。 陰謀団からの資金でぎっしり詰め込まれた、ブレーキの無い列車であるように見えます。
★ウクライナの話についてのワシントンポストの降伏は、この列車が脱線されていることを示します。 この話は、メディアには決して現れないので、確証されるのは不可能です。 ★逮捕されているニューワールドオーダーの責任者達は、一般の人々に知られさえしないでしょう。
★ワシントンポストの降伏は、最初であるかもしれませんが、最後ではないでしょう。

最近、★ニュー・ワールド・オーダーの擁護者達は、挫折しています。
★世界での彼等の影響力は衰えていっています。
一例は、彼等のために国連が世界を運営するのを可能にする圧力です。 いつ封鎖があるべきなのかをWHOが決定するのを可能にするための国連の提案をバイデンは提起しましたが、WHOは、★他の国々の反対のためにバイデンの修正案13件の内12件をを削除するように強制されました。
しかしゼータ達が言及する★これらの“沈黙の操り者達”は誰でしょうか?

★ベゾスの保釈の際に偽のバイデン政体が崩壊する
2022年5月30日

https://benjaminfulford.net/2022/05/30/fake-biden-regime
その主要な後援者達の一人ジェフ・ベゾスが保釈されて、地球同盟に参加した際に、偽のバイデン政体にとり終わりは近いと、CIA情報源は言っています。
これは、彼のワシントンポストの代弁者が真実を報道したときに示されました; ★ウクライナ政府と軍は、崩壊していっています。
注目すべき他の事は、先週、★スイスで集まったダボス世界経済フォーラムとその姉妹組織世界障害組織の完全な崩壊でした。 WHOは、全世界のその支配者の絶対的独裁権力を授ける勝利の場とともに75周年記念をおこなうはずでした。
★WHOはIHRへのバイデンの主権な修正案の内12件を撤回する; その後それらを再訪するかも知れません。
2022年5月2日

https://thenewamerican.com/who-withdraws-12-of-bidens
英国での合法的活動とともに、★WHOの国際衛生条約(IHR)―グローバリスト達への国際的な主権を譲渡していた―へ提出された修正案に対する世界的な反動は、当面の間、それらの修正案のほとんどすべてが今の所取り下げられることを結果として生じています。
とは言え、世界の巨頭達が政策を再検討するのを妨げるものは、何もありません。
公聴会を傍聴した独立報道記者ジェームス・ロゴウスキによると、今週ジュネーブで世界保健総会での投票のために、★バイデン政権によって提出された13の内12の修正案が検討対象から排除されています。

ゼータトーク コメント 5/31/2022:   人間社会の出来事を指揮している最上部の影響力は、単純な名前か組織の名前によって突き止められるのを可能にしません。
★彼等は、理由があって無言であり、人間社会に知られていません。
これらの出来事は、候補者達の選出と選挙運動の妨害と暗殺とともに、政治的傾向を含みます。 これらの出来事は、★価格の引き上げと手配された不足と密かにブラックリストに載せた株式会社とともに経済的条件を含みます。 これらの出来事は、★国境を越えて運ばれて人間の手によって蔓延された細菌とともに手配された世界的伝染病を含みます。

際立った富がこれらの作戦を促進しますが、資金が繰り返し洗浄されるので、金銭を追跡することは、挫折するだけです。 これは、★香港やカリブ海のように資金洗浄の中枢であるウクライナが、これらの“沈黙の主人達”によって価値あるものと考えるられていた1つの理由です。
ソロスが単なる表看板であると非難される点で、何年も前に心臓発作で亡くなっており、彼の財団に関しては、現在、彼の息子によって運営されて責任を問われていますが、★既に逮捕されています。 同じ事が、★ナチグループまたはCIAまたはイランにおける真実です。 存在するが、最上層部ではなく、“沈黙の主人達”でもない、指揮構造の1階層であるこれらのグループの内部の個人達です。

これらの表看板達は、彼等の通常の活動が、★“沈黙の主人達”のためにおこなわれた仕事を信用できるものにするので、役割があるように選ばれます。 彼等の割り当てられた仕事は、一般の人々が表看板達と関連付ける鋳型に適合します。 しかし人は、★表看板達を尋問することによって沈黙の主人達を見つけることができません。 彼等は、また以前のように★無名で沈黙している連絡先を指摘することができるだけです。
それでは★どのようにして、軍事政権と善玉達は、これらの沈黙の主人達を見つけているのですか?
追跡を上向きに辿る伝統的な警察の手法を使用することだけでなく、★私達のゼータトークの援助のような精神的情報を使用します。
★沈黙の主人達の目標は、何ですか?
すべての資産と生存グループの支配とともに、★ポールシフト後の世界統治。

★食糧不足

ゼータ達は、食糧不足が常軌を逸した天候のために発生するだろうと2008年に予測しました
1年前の2021年6月に、天候の極端さのための食糧不足がニュースに載っていました。 ★(食料)不足は、延期した配送と複数の港でのコンテナの混雑の所為にされており、このすべてがCovid‐19の危機の所為にされています。
そして今、★ウクライナでの戦争の所為にされている付加的な食糧不足を加えることができます。
★食糧不足と結果として生じる飢餓に終わりがないように見えるので、一般人は、どのように反応するのでしょうか?
権力体制は、★価格統制と軍の食糧分配割当量または農場や畑での強制労働を利用するかもしれません。
一般人は食糧原料を貯蔵すべきでしょうか?
食事療法を変える?
または★自給自足になる?

★ウクライナでの戦争が世界的な食糧不足を引き起こす。
2022年5月28日

https://www.rferl.org/a/war-ukraine-global-food-shortage/
2021年だけで、★ロシアとウクライナは、大麦、トウモロコシ、菜種、ヒマワリの種、ヒマワリ油の世界的輸出の先導者達としてランク付けされました。
ともに彼等は、★世界の小麦供給のほぼ30パーセントを輸出しました。 ウクライナが★世界の菜種の20パーセントを算出した一方で、ロシアは、★世界の小麦の17パーセントを輸出しました。
★来るべき食糧大災害。
2022年5月19日

https://www.economist.com/leaders/2022/05/19/the-coming-food
★ウクライナの穀類と脂肪種子の輸出はがほぼ停止しており、ロシアの輸出は、脅かされています。
ともに2国は、取引カロリーの12%を供給します。 年初以来53%上昇した小麦価格は、5月16日に、警報を発する★熱波のために輸出を中止するだろうとインドが言った後に、さらに6%跳ね上がりました。
★6か月内に食糧不足―グローバリスト達は何が起こるかを私達に伝えている。
2022年4月29日

https://alt-market.us/food-shortages-in-six-months
とは言え★ロシアもまた世界のアンモニアのおよそ20%と世界の水酸化カリウムの供給を生産するので、ウクライナをはるかに超えた問題であるのは、ロシアへの制裁です。 これらは、★大規模な農業産業で使用される肥料の鍵となる成分です。
★米国農業の専門家達の間での期待は、ロシアの供給が消える空所を中国が満たすことです。
世界のほぼ他の場所でのCovidの死亡率は、0.27%という感染の致死率の中央値を見ます; ★平均で世界の人々の99.7%は、ウイルスによる死という表現で恐れることは何もないことを意味します。
しかし中国では、CCPは、まるで黒死病に対処しているかのように行動しています。
何故?
多くのアメリカ人達やヨーロッパ人達が実感していないが、★進行している経済戦争に中国が既に従事していたかもしれない可能性を、私は示唆するでしょう。 これは、米国とヨーロッパへの輸出の禁止のためのベータ検査であるかもしれません。

ゼータトーク 助言 5/31/2022:
1995年のゼータトーク・サーガの始まり以来、私達は、★一般民衆が食糧とエネルギー生産において自給自足となることを称揚しています。
私達は、それらが供給する脂肪やたんぱく質やビタミンのために、★一般民衆が昆虫と雑草を食べるのを奨励しています。 ★赤身肉に匹敵するリジン蛋白質を提供することができる植生の組み合わせがあります。
食糧が尽きる時に権力体制がとる措置は、長い間ぼんやりと見えてきています。 食料品の輸出が停止された2009年早期に、私達は予測しました。

今や時が到来しています。
食糧不足を地球温暖化(長い間ニビルによって引き起こされた”地球の変化”のための口実)、またはCovid‐19の封鎖(Covidがまさにもう1つのインフルエンザであったとき)、またはウクライナでの戦争(油田とガス田のためにロシアに侵攻するNATOとヨーロッパの計画が引き起こされたとき)の所為にしようとすることは、★結果を変えません。
数年以上の私達の助言は、変化していません。
裏庭かポーチのコンテナでの菜園、種子の保存、および堆肥と糞尿で地虫(ミミズ)を育てることを始めること。 ★可能ならば鶏を放し飼いで飼うこと、そして★山羊の群れがあなた方の灌木と草を食べるのを可能にします。

地球の人口の大多数が諸都市に住むので、権力体制には、自分達自身に食糧を供給するために人口を★強制労働へと脅す以外何の選択肢もないかもしれません。
代替案は、強者が弱者から奪うか、率直に言って共食いの間に弱者を食べる『マッドマックス』の存在です。 戒厳令と強制労働を避けたい人々にとり、★自給自足共同体を確立することは、権力体制によってこれらの措置を妨げるでしょう。
★学習曲線があるように、どのように菜園をするか、昆虫を育てるか、家禽や家畜を維持するのかを学ぶのに遅延無しにすべきです。 ★1袋の種子を持つことでは十分ではありません。

ゼータトーク 予測 10/31/2021:
大多数は、すでに起こっている食糧不足と燃料不足に、どのように反応するのでしょうか?
これはもちろん、★人々を自宅に留まるよう強制して抵抗しないようにするためのCovid封鎖の主要な理由です。 それはまた、どの国民の怒りも遅らせるための、米国の刺激策小切手のような★政府の給付金のための理由です。
必然的に、耕作して収穫するための労働に強制される労働収容所が存在し、“地球の変化”が都市を引き裂くときにこれらの労働収容所は、田舎の地域に掩蔽壕を建設するために割り当てられるでしょう。
★戒厳令が実施されるので、マッドマックス・ギャングは、許容されないでしょう。


ゼータトーク 予測 2008:
価格統制は、1つの達成手段ですが、価格統制と共にでさえ、私達が長い間予測している★悪化していく天候の極端さのために継続して増加するでしょう。
米国では、米国政府が余剰食料品の施し物を削減するので、無料食堂が脅かされます。 余剰品目はなく、またはそれらはすぐになくなっています。 ★新規則は、おそらくあらゆる所で制定されそうです。
肥満した人々は、多分数個のビタミン剤と1日1個の茹で卵のような最小限の蛋白質だけを与えられる、規定食を摂ることを奨励されるでしょう。 ★家畜に餌として与えられる穀物は、人間の消費に流用されるでしょう。 ★すべての休耕地は、生産場所に移行されるでしょう。
そしてもちろん、価格統制は、もはや★食料を買う余裕のない人々の間でにパニックを妨げるために制定されました。

★謎と討論

ここ数日、★上空に見られる多くの物体は、謎または論争の余地があります。
例えば、最近、★オンタリオ州上空に見られた火竜。 それは、★太陽から筋を付けて離れていくように見えます。
ゼータ達は説明します。

ゼータトーク 分析 6/2/2022:
★燃えている石油成分のこの筋は、地球の自転のためだけに動いているように見えます。
カメラは沈んでいく太陽に固定されており、地球が東の方へ回転すると、オンタリオからの眺めでは、地球と太陽の間で1時間かそれ位の間、★燃えている石油成分下で流れています。 したがって石油成分が燃える際に筋の外見は、★上層大気圏に留まります。
私達は、最近、ニビル複合体のさらなるそのような兆候が上空で明白になると予測し、そしてこれは一例です。

それから★エリー湖や通常水の上空のどこか他の上空に見えた回転している明るい物体があります。 これは、典型的なUFOの行動のように見えません。 また以前のように、ゼータ達は説明します。

これは、日没直後に昨夜、★エリー湖の100フィートかそのくらい離れた所に、約20フィートから30フィート上空に出現しました。 … ある時サウスクリーヴランドからエリー湖の方へ浮かんでいるオーブ(球体)を見ました。 ★オーブ(球体)が湖に行くのに15分掛かりました。 私は、注意深く見ました、一度湖上空になったら、それはすぐに消えました。 それはただ消えただけした! … 私は、子供の時から球体を湖上空に見ています。 湖面からそれほど遠くなく、様々な色で、無作為に。 時折、私は、それらが湖の上の浮いている際に、湖面を照らしているのを見ることができます。 … 昨年の夏、私は、私の菜園から捉えた物を、私に思い出させます。

ゼータトーク 分析 6/3/2022:
2021年からの母船の写真の捕撮画像と違って、これらのエリー湖のオーブ(球)は存在しますが、★球電光の種類は、故面上に浮遊しています。
エリー湖は張り詰めたニューマドリッド断層線に沿って存在し、したがって岩は、緊張下にあり、★圧縮下の岩が放射する電子のキーキー音を支えます。
これらの目撃のための★水の関連に注目してください。
稲光は、★水に着地したがり、水中の断層線から上がってきている素粒子の流れがあまりにも強過ぎない限り、そのように活動するでしょう。 ★稲光は、したがって水に移動しますが、最終的に空中へと分散するまで、それほど遠くへ進むことができません。

そして何故、ここ数日、ジェット気流は、円を描いて、★軌道を外れているのでしょうか?
また以前のように、ゼータ達は説明します。

ゼータトーク 分析 5/31/2022:
ジェット気流は、通常、天候の前線―高気圧と低気圧―のためにときおり僅かな波とともに西から東へ進みます。
2003年にニビルが太陽系内惑星系内へ進入して、“毎日のぐらつき”が始まって以来、ジェット気流は、★いっそう極端になっていますが、まだ基本的な西から東への進路を辿っています。
ブンブン箱が引き起こした延期から“地球の変化”が取り戻すのを可能にするように、★宇宙協議会がいっそう酷い“ぐらつき”の根拠となっているので、ジェット気流は、★さらにいっそう常軌を逸するようになっています。

ナンシーが国際的なチームとともに毎日の“地球のぐらつき”の結果と立証した2004年以来、 ★局の“一押し”は、太陽が太平洋上の高い位置にあるときに起こっています。
今日、これは、★北極の大気をヨーロッパへ引っ張り下ろしています。
それから地球が回転して太陽がインド上空にあるときに、★地球の北極は東へ回転して通常のジェット気流に反して、この北極の大気を西の方へ転移しています。 最後に、太陽がイタリア上空にあるときに、★地球の北極は、西へ傾いて、大西洋に渦巻きを生じています。

過去2年間、ミステリーサークルの捏造は、いっそう磨き上げられて常習的になっており、権力体制は、ミステリーサークル製作者達が新たに提供しようとしている実際に★正当なメッセージを否定することを決定しました。 捏造品の制作者達が私達の間に存在することを証明して、★捏造品の制作者達が作るのを希望することができない物を、正当な制作者達が(制作)できることを示すために、★このリトルダウンのデザインは、作業中の偽物制作者達を捕まえて、彼等を迂回しました。

ゼータトーク 分析 5/31/2022:
ミステリーサークルのデザインについての論争―それらが人工なのか異星人によって作られたのかどうか―が継続します。
ミステリーサークル制作者達は、これが簡単な挑戦―対象を貫通してなぎ倒すよりもむしろ、その進路で★対象の周りを進むようにするデザインを必要とする―で証明することができると感じました。 したがって5月22日のヒッペンコンブのデザインは、その中心のサークルにおいて、★然るべき位置で一緒に結ばれる小麦の軸の集合体があります。 したがってミステリーサークルのデザインが必要とする通常のなぎ倒しや渦巻きのための障壁を形成しています。
正当なミステリーサークル制作者達は、それをなぎ倒すよりもむしろ、★この周りに渦巻きを形成しました。