カテゴリー
未分類

Q&A: CERNの復帰

ゼータ達は、CERNの再開についてコメントする気持ちがあるでしょうか?
[別の質問者から]
https://home.web.cern.ch/news/news/cern/join-cern-historic-week-particle-physics

[さらに別の質問者から]
★ヒッグス・ボソン(ボース粒子)研究者達は素粒子研究への帰還で10周年記念を記す。2022年2月7日。
https://www.euronews.com/2022/07/01/higgs-boson-researchers-mark-10-year-anniversary-with-return-to-particle-studies
ジュネーブ近郊に拠点を置く世界最大の研究センターであるCERNの科学者達が、★ヒッグスのボース粒子の存在を発表して以来、7月4日で10年になります。
3年間LHCの活動を停止して、CERNは、性能を高めるのに時間を掛けました。
★7月5日に、その歴史で3回目のために、大型ハドロン衝突型加速器は、衝突エネルギー(13.6兆電子ボルト)の先例のないレベルに再起動するでしょう。 ★大型ハドロン衝突型加速器を再起動し、無限に小さな破片を研究することによって、物理学者達は、暗黒物質または反物質のような話題についての私達の知識の限界を、さらに押すことを希望します。

[さらに別の質問者から]
https://www.newscientist.com/article/dn17114-antimatter-in-fiction-spaceships-and-bombs/

CERNの規定された目標は、★反物質のような物質における知識を獲得することです。
問題は、『天使達と悪魔達』のような映画で特集されています。
“平らな地球”論から矛盾する“重力のための数学”―彼のいわゆるニュートンの法則がアインシュタインと対立している点で―まで、人類は、活気を無くしています。 彼の光よりも速い仮説が間違っていることを、CERNは人類に示しています。 人類が亜原子粒子について学んでいる物は、彼が電気網を組み立てるだけでなく、爆弾も組み立てるのを可能にしています。
地球が若い魂達のための学び舎である点で、どの発見もおそらく善と同様に悪のためにも利用されそうなので、★人類の研究は制限されます。 ★CERNは、結果として新発見を生じるでしょう。