カテゴリー
未分類

Q&A: ボリスの辞任

スキャンダルが辞任の波を促進した後に、★英国PM(首相)ボリス・ジョンソンは辞任します。
辞任の実際の理由は、起ころうとしている“ヨーロッパの津波”なのですか?
英国のエリート達は、津波について何をおこなう計画をしているのですか?

[別の質問者から]
★スキャンダルが辞任の波を促進した後に英国PM(首相)ボリス・ジョンソンは辞任する。 2022年7月7日。
https://www.nbcnews.com/news/world/will-boris-johnson-resign-uk-pm-rocked-new-wave-resignations-rcna37043
スキャンダルに苦しめられている英国首相ボリス・ジョンソンは、数日間の政府高官の辞任と仲間の保守党メンバー達からの辞任の要請の後に、彼の決断を発表して、木曜日に、★辞任するようにという次第に高まる圧力を渋々と受け入れました。 ジョンソンはまた、★後継者が選ばれるまで首相として残るように計画した―ますます敵対する議会の他の人々からの抵抗に直面するかもしれない動き―と言いました。 彼は、ロシアの侵攻後のウクライナを支援とCovidの世界的流行病を切り抜けたことを含んで、彼の政府の業績を称賛しました。 彼は、テレサ・メイとデビッド・キャメロンの足跡をたどって、ここ数年、彼等の任期前に辞任するために連続3人目の英国首相になります。

[さらに別の質問者から]
頑固な★ボリス忠臣アンドレア・ジェンキンスはダウニング街の外側で集まって徴発している群衆に「最後に笑う者が最も大声で笑う」ると語ります。 2022年7月7日。
https://www.dailymail.co.uk/news/article-10991413/Die-hard-Boris-Johnson-loyalist-Andrea-Jenkyns-responds-goading-crowd-outside-Downing-Street.html
ジョンソン氏は、やっと今日、‘誰もが不可欠ではない’―しかし彼がさらに数ヶ月間ダウニング街に留まるために戦う際に、‘統一内閣’を調整しています―と認めて彼の辞任を発表しました。 No10以外の声明で、首相は、彼の首相職が‘明らかに’変化を欲して、★新トーリー党の指導者が就任するときに彼の在任期間が終了することを確認した際に、前向きな調子を伝えようとしました。

[さらに別の質問者から]
★辞任するようにジョンソンの伝える英国の大臣達。 2022年7月6日。
https://insiderpaper.com/senior-ministers-set-to-tell-johnson-he-must-quit-uk-media/
彼等は、★ダウニング街での封鎖の封鎖違反を含む、数ヶ月間ジョンソンを悩ましているスキャンダルの文化にもはや耐えることができませんでした。 しかし議会委員会、および議会の議員達との以前の質疑応答の開期で、彼は、職務を継続すると挑戦的に誓約しました。

[さらに別の質問者から]
★‘カントリー・トゥデイへの声明’をおこなう英国首相ジョンソン: No10の広報官。 2022年7月7日。
https://insiderpaper.com/uk-pm-johnson-to-make-statement-to-the-country-today-no-10-spokesman/
彼は、保守党の指導者として辞任し、首相としての彼を交代するための党大会の引き金となります。
最近の数々のスキャンダルに続いてジョンソンの支持率が劇的に下落した際に、★様々な地位の大臣達と彼等のトーリー党の助力者達による50人以上の辞任が結果として続きます。


ポールシフトの荒廃の後に、ニューワールドオーダー集団は、世界を統治することを欲して、★借金奴隷制度を通して充分前に所有する計画を立てました。
したがって国際通貨基金と世界銀行から高い利率で金銭を借りるように駆り立てられ、担保として農場や家屋や約束手形を使って、一般の人々は、★ニューワールドオーダーのための働いている借金奴隷になるでしょう。 ■これを止めることができる物が何もないように思えますが、BRICSネットワークは、低利率で歓迎される代替案を提供し始めました。

英連邦諸国を通して大英帝国が波を制御し、世界の大部分を支配した植民地時代から生じて、西側諸国に埋め込まれた★悪魔主義の要素は、克服できないように見えました。
米国が1776年に独立を宣言した後でさえも、★伝染性の悪魔主義者の習慣は残存しました。
西側銀行業務は米国内で存続しました。
一般人がこれらの慣行に対して少ししか武器を持っていなかったとすると、★米軍とヨーロッパの仲間達は(武器を)持っており、秘密の戦争を始めました。 ★内戦とパニックを避けるために、この秘密の戦争は、“裁きの場”の裁判と処刑を隠すために代役達の利用を必要としました。

この浄化の間に、 女王とヒラリー以外も、代役達と入れ替わりました。
ボリスもまたヨーロッパの善玉同盟によって交代されて処刑されました。 ボリスは、ブレクジットを支援して、国民の人のように見えていましたが、これは、嘘の仮面でした。 ★悪魔主義者達により所有された西側メディアは、彼等の操り師達が欲した事だけを報道しました。
秘密の戦争は、今、本質的に勝利しているので、★一般人が真実を学ぶことができる時が到来したのです。 したがって★一般人を優しく目覚めさせるように手段が講じられていっています。

Qの帰還とジョージア指標石の破壊とルー対ウェイドの破棄は、★この時期が到来している信号です。
★SCOTUS(米国最高裁判所)によるホワイトハウスへのトランプ大統領の帰還もまた予想することができます。 ボリスの代役は、★政治情勢に対するヨーロッパでの激怒に焦点を集中させるために身代わりが必要とされるので、見た所では、英国での権力から駆り立てられていっています。
代役達の利用は、常態の外見を必要とするので、★メルケルトルードーの代役達と他の政治的代役達は、彼等が入れ替わった本人の不行跡のために非難を受けるでしょう。