カテゴリー
未分類

NL824: 陰謀論か否か?

The ZetaTalk Newsletter
2022年7月17日 日曜日 ★824号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★陰謀論か否か?

これらの分極化された時期―★多くの真実者達が暗殺されていっており、CERNが再開されて、第3次世界大戦がまさに発生しようとしており、★ニビルがまだ否定されている―の間、★一般の人々が事実を疑いから分離することは難しいです。 例えば、ゼレンコ博士は、末期癌があるとICUからのビデオで発表し、その後すぐに亡くなりました。
ゼレンコの(治療)計画案の成功を考えると、彼は殺害されたのでしょうか?
ゼータ達は、これが★自然死であったと確証します。

Covidの世界的流行病の間、★数千人の生命を救ったゼヴ・ゼレンコ博士は危険な状態です―ICUに移されました。
2022年6月29日

https://www.thegatewaypundit.com/2022/06/dr-zev-zelenko
ゼレンコ博士は、しばらくの間、★進行性の癌の重い症状と闘っています。 最近のビデオで、彼は、腫瘍の上方に位置する血栓とともに、彼の心臓の右上の心室に腫瘍が見つかっていたと発表しました。
★Covidの世界的流行病の間に数千人の生命を救ったゼヴ・ゼレンコ博士―癌との長年の戦いの後に亡くなりました。
2022年6月30日

https://www.thegatewaypundit.com/2022/06/dr-zev-zelenko
ゼレンコ博士は、しばらくの間、★進行性の癌の重い症状と闘っています。
★異例のCovid治療をうるさく勧めたウラジミール・ゼレンコ博士は49歳で死亡する。
2022年7月1日

https://www.timesofisrael.com/dr-vladimir-zelenko
キリアス・ジョエル地域社会の医師として亡くなる前数10年間奉仕した米国医師は、★彼のウイルス治療が当時の大統領によって指示された2020年に一気に有名になりました。

ゼータトーク 洞察 7/1/2022:
 ゼレンコ博士は、暗殺されたのでしょうか?
彼は、確かに候補者であり、Covid‐19よりも多くの人々を殺しているファイザー・ワクチンと違って、★実際に機能したCovid‐19のための治療を提唱していました。 しかし彼は、彼の真剣な活動で守られました。 ★あらゆる暗殺の試みを止めた天使達によって守られて。
それでは何故、彼は、ゼレンコ(治療)計画案の代表であり続けることができたのに、治療されなかったのでしょうか?
JFKジュニアが1999年に飛行機事故で死亡したことを確認していたときに私達が述べたように、多くの魂達は、★生きていた時よりも死においてさらに多くの影響力を与えるように、“殉教の進路”を進みます。 ゼレンコ博士は、ふたたびニュースに戻ります!

ゼータトーク コメント 6/30/2020:
 ★ときおり死後のメッセージは、生きている使者からのよりもいっそう強力です。 まさにガンジーか、イエスか、 マーチン・ルーサー・キングに尋ねなさい。 ★オビ‐ワン・ケノービが言うように、「あなたが私を打ち倒すなら、私は、あなたがおそらく想像することができるよりも、いっそう強力になるでしょう。」

CERNは、一時的休止状態の後に操業再開しており、 噂の発生源は、★武器がまさに世界へ解き放たれようとしていることについての心配で重苦しくなっています。 確実に映画は、これをほのめかしています。 ★『天使達と悪魔達』は、最良の例でした。
エリート達は、CERNで何をしようとしているのでしょうか?
ゼータ達によると、何も起こらず、★人類は何も獲得しないでしょう。

★ヒッグス・ボソン(ボース粒子)研究者達は素粒子研究への帰還で10周年記念を記す。
2022年2月7日

https://www.euronews.com/2022/07/01/higgs-boson-researchers
ジュネーブ近郊に拠点を置く世界最大の研究センターであるCERNの科学者達が、★ヒッグスのボース粒子の存在を発表して以来、7月4日で10年になります。
3年間LHCの活動を停止して、CERNは、性能を高めるのに時間を掛けました。
★7月5日に、その歴史で3回目のために、大型ハドロン衝突型加速器は、衝突エネルギー(13.6兆電子ボルト)の先例のないレベルに再起動するでしょう。 ★大型ハドロン衝突型加速器を再起動し、無限に小さな破片を研究することによって、物理学者達は、暗黒物質または反物質のような話題についての私達の知識の限界を、さらに押すことを希望します。

ゼータトーク 洞察 7/1/2022:
 CERNの規定された目標は、★反物質のような物質における知識を獲得することです。
問題は、『天使達と悪魔達』のような映画で特集されています。
“平らな地球”論から矛盾する重力のための数学―彼のいわゆるニュートンの法則がアインシュタインと対立している点で―まで、人類は、活気を無くしています。 彼の光よりも速い仮説が間違っていることを、CERNは人類に示しています。 人類が亜原子粒子について学んでいる物は、彼が電気網を組み立てるだけでなく、爆弾も組み立てるのを可能にしています。
地球が若い魂達のための学び舎である点で、どの発見もおそらく善と同様に悪のためにも利用されそうなので、★人類の研究は制限されます。 ★CERNは、結果として 新発見を生じるでしょう。

ペルシャ湾のホルムズ海峡は、最近の地震によって連打されています。
これは、イランに対する攻撃であるかもしれませんか?
海峡は、彼等(イラン)の石油輸出がこの経路を使用するので、イランによって厳重に護衛されています。 ゼータ達によると、これらの地震は、★進行中であり活発化している“アフリカの回転”の一部です。 ★“毎日の地球のぐらつき”は、ニビルが近づくにつれて、地球のプレートがグイと動かされています。

ゼータトーク 洞察 6/30/2022:
 イランの南部国境に沿った一連の地震は、ユーラシアプレートとのサウジアラビア境界にあります。
サウジプレートは、この所在場所で東へと押して、★南に落下している回転しているアフリカプレートからの圧縮下にあります。 アフリカプレートが東へと圧迫するにつれて、★サウジプレートがその北部の末端を東の方へ押すようにねじれていって、イランとのその境界を不安定にしていっています。
トルコの下の“岩の掛け鉤”がポキンと折れて、アフリカプレートが紅海を削り取って南下できるように自由にするときに、★中東のためにさらに多くのドラマが待ち構えています。

それから存在していようとなかろうと、★ニビルの“陰謀論”は存在します。
ニビルは、★ISSのカメラによって目撃された後にでさえも否定されています。 劇的な写真は、アイダホ州とシベリアやそれ以外の撮影者達から、★ゼータトーク・フォロワーズによって記録され続けます。