カテゴリー
未分類

828: 津波の予告編

The ZetaTalk Newsletter
2022年8月14日 日曜日 ★828号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
津波の予告編

レベル10の内のレベル7のプレート移動がゼータ達によって詳細に述べられていた2010年に、彼等は、“ヨーロッパの津波”を描写しました。
これは、ニューマドリッド調整の結果として起こり、★ヨーロッパの方向へ跳ね返って移動するように海水が空所へと注ぎ込むのを可能にするアゾレス諸島の中部大西洋の空所によって引き起こされます。 この津波は、★この地点でヨーロッパの方へ流れる湾岸流の方向によって部分的に推進されるでしょう。
ゼータ達は、この★“ヨーロッパの津波”の大きさと方向を詳細に述べました。

ゼータトーク 予測 2010:
ヨーロッパの津波のために、広がり離れて、★断層線のどちら側にも上昇するか下降する陸地が無い大きな空所があります。 ★海水が突入するときに、亀裂の中央で衝突して上昇するでしょう。 したがって、それがどの方向へ行きたいのか決まっておらず、★その方向へと過度の海水の圧力を推進する湾岸流の存在を非常に受けやすくなります。
湾岸流は、どのような場合にも津波の衝撃を吸収して即座に消散させることができる地中海の口へ直接に流れ込みません。
湾岸流は、★2つの方向に渦巻く傾向があります:
環状の運動で丸く渦巻いて戻り、そして英国の方へ北に向かいます。 フランスは、100フィート(30メートル)の津波を、スペインはおそらく30~40フィート(9~12メートル)、英国は200~300フィート(60~90メートル)、そしてノルウェイは50~75フィート(15~22.5メートル)と予想することができます。

英国への荒廃は、★大西洋に直接面しているその所在位置とブリストル海峡を遡る海嘯のためです。
海嘯は、★海水が断崖を遡って数千フィートの高さを昇っていくことを想像できない人類の大部分によって非常に過小評価されています。 しかし海嘯は、★津波の背後の圧力によって推進されるので、この圧力が均等に分配されるまで、海水は昇り続けます。

ゼータトーク 予測 2010:
ブリストル海峡は、“ヨーロッパの津波”の間に海嘯を体験するでしょう。
この事実は、英国沿岸を襲う海水の高さに対する私達の概算が200~300フィート(60~90メートル)であるという理由です。 水位に影響を与えるだろう要因がない限り、何故この変動なのでしょう。
海嘯は、海水が海水の前に次第に狭くなる進路があり、それゆえにその背後で生じている水圧を適応するために上昇しなければならないときに起こります。 水位が等しい力でやってくる海水へ押し戻すまで、海嘯は止まりません。 やってくる水の推進力もまた、要素です。 “ヨーロッパの津波”は、大きな力と速度で生じる大量の海水になるでしょう。

7月25日に、この過程の予告編は、60メートル(180フィート)という驚くべき撥ね戻りを記録し、そしてそれから通常の水の運動を記録するために戻ったブイ44403によって提供されました。
北大西洋に直面して、このブイは、着実に引っ張り離されていっている大西洋断層に沿った地震に反応していました。 北大西洋での多くの地震は、すべての地震地図で記録されていっています。
中部大西洋で100フィート(30メートル)の高さの波が海水の撥ね戻りによって発生されるのは可能でしょうか?
ブイ44403は、決定的な答えを、私達に与えました。 はい。


ゼータトーク 確証 7/25/2022:
大西洋は、★アイスランドの大西洋断層北部から南下してサンドウィッチ諸島まで、着実に引っ張り離されていっています。
私達が言及しているように、“毎日の地球のぐらつき”は、★地球のプレートが前後に突っ込むように押しやっています。 プレートまたはその境界の弱い箇所は、突然に裂けて、地震を生じるか、または伸張地帯であるなら、陥没穴か水中の空所のような静かな災害を生じる可能性があります。
★セントローレンス水路の河口近くの観測地点44403での7月24日のブイの脈動は、要因の組み合わせによって引き起こされました。 これは、★ニューマドリッドの津波の間に起こるだろう事の予告編と考えることができます。

大西洋は、★アイスランドの大西洋断層北部から南下してサンドウィッチ諸島まで、着実に引っ張り離されていっています。
私達が言及しているように、“毎日の地球のぐらつき”は、★地球のプレートが前後に突っ込むように押しやっています。 プレートまたはその境界の弱い箇所は、突然に裂けて、地震を生じるか、または伸張地帯であるなら、陥没穴か水中の空所のような静かな災害を生じる可能性があります。
★セントローレンス水路の河口近くの観測地点44403での7月24日のブイの脈動は、要因の組み合わせによって引き起こされました。 これは、★ニューマドリッドの津波の間に起こるだろう事の予告編と考えることができます。

ヨーロッパが予測された“ヨーロッパの津波”の矢面に立つ点で、北米に対しても逆流があります。
ゼータ達は、ニューマドリッド調整がアゾレス諸島で大西洋を引き裂け開くときに東海岸に対して50フィートの津波を予測していますが、海嘯がDCの周りの川を遡るために、この津波は、DCで150フィート(45メートル)かそれ以上まで上昇するでしょう。
砂袋は、このための準備ですでに配置されています。
まさにFAAの天候カメラが盲目にされているように、ブイは、一般民衆の中の初期のパニックを減少するために、たびたび盲目にされています。

権力体制は、潜在的な津波のために、海岸沿いに住む一般民衆を、どのように準備することができるのでしょうか?
権力体制は、人々が髪に火が付いたように走り回り、立ち往生した車で道路をふさぐパニックを恐れています。
広がっていく大西洋に注意を引き付ける方法は?
あぁ、おそらく単に質問を尋ねることによって。

科学者達は★大西洋の下方1.7マイルの不可解な穴の線を見つける。
2022年7月26日

https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-11050569/
米国海洋大気局の探検家達は、★大西洋海面下1.7マイルの海底に数個の説明できない穴を見つけました。 これらの穴は、以前にその地域から報告されていますが、それらの原因は、不可解なままです。
中部大西洋(海底)連山は、大西洋を南北の長さに広がり、10,000マイル伸びて、世界で最長の山脈にしています。
★断層への航海。
2022年7月27日

https://oceanexplorer.noaa.gov/okeanos/explorations/
2022年5月から9月まで、NOAAとパートナー達は、チャーリー・ギブズ破砕帯、大西洋中央海嶺、およびアゾレス海台の未探検でよく理解されていない深海地域についての基準となる数値情報を収集するために、地図作成作業と遠隔操作機(ROV)の潜水を含む、NOAAの船オケアノス・エクスプローラーでの一連の3つのテレプレゼンス(遠隔操作感覚)対応海洋探検遠征である“断層への航海2022”を実施します。

ゼータトーク 洞察 7/27/2022:
★大西洋断層は、計り知れない長年月の間引っ張り離されていっており、現時点でも活動的に引っ張り離されていっています。 ★大西洋が広がる間に、太平洋は圧縮します。
私達は、破裂を、★アゾレス諸島から南へと大西洋断層が引っ張り離されるような状態でニューマドリッド調整が主としてアフリカプレートの回転を引き起こすと描写しています。
3重プレート接合点であるアゾレス諸島で、破裂は、★ヨーロッパの方へ跳ね返るように大西洋の海水が湾岸流によって推進される状態を引き起こす空所を生じるでしょう。

しかし★北米プレートは、日本から極東を通って、そこから北極地方を通ってアゾレス諸島まで南下するユーラシアプレートにしっかりの固定されています。
大西洋海床の“不可解な穴”のために精密な調査下にあるのは、この区画です。 精密な調査下のこの海域は、★西のブイ44403によって記録された津波の撥ね返りとも整列されます。
メディアがそのような穴を生じる物についての憶測を提起するよう求められているけれども、これは、事実上、公共の討議を始め、それによって★最終的にニビルへの隠蔽工作を破るための意図的な試みです。

明らかに、これらの規則正しい穴は、★北米プレートとユーラシアプレートが引っ張り離されていっている場所の線に沿っています。
弱い箇所が破裂し、そして切り立った崖と長いクレバスが示すように、しばしばきれいに破裂します。 ★海床の残骸は、それぞれの新たなクレバスの底に定着する状態を引き起こす地震に伴われる定期的な揺れとともに、これらの破裂した開口部へと落下します。
★定期的な波の活動は、規則正しい間隔で落ち着くように堆積物を推進し、間の空間が穴として残されます。 謎が解決しました。

プレート移動は、最近“酷いぐらつき”になっている“毎日の地球のぐらつき”によって激化されていっています。
“酷いぐらつき”は、ゼータトーク・サーガの始まりからゼータ達によって予測されて描写されていました。 これは、“最後の数週間”へと進行している数週間に起こりますが、何時でも起こる可能性があります。
それは、たびたびミステリーサークルで描かれており、古代の絵文字にも現れています。
180度の範囲の“酷いぐらつき”は、7月24日のミステリーサークルのデザインに描かれました。


ゼータトーク 解説 8/21/2004:
10年以上前の1990年代初期のミステリーサークルと古代の描写は、これがほぼ想像を絶する一連の紆余曲折であることを示します。
この通過する惑星は、実際にこれらの捻じれをおこなうのでしょうか、そして何故、古代の人と、そしてミステリーサークル製作者達は、これを記録する決心をしたのでしょうか?
今日から見ると、星座がまったく正しくなく、月がたびたび位置がずれているように見えるときに、太陽が昇って沈む位置があまりにも北過ぎて、人間の記憶にある範囲を超えている天候の奇妙さ、これらの捻じれは奇怪で、想像を絶しているように見えます。 ちょっと待って。

ゼータトーク 解釈 7/25/2022:
このミステリーサークルのデザインは、★フリーメーソン直角定規とコンパスまたはおそらく宇宙軍の象徴を含むように見えます。 しかしこれらの象徴のどちらも180°の上からの帯状の土地を含みません。
★“酷いぐらつき”が進行中であり、そして“酷いぐらつき”の間に180度の振幅が起こる可能性がある点で、何が仄めかされているのでしょうか?
フリーメーソンのデザインは、★北極と南極に関連する可能性のある頂部と底部を暗示します。 したがってこのデザインは、★地球が東か西かその間の場所を指す北極とともに、その側に横たわるかもしれないことを人類に伝えています。 ★フリーメーソンの象徴主義は、注意を引き付けて討議を奨励するために使用されています。
“ぐらつき”は、悪化していくでしょう。