カテゴリー
未分類

Q&A: 自転速度

最近、地球は、速度を増加していっています。
2020年に、地球は、1960年代以来測定された最も短いひと月を体験しました。 史上最短日が記録されました: ★7月19日に、24時間より1.47ミリ秒短い。
これは、“最後の数週間”での“自転停止”のための隠蔽工作なのですか?

[別の質問者から]
★地球は最短日の記録を破りました―そして影響は’壊滅的’であるかもしれません。 2022年7月29日。
https://www.newsbreak.com/news/2683428120473/the-earth-broke-its-record-for-the-shortest-day-and-the-effects-could-be-devastating
惑星は、★2022年6月29日に1.59ミリ秒―標準の24時間の自転よりも1000分の1秒強短い―であった時間で、完全な自転を完了しました。 今月、★7月26日に24時間より1.50ミリ秒短く、再び障壁をほぼ破りました。 最近、地球は、速度を増加していっています。
2020年に、地球は、1960年代以来測定された最も短いひと月を体験しました。 史上最短日が記録されました: 7月19日に、24時間よりも1.47ミリ秒短い。
しかしより長期間で見るとき、地球の自転は減速しています。 世紀毎に、地球は、1回自転を完了するのに数ミリ秒長くかかります。 地球が加速して自転し続けるならば、地球が太陽を公転する割合を原子時計の測定値と一致し続けるために、マイナスの閏秒の導入へと導く可能性があります。

★何故、地球は、ここ過去2年でわずかに加速して自転しているのでしょうか?
★1日当たり1.59ミリ秒の増加は、どれほど重要なのでしょうか?
地球が殆ど極微量の割合で減速するのは★正常であり、人類の原子時計を現実と同期させるために、定期的なうるう秒の挿入を必要とします。 自転速度の僅かな増加に対する解決策は、また以前のように、逆に★閏秒という解決策です。 しかしニビルの隠蔽工作は、これと、“ぐらつき”の影響を科学的に示すことができるどの問題に関してもおろおろしています。

★ニビルは、いっそう近くに引っ張られていっており、地球の自転へのその影響力は、ゆえにますます強くなります。
ニビルと地球の北極が互いに対して対峙するときに、ニビルの北極は、地球の北極を撥ねつけており、そして★地球の北極が地平線上に退いているときにニビルからのこの圧力は、自転速度を増します。 ★“極の一押し”の後の“ぐらつき”の間に毎日起こる東への傾きは、この後退を促進し、自転速度の増加を引き起こしています。
ポールシフトの時期が接近するにつれて地球が経験する捻じれを考えると、★自転時間におけるミリ秒の増加は、ほとんど問題ではありません。