カテゴリー
未分類

Q&A: インディアナ州精油所の火災

★電気火災と言うと、それは、EMPだったのですか、ニューマドリッドに関連するのですか?
[別の質問者から]
★運輸省はインディアナ州でのBP製油所の火災に続いて地域の非常事態を宣言します。 2022年8月27日。
https://thehill.com/policy/energy-environment/3618096-department-of-transportation-declares-regional-emergency-following-bp-refinery-fire-in-indiana/
インディアナ州での石油精製所での火災が施設の閉鎖を強いた後に、運輸省の機関は、★中西部4州のための地域のエネルギー緊急事態を宣言しました。 BPは、電気火災のために、ホワイティング株式会社製油所でその設備のいくつかを閉鎖しました。 火災は、消火され、影響された設備がいつ再開するのかを決定していたと、会社は言いました。

[さらに別の質問者から]
★テキサス市製油所の爆発。 2005年3月23日。
https://www.icheme.org/media/14611/lpb275_pg04.pdf
それは、これまでで最悪の産業災害の1つです。
爆発は、精製油分類タワーの過剰充填と、高温の炭化水素を放出するブローダウン精油槽によって引き起こされました。 結果として生じた蒸気が発火して、ISOM設備を破壊しました。

[さらに別の質問者から]
その炎は、何ですか?
https://empower.afpm.org/environment/whats-flame-burns-all-time
炎は、精油所が安全に、回収することも再利用することもできない過剰な物質、または炭化水素を燃やすために使用する安全救済バルブです。 ★過剰な炭化水素は、蒸気と結合して、安全に炎へと燃焼されており、それは、炭化水素を直接大気圏へと放出するよりも環境保護の観点からいっそう適切です。

[さらに別の質問者から]
★爆発はメキシコ中央部のペメックス・ガス・パイプライン―プエブラ公共安全業務―で起こりました。 2022年8月27日。
https://www.urdupoint.com/en/business/explosion-occurs-at-pemex-gas-pipeline-in-cen-1553041.html
メキシコ中東部プレブラ州の救助隊は、ペメックス(ペトロレオス・メキシカノス)州所有石油会社の★ガスパイプラインでの爆発を報告しています。

[さらに別の質問者から]
★インディアナ州BP製油所での火災で消防士が負傷する。 2019年1月29日。
https://www.firefighterclosecalls.com/fire-at-indiana-bp-refinery-injures-firefighter/
BPは、火災の原因を決定するために、月曜日にまだ働いていました。


電気火災によって引き起こされていようと、近隣地域で燃え尽きている炭化水素から引き起こされていようと、精油所での火災は、現実のものです。 ★近隣のニビルの臨在からの電磁パルス(EMP)の増加とともに、製油所の火災は、増加中です。
注目すべきは、★ニューマドリッド断層線が走るウォバッシュ地震地帯上方のインディアナ州BP所在位置です。
北米大陸の本土部分によって西方へ引っ張られていっているそこの岩の緊張は、★オハイオ川とインディアナ州BP製油所の間のSO2の極端な放出として示します。 これは、★ガソリンの容器の下で火を転じるに等しい非常に危険な組み合わせです。
この精油所の火災は、★最後ではないでしょう。