カテゴリー
未分類

NL831

The ZetaTalk Newsletter
2022年9月4日 日曜日 ★831号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★二重の不運

11年の太陽周期が太陽活動最小期から発生したばかりであり、2025年まで太陽活動最大期に到着すると予想されなかったけれども、★巨大なコロナ大量放射(CME)が太陽の南側と黄道の下方で8月17日に発生していました。 確実にモンスターのように見えたSOHOの画像は、★太陽に対して4時の位置のまさにニビルの予想された所在位置に現れていました。
これらの2つの大きな厄介物達は、地球への超打撃を加えるために組み合わせることができたのでしょうか?

警報: ★地磁気 5のK‐索引、限界(閾値)に端しました: 2022年8月17日 18:54UTC、
共観福音書的期間: 18:00~21:00UTC、
活動中の警告: はい、
NOAAの測定尺度: G1‐小規模

https://soho.nascom.nasa.gov/data/realtime/c2/1024/latest
AR3078周辺の噴火フレア活動は水曜日も続きます。 ★M2.0の太陽フレアは、13:45UTC(8月17日)に観察されました。 これは、これまで太陽‐地球線のほぼ南に向けられる明るいコロナ大量放出の原因であるように見えます。 一度完全なコロナグラフの画像が入手可能になると、さらなる更新が提供されるでしょう。
太陽は、今、NASAが予測されたよりもいっそう活発です。 ★記録が始まって以来、最強の周期である可能性がありえました。
2022年8月2日

https://www.forbes.com/sites/jamiecartereurope/2022/08/02/the-sun
太陽活動極大期は、太陽周期25の中途で起こると予想されているので、★2024年11月と2026年3月の間―そしておそらく2025年7月。
★NOAAは8月17日から19日に有効な磁気嵐注意報を発行しました。
2022年8月17日

https://justinweather.com/2022/08/17/noaa-issued-a-geomagnetic
太陽フレアは、先週末にかけて噴出し、それは、いっそう強い側で、すでに地球に達しているように見えます。
G3嵐についてのNOAAの予報は、★潜在的に人工衛星と通信に強い影響を与えるのに充分です。 あなた方の電話の発信音またはTVの信号は、今後2日間、消えるか低下する場合、これが理由であり得ました。
地磁気の反応は、8月14日以来太陽を去っている複数のコロナ大量放出(CME)の地球へのまたは地球の近くへの到着のために、★8月18日のG3(強力な)状態におそらく段階的に拡大します。

ゼータトーク 確証 8/17/2022:
ニビルは、8月16日にニビルの尾からの破片の群れとともに、8月12日に太陽に対して4時の位置にSOHOによって画面に映されたので、ニビルとその優勢な衛星達を取り囲む赤い塵の大混乱が★8月17日にSOHOのカメラによって捉えられたことは、驚くべき事ではありませんでした。
これは、数時間後に即座に訂正されました。
SOHOは、ニビルのどのような証拠も切り貼り作業によって置き換えられるように修正しますが、これらの作業は、低迷し、★真実は、ときおり伝わります。

はい、CMEがありましたが、SOHO画像と太陽からの放射の他の記録に見える物は、★組み合わさった影響です。
太陽からの放射が地球に達する前に、それらは、今、★金星の公転軌道近くに位置するニビル複合体を通過していっています。 地球の方へ向かってきたどの太陽活動の影響も、★ニビルの帯電した赤い塵の雲を通過するときにおそらく強化されて、したがってこの事柄が示すように、いっそう極端になります。
★太陽活動極大期は、2025年7月まで予想されていません。

ニビル複合体はどれほど近いのでしょうか?
この最近のアイダホ州からの8月17日の写真の撮影が示すように、★“衛星の渦巻き旋回”の個々の衛星を見るのに充分に近いです。
その間に、上空の輝かしい石油の雲と虹は、★シベリアとフロリダ州からのこれらの大きくした写真が示すように、地球のすべての部分からのニビル複合体の可視性と同様に継続します。

ゼータトーク 確証 8/17/2022:
これは、しっかりと回転している“衛星の渦巻き旋回”であり、★もはや赤い塵の雲によって覆われていなかったので、詳細を見ることができました。
“旋回”内の衛星達は、それらがそれ等自身が磁気を帯びた物体である場合、互いからいっそう遠い距離を保ち、鉄または他の磁気を帯びた金属で構成されるでしょう。 それを欠いていて、それらは、この場合、★ニビルの逆行する自転と軌道の影響力下での逆行の旋回での緊密な二重のダンス中です。
帯電した赤い塵は、これらの衛星達が磁気を帯びていないので、★実際にそこに長く留まりません。 それゆえに地球の大気圏の青とともに微小な赤い塵の色は、写真の画像の色に影響を与えています。


★干ばつと洪水

ゼータトーク・サーガの始まりに、ゼータ達は、ニビルが“通過”のために接近する際に出現して悪化すると彼等が知っていた”毎日の地球のぐらつき”のために、★交互に起こる旱魃と洪水が発生するだろうと予測しました。
このニビルの接近の徴候は、これら2件の事件が示すように、★8月のひと月の間にヨーロッパと米国南西部を苦しめて、2022年に報復とともに発生しています。
★フランスのロワール川が小さな流れにまで干上がり、フーバーダム上流のミード湖は、事実上空になります。 しかしこれらの地域両方ともで、★今、滝のような雨が降っています。

★フランスのパリは90分間で8月の平均降雨量の80%に達した。
2022年8月17日

https://watchers.news/2022/08/17/paris-hit-by-80-of-average
荒々しい雷嵐が★2022年8月1日にフランスの一部に豪雨と強風をもたらし、旱魃に襲われた国に一時的な安堵もたらしました。
★フランスのロワール川は旱魃がその支流を枯渇させるにつれて新たな最低水準記録を設定する。
2022年8月17日

https://www.reuters.com/world/europe/frances-river-loire
先例のない低水位が川の生態系の危険にさらします。 砂州は数マイルにわたって延び、平底ボートが立ち往生しました。 ★4か所の原子力発電所は冷却のために水流に依存しています。
★激しい雷雨、テニスボールの大きさの雹がフランス全域にわたって大打撃をもたらす。
2022年6月6日

https://watchers.news/2022/06/06/severe-thunderstorms
酷い雷雨が豪雨とテニスボールの大きさの雹を★2022年6月3日と4日にフランスにもたらして、フランスの大部分にわたるブドウ園に大打撃をもたらし、数千軒を電気無しの状態のままにし、1人が死亡し15人が負傷―彼等のうち2人が重症―しました。
★道路と街路は、首都パリの地域や、イヴリーヌ、セーヌ・マリティーム、ユーレとユール・エ・ロワールを含む国の南北に氾濫しました。

★豪雨がラスベガスを連打して名高い街路を川へ変えた。
2022年8月12日

https://www.accuweather.com/en/severe-weather/monsoon-rainfall
ラスベガスは、今、土砂降りの嵐が市の周囲に大打撃をもたらした後に★10年内でもっとも雨の多いモンスーンの季節の只中にいます。
★コロラド川とミード湖に関する最新の報告。
2022年8月16日

https://www.cnn.com/us/live-news/lake-mead-colorado-river-report/
米国土地開拓局は、★コロラド川の地理区2の水不足を宣言しています。 ★南西部数州は、連続して2年目の新たな義務的断水をおこなう必要があります。

ゼータトーク 確証 8/31/2022:
1995年のゼータトーク・サーガの始まりに、★ニビルが接近するにつれて旱魃と洪水が交互に人類を苦しめるだろうと、私達は予測しました。 これらの天候の変動は、予想不可能であり、明確な理由もなく転換するだろうと、私達は予測しました。
フランスは、あまりにもひどい旱魃を被っているので、★ロワール川がほぼ完全に干上がっており、にもかかわらずパリは、★8月17日に洪水に見舞われました。
フーバーダム上流のミード湖は、あまりにも低水位なので、ラスベガスの沿岸に沿って遺体の骨が浮かび上がっており、にもかかわらず★8月12日に洪水が街路とラスベガスのカジノに氾濫しました。
★ゼータトークのもう1つの予測が真実になります。

ゼータトーク 予測 7/15/1995:
巨大な彗星の接近を予告する気象の変化は、★最初に通常の範囲内でしょう。 気象学者達が本で類似したパターンを見つけることができるか、または年配者が昔の物語で私達を楽しませるために見つけられることができる限り、誰も過度に恐怖に陥れられないでしょう。
詰まる所、天候は絶え間ない会話の源泉ですが、これらの討議の効力は、人間によって依存される食物連鎖への影響が慣れ親しんだ境界の範囲外へと移動するときに変化するでしょう。
警鐘が鳴るのはこの時点です。
温室効果からの“地球温暖化”を基にした変化を説明するすべての試みは、★天候が予想可能であることを拒絶するので、思わぬ障害に行き当たるでしょう。 ★人類の記憶においてずっと砂漠であった世界の地域は、絶え間なく繰り返す雨で沼になるでしょう。 ★定期的な穏やかな降雨に慣れた温帯性の気候は手に負えない旱魃を経験するでしょう。
それからこれは、何の明白な理由もなく、交互に起こるでしょう。

実際に、“ぐらつく”天候は、極端になっています。 予測されたレベル10の内のレベル7のプレート移動の完了と★続いて起こるオーストラリアの屈曲のようなプレート移動は、地球を襲い続けます。
ゼータ達は、コーラル海のサンディ島が消えた2012年にオーストラリアの屈曲を予測しました。
屈曲は、今、★2022年8月18日に始まっている繰り返して脈打つブイ56003によって公表されたように、その予測された段階の範囲内で移動しています。

ゼータトーク 説明 12/1/2012:
インド‐オーストラリアプレートが、オーストラリア東部とニュージーランドが横たわるその東端で上昇するので、★一時的なうねりが地殻の弱い箇所で起こるだろうと、私達は説明しています。
プレートの東端が重いので、最初の反応は、★コーラル海で屈曲することであり、それは、突然にマグマ層の上方に突出していくためです。 これは、そこでも★屈曲し始めるオーストラリアの屈曲地点に緊張を配置します。
第2の反応は、★オーストラリアとインドの間のインド洋の撓曲地点がインドを保持するプレート部分がその南端をを落下して、スリランカを落とすのを可能にすることです。 これは、インド‐オーストラリア・プレートの東端が真っ直ぐにするのを可能にするので、★コーラル海地域での一時的な屈曲は消失します。


ゼータトーク 確証 8/18/2022:
インド‐オーストラリア・プレートを持ち上げる重量がときおり実際に★中央部での屈曲する必要があると、私達は、サンディ島がコーラル海で消えた2012年に説明しました
★コーラル海の下の空所が持ち上がってマグマで満たされるようにコーラル海が持ち上がる点で、オーストラリアの屈曲過程が第1段階であると、私達は描写しました。
これは今、数年間進行中です。

第1段階は、コーラル海での隆起が緩和できるように、オーストラリアの東側を落下して、アデレード北部の湖地域でオーストラリアを通ってずっと★2/3の屈曲に伴われます。
インド‐オーストラリアプレートが、ヒマラヤ山脈の下に突っ込まれ続けて、★オーストラリアを含むプレートの東半分全体は重荷になります。 これは、h沿いオーストラリアとスリランカの間の別の屈曲地点である第2段階を強制します。
脈動するブイ56003は、第1段階と第2段階の反復がしばらくの間継続するけれども、★私達が第2段階の始まりにいるという信号を発しています。

しかし最新のSO2(二酸化硫黄)の地図から見ることができるように、★プレート移動によって最も緊張を加えられているのは、中国と、米国のニューマドリッド地域です。 これらの地域は、両方ともが、★大陸が引っ張り離されていっている伸張地帯です。

★FBIの強制捜査

8月8日に、FBIは、マール‐ア‐ラーゴのトランプ大統領の邸宅を★強制捜査しました。
★オバマが任命した裁判官によって発行された令状は、捜索の主な対象が機密文書であることを指示しました。 これは、★SCOTUSが2020年の選挙結果を密かに見直して、トランプ大統領が勝利したことを見つけたという軍事政権の予想された“発表”の直前に、★違法なバイデン政権がトランプ大統領を犯罪で告発するのを可能にします。
★彼(トランプ大統領)は、大統領であったのであり、いまだに大統領であり、したがって、機密文書を携行して、検討する権利を与えられています。
しかしバイデン政権は、人々の意見に影響を与えることを希望して、★SCOTUSの裁定がこれ以上発生するのを妨げることを希望します。

★トランプ大統領はFBIがマールアラーゴを強制捜査していると発表する。
2022年8月8日

https://thepostmillennial.com/breaking-president-trump-announces
45代大統領ドナルド・トランプは、★月曜日にFBIが彼のフロリダの自宅を強制捜査しているという声明を公表しました。
土曜日にダラスで、そして金曜日にウィスコンシン州キノーシャでのCPACで話したトランプは、彼の自宅が「現在、FBI捜査官達の大集団によって包囲されて、強制捜査されて、占拠されている」と言いました。 その後、元大郎洋の住居から15箱分の資料が運び出されたことが報告されました。 ニューヨークタイムズ紙により、捜査が、トランプ氏がマールアラーゴに彼とともに持ってきていた、それらの内容に詳しい人物によると、機密文書の多くのページを含んだ資料に焦点を当てているように見えた」と報道されました。
トランプは★フロリダの自宅がFBIにより‘強制捜査された’と言う。
2022年8月8日

https://insiderpaper.com/trump-says-mar-a-lago-home-raided-by-fbi/
2020年選挙敗北の結果として少なくとも15箱の政府文書をフロリダに持ってきていたトランプは、別の探査の対象です。
★現在40パーセントを下回るジョー・バイデン大統領の支持率と11月の中間選挙で民主党が議会の支配権を失うという予報とともに、トランプは、2024年にホワイトハウスまでずっと進む共和党の波に乗ることができると、見た所では強気です。
★「もしもFBIの強制捜査がドナルド・トランプを止めないなら―彼等の次の手段は暗殺になるだろう」。
2022年8月8日

https://www.thegatewaypundit.com/2022/08/bernie-kerik-fbi-raid
「検察官の職権乱用であり、司法制度の武器化であり、特に最近の世論調査に基づいて、2024年に私が大統領に立候補することを絶望的な程欲しておらず、同様に来るべき中間選挙で共和党員達と保守派達を止めるために何でもをおこなうだろう★急進左派民主党による攻撃である。 そのような襲撃は、破綻した第三世界諸国においておこなう事ができるだけである。 悲しい事に、アメリカは、今、それらの諸国の1つとなっており、以前には見たことがないレベルで腐敗している。 彼等は、私の金庫にも侵入した!
これと、工作員達が民主党全国委員会に進入したウォーターゲートの間に相違は、何か?
ここでは、逆に、民主党員達は、第45代米国大統領の自宅に侵入した」と、彼は付け加えました。

★司法監視議長はFBIが政治的目的を促進するために利用していると言う。
2022年8月19日

https://www.oann.com/judicial-watch-president-says-fbi-is-being-used
司法監視議長トム・フィトンは、ワン・アメリカ・ニュースに、トランプ前大統領の所有物から文書を押収するFBIの行動が、★政治的目的を達成するための法執行機関の信じられない乱用であると話しました。
トランプ大統領は★修正第4条違反のためにDOJとFBIに対する法廷提訴を発表します。
2022年8月19日

https://theconservativetreehouse.com/blog/2022/08/19/president-trump
トランプ大統領は、彼のマール・ア・ラーゴの自宅へのFBIの強制捜査についての彼の立場を拡大し、★正当と認められない捜索と押収に対する修正第4条の権利侵害のための起ころうとしている申し立てを発表しました。

ゼータトーク 確証 8/8/2022:
違法なバイデン政権は、★2020年選挙がトランプ大統領の勝利であったことをSCOTUSが確証したという起ころうとしている発表を恐れています。
軍事政権の要請で、SCOTUSは、★暴動と内戦に軍事政権が対処するために配置に就くまで、これらの発見物を明らかにするのを差し控えています。 ルー対ウェイドの裁定の場合と同様に、SCOTUSは、どの訴訟事件を選択し、何時、結果を発表するのかについて★裁量権を持っています。
★多くの政治的任命の破棄の可能性と権力の喪失に直面して、バイデン政権は、トランプ大統領の復職を不可能にしようと試みています。

★FBIは、多くのディープステート参加者達によって寄生されていることで知られています。
★コミーとストゥルツォクとペイジは、反トランプであり、トランプ大統領に対してFBIの権力を利用することを決定しました。 スティール文書は、別の例です。
正当な2020年の勝者としてトランプ大統領の復職を頓挫することを希望して、FBI内部のディープステートは、非合法活動の証拠を突き止めようと試みています。 最有力候補は、ホワイトハウスから削除された機密資料です。
しかし現職の大統領は機密資料を携行することができ、そしてトランプ大統領が2020年の公式の勝者であったならば、★これは合法です。

トランプ大統領の権力の座への激動の復帰は、現在、★さらに別の章を含みます。
復帰は、★違法なバイデン大統領によりおこなわれた政治的任命と大統領令に疑問を呼び込むでしょう。 これは、★起ころうとしているニューマドリッド調整のために戒厳令が公式に発表されるまで復帰が遅らされた理由の1つです。
それから軍事政権が米国の支配権を大統領に戻すことを決定するまで、トランプ大統領への転換の政治的含蓄は、★現場の背後で衝突を起こしている戦争である可能性があります。

善のカルマと悪のカルマ

中国の動物園で象の囲いに、幼児が偶然に彼の靴を投げ込んだときに、★象は、子供の嘆願に応じて靴を取り戻しました。 ★象に新鮮な草を与えるために来た幼児達とこの像の間の愛は、明白です。
しかし多くのタイの働く象達の場合のように、★残虐の扱われたときに象達は激怒を爆発させることができます。 ★象達は、いくつかの場合には死ぬまで働かされて、誰もこの虐待を止めません。
愛が愛を生じるなら、残虐は、復讐と反乱を生じます。 ★★ゆえに愛して思い遣りをもって、カルマ(業)を楽しみなさい!
!

助けになる★像は動物園の囲いに落ちた子供の靴を返します。
2022年8月16日

https://nowthisnews.com/news/watch-helpful-elephant-returns-childs-shoe
この像は…牙次第です。 ★靴が中国東部の動物園の囲いに落ちた後、動物は、子供の靴を返しました。

★酷使された像はタイ人所有者を半分に引き裂く
2022年8月19日

https://www.yahoo.com/news/overworked-elephant-rips-thai-owner
腹を立てた像は、伝えられるところによると、★熱暑の天候下で働くように強制されていた後に、タイのパンヌガ省で、彼の牙を使って彼の飼い主を真っ二つに引き裂いています。
当局は、20歳の雄の象ポンパムが32歳の彼の飼い主スパチャイ・ウォンファエドを引き裂いたと知らされました。 ★救助隊員達、警官達および村長は、事故の現場へ行き、ゴム農園の只中でウォンファエドの遺体を見ました。 彼等は、彼の死体が血の池の中で半分に引き裂かれて、その上に立つポンパムとともに見つけられました。
コック・チャロン小地区の元市長タウォン・ウォンファエドの息子ウォンファエドの遺体を救助隊員達が回収できるように、★家畜担当官達は、動物を鎮めるためについに呼び出されました。
★タイ南部で象がその牙で象使いを刺し殺す。
2022年7月21日

https://thethaiger.com/news/national/elephant-stabs-mahout-to-death
タイ南部のナコン・シ・タマラト省で、象が、その像使い―または像の訓練士―をその牙で刺し殺しました。 象は、数時間人の死体を見て立っていました。
警察と救助隊員達のチームは、像使いチャイチャナ・マチャニムウォンの遺体を護衛している大きな像を見つけた、森の丘の現場に駆け付けました。
チャイチャナの遺体は傷だらけでした。 象は、数時間遺体を護衛して立っており、やがて森の中へ歩き去りました。 チャイチャナは、象を、畑で働かせるために丘に連れていきました。
★警察は、象が労働からストレスを加えられて、その像使いに激怒して、終に彼を刺し殺したと疑っています。