カテゴリー
未分類

NL831: 善のカルマと悪のカルマ

The ZetaTalk Newsletter
2022年9月4日 日曜日 ★831号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

善のカルマと悪のカルマ

中国の動物園で象の囲いに、幼児が偶然に彼の靴を投げ込んだときに、★象は、子供の嘆願に応じて靴を取り戻しました。 ★象に新鮮な草を与えるために来た幼児達とこの像の間の愛は、明白です。
しかし多くのタイの働く象達の場合のように、★残虐の扱われたときに象達は激怒を爆発させることができます。 ★象達は、いくつかの場合には死ぬまで働かされて、誰もこの虐待を止めません。
愛が愛を生じるなら、残虐は、復讐と反乱を生じます。 ★★ゆえに愛して思い遣りをもって、カルマ(業)を楽しみなさい!

助けになる★像は動物園の囲いに落ちた子供の靴を返します。
2022年8月16日

https://nowthisnews.com/news/watch-helpful-elephant-returns-childs-shoe
この像は…牙次第です。 ★靴が中国東部の動物園の囲いに落ちた後、動物は、子供の靴を返しました。

★酷使された像はタイ人所有者を半分に引き裂く
2022年8月19日

https://www.yahoo.com/news/overworked-elephant-rips-thai-owner
腹を立てた像は、伝えられるところによると、★熱暑の天候下で働くように強制されていた後に、タイのパンヌガ省で、彼の牙を使って彼の飼い主を真っ二つに引き裂いています。
当局は、20歳の雄の象ポンパムが32歳の彼の飼い主スパチャイ・ウォンファエドを引き裂いたと知らされました。 ★救助隊員達、警官達および村長は、事故の現場へ行き、ゴム農園の只中でウォンファエドの遺体を見ました。 彼等は、彼の死体が血の池の中で半分に引き裂かれて、その上に立つポンパムとともに見つけられました。
コック・チャロン小地区の元市長タウォン・ウォンファエドの息子ウォンファエドの遺体を救助隊員達が回収できるように、★家畜担当官達は、動物を鎮めるためについに呼び出されました。
★タイ南部で象がその牙で象使いを刺し殺す。
2022年7月21日

https://thethaiger.com/news/national/elephant-stabs-mahout-to-death
タイ南部のナコン・シ・タマラト省で、象が、その像使い―または像の訓練士―をその牙で刺し殺しました。 象は、数時間人の死体を見て立っていました。
警察と救助隊員達のチームは、像使いチャイチャナ・マチャニムウォンの遺体を護衛している大きな像を見つけた、森の丘の現場に駆け付けました。
チャイチャナの遺体は傷だらけでした。 象は、数時間遺体を護衛して立っており、やがて森の中へ歩き去りました。 チャイチャナは、象を、畑で働かせるために丘に連れていきました。
★警察は、象が労働からストレスを加えられて、その像使いに激怒して、終に彼を刺し殺したと疑っています。