カテゴリー
未分類

NL832: 捻じれた予定

The ZetaTalk Newsletter
2022年9月11日 日曜日 ★832号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★捻じれた予定

惑星地球は、★多数の大変動―地質学的と政治的―の苦悶の中にいます。
これらの大変動が互いにどのように影響を及ぼすのでしょうか?
“酷いぐらつき“は、2021年以来進行中であり、最近、★うるう秒が定期的に挿入される必要がある通常の状況とは対照的に、今、いっそう速く回転しています。 ゼータ達によると、★極端な降り投げ状態が“酷いぐらつき”の間に起こるかもしれません。

ゼータトーク 予測 6/30/2021:
 宇宙協議会は、★人々がパニックを起こさないためにますます“酷いぐらつき”が徐々に増加することを承認しています。 この“ぐらつき”は、その時点で自転が東から西へ移動しているように見えて、★太陽が北で昇るか、★地球が一時的に逆様に回転するほどまで進行するでしょう。

それからゼータ達が★2022年内に起こるだろうと予測しているニューマドリッド最終章があります。 これは、“アフリカの回転”から”アゾレス諸島の破裂”までの一連の地質学的痙攣、そしてそれから★ニューマドリッド最終章を含むでしょう。
ゼータ達は、2022年6月12日に因果的連鎖を解説し、そして2022年8月25日までにこの因果的連鎖は、明らかに進行中でした。 鍵となる地質学的障害は、★トルコの下を延びているアフリカプレートの“岩の掛け鉤”とニューマドリッド地域上の“岩の橋”です。
★これらがポキンと折れるときにニューマドリッド最終章は、促進されるでしょう。


ゼータトーク 解説 5/25/2022:
 南極プレートが大西洋低部へ押し下げられるときに、アフリカがその空所へ転移して落下するのを可能にするそこで★空所は生じています。
★アフリカプレートの落下している重さがトルコの下に達する硬い岩がポキンと折れるように強制し、これがアフリカプレートが死海プレート境界に沿って滑落するのを可能にします。
この“アフリカの回転”の影響は、地中海に沿ってずっとの災害とアゾレス諸島での破裂を含み、北米大陸がまっすぐになるのを可能にして、★その西側に課された“弓状のしなり”を訂正しているそこでの弱点を生じています。 これが、★ニューマドリッドの最終章の引き金を引きます。
★プレート移動のこのドミノ効果は進行中ですが、2022年内の近い将来のある時点で、ニューマドリッド崔首相を引き起こすでしょう。

ゼータトーク 連続(因果的連鎖) 5/31/2022:
 アフリカ・プレートは、来るべきニューマドリッド調整に加わり、★アゾレス諸島を引き裂き開くのに充分な回転によって参加します。 この活動は、★最終的なニューマドリッド破裂に先行し、現在、★アフリカプレートが東側で落下するのを妨げているトルコ近くの“岩の掛け鉤”がポキンと折れるときに起こるでしょう。
この“岩の掛け鉤”は、はっきりと地殻構造プレートの境界線地図に見ることができますが、どの位置がアフリカとともにとどまり、どの位置が小プレートになるのでしょうか?
★トルコとキプロス島の海岸線すべては、シナイ半島で起こるように、このポキンと折れる間に離れるでしょう。

ゼータトーク 明瞭さ 3/31/2022:
 オハイオ川がミシシッピ川に注ぎ込む地点の真上に★硬い岩の橋があります。
★左の支流は、ミシシッピ川を辿り、ニューマドリッド破裂が終わるときにシカゴに副次的な打撃を与えるために北上します。 ★右の支流は、イリノイ州南部とインディアナ州―ウォバッシュ地震地帯―へと進みます。
ニューマドリッド断層線は、★右の支流をとり、セントローレンス水路の下を走ります。 トローレンス水路の下を走ります。
硬い岩のこの橋は、★オハイオ川の合流地点の上方で見つけられます。 それは、★過去にニューマドリッド断層線を迂回して形成しています。

地質学的激変の範囲を超えて、私達は、トランプ大統領を復帰させることがあります。
軍事政権は、5つの戦線での秘密の戦争で手いっぱいでしたが、★2020年(大統領)選挙盗難は、解決すべき最後の戦線です。 ゼータ達は、SCOTUSがすべての証拠を再検討しており、★トランプ大統領が勝者であると宣言したことを、2022年7月に確認しました。 証拠は、“2,000頭のロバ”の立証、浮動州の再集計、および軍の掌中のクラーケンの記録資料による裏付けを含みました。
ゼータ達は、このすべてが2022年の予定とどのように絡み込んでいるのかを説明します。

ゼータトーク 確証 7/31/2022:
 2020年(大統領)選挙盗難は、支配を奪還する試みでした。
バイデンの代役が現在大統領の振りをしているけれども、私達が詳しく述べているように、★軍事政権は、バイデンを大統領として認めておらず、そして★SCOTUSは、バイデンの承認が違法であり、トランプが2020年の勝利者であると密かに見つけています。

★米国軍の退役軍人は何故ドナルド・トランプが依然として大統領であるのかを説明する!!
2022年8月26日

https://beforeitsnews.com/alternative/2022/08/usa-military-veteran
この退役軍人は、最高機密の公的認可証がありました。
2021年1月20日に、ジョー・バイデンは、軍事規定の葬儀を与えられて受け取りました。 彼等は、葬列において首都を去り、無名戦士の墓へ行きました。 葬儀のためだけである13回の礼砲のある3回の一斉射撃がありました。 彼等は“最高司令官への敬礼”をおこないませんでした。
★大統領の任期が正午12:00に始まるためであると特に言っている米国憲法修正第20条への違反であるEST(東部標準時)午前11:47に、 バイデンは、宣誓しました。
★トランプのワシントンへの復帰から私達が学ぶこと。
2022年7月27日

https://www.bbc.com/news/world-us-canada-62314119
米国第一政策研究所の首脳会談での議会の共和党メンバー達と元行政高官達の前での演説で、元大統領は、11月に議会の支配権と2024年に大統領の地位を獲得した場合に、彼が信じることが共和党の焦点であるべきと信じることを整然と述べました。
★ワシントンでのトランプ元大統領の演説から鍵となる取り上げられるもの。
2022年7月27日

https://www.aljazeera.com/news/2022/7/27/key-takeaways
元米国大統領尾ナルド・トランプは、ジョー・バイデンへの彼の選挙敗北に続いて、2021年1月にワシントンを去って以来、ワシントンDCで彼の最初の演説をおこないました。

ゼータトーク 因果的連鎖 8/25/2022:
 1年前の私達の声明は、そのときにトランプ大統領が大統領であり、ずっと大統領であったと軍が何気なく述べて、そして“誰も驚かない”ので、★ニューマドリッドの最終章が戒厳令を配置するときにトランプの復帰がおこなわれるだろうという事でした。
現時点で、2020年(大統領)選挙は片付いた問題ではなく、浮動州は、バイデンの認証を撤回する傾向はありません。
しかし7月に私達が述べたように、★SCOTUSは、問題を裁定して、トランプ大統領が正当な2020年の勝者であることを見出しています。 ★このSCOTUSの裁定は、ニューマドリッド最終章以前に起こり、したがって“誰も驚かないでしょう”。

 私達は、ニューマドリッド最終章の具体的な日付を与えることを許されていませんが、トランプ大統領の復帰についての現行の噂が、★このSCOTUSの声明を最初に配置するように時間枠を設定していることは明らかです。
ニューマドリッド最終章は、突然ですが、★私達が外郭を描く段階によって先行されるでしょう。
アフリカは、★南大西洋の空所へと滑り込み、そして既にこの滑落の徴候を示しています。 “アフリカの回転”は、★ジブラルタルとシナイでの引き裂けからアゾレス諸島での増加する分離まで、優しくはないでしょう。
したがって★時宜を得た時点で招集される戒厳令は、1つ以上の目的の要求を満たすことができます。