カテゴリー
未分類

NL834: ゼレンスキー誘拐

The ZetaTalk Newsletter
2022年9月25日 日曜日 ★834号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★ゼレンスキー誘拐

ゼレンスキーは、ロシアの特殊部隊により、9月2日に誘拐されたのでしょうか?
内通者ゼロヘッジは、この主張をおこないました。
ゼレンスキーの妻は、その後BBCのインタビューに介入しなければなりませんでした。 毎晩の放送での★ゼレンスキーの外観は9月2日に変化しました。 明らかに代役#1ですが、毎晩の放送を通して振り返ってみると、この代役#1が以前に利用されていたのを見ることができます。 そして見よ、9月4日に、毎晩の放送のビデオの顔は、旧ゼレンスキーのように見えました。
とは言え、これは、まさに代役#2であることを証明しました。 彼が★ゼレンスキー本人よりも背が高い事に注目してください。 ゆえに9月5日に、ウクライナの管理者達は、カメラの角度を変化しました! ゼータ達は、★誘拐を確証します。

★プーチンの軍隊は、ほぼゼレンスキーを捕らえたも同然でした; ウクライナ大統領官邸を2回標的にしました。
https://www.youtube.com/watch?v=ciCBVUEqdac
ゼレンスキーの副官は、ロシアの軍隊が‘大統領と家族を捕まえる’という意図でキエフに来たことを明らかにしました。
ゼレンスキー大統領、副官達は、‘タイム誌’に語り、ウクライナ戦争の激しい初期の日々を思い出させました。 ゼレンスキーの近い副官は、★ロシアが‘ほんの数分の所’に居たと述べました。
★ロシアはウクライナ侵攻の最初の数時間でゼレンスキーをもう少しで捕えるところでした。
2022年8月29日

https://www.newsweek.com/russia-nearly-captured-zelensky
ロシア軍は、ウクライナ侵攻の最初の数時間の間に、大統領府でウクライナ大統領ヴォロディミール・ゼレンスキーと彼の家族をもう少しで捕えるところでした。 ロシア大統領ウラジミール・プーチンは、当初、彼の軍が首都を決着をつけて押収するように指図しましたが、ウクライナの猛烈な抵抗のために失敗しました。
とは言え、ロシア軍は、ロシア大統領ウラジミール・プーチンが侵攻を発表した日の2月24日に、潜在的に彼を暗殺するために、★ゼレンスキーを捕らえるのに数分以内の所まで来ました。
ゼレンスキーはロシアが彼を捕らえた場合に★戦争犯罪人として裁判されるでしょう。
2022年6月1日

https://www.newsweek.com/zelensky-tried-war-criminal-tribunal
自己宣言のドネツク人民共和国の上級(先任)議員は、水曜日に、ロシア後援地域が★ウクライナ大統領ヴォロジディミール・ゼレンスキーを戦争犯罪人として裁判することを意図していると言いました。


★ゼレンスキーの華やかな妻オリア・ゼレンスカは英国に‘ウクライナ疲れ’を放棄してクレムリンに対してしっかりと保持するように促します。
2022年9月3日

https://www.dailymail.co.uk/news/article-11176589/Zelenskys-wife
ウクライナの大統領夫人は、★急上昇するエネルギー請求額下で苦しんでいる英国人達に、ウクライナが今だに犠牲者達を数えていることを思い出すように訴えています。 BBCとの説得力のあるインタビューにおいて、オリナ・ゼレンスカは、★ヨーロッパの残りの部分がエネルギー危機下で苦しんでいる間に、ウクライナがロシアの攻撃の最前線にいると、世界に思い出させています。

ゼータトーク 確証 9/3/2022:
★ゼレンスキーは、キエフ近くの離着陸場で、ロシアの特殊部隊によって捕らえられました。 彼のウクライナ軍の防護は、ザポリージャ原子力発電所を取り戻そうとしている攻撃部隊よりも、彼を護衛するのに効果的ではありませんでした。 捕獲の日付は、★代役が9月2日とその後数日間に明らかに使用されている、ゼレンスキーの毎晩のビデオ放送で注目することができます。
ロシア人達は、去る4月に、ゼレンスキーを捕らえた場合、★戦争犯罪のためにモスクワで裁判に掛けられるだろうと、述べています。 しかしいっそう直接的な影響は、★彼の生命と引き換えに、ロシアが現在支配する全領土から退却して撤退するようにウクライナ軍に指示して、敗北を認めるさせる事でしょう。
★この事態は、現在、起こっています。

ロシアは、堅調です。
ガス対制裁戦線(の最前線)で、★ヨーロッパは苦しい立場にいます。 冷たい冬が接近しており、世界がウクライナの助力のために急いで駆けつけるべきだという★ウクライナ政府の主張へのすべての同情は、急速に蒸発していっています。
ロシアは、特にゼレンスキーが誘拐されたほんの1日後かそのくらいで、その掌握をきつくしてっています。 ★誘拐が現実に起こったというさらに多くの証拠!

★モスクワはプーチン‐ゼレンスキー会談の状況を明らかにする
2022年9月6日

https://www.rt.com/russia/562272-putin-zelensky-peskov-ukraine/
ウラジミール・プーチンとウラジミール・ゼレンスキーとの間の何らかの直接会合があり得る前に、ロシアとウクライナの指導者達が署名する確固たる同意は成立されなければなりません。
「現時点で、それについて何の話もありません」と、クレムリンの広報担当官は明確にし、ロシアとウクライナの大統領達の会合に言及しました。 ペスコフは、日曜日に同じ問題について話し、モスクワが、★キエフにより「私達の要求をどれほど満たすつもりであるのかについて」だけ、ゼレンスキーと話す用意があったと、ロシヤ1TVチャンネルに話しました。
★EUへのガスパイプライン本管は制裁が撤廃されるまで閉鎖される―クレムリン
2022年9月5日

https://www.rt.com/news/562205-kremlin-nord-stream-gas-sanctions/
ノード・ストリーム1ガスパイプラインを通してヨーロッパへガスを配送することについての技術的問題は、進行中のウクライナ紛争に関して、★ロシアに課されている制裁を西側が撤廃するまで持続します。
8月31日に、ガズプロムは、パイプラインを通してガス配送を完全に閉鎖しました。 初めにノードストリーム1がガス輸送を再開するように予定されていたけれども、ガズプロムは、★技術的問題のために無期限に閉鎖されたままになるだろうと、発表しました。
★ロシアはガスの武器化を認め、EUがエネルギー危機に対応する準備をする際に“制裁が撤廃されるまで”NS1での出荷を停止する
2022年9月5日

https://www.zerohedge.com/markets/russia-admits-weaponization
プーチンは、時間を浪費するのを止めます。 ロシアが、“石油漏出”があったという愉快な理由のために、ノードストリーム1のパイプラインをとおしての天然ガス供給を無期限に停止した弐1日後に。

ロシアはまた、ザポリージャ発電所に関する乱闘でも勝利しました。
IAEAが発電所に到着することになっていた日に、★60人のウクライナ特殊作戦部隊は、施設に着陸して襲撃しようとしました。 彼等(特殊作戦部隊)は、数ヶ月間、★施設と占拠していたロシア人達によって即座に一掃されました。 IAEAを歓迎している群衆によって、ウクライナの失敗だけでなく、すべてが映像によって捉えられて立証されたので、★ウクライナにとり不名誉なPRの日でした。
IAEAは、彼等の安全を守ってくれたことを公式にロシアに感謝しました

★国連核査察官達の訪問の前に砲撃下の都市。
2022年9月1日

https://www.rt.com/russia/561940-energodar-shelling/
★キエフ軍がウクライナ南部のエネルゴダール市を砲撃した後に、少なくとも3人の市民達は、殺害され、一人の市民が負傷しました。 ソーシャル・メディアに投稿されたビデオと写真は、建物から立ち昇る煙の雲を見せます。
国際原子力機関(IAEA)からのチームが地殻に所在したザポリージャ原子力発電所を訪問する予定であるので、ニュースになっています。 モスクワが2月下旬に隣接する国での軍事作戦を開始したすぐ後に、★ヨーロッパ最大の原子力発電所は、ロシア軍によって押収されました。
★キエフは接収しようとしているザポリージャ原発への訪問を妨害しようと試みます。
2022年9月1日

https://tass.com/politics/1500865
総数60人に達するウクライナの襲撃チームは、ザポリージャ原子力発電所を乗っ取る試みのために、カホフスコイ貯水池沿岸に上陸しました。 ウクライナ軍は、ヴァシリイェフカ人口密集地方とザポリージャ原発の近隣への使節団の訪問の現場を砲撃していました。 特に、★最初の核施設の400メートル以内で2発の砲弾が爆発しました。
キエフ政権の挑発は、ザポリージャへのIAEA作業グループの訪問を害することを標的としています。
以前に、国際原子力機関(IAEA)の事務局長ラファエル・グロッシは、発電所のIAEA専門家達の恒常的に継続する使節団を組織化する計画を立てていたと述べました。
ウィーンの国際機関へのロシアの恒久的代表ミハイル・ウリヤノフは、ロシアがこの発議を歓迎すると言いました。
★エネルゴダールに所在するザポリージャ原発は、ロシア軍によって制御されています。
★ザポリズシーア州
https://en.wikipedia.org/wiki/Zaporizhzhia_Oblast
ザポリズジアとしても言及されたザポリズジア・オブラスト(ザポリズジア州)は、★南部部分をロシア軍によって占拠されているウクライナ南部の州です。
その州都はザポリズジアです。 州は、27,183平方キロメートルに及び、そしてその人口は1,666,515人です。
この州は、★ウクライナの工業と農業の重要部分です。

ゼータトーク 確証 9/5/2022:
ウクライナの紛争は、今、★(ロシアが)占拠している地域での掃討段階状態であるロシアにより明白に勝利されています。
残されているすべては、これらの地域を、ロシアの領土として適切であるように州の名前を与えて、名称変更することです。 ★キエフ市は、その郊外の僅かな領土とともに孤立するでしょう。
ウクライナが勝利しているという幻想―★西側メディアとウクライナで隆盛を極めた違法活動が継続することを欲する人々からの資金源によって包含された幻想―を保持するのに死に物狂いであるウクライナは、焼け焦げた地球の手法を取っています。

キエフは、自国の市民達を人間の盾として利用し、そして★多くの報道記者達が立証しているように、ウクライナを助けるために駆け付けた志願者達を犠牲にするために前線に配置することで知られています。
キエフは、ザポリージャがもう1つのチェルノブイリとなるのなら、おそらくロシア人達は、嫌悪感の中に残されるか、最低限、窮地に陥ったキエフ市の方への彼等の圧力に悩まされることを希望しました。
メディアによって即座に報道されたように、ウクライナの奇襲部隊が見る影もなく失敗し、★国際原子エネルギー機関(IAEA)は、その同じ日に現場に到着して、全貌を詳細に記録しました。

★国連はIAEAチームの安全を保ってくれたことでロシアに感謝する。
2022年9月1日

https://www.rt.com/russia/562010-un-thanks-russia-nuclear-safety/
暴力によって施設を強奪しようというウクライナの試みに対する国連の反応の欠如に“困惑させられた”とロシア国防相が言った後に、木曜日に、★国連がザポリージャ原子力発電所を視察するために来た国際原子力機関(IAEA)チームを護衛したロシアの努力を“喜ばしい”と、国連事務総長報道長官は言いました。
★モスクワは、6月まで、ヨーロッパ最大の原子力発電所ザポリージャへのIAEAの訪問を要求していました―しかしウクライナの主権(独立)を維持するために、使節がキエフを通って移動しなければならないというウクライナの主張で、今秋まで使節団を延期する一因となりました。
★ウクライナは原子力発電所周辺への砲撃区行くと認める。
2022年9月2日

https://www.rt.com/russia/562082-ukraine-admits-bombing-npp/
★ウクライナ軍は、公式の概況説明でザポリージャ原子力発電所周辺へ地域への砲撃を公的に認めました。
「ヘルソンとエネルゴダールの新開地地域では、弾薬庫と同様に3個のミサイル発射機(砲兵隊)システムおよび1個中隊の兵員達までも、私達の軍による正確な攻撃が破壊した」と、ウクライナ軍の参謀総長は、毎日の開業報告の間に言いました。