カテゴリー
未分類

NL835: エリザベス女王

The ZetaTalk Newsletter
2022年10月2日 日曜日 ★835号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★エリザベス女王

エリザベス女王は、『ロンドン橋落ちた』と題された主役となる演目において、私達のニュースレター675号で詳述されたように、★過去3年間代役であり続けています。 このニュースレターは、★2022年9月8日の彼女の公式死亡日の正確に3年前の2019年9月8日に発行されました。
英国法に詳しい人々によって指摘されたように、★王家はもはや存在せず、新首相トラスも正当ではありません。 バイデンが法に従って就任されていなかった米国の場合と同様に、したがって英国は、公式の指導部無しに残され、そして明白に★善玉同盟によって運営される戒厳令下にあります。


ゼータトーク 確証 8/31/2019:
 ★エリザベス女王は、米国と英国においておこなわれている軍の“裁きの場”によって処刑されるように予定されていました。
女王は、個人的にどのような犯罪で有罪だったのでしょうか?
女王は、★ダイアナがエプスタインの脅迫状の計略―ナタニヤフと彼のハザール人の銀行帝国の実権を握っている―について学んだために★ダイアナを殺させました。 女王は、★ナチの血族の一員であるイルミナティの支配力として完全に関与しており、★これは彼女が容赦した小児の生贄を含みました。
エリザベス女王は、★彼女の高い地位と非常に公的な存在のために免除されて、彼女の人生を贅沢に生きるのを許されるだろうと自信を持っていました。 ★しかし軍の“裁きの場”は、政治的姿勢またはどの王族も想定するかもしれない力を超越しています。

★バッキンガム宮殿は今日のニュースを‘深く’懸念していると発表しました。
2022年9月8日

https://pagesix.com/2022/09/08/british-pm-buckingham-palace
新英国首相リズ・トラスは、エリザベス女王2世が医療管理下に置かれているという発表に続いて、今日、バッキンガム宮殿が重大なニュースを伝えたことを共有しました。
エリザベス女王死す
2022年9月8日

https://gab.com/RT/posts/108964004251551500
★エリザベス女王は、96歳という年齢でバルモラルで亡くなりました。
彼女のすべての子供達―チャールズ、アン、エドワードおよびアンドリュー―は、彼女とともにいるか、そこへ移動中でした。
ここでは、ユニコーン作戦―彼女がスコットランドで亡くなったので、ロンドン橋作戦ではなく―が始まると予想すべきことがあります。 10分以内に、ホワイトホール全域の旗が半期に下げられました。 首相と先任高官達が知らされました。 “黒い縁取りの通知”がバッキンガム宮殿の門に置かれます。 BBCは、ニュース供給に切り替わり、司会者達は、黒いスーツとネクタイを身に着けて、スポーツの試合は中止され、そしてTV番組は変わりました。
すべての政府のソーシャルメディアのサイトは、黒い旗を掲げます。 彼女の遺体は、王室専用列車で運送されて、彼女の棺は、人々が敬意を払うために訪問するかもしれないので、4日間ウエストミンスターホールに安置されます。 彼女の葬儀に続いて10日間喪に服し、女王は、おそらくウインザー城で火葬されるでしょう。
★チャールズ王子は、金曜日の朝に王と宣言されると予想されます。
サマンサ・アルダーソン・チャンネル
https://t.me/samanthaaldersonnews/63859
ゆえにトラスは、保守党の新党首にだけなります!!!★ ボリス2.0は、首相として辞任していない―トーリー党の党首としてだけ辞任した―のですが、依然として英国の世話人です。
非合法であり、英国憲法に反するので、リズ・トラスは、スコットランドで任命されるのが不可能です。
英国憲法は、新首相が、英国で、君主に使えることによって宣誓をおこなわなければならず、さもなければ無意味で無効であると述べています。 スコットランドは、英国の異なった管轄区域であるので、ゆえにドリス2.0(善玉の計略)は、厳密に言って依然として英国の首相(世話人)でしょう。
英国法人(政府)は、完全に解散されて解消され、そして王室の権力体制も同様です。 国家元首はおらず、政府もありません。 ★宣誓すべき君主がおらず、宣誓した法人もないので、私達には実際の首相がいません。
私の友人が指摘したように、★25人の男爵達が内閣を解散した2001年以来、全ての首相達は、無意味で無効です!

ゼータトーク コメント 9/8/2022:
 私達がニュースレター675号で注目したように、★正確に彼女の発表された死の3年前に、女王は、処刑されており、今、代役です。 彼女の遺体は、3年間氷漬けになっており、将来DNA検査の必要性がある場合に埋葬されるでしょう。
彼女の“死”のタイミングは、理由のために象徴主義に満ちています。 まさに米国が現在戒厳令下にあるように、これは一般の人々から隠されているけれども、★英国も同様に戒厳令下にあります。
したがって新王の戴冠式は、★半狂乱の一般の人々を懐柔して鎮めるために純粋に象徴的です。

 その間に、★見る目のある者達は、手掛かりがすべて自分達の周りにあるので、真実を見ることができます。
真実は、公式に発表されるのでしょうか?
まさに訪れようとしている★差し迫ったニューマドリッド最終章が英国にもたらす大混乱とともに、それは、誰かの懸念の最小のものとなるでしょう。 まさに★米国の現行の議会がどう見ても国家を運営していないように、新英国首相は、責任を負っておらず、合法でもありません。 まさに正午でなければならないと法が述べる点で、11:45のバイデンの就任式のように、★スコットランドでの就任宣誓をおこなうための女王への彼女(トラス)の訪問は、違法です。
あなた方は、現時点で、★1つ以上の大陸で映画を見ているのです。