カテゴリー
未分類

NL837: バングラデシュの停電

The ZetaTalk Newsletter
2022年10月16日 日曜日 ★837号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★バングラデシュの停電

バングラデシュのほぼ全域に影響を及ぼしている★大規模な電力機能停止が10月4日に襲ったときに、電気網管理者達は、停電について何の説明もありませんでした。
しかしゼータ達は、インド洋のバングラデシュの南で、そしてバングラデシュの北をチベットへと一掃されるSO2(二酸化硫黄)の排出量において、★奇妙にも穏やかな島を指摘します。 ★も拘らずインドから西は、岩の緊張と引き裂けを伴うSO2の放出を示し、東南アジアと特に中国は、多量のSO2放出があります。
★何が、バングラデシュの停電を引き起こしたのでしょうか?
ゼータ達は説明します。

★全国的な電気網機能停止の後バングラデシュは停電に直面する
2022年10月4日

https://www.aljazeera.com/news/2022/10/4/bangladesh-faces-power
★バングラデシュの約1億4000万人の人々は、電気網機能停止が広範囲の停電を引き起こした後に電力無しの状態です。
国営バングラデシュ電力開発委員会当局者達は、送電が国の東部地域のどこかで機能停止したと言いました。 全電力施設は、留め金が外れ、首都ダッカと他の大都市で電気が遮断されました。 技師達は、何処で、そして何時、電流の瞬間的故障が発生したのかを決定しようとしており、システムを復旧するのに数時間かかるかもしれませんでした。
★バングラデシュの最近の印象的な経済成長は、価格が急騰しているので輸入費用を減少するために、政府がすべてのディーゼル駆動発電所の稼働を一時停止したので、電力不足によって脅威にさらされています。 ディーゼル駆動発電所は、バングラデシュの発電量の約6パーセントを生産しており、ゆえにそれらの稼働停止は、1500メガワットまで出力を削減しました。

ゼータトーク 説明 10/4/2022:
 インドとオーストラリアが同じプレート上に存在するのかどうかが常に論争の余地がありますが、私達は、それらが★一つのプレートとして活動して移動するのを確認しています。
バングラデシュは、ユーラシアプレートに存在していますが、近くの★ユーラシアプレートがヒマラヤ山脈の下に推し進められていっているので、多くの混乱を被りやすいです。
これは、★ユーラシアプレートが英国から中国沿岸までずっと伸張状態である一方で、インドにとり下方への動きです。

 インド‐オーストラリア・プレートは、バングラデシュの真下にも、堅い岩の先端がバングラデシュの方へ達する粉砕地点があります。
この粉砕地点は、バングラデシュの北のチベットの場合と同様に、★(目に見えてSO2ガスの放出がありません。 それらは、両方ともが砕けるのを避けています。
したがってバングラデシュは、中国が東へと横に伸張されていき、オーストラリアプレートの突き刺しとチベットへのその確固とした接続が静的なままでいると主張する一方で、インドが押し下げられていることで、★3つのプレートの逼迫に捕らえられています。

 これらの状況で、★岩からの極端な電子のキーキー音があります。
これは、実際にチベットの場合と同様に、インド‐オ‐ストラリアプレートと岩の尖塔に沿ってアジアがSO2の放射を無い★SO2の図表に示されます。 インドと中国が転移する岩からSO2を放射していることは、明らかに見ることができます。
電気網は、★1つの区画での機能停止がドミノ機能停止の引き金となる連鎖的機能停止を受けやすいです。 これは、高い需要が電気網に配置されるときに通常の出来事です。