カテゴリー
未分類

NL837: ノードストリーム2

The ZetaTalk Newsletter
2022年10月16日 日曜日 ★837号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★ノードストリーム2

9月26日に、★ガスをロシアからドイツへと運ぶノードストリームのパイプラインに数か所の漏出が出現しました。 漏出の内の2か所は、ノード・ストリーム1に位置を定められており、ノードストリーム2のパイプラインでもありました。
★バイデンがどのようにしてそれを成し遂げるかもしれないかについて自慢するのをビデオで記録されている点で、ロシアは米国を公然と非難した一方で、西側は即座にそれ自体のパイプラインを故意に破壊したことでロシアを非難しました。
ゼータ達によると、これは、この海域で進行している★地質学的伸張のためでした。 ★故意の妨害ではありません。

★大規模な圧力漏出が海底のノードストリーム・パイプラインを襲った。
2022年9月26日

https://www.politico.eu/article/gas-leak-detected-near-nord-stream-2/
バルティック海を走る3本のロシアからドイツへのパイプラインは、★大幅な圧力の低下を報告しました。
漏出の内2本は、★デンマークのボーンホルムの北島の2重のノードストリーム1パイプラインの近くで、そして1つの漏出は、★島の南東沿岸沖合のノードストリーム2近くで報告されました。 .

ゼータトーク 説明 9/26/2022:
 ノードストリーム2の漏出は、破壊活動ではなく、技術的故障でもありません。
それらの漏出は、★ドイツとデンマークの間の海底断層線のために地質学的です。
ノードストリーム2は、ドイツの海岸線に接地するようにドイツの真北で、この地域を通過します。 この断層線の動きは、海底観測所―★ボクニス・エック観測所―が2019年に粉砕される状態を引き起こしました。
ユーラシアプレートは、私達が定期的に報告しているように、英国から中国まで伸張していっています。 ニビルが存在して、これらのプレート移動がニビルの接近の結果であることを★権力体制が認めるならば、一般の人々は混乱させられないでしょう。

ボクニス・エック観測所が突然消えたように見えた2019年に、この同じドイツ沖合海域で、類似した事故がありました。
それからその断片が近くで発見されました。 ★既知の断層線が地質学的咀嚼運動で前後に移動したときに、粉々にかみ砕かれました。 これは、同様に、★明らかに故意の妨害ではありませんでした。
★ユーラシアプレートは、英国から中国沿岸まで伸張状態へと引っ張られていっています。

★大きな水面下の観測所が痕跡もなく消え、科学者達を困惑させる。
2019年9月5日

https://gizmodo.com/large-underwater-observatory-disappears
★ボクニス・エック観測所は、ドイツのキールの北、デンマークの国境の南にあるエッケルフォルデ湾の流入口に所在しています―または少なくとも所在していました。 ★沿岸沖合い1.8キロメートル(1.1マイル)、深度22メートル(72フィート)に配置されたとBBCは報道しました。

ゼータトーク 説明 9/5/2019:
 ボクニス・エックは、★“エッケルフォルデ湾の流入口”で消え、それゆえに波の下の岩の一時的な隆起が陸地の人々によって気づかれなかった充分に広い広大な水域の下にありました。 ★ボクニス・エックは、断層線上に所在していませんでしたが、異なった岩のタイプの境界に所在しました。 ★そのような岩の層の境界は、弱く、片側の岩が上昇するか落下するか、またはもう一つの側の上か下を横滑りするのを可能にします。 ★そのような移動は、その以前の配置へと戻る岩とともにしばしば一時的です。
★ユーラシアプレート全体は伸張下にあり、ところどころで引き裂かれ、そして伸張の間、★表層の境界は、いっそう深い岩の他の地域が進行を停止するまで緊張を受け入れるかもしれません。 ★これが陸地で起こるなら、結果は、陥没孔か倒壊した橋があるでしょう。 しかしこのドラマに捕らえたなら、ボクニス・エックのような装置は、★頭上を通過している岩の層によって擦りとられるかもしれません。 ★ボクニス・エックは、この一時的な動きの間粉砕されました。 その部品は、時を経て、湾の中で見つかるでしょう。

ノードストリームの事故をめぐるパニックと高まった被害妄想は、今、★英国に、すべての既知の石油とガスのパイプラインとインターネットケーブルを保護するために北海に軍艦を派遣させました。
ここにふたたび信頼できる歴史があります。
去る★1月11日にノルウェイからアイスランドへインターネットケーブルが弱まりました。 この海域は、特に北米プレートがノルウェイの近くでユーラシアプレートに接続するので伸張の拘束下にあり、ニューマドリッド破裂に先行する期間の間に、★ユーラシアプレートと北米プレートの間に牽引があります。


★英国は海底のガスと石油のパイプラインとインターネット・ケーブルを保護するために戦艦を北海に送る。
2022年10月5日

https://www.dailymail.co.uk/news/article-11281509/Britain-sends-warships
ノードストリームがクレムリンの攻撃の疑惑において爆破された後、英国は、ロシアの故意の破壊からガスと石油のパイプラインとインターネット・ケーブルを保護するために、北海に戦艦を送っています。

ゼータトーク コメント 1/11/2022:
 複数のプレートの内の1つが破裂が起こるまで解放されない極端な緊張(ストレス)下にあるときに、何がプレート境界に起こるのでしょうか?
もちろん私達は、起ころうとしているニューマドリッド調整によって★米国本土部分から南東部分が引き裂かれる北米プレートについて話しています?
★北米プレートは、長い境界を、日本北部から極東を横断して、カナダ・シベリア境界に沿って、終にこの長い境界がアフリカプレートで終わる北大西洋の通って南下するまでずっとユーラシアプレートと共有します。

 これらすべての境界の連結は、★起ころうとしているニューマドリッド調整に影響を受け、この近況が継続する一方で、捻じ曲がり、重複し、偏走し、ときおり弾けて戻るでしょう。
★ノルウェイとグリーンランドの間の境界は、まさにスヴァルバード群島にそって進みます。 これは、★絶対に海底ケーブルが配置されるべき場所ではありませんが、ノルウェイは、ケーブル敷設について設置したときに起ころうとしているニビルの通過について考えていませんでした。
セントローレンス水路が引っ張り開かれて、北米プレートが痙攣している間に、★体面を保つためにロシアが避難されるでしょう。

ユーラシアの伸張はまた、ロシアでメタンの光の塔を生み出していっています。
目に見えて、★これらのメタンの塔は、ロシアの超兵器ペレスヴェット(彼等の軍地装置上空を通過する監視衛星の目を眩ませる)が純白色である点で、黄色です。
メタンの光の塔は、過去数年間世界中で様々な形や大きさや色で見られていますが、エズラ書の影は、ペレスヴェット装置が生み出すものを示します。 際立っています。

ペレスヴェット:★ 敵の人工衛星の目を眩ませるためのロシアの可動式レーザーシステム。
2020年6月15日

https://www.thespacereview.com/article/3967/1
画像衛星がレーザービームによって目を眩ませられているとすると、敵は、可動性のあるICBMの動きを追跡する機会を否定されるでしょう。
★これは、ロシアのICBM兵器庫への切迫した攻撃の徴候があった場合か、またはロシア自身が他国への核の先制攻撃を開始する意図があった場合に役に立つでしょう。
★奇妙な黄色い光の柱がロシアのベルゴロド上空に見えた。
2022年10月5日

https://www.anews.com.tr/gallery/life/curious-pillars-of-yellow-light
★ロシアのベルゴロド市上空に見えた黄色い光のビームは、住民達の好奇心をそそりました。


ゼータトーク 説明 10/6/2022:
 これらの黄色い光の塔は、★ヨーロッパと境界を接するロシアの諸都市に出現していますが、まだ★ロシアの東半分には出現していません。
はい、エズラの影が指摘したように、光の閃光で人工衛星の目を眩ませるロシアの超兵器の能力は稼働中ですが、★これらの黄色い光の塔はペレスヴェットではありません。
ノードストリームのパイプラインへの損害が示すように、ユーラシアは、引っ張り離されていっており、★“メタン・タワー.”を放っています。 ユーラシアは、★英国の西海岸から中国の東海岸までずっと伸張中であり、そしてさらに多くの事が続いて起ころうとしています。